ホーム > テレビ紹介情報 > 日本テレビ > news every. > レストラン・飲食店
テレビ紹介情報

「news every.」で紹介された情報

「news every.」で紹介されたレストラン・飲食店 ( 1022 / 1022 ページ )

「news every.」で紹介されたレストラン・飲食店

店主の息子明弘さんが採ったキタムラサキウニ、この日は約300キロの大漁となった。孫の将平さんが店に届け、店の手伝いをした。この日は埼玉県からの常連客が来店、目当てはとれたてのウニだった。さき子さんに再び力を与えたのは奇跡的に戻った形見浮き玉。この店にはおもてなしの温かい心が詰まっている。

 (魚介料理・海鮮料理)

「news every.」で紹介されたレストラン・飲食店

続いて宮城県南三陸町へ。海沿いには農漁家レストラン「慶明丸」が。復興中のこの場所にポツンと1軒復活した。完全予約制で県内外からやってくる。四季折々の食材を使ったおまかせコースは全12品で3000円とリーズナブルだ。その日採れたウニは生きが良く濃厚な味わい。つくもカニは身が柔らかく甘いという。新鮮な刺身盛り合わせ、締めに優しい味わいのムール貝の炊き込みご飯がある。店主の三浦さき子さんは地元育ちで19年前に開店した。夫は38年前に他界、夫の名を印した形見の浮き玉を店の看板にした。7年前の津波で壊滅的被害を受けた。店も家も流され浮き玉も見つからなかった。

店の再開は諦めていたが震災から1年3ヶ月後、海外の運送会社が慶明丸の浮き玉を届けてくれた。なんと5000キロ離れたアラスカで発見されたという。さき子さんは頑張れとの夫からのメッセージだと受け取り、5年前同じ場所で再開させた。常連客が再訪している。さき子さんの1日は魚の仕入れから。なるべくその日のうちに提供しているという。銀ザケは塩を少し振って焼くだけ。さき子さんを支えるのは息子の明弘さん。店の再開を大反対していたという。この日はウニ漁を孫の将平さんも手伝い300キロの大漁となった。

 (魚介料理・海鮮料理)

「news every.」で紹介されたレストラン・飲食店

徳島県神山町の徳島駅からバスで約1時間の場所にあるユサンピザ。ここは築100年の古民家をリフォームし自然が広がる山の中にポツンと一軒だけ建っているが店内はお客さんでいっぱいの人気店。ピザは石窯で巻きを使って焼かれ食材の多くは地元の神山町の物が使われている。ピザは8種類ほどでトマトの爽やかさと濃厚なチーズの味わいが絶妙な1枚である。人気はセットメニューでピザの料金に550円でプラスすると新鮮な野菜を使った前菜と飲み物、デザートがついてくる。店主の塩田ルカさんが山の中に開店した理由を神山は食材も自然も素晴らしく人も温かいからと話し、田舎暮らしの憧れとピザ好きがこうじて5年前に家族で移住しピザ屋を始めた。ピザ作りで最もこだわっているのが水で神山の水を使用している。また食材は地元の農家のものを使用し季節ごとの旬な野菜を使用している。ピザは手作りのため1日に作れるピザはわずか20枚ほどで完全予約制で昼だけの営業で行っている。大自然の恵みが詰まったこだわりのピザ。山の中にポツンと一軒ある店には遠くても迷っても来る魅力があった。

 (ピザ、イタリアン、カフェ)

「news every.」で紹介されたレストラン・飲食店

秋刀魚

都内の料理店でサンマが焼かれていた。皮が香ばしい脂の乗った塩焼きは1500円。間もなく旬を迎えるサンマだが、農水省によると漁獲量が年々減少傾向で、去年は50年ぶりの不漁。平均卸売価格も10年前から倍増している。全国一の水揚げ量を誇る根室市の花咲港を訪ねると15隻のサンマ漁船が水揚げを行っていた。漁獲量は去年の同時期を上回る勢いで品質も良いという。今日からは主力の大型漁船も出航する。ここ数年のサンマの不漁は地元経済に打撃を与えていただけに、今年のサンマ漁への期待は大きい。


「news every.」で紹介されたレストラン・飲食店

熱海港からフェリーで約30分の初島。初島の売りは透明度の高い海。初島には10軒の食堂街がある。食堂街は台風12号の高波で多くの店が浸水。今では全ての食堂が営業再開。食事処すみで一番人気のメニューは「すみ丼」。アジなど6種類の刺身がのった海鮮丼。店主の坂本は朝タカベを獲る。タカベは鮮度が落ちるのが早いため、市場では高級魚として取引されている。藤井貴彦は、「台風12号の被害を受けたみなさんは、観光客が食べるのがエネルギーになるはず。」とコメント。

 (郷土料理(その他)、居酒屋、魚介料理・海鮮料理)

「news every.」で紹介されたレストラン・飲食店

長浜海水浴場にある鶏料理専門店「多賀屋別邸」も台風12号の影響で客が全く来なかったという。それでも、お盆休みになって客が戻ってきた。熱海の新名物となるため、あえて肉料理で勝負してるという。看板メニューは鶏肉のももやむねなど、4種類の部位をごはんにのせた丼。ポイントは、伊豆産の生わさびを使うこと。食べる直前におろす生わさびは鶏肉に爽やかさを加える。親子丼にしたり、お茶漬けにしたりもできる。

 (鳥料理、居酒屋)

「news every.」で紹介されたレストラン・飲食店

熱海プリンカフェ2nd

近年、熱海には観光客が増えている。1日1000個以上売れる瓶入りプリンの熱海プリン。「熱海プリン だいだいソースと千年井田塩付」はプリンの甘さがだいだいの酸味を引き立たせる。熱海プリンは先月28日に熱海に2号店をオープン。しかし、その当日に台風12号が熱海直撃。2号店も当時販売の縮小を余儀なくされていたが、現在は行列ができている。


「news every.」で紹介されたレストラン・飲食店

今日は列島の広い範囲でも秋の陽気になった。石川県金沢市では最高気温が27・6℃となり、9日ぶりに真夏日から開放された。都心の最低気温は24・7℃となった。 東京・表参道では半袖から長袖に変える等、女性の服装にも変化が出ていた。今日は異常な暑さから開放されたが、時折強風も吹いた。都心では最大瞬間風速18・3メートルを記録した。さいたま市では駐車場の屋根が飛ばされ、車2台に衝突した。強風が原因と見られている。今日は列島に乾いた北風が吹き、温度を急激に下げた。都心では最小湿度が29%となった。今日は湿度が28%だった為、都内の蕎麦店では店主の新井康之さんが蕎麦作りに苦戦していた。今日は温かい蕎麦を注文する人もいた。週明けには厳しい暑さが戻り、西日本を中心に天気が崩れる恐れがある。その原因となるのが台風19号だ。発達しながら北上していくものと見られている。

 (そば、うどん)

「news every.」で紹介されたレストラン・飲食店

江の島にあるKAMOME KITCHENではしらすは浜野水産からその日の朝仕入れている。おすすめは釜揚げしらすと生しらす、しらすの沖漬けが入った3色丼。しらすのお店は外国人にも美味しく食べてもらえるようなしらす料理を考えているとのこと。

 (魚介料理・海鮮料理、カフェ、レストラン(その他))

「news every.」で紹介されたレストラン・飲食店

続いて江の島の奥にある名店FUJIMI−CHAYAへ。1854年江戸時代後期創業で、新鮮な海の幸を楽しめる食事処から2011年にホットケーキ専門店にリニューアルした。オレンジソース&塩ヨーグルトのホットケーキはコーヒー付きで1500円。テラスから眺める絶景は天気が良ければ富士山が見える。

FUJIMI−CHAYAのすぐそばにある江の島岩屋へ。去年の台風により半年間休業を余儀なくされたが、ことし4月に再開。波の侵食でできた洞窟は年間通して温度が18度以下。


2018年07月 2018年08月 
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
  • 「news every.」で紹介されたすべての情報
  • 「news every.」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「news every.」で紹介された音楽・CD
  • 「news every.」で紹介された映画・DVD
  • 「news every.」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「news every.」で紹介されたグルメ情報
  • 「news every.」で紹介された料理レシピ
  • 「news every.」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「news every.」で紹介された観光・地域情報
  • 「news every.」で紹介されたイベント情報
  • 「news every.」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する