テレビ紹介情報

「PON!」で紹介された情報

「PON!」で紹介された料理レシピ ( 70 / 70 ページ )

「PON!」で紹介された料理レシピ

豚骨風そうめん

夏バテ予防に!「豚骨風そうめん」のレシピを紹介。まずそうめん(4束)をゆでる。交差して鍋に入れ、あまり箸で混ぜずにゆでるのがポイント。あまり混ぜすぎると表面が傷つき、デンプンが流れてのどごしが悪くなる。多めのお湯と強めの火加減でお湯の対流に任せると美味しくなる。ゆで時間は2分から2分半。流水でしっかりもみ洗いをすることで、そうめんに使われている油が酸化したものがとれて臭みと塩分も取れる。最後に氷水でしめることでのどごしや食感が良くなる。

きゅうり・ハムは細切りにして、ゆで卵は殻を剥いて半分にする。タレは牛乳・しょうゆ・ごま油・すりおろしたニンニクを加えて混ぜる。そうめんにタレをかけて、具材をのせて完成。気温が15度から35度の時は「そうめん」などの糖質をエネルギーに変えるビタミンB1の消費が3倍になる。ニンニクの主成分「アリシン」がハムのビタミンB1の吸収率を上げる。そのため、ニンニクとハムとそうめんの相性は夏バテ予防になる。


「PON!」で紹介された料理レシピ

PON!特製 サクサクから揚げと新食感お好み焼き

日テレRESORT@seazooから生中継。きょうは「PON!特製 サクサクから揚げと新食感お好み焼き」を紹介する。鶏もも肉を日清食品のから揚げ作りのキットで味付けし、衣用の粉をつけていく。鶏肉を中音の油で揚げていく。付け合せのピーマンは素揚げにしておく。

日清食品のから揚げ作りを使ってお好み焼きを作っていく。キットの粉と小麦粉と水をいれ5ミリ角に刻んだキャベツと1センチ幅に切った豚バラ肉を混ぜる。熱したフライパンでお好み焼きの生地を焼いていく。から揚げ作りの粉を入れるとデンプンが入っているためもっちり仕上がる。お好み焼きの上に目玉焼きやマスタード・マヨネーズ・トマトケチャップ・黒コショウをかけて、から揚げを盛れば完成。

紹介した「PON!特製 サクサクから揚げと新食感お好み焼き」は日テレRESORT@seazooで平日1日限定30食、900円で販売中。


「PON!」で紹介された料理レシピ

トマトソース

生地を4等分に切り、直径1センチ強の棒状にする。ニョッキは最初はローマ時代に生まれ、大航海時代にヨーロッパにジャガイモが入ったことにより、現在のようなニョッキに変化したと言われている。イタリア・ローマでは金曜日に断食の習慣があり、腹持ちの良いニョッキを木曜日に食べるという。棒状に伸ばした生地を1センチ幅に切る。熱湯に1%の塩を入れて茹でる。5分ほど茹でてニョッキが浮いてきたらザルにとって水気を切る。ひと煮立ちさせたトマトソースに塩を入れてニョッキを絡め、粉チーズを混ぜて火を止める。更に盛り、再度粉チーズをかければ完成。


「PON!」で紹介された料理レシピ

手作りニョッキ

自宅で簡単!「手作りニョッキ」のレシピを紹介。まずボウルに熱湯とオリーブオイルと(秘)食材の乾燥パン粉を入れて混ぜる。パン粉もジャガイモもデンプンなので、ニョッキの生地に使うと粘り&モチモチ感がアップする。小麦粉には塩を加え、先ほどのパン粉を加えてさらに混ぜる。全体が1つにまとまればOK。

生地を4等分に切り、直径1センチ強の棒状にする。ニョッキは最初はローマ時代に生まれ、大航海時代にヨーロッパにジャガイモが入ったことにより、現在のようなニョッキに変化したと言われている。イタリア・ローマでは金曜日に断食の習慣があり、腹持ちの良いニョッキを木曜日に食べるという。棒状に伸ばした生地を1センチ幅に切る。熱湯に1%の塩を入れて茹でる。5分ほど茹でてニョッキが浮いてきたらザルにとって水気を切る。ひと煮立ちさせたトマトソースに塩を入れてニョッキを絡め、粉チーズを混ぜて火を止める。更に盛り、再度粉チーズをかければ完成。


「PON!」で紹介された料理レシピ

トマトと酢たまねぎの特製キーマカレー

第1位は「トマトと酢たまねぎの特製キーマカレー」。オリーブオイルで具材を炒めてから、カレー粉やウスターソースなどを加えてひと煮立ちさせて完成。


「PON!」で紹介された料理レシピ

ホタテのカルパッチョ

第2位は「ホタテのカルパッチョ」。ホタテをそぎ切り、ベビーリーフと薄切りラディッシュを盛りつけ、酢たまねぎとオリーブオイルなどを混ぜた特製ドレッシングをかけて完成。


「PON!」で紹介された料理レシピ

酢たまねぎのガスパチョ風

達人がオススメする酢たまねぎ料理ベスト3を発表。第3位は「酢たまねぎのガスパチョ風」。トマト、にんにく、バケットなどの具材を全てミキサーで混ぜて完成。


「PON!」で紹介された料理レシピ

手巻き寿司

「手巻き寿司」のレシピを紹介する。まず米ともち麦を入れて炊いていく。もち麦は大麦の一種で、高タンパク高ミネラルでβグルカンが豊富。βグルカンは下腹の脂肪にも効果的。そして水溶性食物繊維が豊富で、糖の吸収速度をゆるやかにし、食後の血糖値の上昇を抑えるため体内に脂肪として残りづらい。

そして炊いたご飯をボウルにあけ、液体塩麹と酢を温かいご飯に加えてさっくり混ぜる。液体塩麹は甘みがあるので砂糖を使わなくてもOK。ご飯が混ざったら冷ましておく。ツナマヨはツナ缶の水気を切り、低カロリーのマヨネーズを加え、ケチャップを混ぜあわせていく。きゅうり・かにかま・チーズ・大葉はそれぞれ切っておく。そして海苔とレタスでご飯と具材を混ぜ合わせれば完成。レタスはでんぷんを分解する酵素で消化を助ける役割がある。


「PON!」で紹介された料理レシピ

手巻き寿司

きょうのPON!の放送ラインナップを紹介。「カリスマ温泉ソムリエ 釈由美子が通う美肌の湯特集」「カーリー・レイ・ジェプセンがPON!カレーを食す!」特集では夏直前!超お手軽ダイエット「手巻き寿司」を紹介する。


「PON!」で紹介された料理レシピ

アマランサスのポテトサラダ

「アマランサスのポテトサラダ」レシピを紹介。アマランサスは紀元前5000年頃から栽培されていたといわれ、日本の東北では江戸時代から「赤粟」として栽培されていた。青森県の恐山の修行僧が食べていたことから、「仙人穀」と呼ばれていたという説もある。

まずジャガイモは皮をむいて1センチ幅にカット。切ったジャガイモを中火で煮ていく。自ら煮ることで外側と内側の火の通りが均一になる。沸騰してから5分茹でる。そして味が染み込みやすい熱いうちに酢を混ぜる。そしてジャガイモを冷ます。冷やしたデンプンは、難消化性デンプンに変化し脂肪を溜め込むインスリンの働きを抑制し、ダイエット効果がある。

沸騰したお湯(100cc)でアマランサスを茹で、最後は煮切る。細かいためザルに開けると全て流れてしまう。アマランサスは白米と比べるとカロリーはほぼ一緒だが、15倍の食物繊維、2倍のタンパク質など栄養豊富だ。冷めたジャガイモに、マヨネーズ・きゅうり・タマネギ・ハム・アマランサスを入れて混ぜ合わせる。最後に黒コショウで味を整えて完成。


調理家電売れ筋ランキング 〜各カテゴリの売れ筋ランキング1位をピックアップ〜

2015年07月 2015年08月 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
  • 「PON!」で紹介されたすべての情報
  • 「PON!」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「PON!」で紹介された音楽・CD
  • 「PON!」で紹介された映画・DVD
  • 「PON!」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「PON!」で紹介されたグルメ情報
  • 「PON!」で紹介された料理レシピ
  • 「PON!」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「PON!」で紹介された観光・地域情報
  • 「PON!」で紹介されたイベント情報
  • 「PON!」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する