テレビ紹介情報

「メレンゲの気持ち」で紹介された情報

「メレンゲの気持ち」で紹介されたレストラン・飲食店 ( 295 / 295 ページ )

「メレンゲの気持ち」で紹介されたレストラン・飲食店

渋谷でカメラマン山田さんと合流し取材先である「エリックサウス マサラダイナー」へ。本格的な南インド料理が楽しめる人気店。「エリックチキンカレー」はマスタードシードなど約15種類のスパイスを使った特製チキンカレーで、ご飯には冷めても美味しいあきたこまちを使用。石ちゃんは「まいう〜」などとコメントした。ひよこの豆の粉で作られたせんべい「パパド」は南インドでは欠かせない料理の一つで、割ってトッピングとして食べる。取材ポイントはお店やスタッフの雰囲気などトータルで決めるという。

 (インドカレー)

「メレンゲの気持ち」で紹介されたレストラン・飲食店

dancyuでは特集のテーマごとに1チーム6〜8人で動き、スパイスカレー担当チームの会議の日だった。スパイスカレーは大阪で火がつき全国に広がっているという。お店のラインナップを決めるための候補選び。代田橋の「しゃけスタンド」は10年前に開店した「しゃけ小島」が2年前に立ち飲み専門店としてオープン。その際に店長がカレーをやりたいとスパイスの効いたカレーを提供しているお店。大久保の「魯珈」は平日は1時間半待ちになることもある人気店。有名なのは「ろかプレート」という魯肉飯とチキンカレーのあいがけワンプレート。石ちゃんは「言葉を聞いただけで胃がギュルギュル」とコメントした。植野さんから実際に記事を作って欲しいという提案で記事を作ることに。

 (魚介料理・海鮮料理、定食・食堂、居酒屋)

「メレンゲの気持ち」で紹介されたレストラン・飲食店

dancyuでは特集のテーマごとに1チーム6〜8人で動き、スパイスカレー担当チームの会議の日だった。スパイスカレーは大阪で火がつき全国に広がっているという。お店のラインナップを決めるための候補選び。代田橋の「しゃけスタンド」は10年前に開店した「しゃけ小島」が2年前に立ち飲み専門店としてオープン。その際に店長がカレーをやりたいとスパイスの効いたカレーを提供しているお店。大久保の「魯珈」は平日は1時間半待ちになることもある人気店。有名なのは「ろかプレート」という魯肉飯とチキンカレーのあいがけワンプレート。石ちゃんは「言葉を聞いただけで胃がギュルギュル」とコメントした。植野さんから実際に記事を作って欲しいという提案で記事を作ることに。

 (カレー(その他)、台湾料理、インドカレー)

「メレンゲの気持ち」で紹介されたレストラン・飲食店

しゃけスタンド

dancyuでは特集のテーマごとに1チーム6〜8人で動き、スパイスカレー担当チームの会議の日だった。スパイスカレーは大阪で火がつき全国に広がっているという。お店のラインナップを決めるための候補選び。代田橋の「しゃけスタンド」は10年前に開店した「しゃけ小島」が2年前に立ち飲み専門店としてオープン。その際に店長がカレーをやりたいとスパイスの効いたカレーを提供しているお店。大久保の「魯珈」は平日は1時間半待ちになることもある人気店。有名なのは「ろかプレート」という魯肉飯とチキンカレーのあいがけワンプレート。石ちゃんは「言葉を聞いただけで胃がギュルギュル」とコメントした。植野さんから実際に記事を作って欲しいという提案で記事を作ることに。


「メレンゲの気持ち」で紹介されたレストラン・飲食店

日本橋だし場 はなれ

にんべんの始まりは1699年に日本橋で戸板に鰹節・塩干類を並べて販売したことで、そこから300年以上かつお節を提供するお店として愛されている名店だ。ここでは出汁を飲むこともできるということで早速この夏おすすめの「ICEDASHI」を頂いた。次に訪れたのは日本橋だし場はなれで、ここではかつお節だしを使った料理が楽しめるという。出てきたのは白だし仕込みのロールキャベツだ。


「メレンゲの気持ち」で紹介されたレストラン・飲食店

すぱじろう

板野さんは麺類が基本的に好きで、たらこスパゲティは自分でも作るくらい好きだという。キッカケは母親が作ってくれたからだという。そして取材の後スタッフさんがすぱじろうに行った時、そこに板野さんが一人で入ってきたこともあったという。板野さんはそれを知らなかったようで「見られてたんですね、恥ずかしい」と話した。


「メレンゲの気持ち」で紹介されたレストラン・飲食店

スープストックトーキョー 中目黒店に潜入。取締役の江澤さんはアルバイトとして入り、その主体性が評価され翌年社員として採用。今では新店舗の立ち上げや人材育成に力を注ぐ中心人物。「食べるスープ」というコンセプトでスープを提供しており、創業当初から愛されているのが「東京ボルシチ」。玉ねぎをベースに具がたっぷり入った定番人気スープ。隠し味には醤油を使っている。ベースになるスープは工場の大鍋で製造し、各店舗で仕込んだ野菜などと煮込んで仕上げる。新商品は本社で考えられている。

 (スープ、カレーライス)

「メレンゲの気持ち」で紹介されたレストラン・飲食店

スープストックトーキョー

女性の一人ごはんブームが到来中の今、気軽に入れて体に優しいメニューで評判のスープストックトーキョーへ。スープ作りの中枢で美味しさの秘密に迫る。さらに、社員が選ぶオススメスープは?夏に最適な冷たいカレーも登場。

スープストックトーキョーの本社に潜入。遠山会長はのり弁専門店など、多くの話題店を立ち上げている。スープストックトーキョーは、女性が一人で気軽に入れて、体に良いものを提供したいとの思いから生まれた。今では全国69店舗に広がるスープ専門店になった。社員は店舗でスープを購入し、アレンジして食事などにしている。

社員が選んだおすすめスープのランキングを発表。

第3位は「8種の野菜と鶏肉のスープ」野菜と鶏肉がバランスよく取れるので、夏バテ気味の時にオススメ。

第2位は「トマトと夏野菜のガスパチョ」。サラダのようにスルスルと飲める。

第1位は「久米島産もずくとオクラのスープ」。昆布と鰹の出汁と、久米島産の太いもずくがよく合う。

スープ作りの心臓部、開発キッチンに潜入。ここでは日々新作作りに取り組み、完成したスープは店舗で再現できるようレシピ設計や指導も行う。開発担当の須山さんは、入社前は7年間イタリアで修行していた。


「メレンゲの気持ち」で紹介されたレストラン・飲食店

葵わかなが村上佳菜子にかき氷の店などを聞いた。「厨 otona くろぎ」の「すだちーず」(1850円)を紹介。中にクリームチーズ・白あん・丹波白豆・グラノーラ、クリームチーズをかけ、すだちスライスの蜜漬けをトッピング。出演者が食べて感想を述べた。

 (甘味処、かき氷、カフェ)

「メレンゲの気持ち」で紹介されたレストラン・飲食店

目黒店

サーティーワンアイスクリームの本社に石塚が潜入。店舗を再現したトレーニングルームでは、月に1度、全国の店長候補が技術向上のためトレーニングを受ける。インストラクター歴13年の石井克枝は今まで2000人以上を指導してきた敏腕トレーナー。サーティーワン流の挨拶の極意を石塚が習う。口角を上げ、最高の笑顔を作り、体全体を使って出迎えるのがコツ。続いて、スクープの極意を習う。上半身をショーケースに入れ、腕を曲げてスクープを90度に立てたまま転がすのがコツ。


2018年07月 2018年08月 
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
  • 「メレンゲの気持ち」で紹介されたすべての情報
  • 「メレンゲの気持ち」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「メレンゲの気持ち」で紹介された音楽・CD
  • 「メレンゲの気持ち」で紹介された映画・DVD
  • 「メレンゲの気持ち」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「メレンゲの気持ち」で紹介されたグルメ情報
  • 「メレンゲの気持ち」で紹介された料理レシピ
  • 「メレンゲの気持ち」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「メレンゲの気持ち」で紹介された観光・地域情報
  • 「メレンゲの気持ち」で紹介されたイベント情報
  • 「メレンゲの気持ち」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する