ホーム > テレビ紹介情報 > 日本テレビ > news every. > レストラン・飲食店
テレビ紹介情報

「news every.」で紹介された情報

「news every.」で紹介されたレストラン・飲食店 ( 1082 / 1082 ページ )

「news every.」で紹介されたレストラン・飲食店

埼玉県川越市ではさつまいもスイーツを求めて訪れる女性たちの姿があった。いま川越市では様々な種類のさつまいもスイーツが登場している。ソフトクリームとさつまいもをコラボしたスイーツが味わえる「川越プリン」のお店などがある。

 (チョコレート、スイーツ(その他)、カフェ)

「news every.」で紹介されたレストラン・飲食店

虎ひげの店主が開発した新味は、山梨県のほうとうと同じみそ味。白みそで煮込んだモツ入りで、メニュー名は御法度。ほうとうと同じみそ味に抵抗がありこの名をつけたという。出演者は「カツオ出汁とモツのうま味、野菜の甘味。おいしさの三重奏」とコメントした。

 (レストラン(その他))

「news every.」で紹介されたレストラン・飲食店

埼玉・深谷に郷土料理のほうとうを元にしたローカル麺・煮ぼうとうがあり、味噌味でなく、カボチャは入らないという。深谷市の虎ひげの煮ぼうとうは、野菜など11種類の具材が入る。深谷市の煮ぼうとうはしょうゆ味がベース。出演者は「麺がもちもち。しょうゆのうま味と野菜のうま味と甘みがよく絡む」などとコメントした。店主のこだわりはつゆ。鰹節とさば節を45分煮込み、追いガツオを加える。手打ちの幅広麺は約2センチ。野菜・麺をだしで煮込み、頃合いでしょうゆベースのかえしを加え完成。煮ぼうとうをより広めたいと、キムチ煮ぼうとうやカレー煮ぼうとうも開発。カレー煮ぼうとうは底にご飯が敷いてある。そして、1周回ったまさかの味付けも。

 (レストラン(その他))

「news every.」で紹介されたレストラン・飲食店

栃木・日光で60年以上愛されるローカル麺がある。焼きそば店・れんがyaのやきそばは、見た目は白っぽいが、ソースの香りと味がする。また、麺が短い。出演者は「麺がもっちり、じんわりとソースの味がする」などとコメントした。常連客は食べて40年だという。麺は自家製中細麺で、2度蒸し2度焼きすることで仕上げるが、その過程で麺が短くなる。具材はキャベツとイカのみ。中濃ソースとウスターソースなどで味付け。ソースが少量なので麺は白い。元々は1985年ごろまであった料理のおいしい駄菓子店が作っており、店を閉めることになったときに、現店主の両親がやきそばを引き継いだ。現在の店は1986年にオープンしたが、存続の危機も。1回めは設備が壊れたという理由でソース会社が廃業するという連絡を受けたとき。しかし現店主の父が修理し切り抜けた。2回めは高齢のため製麺所閉鎖の連絡を受けたとき。その時も現店主の父が製麺所に弟子入りし修行し、製麺機を買い取った。

 (焼きそば、喫茶店)

「news every.」で紹介されたレストラン・飲食店

群馬・高崎で人気のローカル麺は、約30年前にお客のリクエストから生まれ、青春の味とされる。地元の方に聞くと、「ハンブルジョア」という名前が。創業40年のイタリアンレストランのデルムンドが出している。人気メニューはパスタ。お客さんの7割が注文するのがハンブルジョア。 パスタ約350gの上にハンバーグ約300gが乗っている。その上からミートソースがかけられた一皿。出演者は「野菜の旨味がしっかり出ていて、コクを感じる」、ハンバーグについて「肉の濃い味がする」などとコメントした。ミートソースは手作りで、玉ネギ・ニンジン・セロリを赤ワインで炒め、トマトスープに合わせ、弱火で5日間煮込む。5日目に牛ひき肉を合わせれば完成。ハンバーグももちろん手作りで、牛肉100%。店は夫婦で切り盛りしている。ハンブルジョアは一人の高校生が「ハンバーグとスパゲティを両方食べたいがお金がない」と言ったことから誕生した。食べた高校生の「ブルジョアになった気分」という言葉からハンブルジョアという名前になり、高校生たちに人気が広まった。

 (イタリアン、パスタ、洋食)

「news every.」で紹介されたレストラン・飲食店

都内にある「寿司孝本店」では最高級ブランドの青森・大間産まぐろを提供している。だが、今シーズン大間まぐろは、品薄で仕入れ値が1.5倍に高騰。青森県大間町では今シーズン、危険を承知で漁に出ることも増えている。大間まぐろの漁獲量は前年に比べ、餌になる魚が少ないことが原因の一つとも言われている。夏場の漁を大幅に減らしたマグロ漁師が増えていたようだ。毎年行われていた「大間マグロ感謝祭」も今年は中止された。さらに地元の飲食店では販売価格を据え置きしているという。年末年始に向け大間マグロをめぐる関係者たちの奮闘が続いている。

 (魚介料理・海鮮料理、海鮮丼、定食・食堂)

「news every.」で紹介されたレストラン・飲食店

都内にある「寿司孝本店」では最高級ブランドの青森・大間産まぐろを提供している。だが、今シーズン大間まぐろは、品薄で仕入れ値が1.5倍に高騰。青森県大間町では今シーズン、危険を承知で漁に出ることも増えている。大間まぐろの漁獲量は前年に比べ、餌になる魚が少ないことが原因の一つとも言われている。夏場の漁を大幅に減らしたマグロ漁師が増えていたようだ。毎年行われていた「大間マグロ感謝祭」も今年は中止された。さらに地元の飲食店では販売価格を据え置きしているという。年末年始に向け大間マグロをめぐる関係者たちの奮闘が続いている。

 (寿司、割烹・小料理、魚介料理・海鮮料理)

「news every.」で紹介されたレストラン・飲食店

マクドナルド

先月、韓国のマクドナルドで客が店員にハンバーガーを投げつける客がいた。お店の仕組みを知らなかったため、喧嘩に発展した。別のお店のドライブスルーでも商品を店員に投げつける男がいるなど韓国では客による店員への暴力行為が相次ぎ社会問題になっている韓国。韓国大統領府はホームページに「韓国社会のパワハラ文化をなくすべき」などとコメントを発表し、今年”産業安全保健法”の法律を施行した。


「news every.」で紹介されたレストラン・飲食店

三重県のスーパーマーケット・味彩館キッチン海ものがたりでカワハギとして売られていた魚が、有毒魚のソウシハギだった可能性があるとわかった。店頭に並んだ3匹中2匹が売れ、うち1匹は購入者がわかっていない。ソウシハギは内臓に毒が含まれることがあり、食べると筋肉痛や呼吸困難などの症状が出る可能性があり、死に至るケースもある。スーパー運営の代表は「鮮魚のスタッフはちょっと違うなと思っただけで、カワハギの一種かなという感じで販売した」と話す。ソウシハギは日本では沖縄など暖かい海域に主に生息している。カワハギとの見分け方は、ソウシハギは全体的に水玉模様で青いスジがある。三重県は、購入者は食べずに店舗に連絡するよう呼びかけている。

 (居酒屋、魚介料理・海鮮料理、日本酒バー)

「news every.」で紹介されたレストラン・飲食店

トラフグの卸売取扱量は年間1位が12月で約4万6000キロ。(東京中央卸売市場調べ)近年水揚げでは種類の違うフグ同士から生まれた雑種のフグが増えているという。皮や筋肉に毒のあるショウサイフグと皮に毒のあるゴマフグから生まれたフグなど、雑種のフグは毒のある場所が不明なので食用が禁止されている。見た目が似ているため選別には専門知識が必要。高橋准教授によると近年海水の温暖化によりフグの生息域が変化したことで雑種のフグが増加しており、今年の宮城県沖の調査では水揚げされた雑種のフグは2割強に及んだという。

 (懐石・会席料理、ふぐ、魚介料理・海鮮料理)

2018年11月 2018年12月 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
  • 「news every.」で紹介されたすべての情報
  • 「news every.」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「news every.」で紹介された音楽・CD
  • 「news every.」で紹介された映画・DVD
  • 「news every.」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「news every.」で紹介されたグルメ情報
  • 「news every.」で紹介された料理レシピ
  • 「news every.」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「news every.」で紹介された観光・地域情報
  • 「news every.」で紹介されたイベント情報
  • 「news every.」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する