テレビ紹介情報

「メレンゲの気持ち」で紹介された情報

「メレンゲの気持ち」で紹介された料理レシピ ( 8 / 8 ページ )

「メレンゲの気持ち」で紹介された料理レシピ

浅野和之作 鶏レバーのソース煮

浅野和之さんが「鶏レバーのソース煮」を作ってくれた。用意するのは鶏レバー250g・ウスターソース200ml・粒黒胡椒・ローリエのみで、レバーは水洗いで汚れを取っておき、小口切りにして味が染み込みやすいように竹串で細かい穴をあけ、ソースが染み込みやすいようにしていき、レバーを鍋に移してウスターソースを全て入れ、さらに鍋にはローリエと胡椒を入れて、約30分に渡って煮込んでいき、後は冷蔵庫で冷やして出来上がり。

出来上がった「鶏レバーのソース煮」をいただくと、ご飯に合いそうという声や、レバーの臭みがなくなって食べやすくなっているという声があった。


「メレンゲの気持ち」で紹介された料理レシピ

夏野菜たっぷりたらこスパゲティ

ゲストの希望で落合シェフ直伝のこの夏オススメのたらこスパゲティを作ることになった。1人前の材料が紹介され、トマトを湯剥きして種を抜いてカット、ズッキーニ、ナスを半月切りにしてパスタを5分茹でてフライパンにバターを入れる。焦がしバターにするのがポイントと伝えられた。パスタの茹で汁とトマトを入れて温め、パスタの茹で時間が残り2分になったらズッキーニとナスを一緒に入れて茹でる。茹で上がったパスタとナス、ズッキーニ、タラコを日を止めてからフライパンに入れる。香り付けのバターを追加、パルメザンチーズを加えて盛り付け、刻みのりとバジルを乗せて完成した。


「メレンゲの気持ち」で紹介された料理レシピ

マカロニ

落合務シェフから教えて貰ったレシピを村上が披露。食べやすい大きさに切ったブロッコリーとマカロニを用意し、その他玉ねぎ等の具を好みで用意。大きめの鍋にパスタを入れておき、約12分茹でる。その間に、オリーブオイルをひいたフライパンで玉ねぎ・ハム等を入れ、香りが出るまで炒める。ブロッコリーはお湯に入れ、茹でる。茹で上がった後に、フライパンに茹で汁を60ml入れ、粉チーズを投入し、水気が無くなるまでソースを絡める。その後、火を切ってからバターを入れる。火を止めることでソースと分離せずに絡まり、とろみがつきやすいとの事。混ざった後に好みで胡椒を入れ、完成。


「メレンゲの気持ち」で紹介された料理レシピ

チキン南蛮さっぱりタルタル

和田明日香さんのレシピから「チキン南蛮さっぱりタルタル」の作り方を紹介。鶏肉にはコストコの「さくらどり」のむね肉を用いる。鶏肉は揚げず、下味と衣をつけたらフライパンで両面を焼く。タルタルソースはゆで卵をフォークでつぶし、塩もみしたきゅうりのみじん切り、ピーマンとたまねぎ、マヨネーズ、塩・こしょうを入れてよく混ぜると具だくさんのソースに。ソースは貫地谷しほりさんに作ってもらった。鶏肉が焼けたら切り分け、ソースをかけて完成。

コストコの「さくらどり」で作った「チキン南蛮さっぱりタルタル」を試食。ソースに野菜がたっぷりでサラダを食べているようなどと話した。小沢一敬は、口の中に春が来たようだと答えた。


「メレンゲの気持ち」で紹介された料理レシピ

万能野菜スムージー船越流

船越英一郎が万能野菜スムージーのレシピを紹介。食材は小松菜や高鉄高亜鉛クロレラなど。ミキサーに食材を入れて万能野菜スムージー船越流の完成。


「メレンゲの気持ち」で紹介された料理レシピ

タレポッサム

ファンさんにスタジオで料理を披露してもらう。つくるのは、タレポッサム。伊野尾とファンは髪型が似ている為、伊野尾は「キャラが被っちゃう」とコメント。

タレポッサムづくり。使用する豚バラ肉は、なるべく厚めのものがいい。バットに水、インスタントコーヒーをいれる。インスタントコーヒーは、「豚肉の臭いを消し色を良くしてくれる」とファンさん。その中に、豚肉を回転させつつ5分漬ける。しょうゆ、水飴、オイスターソースなどをまぜ、ソースをつくる。水飴は、豚肉をコーティングしツヤが出る。漬けた肉に塩をかけ、フライパンで表面だけ焼く。表面が焼けたら、ワインを投入しアルコールが飛ぶまで焼く。そこに、作ったタレを入れる。肉を取りだし、粘り気が出るまでタレを混ぜる。肉を切り、耐熱皿に重ならないよう並べ、ソースをかける。ラップをし、電子レンジで2分過熱。温めた肉を盛り付け、ソースをかけて完成。

タレポッサムを試食。保阪は、「脂身が弾力があり、脂っぽくない」とコメント。伊野尾は、「タレがうまい」とコメント。


「メレンゲの気持ち」で紹介された料理レシピ

カラマラキアティガニタ

村上佳菜子がカラマラキアティガニタを作る。盛り付けをして完成。

村上佳菜子が作ったカラマラキアティガニタをスタジオで試食した。


「メレンゲの気持ち」で紹介された料理レシピ

カラマラキアティガニタ

東京にあるギリシャ料理店「スピローズ」に教わったカラマラキアティガニタを作る。

カラマラキアティガニタを作る。ワタを取ったイカを2センチの大きさに輪切りにする。キッチンペーパーで水分を取る。バットに小麦粉、セモリナ粉などをいれ混ぜる。ギリシャヨーグルトにオリーブオイルなどをいれて混ぜザジキソースを作る。衣をイカ全体にしっかりつけて 揚げる。180度の油で2分間が目安。


「メレンゲの気持ち」で紹介された料理レシピ

新玉ねぎのシチュー風

新玉ねぎのシチュー風のレシピを紹介。最初に新玉ねぎの皮をむき先端部分を切る。次に新玉ねぎを鍋に入れ、塩を加える。その後水を加え弱火で30分ほど蒸し煮。牛乳を加え、温まったら器に盛り、鶏の削り節を適量ふりかければ完成。

新玉ねぎのシチュー風をスタジオで試食。試食した久本はこれすごく美味しいなどとコメントした。さらに浜内さんプロデュースの濃厚ポテトサラダも試食したジュニアは濃厚だとコメントした。


「メレンゲの気持ち」で紹介された料理レシピ

落合風 黒はんぺんアレンジ

イタリア料理店「LA BETTOLA da Ochiai」の落合シェフに黒はんぺんのアレンジレシピを聞き、佳菜子が挑戦。ボンレスハムを広げてバジルの葉を1枚置き、葉の上にナチュラルチーズをのせる。チーズの上にバジルをおいてボンレスハムで包む。 黒はんぺんの上に包んだハムを乗せる。黒はんぺんを挟む時は凸凹を確認するのがポイント。今度は下と逆向きの黒はんぺんでチーズがこぼれないようにしっかりおさえる。小麦粉・溶き卵・生パン粉の順で衣をつける。サランラップを巻いて5分くらい寝かせる。寝かせたら175度の油で約5分揚げて完成。黒はんぺんは魚を皮から骨まで全てをすり身にしているため黒くなる。

出来上がったものを試食した増田さんは「洋風になっている。チーズなどの塩分でそのまま食べれる。」などと述べた。滝沢は「チーズを入れるとカロリーが気になるが、はんぺんだから気にならない。」などと述べた。宮沢は「魚介の香りがチーズとマッチしている。」などと述べた。


調理家電売れ筋ランキング 〜各カテゴリの売れ筋ランキング1位をピックアップ〜

2018年07月 2018年08月 
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
  • 「メレンゲの気持ち」で紹介されたすべての情報
  • 「メレンゲの気持ち」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「メレンゲの気持ち」で紹介された音楽・CD
  • 「メレンゲの気持ち」で紹介された映画・DVD
  • 「メレンゲの気持ち」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「メレンゲの気持ち」で紹介されたグルメ情報
  • 「メレンゲの気持ち」で紹介された料理レシピ
  • 「メレンゲの気持ち」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「メレンゲの気持ち」で紹介された観光・地域情報
  • 「メレンゲの気持ち」で紹介されたイベント情報
  • 「メレンゲの気持ち」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する