ホーム > テレビ紹介情報 > 日本テレビ > 世界一受けたい授業
テレビ紹介情報

「世界一受けたい授業」で紹介された情報

「世界一受けたい授業」で紹介されたすべての情報 ( 860 / 860 ページ )

聖路加国際病院

曽野先生が決めている治療法とは、口から食事を取れなくなったとき、胃ろうを行わないというもの。そして自発呼吸が難しくなったときでも気管切開をしない、というものだった。これは聖路加国際病院 元院長の故日野原重明先生の教えだという。


「世界一受けたい授業」で紹介された本・コミック・雑誌

1年1ヶ月の夫の介護で曽野先生はある思いに達した。それは「自分の人生をどのように終わらせるか?」という思いで、「納得して死ぬという人間の務めについて」という一冊の本にまとめた。ここで「生前にやっておくべき3つの事 1は死後家族間でトラブルを起こさないために?しておくこと」という穴埋め問題が出された。

「納得して死ぬという人間の務めについて」

Amazon.co.jp


厚生労働省

夫の介護から看取りまでを綴った話題のベストセラー「夫の後始末」。テレビには殆ど出ない著者の曽野綾子が、この本について初めて語る。現在の日本人の平均寿命は、男性は約81歳、女性は約87歳。そこで深刻な問題となっているのが、介護する人とされる人がともに65歳以上の高齢者である老老介護。厚生労働省の調べでは、老老介護世帯は全体の55%だという。作家・元文化庁長官も務めた夫・三浦朱門は2015年に倒れた。入院生活で夫の精神の衰えを感じた曽野先生は自宅介護を決意した。曽野先生はご主人が亡くなって6日目にオペラを見に行ったといい、つまり日常性を失わない方がいい、という。


「世界一受けたい授業」で紹介された本・コミック・雑誌

夫の介護から看取りまでを綴った話題のベストセラー「夫の後始末」。テレビには殆ど出ない著者の曽野綾子が、この本について初めて語る。現在の日本人の平均寿命は、男性は約81歳、女性は約87歳。そこで深刻な問題となっているのが、介護する人とされる人がともに65歳以上の高齢者である老老介護。厚生労働省の調べでは、老老介護世帯は全体の55%だという。作家・元文化庁長官も務めた夫・三浦朱門は2015年に倒れた。入院生活で夫の精神の衰えを感じた曽野先生は自宅介護を決意した。曽野先生はご主人が亡くなって6日目にオペラを見に行ったといい、つまり日常性を失わない方がいい、という。

「夫の後始末」

Amazon.co.jp


「世界一受けたい授業」で紹介された音楽・CD

肩たたき

続いての童謡は「肩たたき」。1923年発表の童謡で、2番の歌詞に注目すると「母さん白髪がありますね」の箇所に、作詞家・西條八十の悲しくも切ない思いが込められている。西條八十の実家は代々続いたお金持ちだが、八十の兄が実家から勝手に金品を持ち出し芸者と失踪。八十は短刀で兄の殺害を企てる。しかし兄を殺せず八十が家計を支えるが生活苦に。さらに、母親が緑内障を患い失明してしまった。苦労と心労の耐えない母の頭にはいつしか白髪があった。そして八十の2人目の娘が4歳で急死。亡くなった娘は、肩たたきを歌うのが大好きだったそう。


「世界一受けたい授業」で紹介された音楽・CD

シャボン玉

童謡は「シャボン玉」に出てくるシャボン玉は、「こどもの命」を例えたものが正解。作詞家・野口雨情がシャボン玉を発表したのは大正11年。当時医学が進んでおらず、特に乳児死亡率は現在の約82倍と高いものだった。野口雨情自身も、最初の女児は生後8日で死亡していて、再婚後授かった女児は2歳で他界した。後に生まれた男児も1歳で亡くしている。シャボン玉は、当時の子供の死亡率の高さを嘆いた歌だと言われている。


「世界一受けたい授業」で紹介された音楽・CD

シャボン玉

続いての童謡は「シャボン玉」。このシャボン玉は、あるものの例えであると言われているが、一体それはなにか?


證誠寺

最初の童謡は楽しい童謡。「証城寺の狸囃子」の作詞は赤い靴を書いた野口雨情、作曲は、てるてる坊主を手がけた中山晋平。童謡の元となったのは千葉県木更津市に実在する證誠寺。ある夜、和尚さんが目を覚ますと庭からお囃子が聞こえてきて、庭には100匹を超えるたぬきがいた。それをみた和尚さんは思わず和の中に入ってお囃子合戦が続いた。その後、証城寺で起きた事件とは?という問題が出された。正解は「タヌキが腹を叩き過ぎで死んでしまった。」4日目の晩にタヌキのお囃子が聞こえてこないので寺の周りを調べてみると、親だぬきの腹の皮が破れ絶命していた。絵本では破れたお腹を和尚さんが手当をするという優しい脚色を加えたストーリー人になっているという。


「世界一受けたい授業」で紹介された音楽・CD

証城寺の狸囃子

前回大反響だった、童謡「てるてる坊主」の3番には怖い歌詞がある。そして童謡「赤い靴」のモデルの岩崎きみは、結核にかかり9歳で亡くなっていた。今回も童謡研究のスペシャリストの岡崎女子大学 子ども教育学部教授の上田信道先生と、元うたのお兄さんの横山だいすけ先生に教えてもらう。童謡「証城寺の狸囃子」の元となった伝説の予想外の結末とは?井上和香はお弁当箱の歌が大好きで毎日歌っているという。

最初の童謡は楽しい童謡。「証城寺の狸囃子」の作詞は赤い靴を書いた野口雨情、作曲は、てるてる坊主を手がけた中山晋平。童謡の元となったのは千葉県木更津市に実在する證誠寺。ある夜、和尚さんが目を覚ますと庭からお囃子が聞こえてきて、庭には100匹を超えるたぬきがいた。それをみた和尚さんは思わず和の中に入ってお囃子合戦が続いた。その後、証城寺で起きた事件とは?という問題が出された。正解は「タヌキが腹を叩き過ぎで死んでしまった。」4日目の晩にタヌキのお囃子が聞こえてこないので寺の周りを調べてみると、親だぬきの腹の皮が破れ絶命していた。絵本では破れたお腹を和尚さんが手当をするという優しい脚色を加えたストーリー人になっているという。


「世界一受けたい授業」で紹介された音楽・CD

赤い靴

前回大反響だった、童謡「てるてる坊主」の3番には怖い歌詞がある。そして童謡「赤い靴」のモデルの岩崎きみは、結核にかかり9歳で亡くなっていた。今回も童謡研究のスペシャリストの岡崎女子大学 子ども教育学部教授の上田信道先生と、元うたのお兄さんの横山だいすけ先生に教えてもらう。童謡「証城寺の狸囃子」の元となった伝説の予想外の結末とは?井上和香はお弁当箱の歌が大好きで毎日歌っているという。

最初の童謡は楽しい童謡。「証城寺の狸囃子」の作詞は赤い靴を書いた野口雨情、作曲は、てるてる坊主を手がけた中山晋平。童謡の元となったのは千葉県木更津市に実在する證誠寺。ある夜、和尚さんが目を覚ますと庭からお囃子が聞こえてきて、庭には100匹を超えるたぬきがいた。それをみた和尚さんは思わず和の中に入ってお囃子合戦が続いた。その後、証城寺で起きた事件とは?という問題が出された。正解は「タヌキが腹を叩き過ぎで死んでしまった。」4日目の晩にタヌキのお囃子が聞こえてこないので寺の周りを調べてみると、親だぬきの腹の皮が破れ絶命していた。絵本では破れたお腹を和尚さんが手当をするという優しい脚色を加えたストーリー人になっているという。


2018年04月 2018年05月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 「世界一受けたい授業」で紹介されたすべての情報
  • 「世界一受けたい授業」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「世界一受けたい授業」で紹介された音楽・CD
  • 「世界一受けたい授業」で紹介された映画・DVD
  • 「世界一受けたい授業」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「世界一受けたい授業」で紹介されたグルメ情報
  • 「世界一受けたい授業」で紹介された料理レシピ
  • 「世界一受けたい授業」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「世界一受けたい授業」で紹介された観光・地域情報
  • 「世界一受けたい授業」で紹介されたイベント情報
  • 「世界一受けたい授業」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する