テレビ紹介情報

「news every.」で紹介された情報

「news every.」2018年5月16日(水)放送内容「news every.」2018年5月18日(金)放送内容

「news every.」 2018年5月17日(木)放送内容

(ニュース)

急性心不全

YOUNG MANなどで知られる歌手の西城秀樹さんが急性心不全で亡くなった。1973年から2年連続で日本レコード大賞・歌唱賞を受章した西城秀樹さんの突然の訃報に街の人からは驚きの声が聞かれた。広島県出身の西城秀樹さんは2001年に結婚、翌年に長女が誕生した。2003、11年に脳梗塞を患い後遺症と闘いながらリハビリを続けていた。還暦を迎えた2015年には元気な歌声を披露していた。先月25日に体調を崩して入院、きのう横浜市内の病院で急性心不全のために死亡した。


「news every.」で紹介された音楽・CD

YOUNG MAN

YOUNG MANなどで知られる歌手の西城秀樹さんが急性心不全で亡くなった。1973年から2年連続で日本レコード大賞・歌唱賞を受章した西城秀樹さんの突然の訃報に街の人からは驚きの声が聞かれた。広島県出身の西城秀樹さんは2001年に結婚、翌年に長女が誕生した。2003、11年に脳梗塞を患い後遺症と闘いながらリハビリを続けていた。還暦を迎えた2015年には元気な歌声を披露していた。先月25日に体調を崩して入院、きのう横浜市内の病院で急性心不全のために死亡した。


「news every.」で紹介された音楽・CD

傷だらけのローラ

YOUNG MANなどで知られる歌手の西城秀樹さんが急性心不全で亡くなった。1973年から2年連続で日本レコード大賞・歌唱賞を受章した西城秀樹さんの突然の訃報に街の人からは驚きの声が聞かれた。広島県出身の西城秀樹さんは2001年に結婚、翌年に長女が誕生した。2003、11年に脳梗塞を患い後遺症と闘いながらリハビリを続けていた。還暦を迎えた2015年には元気な歌声を披露していた。先月25日に体調を崩して入院、きのう横浜市内の病院で急性心不全のために死亡した。


脳梗塞

YOUNG MANなどで知られる歌手の西城秀樹さんが急性心不全で亡くなった。1973年から2年連続で日本レコード大賞・歌唱賞を受章した西城秀樹さんの突然の訃報に街の人からは驚きの声が聞かれた。広島県出身の西城秀樹さんは2001年に結婚、翌年に長女が誕生した。2003、11年に脳梗塞を患い後遺症と闘いながらリハビリを続けていた。還暦を迎えた2015年には元気な歌声を披露していた。先月25日に体調を崩して入院、きのう横浜市内の病院で急性心不全のために死亡した。


(気象情報)

日テレ・大屋根広場

日テレ・大屋根広場より中継。島根・松江市の映像、全国の気象情報を伝えた。


日大

日大の回答に不満あらわ…。


CM

(ニュース)

日本大学

アメリカンフットボールの定期戦で起きた悪質な反則行為について、日本大学の回答を受けた関西学院大学が会見を開き、誠意のある回答とは言えないと述べた。問題は日大の選手が無防備な状態の関西学院大の選手にタックルをし負傷退場させるなどしたもの。関西学院大学の監督は責任者が直接謝罪するのが筋などと話した。日本大学は経緯について24日をめどに回答したいとしている。


関西学院大学

アメリカンフットボールの定期戦で起きた悪質な反則行為について、日本大学の回答を受けた関西学院大学が会見を開き、誠意のある回答とは言えないと述べた。問題は日大の選手が無防備な状態の関西学院大の選手にタックルをし負傷退場させるなどしたもの。関西学院大学の監督は責任者が直接謝罪するのが筋などと話した。日本大学は経緯について24日をめどに回答したいとしている。


ナゼナニっ?

日本大学

日大と関西学院大のアメリカンフットボールの定期戦で起きた悪質な反則行為は監督の指示だったのか。日大は指導と受け取り方に乖離が起きていたと説明、関学はルールを逸脱した行為を監督らが容認していたと指摘した。関学の監督は、選手のタックルが問題だと思ったならなぜ注意をしなかったのか指摘した。選手は3回の反則をした末に退場している。藤井貴彦は退場した選手がベンチに戻るVTRを見ただけでは組織的プレーとは言えないとコメント。

アメリカンフットボールは組織性が高い。選手は監督らの戦術を忠実に遂行する。関係者は選手1人の判断とは考えにくいと話す。藤井貴彦は役割を忠実に再現することがアメリカンフットボールには大切だとコメント。またアメフトでは強い表現を使うことは珍しくない。関係者によると日大の監督は出場と引き換えに危険なタックルを指示したという話もある。監督は意図的に反則行為を指示したことはないと主張している。専門家は監督としての責任があり謝罪すべきなどと強く指摘している。小林史は日大側の誠実な対応が求められると話した。


関西学院大学

日大と関西学院大のアメリカンフットボールの定期戦で起きた悪質な反則行為は監督の指示だったのか。日大は指導と受け取り方に乖離が起きていたと説明、関学はルールを逸脱した行為を監督らが容認していたと指摘した。関学の監督は、選手のタックルが問題だと思ったならなぜ注意をしなかったのか指摘した。選手は3回の反則をした末に退場している。藤井貴彦は退場した選手がベンチに戻るVTRを見ただけでは組織的プレーとは言えないとコメント。

アメリカンフットボールは組織性が高い。選手は監督らの戦術を忠実に遂行する。関係者は選手1人の判断とは考えにくいと話す。藤井貴彦は役割を忠実に再現することがアメリカンフットボールには大切だとコメント。またアメフトでは強い表現を使うことは珍しくない。関係者によると日大の監督は出場と引き換えに危険なタックルを指示したという話もある。監督は意図的に反則行為を指示したことはないと主張している。専門家は監督としての責任があり謝罪すべきなどと強く指摘している。小林史は日大側の誠実な対応が求められると話した。


CM

TIME4

JR山手線

JR山手線の車内に防犯カメラが設置されあさってから運用が開始される。車内防犯カメラが設置されるのは山手線の新型車両、これまでは埼京線1号車のみ設置されていたが、各車両に設置するのは山手線が初めて。JR東日本は今年度以降、新造する新幹線などに防犯カメラを設置しテロ対策などにも役立てたい考え。


埼京線

JR山手線の車内に防犯カメラが設置されあさってから運用が開始される。車内防犯カメラが設置されるのは山手線の新型車両、これまでは埼京線1号車のみ設置されていたが、各車両に設置するのは山手線が初めて。JR東日本は今年度以降、新造する新幹線などに防犯カメラを設置しテロ対策などにも役立てたい考え。


JR東日本

JR山手線の車内に防犯カメラが設置されあさってから運用が開始される。車内防犯カメラが設置されるのは山手線の新型車両、これまでは埼京線1号車のみ設置されていたが、各車両に設置するのは山手線が初めて。JR東日本は今年度以降、新造する新幹線などに防犯カメラを設置しテロ対策などにも役立てたい考え。


山寺

山形県山形市山寺から中継。松尾芭蕉が奥の細道で訪れた場所としても有名。神事で使用される神輿は雌鳥の陣痛を表現している。この前に雄鶏、雌鳥が出会い結婚の儀式が行われている。途中水がかけられたのは出産の産湯をあらわしている。産まれた後は卵を追いかけて神様を追いはらう儀式が行われる。神輿はもっとも重いもので300キロ近くあるそう。走る距離は1キロくらいになるとのこと。結婚や出産にご利益があると言われている。


奥の細道

山形県山形市山寺から中継。松尾芭蕉が奥の細道で訪れた場所としても有名。神事で使用される神輿は雌鳥の陣痛を表現している。この前に雄鶏、雌鳥が出会い結婚の儀式が行われている。途中水がかけられたのは出産の産湯をあらわしている。産まれた後は卵を追いかけて神様を追いはらう儀式が行われる。神輿はもっとも重いもので300キロ近くあるそう。走る距離は1キロくらいになるとのこと。結婚や出産にご利益があると言われている。


CM

TIME4

「news every.」で紹介された音楽・CD

「さくら」などのヒット曲で知られる歌手の森山直太朗さんが、同学年のピアニストと結婚したことを発表した。

「さくら」

Amazon.co.jp


「news every.」で紹介されたイベント情報

イタリア国際

テニス・イタリア国際第2回戦で、錦織圭選手が世界ランク第4位のディミトロフ選手に逆転勝ち。3回戦進出を決めた。


「news every.」で紹介されたイベント情報

ロシアワールドカップ

サッカーロシアW杯日本テレビ系列のメインキャスターに手越祐也が就任した。これまで多くの取材をし、去年は本田圭佑のゴールを間近で観戦した。試合後、本田とも初対面を果たした。また、テーマソングにはNEWSの「BLUE」に決定した。日本代表の応援ソングになっている。手越は「4年に1度しかないお祭りなので僕も一緒に戦いながらW杯のおもしろさを伝えていけたらいいかなと思う」などと話した。小山は「サポーターにも歌ってもらえるような部分もあるので一丸となって日本代表を応援したい」などと話した。


「news every.」で紹介された音楽・CD

BLUE

サッカーロシアW杯日本テレビ系列のメインキャスターに手越祐也が就任した。これまで多くの取材をし、去年は本田圭佑のゴールを間近で観戦した。試合後、本田とも初対面を果たした。また、テーマソングにはNEWSの「BLUE」に決定した。日本代表の応援ソングになっている。手越は「4年に1度しかないお祭りなので僕も一緒に戦いながらW杯のおもしろさを伝えていけたらいいかなと思う」などと話した。小山は「サポーターにも歌ってもらえるような部分もあるので一丸となって日本代表を応援したい」などと話した。


「news every.」で紹介されたイベント情報

東京五輪

日本競歩界初の世界新記録を樹立した鈴木雄介選手だが、故障に苦しめられるなどして、リオ五輪の出場を断念していた。その後、強化費の不正申請を陸連が指摘。去年10月から半年間の資格停止処分を受けていた。2年9か月ぶりとなるあさっての大会、2年後の東京五輪への思いを「チャンスをいただいて感謝している。一つ一つ集中してやっていくことの先に東京五輪があればという風に考えている」などと話した。


「news every.」で紹介されたイベント情報

リオ五輪

日本競歩界初の世界新記録を樹立した鈴木雄介選手だが、故障に苦しめられるなどして、リオ五輪の出場を断念していた。その後、強化費の不正申請を陸連が指摘。去年10月から半年間の資格停止処分を受けていた。2年9か月ぶりとなるあさっての大会、2年後の東京五輪への思いを「チャンスをいただいて感謝している。一つ一つ集中してやっていくことの先に東京五輪があればという風に考えている」などと話した。


「news every.」で紹介されたイベント情報

東日本実業団選手権

日本競歩界初の世界新記録を樹立した鈴木雄介選手だが、故障に苦しめられるなどして、リオ五輪の出場を断念していた。その後、強化費の不正申請を陸連が指摘。去年10月から半年間の資格停止処分を受けていた。2年9か月ぶりとなるあさっての大会、2年後の東京五輪への思いを「チャンスをいただいて感謝している。一つ一つ集中してやっていくことの先に東京五輪があればという風に考えている」などと話した。


CM

(生活天気)

日テレ・大屋根広場

日テレ・大屋根広場より中継。東京・浅草、横浜のLIVE映像を背景に関東地方の気象情報を伝えた。


CM

そらジローあのね

トク4

「news every.」で紹介されたグルメ情報

エビナゲット

東京都だけで92もある銀座商店街の魅力について迫る。


「news every.」で紹介されたグルメ情報

どら焼き

東京都だけで92もある銀座商店街の魅力について迫る。

上板南口銀座商店街は昭和25年、東上線上板橋駅と川越街道の間に誕生した商店街で、約150店舗が軒を連ねる。「マルミ洋品店」には破格の洋服が並ぶ。昭和25年創業の和洋菓子店「ひと本 石田屋」には、行列もできる人気のどら焼きがある。早速買おうとしたが、既に売り切れ。取材したのはまだ午前11時半。いつ売り切れるのか、別の朝に取材したところ、開店時間から既に店は賑わいを見せ、400個が開店約30分で売り切れた。どら焼きのおいしさの秘密は、店内の工場で毎日手作りしていること。どら焼きはつぶあんに栗がまるごと1個入っている。作業時間は開店前の1時間ほどなので、作れるのは400個。そしてどら焼きの代わりにもう一つの人気商品である栗饅頭を試食。皮の上に羊羹が塗ってあるのがポイント。この店ではその日に作ったものをその日に食べてもらいたいという思想のもと、保存料・防腐剤を使わないため、配送は行っていないとのこと。


「news every.」で紹介されたグルメ情報

スペアリブ

東京都だけで92もある銀座商店街の魅力について迫る。


東京都産業労働局調べ

東京都だけで92もある銀座商店街の魅力について迫る。


十条銀座商店街

昭和5年に完成された十条銀座商店街にはアーケードがあり、その中に作りたてのお惣菜が並んでいる「惣菜 みやはら」はあった。ここはお客さんのためにお惣菜をたくさん作っているので、目についたお惣菜を頼んでも総額291円と低価格だった。

十条銀座商店街にある「肉骨茶」というお店では、バクテーという八角やにんにくなどを煮込んだ「肉骨茶」というマレーシアのスペアリブがオススメとなっている。


惣菜 みやはら

昭和5年に完成された十条銀座商店街にはアーケードがあり、その中に作りたてのお惣菜が並んでいる「惣菜 みやはら」はあった。ここはお客さんのためにお惣菜をたくさん作っているので、目についたお惣菜を頼んでも総額291円と低価格だった。


「news every.」で紹介されたレストラン・飲食店

肉骨茶

十条銀座商店街にある「肉骨茶」というお店では、バクテーという八角やにんにくなどを煮込んだ「肉骨茶」というマレーシアのスペアリブがオススメとなっている。


「news every.」で紹介されたグルメ情報

ランチ定食

十条銀座商店街にある「肉骨茶」というお店では、バクテーという八角やにんにくなどを煮込んだ「肉骨茶」というマレーシアのスペアリブがオススメとなっている。


上板南口銀座商店街

上板南口銀座商店街は昭和25年、東上線上板橋駅と川越街道の間に誕生した商店街で、約150店舗が軒を連ねる。「マルミ洋品店」には破格の洋服が並ぶ。昭和25年創業の和洋菓子店「ひと本 石田屋」には、行列もできる人気のどら焼きがある。早速買おうとしたが、既に売り切れ。取材したのはまだ午前11時半。いつ売り切れるのか、別の朝に取材したところ、開店時間から既に店は賑わいを見せ、400個が開店約30分で売り切れた。どら焼きのおいしさの秘密は、店内の工場で毎日手作りしていること。どら焼きはつぶあんに栗がまるごと1個入っている。作業時間は開店前の1時間ほどなので、作れるのは400個。そしてどら焼きの代わりにもう一つの人気商品である栗饅頭を試食。皮の上に羊羹が塗ってあるのがポイント。この店ではその日に作ったものをその日に食べてもらいたいという思想のもと、保存料・防腐剤を使わないため、配送は行っていないとのこと。


ひと本 石田屋

上板南口銀座商店街は昭和25年、東上線上板橋駅と川越街道の間に誕生した商店街で、約150店舗が軒を連ねる。「マルミ洋品店」には破格の洋服が並ぶ。昭和25年創業の和洋菓子店「ひと本 石田屋」には、行列もできる人気のどら焼きがある。早速買おうとしたが、既に売り切れ。取材したのはまだ午前11時半。いつ売り切れるのか、別の朝に取材したところ、開店時間から既に店は賑わいを見せ、400個が開店約30分で売り切れた。どら焼きのおいしさの秘密は、店内の工場で毎日手作りしていること。どら焼きはつぶあんに栗がまるごと1個入っている。作業時間は開店前の1時間ほどなので、作れるのは400個。そしてどら焼きの代わりにもう一つの人気商品である栗饅頭を試食。皮の上に羊羹が塗ってあるのがポイント。この店ではその日に作ったものをその日に食べてもらいたいという思想のもと、保存料・防腐剤を使わないため、配送は行っていないとのこと。


「news every.」で紹介されたグルメ情報

栗饅頭

上板南口銀座商店街は昭和25年、東上線上板橋駅と川越街道の間に誕生した商店街で、約150店舗が軒を連ねる。「マルミ洋品店」には破格の洋服が並ぶ。昭和25年創業の和洋菓子店「ひと本 石田屋」には、行列もできる人気のどら焼きがある。早速買おうとしたが、既に売り切れ。取材したのはまだ午前11時半。いつ売り切れるのか、別の朝に取材したところ、開店時間から既に店は賑わいを見せ、400個が開店約30分で売り切れた。どら焼きのおいしさの秘密は、店内の工場で毎日手作りしていること。どら焼きはつぶあんに栗がまるごと1個入っている。作業時間は開店前の1時間ほどなので、作れるのは400個。そしてどら焼きの代わりにもう一つの人気商品である栗饅頭を試食。皮の上に羊羹が塗ってあるのがポイント。この店ではその日に作ったものをその日に食べてもらいたいという思想のもと、保存料・防腐剤を使わないため、配送は行っていないとのこと。


東上線

上板南口銀座商店街は昭和25年、東上線上板橋駅と川越街道の間に誕生した商店街で、約150店舗が軒を連ねる。「マルミ洋品店」には破格の洋服が並ぶ。昭和25年創業の和洋菓子店「ひと本 石田屋」には、行列もできる人気のどら焼きがある。早速買おうとしたが、既に売り切れ。取材したのはまだ午前11時半。いつ売り切れるのか、別の朝に取材したところ、開店時間から既に店は賑わいを見せ、400個が開店約30分で売り切れた。どら焼きのおいしさの秘密は、店内の工場で毎日手作りしていること。どら焼きはつぶあんに栗がまるごと1個入っている。作業時間は開店前の1時間ほどなので、作れるのは400個。そしてどら焼きの代わりにもう一つの人気商品である栗饅頭を試食。皮の上に羊羹が塗ってあるのがポイント。この店ではその日に作ったものをその日に食べてもらいたいという思想のもと、保存料・防腐剤を使わないため、配送は行っていないとのこと。


川越街道

上板南口銀座商店街は昭和25年、東上線上板橋駅と川越街道の間に誕生した商店街で、約150店舗が軒を連ねる。「マルミ洋品店」には破格の洋服が並ぶ。昭和25年創業の和洋菓子店「ひと本 石田屋」には、行列もできる人気のどら焼きがある。早速買おうとしたが、既に売り切れ。取材したのはまだ午前11時半。いつ売り切れるのか、別の朝に取材したところ、開店時間から既に店は賑わいを見せ、400個が開店約30分で売り切れた。どら焼きのおいしさの秘密は、店内の工場で毎日手作りしていること。どら焼きはつぶあんに栗がまるごと1個入っている。作業時間は開店前の1時間ほどなので、作れるのは400個。そしてどら焼きの代わりにもう一つの人気商品である栗饅頭を試食。皮の上に羊羹が塗ってあるのがポイント。この店ではその日に作ったものをその日に食べてもらいたいという思想のもと、保存料・防腐剤を使わないため、配送は行っていないとのこと。


マルミ洋品店

上板南口銀座商店街は昭和25年、東上線上板橋駅と川越街道の間に誕生した商店街で、約150店舗が軒を連ねる。「マルミ洋品店」には破格の洋服が並ぶ。昭和25年創業の和洋菓子店「ひと本 石田屋」には、行列もできる人気のどら焼きがある。早速買おうとしたが、既に売り切れ。取材したのはまだ午前11時半。いつ売り切れるのか、別の朝に取材したところ、開店時間から既に店は賑わいを見せ、400個が開店約30分で売り切れた。どら焼きのおいしさの秘密は、店内の工場で毎日手作りしていること。どら焼きはつぶあんに栗がまるごと1個入っている。作業時間は開店前の1時間ほどなので、作れるのは400個。そしてどら焼きの代わりにもう一つの人気商品である栗饅頭を試食。皮の上に羊羹が塗ってあるのがポイント。この店ではその日に作ったものをその日に食べてもらいたいという思想のもと、保存料・防腐剤を使わないため、配送は行っていないとのこと。


上板南口銀座商店街は昭和25年、東上線上板橋駅と川越街道の間に誕生した商店街で、約150店舗が軒を連ねる。「マルミ洋品店」には破格の洋服が並ぶ。昭和25年創業の和洋菓子店「ひと本 石田屋」には、行列もできる人気のどら焼きがある。早速買おうとしたが、既に売り切れ。取材したのはまだ午前11時半。いつ売り切れるのか、別の朝に取材したところ、開店時間から既に店は賑わいを見せ、400個が開店約30分で売り切れた。どら焼きのおいしさの秘密は、店内の工場で毎日手作りしていること。どら焼きはつぶあんに栗がまるごと1個入っている。作業時間は開店前の1時間ほどなので、作れるのは400個。そしてどら焼きの代わりにもう一つの人気商品である栗饅頭を試食。皮の上に羊羹が塗ってあるのがポイント。この店ではその日に作ったものをその日に食べてもらいたいという思想のもと、保存料・防腐剤を使わないため、配送は行っていないとのこと。


(ニュース)

急性心不全

歌手の西城秀樹さんが昨日、急性心不全で亡くなった。63歳だった。西城さんは先月25日に体調を崩して入院していた。広島県出身の西城さんは1972年に歌手デビューすると、傷だらけのローラ等のヒットを連発した。1993年に出演した番組では、音楽との出会いを語っていた。西城さんは父親の影響で、小学校の時にドラムを始めたという。西城さんは2001年に結婚したが、その後、2度脳梗塞を発症した。家族に支えられながら、治療と仕事を両立してきた。最初に西城さんが病に倒れたのは、2003年だった。師団は、小脳梗塞だった。ろれつが回らず言語障害が出たが、翌月には仕事復帰した。この時、妻は第2子を妊娠していた。西城さんはこの時、引退を考えていたが、子供の為に現役続行を決意したという。西城さんは2011年に再び脳梗塞を発症した。リハビリを続け、2014年にはファンに懐かしのヒット曲を披露した。西城さんは2度の脳梗塞を経験しながらも、その都度、懸命なリハビリで復帰する等、生涯歌手としてステージに立ち続けた。


「news every.」で紹介された音楽・CD

YOUNG MAN

歌手の西城秀樹さんが昨日、急性心不全で亡くなった。63歳だった。西城さんは先月25日に体調を崩して入院していた。広島県出身の西城さんは1972年に歌手デビューすると、傷だらけのローラ等のヒットを連発した。1993年に出演した番組では、音楽との出会いを語っていた。西城さんは父親の影響で、小学校の時にドラムを始めたという。西城さんは2001年に結婚したが、その後、2度脳梗塞を発症した。家族に支えられながら、治療と仕事を両立してきた。最初に西城さんが病に倒れたのは、2003年だった。師団は、小脳梗塞だった。ろれつが回らず言語障害が出たが、翌月には仕事復帰した。この時、妻は第2子を妊娠していた。西城さんはこの時、引退を考えていたが、子供の為に現役続行を決意したという。西城さんは2011年に再び脳梗塞を発症した。リハビリを続け、2014年にはファンに懐かしのヒット曲を披露した。西城さんは2度の脳梗塞を経験しながらも、その都度、懸命なリハビリで復帰する等、生涯歌手としてステージに立ち続けた。


「news every.」で紹介された音楽・CD

傷だらけのローラ

歌手の西城秀樹さんが昨日、急性心不全で亡くなった。63歳だった。西城さんは先月25日に体調を崩して入院していた。広島県出身の西城さんは1972年に歌手デビューすると、傷だらけのローラ等のヒットを連発した。1993年に出演した番組では、音楽との出会いを語っていた。西城さんは父親の影響で、小学校の時にドラムを始めたという。西城さんは2001年に結婚したが、その後、2度脳梗塞を発症した。家族に支えられながら、治療と仕事を両立してきた。最初に西城さんが病に倒れたのは、2003年だった。師団は、小脳梗塞だった。ろれつが回らず言語障害が出たが、翌月には仕事復帰した。この時、妻は第2子を妊娠していた。西城さんはこの時、引退を考えていたが、子供の為に現役続行を決意したという。西城さんは2011年に再び脳梗塞を発症した。リハビリを続け、2014年にはファンに懐かしのヒット曲を披露した。西城さんは2度の脳梗塞を経験しながらも、その都度、懸命なリハビリで復帰する等、生涯歌手としてステージに立ち続けた。


脳梗塞

歌手の西城秀樹さんが昨日、急性心不全で亡くなった。63歳だった。西城さんは先月25日に体調を崩して入院していた。広島県出身の西城さんは1972年に歌手デビューすると、傷だらけのローラ等のヒットを連発した。1993年に出演した番組では、音楽との出会いを語っていた。西城さんは父親の影響で、小学校の時にドラムを始めたという。西城さんは2001年に結婚したが、その後、2度脳梗塞を発症した。家族に支えられながら、治療と仕事を両立してきた。最初に西城さんが病に倒れたのは、2003年だった。師団は、小脳梗塞だった。ろれつが回らず言語障害が出たが、翌月には仕事復帰した。この時、妻は第2子を妊娠していた。西城さんはこの時、引退を考えていたが、子供の為に現役続行を決意したという。西城さんは2011年に再び脳梗塞を発症した。リハビリを続け、2014年にはファンに懐かしのヒット曲を披露した。西城さんは2度の脳梗塞を経験しながらも、その都度、懸命なリハビリで復帰する等、生涯歌手としてステージに立ち続けた。

突然の訃報に、郷ひろみさんは「同世代として、とても残念だ。悲しい気持ちでいっぱいだ。」等という内容のコメントを出した。野口五郎さんは「突然で、今は言葉が見つからない。」等という内容のコメントを出した。西城さんの通夜は25日、告別式は26日に営まれるという。


「news every.」で紹介された音楽・CD

歌手の西城秀樹さんが昨日、急性心不全で亡くなった。63歳だった。西城さんは先月25日に体調を崩して入院していた。広島県出身の西城さんは1972年に歌手デビューすると、傷だらけのローラ等のヒットを連発した。1993年に出演した番組では、音楽との出会いを語っていた。西城さんは父親の影響で、小学校の時にドラムを始めたという。西城さんは2001年に結婚したが、その後、2度脳梗塞を発症した。家族に支えられながら、治療と仕事を両立してきた。最初に西城さんが病に倒れたのは、2003年だった。師団は、小脳梗塞だった。ろれつが回らず言語障害が出たが、翌月には仕事復帰した。この時、妻は第2子を妊娠していた。西城さんはこの時、引退を考えていたが、子供の為に現役続行を決意したという。西城さんは2011年に再び脳梗塞を発症した。リハビリを続け、2014年にはファンに懐かしのヒット曲を披露した。西城さんは2度の脳梗塞を経験しながらも、その都度、懸命なリハビリで復帰する等、生涯歌手としてステージに立ち続けた。

「GOLDEN☆BEST デラックス 西城秀樹」

Amazon.co.jp


「news every.」で紹介された音楽・CD

ブーメランストリート

歌手の西城秀樹さんが昨日、急性心不全で亡くなった。63歳だった。西城さんは先月25日に体調を崩して入院していた。広島県出身の西城さんは1972年に歌手デビューすると、傷だらけのローラ等のヒットを連発した。1993年に出演した番組では、音楽との出会いを語っていた。西城さんは父親の影響で、小学校の時にドラムを始めたという。西城さんは2001年に結婚したが、その後、2度脳梗塞を発症した。家族に支えられながら、治療と仕事を両立してきた。最初に西城さんが病に倒れたのは、2003年だった。師団は、小脳梗塞だった。ろれつが回らず言語障害が出たが、翌月には仕事復帰した。この時、妻は第2子を妊娠していた。西城さんはこの時、引退を考えていたが、子供の為に現役続行を決意したという。西城さんは2011年に再び脳梗塞を発症した。リハビリを続け、2014年にはファンに懐かしのヒット曲を披露した。西城さんは2度の脳梗塞を経験しながらも、その都度、懸命なリハビリで復帰する等、生涯歌手としてステージに立ち続けた。


小脳梗塞

歌手の西城秀樹さんが昨日、急性心不全で亡くなった。63歳だった。西城さんは先月25日に体調を崩して入院していた。広島県出身の西城さんは1972年に歌手デビューすると、傷だらけのローラ等のヒットを連発した。1993年に出演した番組では、音楽との出会いを語っていた。西城さんは父親の影響で、小学校の時にドラムを始めたという。西城さんは2001年に結婚したが、その後、2度脳梗塞を発症した。家族に支えられながら、治療と仕事を両立してきた。最初に西城さんが病に倒れたのは、2003年だった。師団は、小脳梗塞だった。ろれつが回らず言語障害が出たが、翌月には仕事復帰した。この時、妻は第2子を妊娠していた。西城さんはこの時、引退を考えていたが、子供の為に現役続行を決意したという。西城さんは2011年に再び脳梗塞を発症した。リハビリを続け、2014年にはファンに懐かしのヒット曲を披露した。西城さんは2度の脳梗塞を経験しながらも、その都度、懸命なリハビリで復帰する等、生涯歌手としてステージに立ち続けた。


言語障害

歌手の西城秀樹さんが昨日、急性心不全で亡くなった。63歳だった。西城さんは先月25日に体調を崩して入院していた。広島県出身の西城さんは1972年に歌手デビューすると、傷だらけのローラ等のヒットを連発した。1993年に出演した番組では、音楽との出会いを語っていた。西城さんは父親の影響で、小学校の時にドラムを始めたという。西城さんは2001年に結婚したが、その後、2度脳梗塞を発症した。家族に支えられながら、治療と仕事を両立してきた。最初に西城さんが病に倒れたのは、2003年だった。師団は、小脳梗塞だった。ろれつが回らず言語障害が出たが、翌月には仕事復帰した。この時、妻は第2子を妊娠していた。西城さんはこの時、引退を考えていたが、子供の為に現役続行を決意したという。西城さんは2011年に再び脳梗塞を発症した。リハビリを続け、2014年にはファンに懐かしのヒット曲を披露した。西城さんは2度の脳梗塞を経験しながらも、その都度、懸命なリハビリで復帰する等、生涯歌手としてステージに立ち続けた。


日本大学

試合中に日大の選手が起こした悪質タックルについて具体的な内容を示さず、改めて24日をめどに回答したいとした日大側に対し、関学大の鳥内監督は怒りを顕にしていた。

森さんは日大選手のプレーについて「初めて見るプレーで信じられないと言うか理解できない」と語った。森さんには日大はむしろ反則の少ないチームというイメージだという。日大からの回答書の内容について「指導と選手の受け取り方にかい離が起きていたことが問題の本質とありましたが一選手の判断でこういったプレーに至るってことはあるんでしょうか?」「基本的にアメフトは1プレーずつ止まって繰り返しになるので意図が重視される。その中で作戦、やり方は細かいところまで決まっていて指示と違うプレーをするとは考えにくい」と語った。また、最初のプレーでベンチに戻さなかった事について「あのレベルであれば絶対戻すと思う、その試合は出さない」などと語った。

去年、甲子園ボウルで関学を大破して27年ぶりの優勝をしていた日大の内田正人監督は常任理事で職員が何も言えないような怖い人だったという。出場と引き換えに悪質なタックルを指示したという疑惑については「普通は考えられないですね」と語り、プレーそのものにはアメリカなら大乱闘、その後チームぐるみなら大問題と語った。


関西学院大学

試合中に日大の選手が起こした悪質タックルについて具体的な内容を示さず、改めて24日をめどに回答したいとした日大側に対し、関学大の鳥内監督は怒りを顕にしていた。

森さんは日大選手のプレーについて「初めて見るプレーで信じられないと言うか理解できない」と語った。森さんには日大はむしろ反則の少ないチームというイメージだという。日大からの回答書の内容について「指導と選手の受け取り方にかい離が起きていたことが問題の本質とありましたが一選手の判断でこういったプレーに至るってことはあるんでしょうか?」「基本的にアメフトは1プレーずつ止まって繰り返しになるので意図が重視される。その中で作戦、やり方は細かいところまで決まっていて指示と違うプレーをするとは考えにくい」と語った。また、最初のプレーでベンチに戻さなかった事について「あのレベルであれば絶対戻すと思う、その試合は出さない」などと語った。

去年、甲子園ボウルで関学を大破して27年ぶりの優勝をしていた日大の内田正人監督は常任理事で職員が何も言えないような怖い人だったという。出場と引き換えに悪質なタックルを指示したという疑惑については「普通は考えられないですね」と語り、プレーそのものにはアメリカなら大乱闘、その後チームぐるみなら大問題と語った。


「news every.」で紹介されたイベント情報

甲子園ボウル

森さんは日大選手のプレーについて「初めて見るプレーで信じられないと言うか理解できない」と語った。森さんには日大はむしろ反則の少ないチームというイメージだという。日大からの回答書の内容について「指導と選手の受け取り方にかい離が起きていたことが問題の本質とありましたが一選手の判断でこういったプレーに至るってことはあるんでしょうか?」「基本的にアメフトは1プレーずつ止まって繰り返しになるので意図が重視される。その中で作戦、やり方は細かいところまで決まっていて指示と違うプレーをするとは考えにくい」と語った。また、最初のプレーでベンチに戻さなかった事について「あのレベルであれば絶対戻すと思う、その試合は出さない」などと語った。

去年、甲子園ボウルで関学を大破して27年ぶりの優勝をしていた日大の内田正人監督は常任理事で職員が何も言えないような怖い人だったという。出場と引き換えに悪質なタックルを指示したという疑惑については「普通は考えられないですね」と語り、プレーそのものにはアメリカなら大乱闘、その後チームぐるみなら大問題と語った。


京都大学

森さんは日大選手のプレーについて「初めて見るプレーで信じられないと言うか理解できない」と語った。森さんには日大はむしろ反則の少ないチームというイメージだという。日大からの回答書の内容について「指導と選手の受け取り方にかい離が起きていたことが問題の本質とありましたが一選手の判断でこういったプレーに至るってことはあるんでしょうか?」「基本的にアメフトは1プレーずつ止まって繰り返しになるので意図が重視される。その中で作戦、やり方は細かいところまで決まっていて指示と違うプレーをするとは考えにくい」と語った。また、最初のプレーでベンチに戻さなかった事について「あのレベルであれば絶対戻すと思う、その試合は出さない」などと語った。


CM

TIME5

「news every.」で紹介されたイベント情報

東京オリンピック

東京オリンピック・パラリンピックの公式エンブレムを使った偽メダルを所持したとして会社員の男が逮捕された。警視庁によると、偽メダルを26個販売目的で所持した疑いが持たれている。販売価格9500円で、財務省発行の記念銀貨に似たデザインだが、本物のように色付けはされていなかった。男は中国の通販サイトで偽メダルを仕入れ、オークションで販売し約12万円売り上げたとみられている。2020年東京大会の公式エンブレムを使った偽商品の検挙は全国初となる。


「news every.」で紹介されたイベント情報

パラリンピック

東京オリンピック・パラリンピックの公式エンブレムを使った偽メダルを所持したとして会社員の男が逮捕された。警視庁によると、偽メダルを26個販売目的で所持した疑いが持たれている。販売価格9500円で、財務省発行の記念銀貨に似たデザインだが、本物のように色付けはされていなかった。男は中国の通販サイトで偽メダルを仕入れ、オークションで販売し約12万円売り上げたとみられている。2020年東京大会の公式エンブレムを使った偽商品の検挙は全国初となる。


東京駅

東京オリンピック・パラリンピックの公式エンブレムを使った偽メダルを所持したとして会社員の男が逮捕された。警視庁によると、偽メダルを26個販売目的で所持した疑いが持たれている。販売価格9500円で、財務省発行の記念銀貨に似たデザインだが、本物のように色付けはされていなかった。男は中国の通販サイトで偽メダルを仕入れ、オークションで販売し約12万円売り上げたとみられている。2020年東京大会の公式エンブレムを使った偽商品の検挙は全国初となる。


石神井署

東京オリンピック・パラリンピックの公式エンブレムを使った偽メダルを所持したとして会社員の男が逮捕された。警視庁によると、偽メダルを26個販売目的で所持した疑いが持たれている。販売価格9500円で、財務省発行の記念銀貨に似たデザインだが、本物のように色付けはされていなかった。男は中国の通販サイトで偽メダルを仕入れ、オークションで販売し約12万円売り上げたとみられている。2020年東京大会の公式エンブレムを使った偽商品の検挙は全国初となる。


加計学園

野党側は、国家戦略特区担当の内閣府の次長が、出張の際に加計学園の用意した車を使用したことを、国家公務員の倫理規定に抵触すると追及した。次長は、獣医学部新設に関わる出張で乗車した。その出張記録には「官用車」を使用したと記述されていたが、これについて国民民主党の今井議員は「加計学園から便宜供与を受けていたことは大変な問題だ」と指摘した。安倍首相は事実関係を調査中と述べるにとどめた。


国民民主党

野党側は、国家戦略特区担当の内閣府の次長が、出張の際に加計学園の用意した車を使用したことを、国家公務員の倫理規定に抵触すると追及した。次長は、獣医学部新設に関わる出張で乗車した。その出張記録には「官用車」を使用したと記述されていたが、これについて国民民主党の今井議員は「加計学園から便宜供与を受けていたことは大変な問題だ」と指摘した。安倍首相は事実関係を調査中と述べるにとどめた。


CM

TIME5

NBCテレビ

アメリカの女性体操選手の専属医が、治療と称し選手らに性的暴行を繰り返してきて、現在禁錮175年の有罪判決が下っている。NBCテレビなどによれば、専属医が務めていたミシガン州立大学が、300人以上の被害者女性と、示談金5億ドル(約550億円)で和解が成立した。ミシガン州立大学は、1990年台から被害を訴える声があるも、対応措置を取らず非難されていた。


ミシガン州立大学

アメリカの女性体操選手の専属医が、治療と称し選手らに性的暴行を繰り返してきて、現在禁錮175年の有罪判決が下っている。NBCテレビなどによれば、専属医が務めていたミシガン州立大学が、300人以上の被害者女性と、示談金5億ドル(約550億円)で和解が成立した。ミシガン州立大学は、1990年台から被害を訴える声があるも、対応措置を取らず非難されていた。


(ニュース)

神奈川県立公文書館

中学に問題行動を起こし、施設で暮らして強制的に不妊手術を受けさせられた男性は「憲法で保障されている子供を持つ権利を奪われた上に長年救済されなかった」として、国に3000万円の損害賠償を求めた。男性が不妊となったのは戦後の人口増を抑える目的で、精神疾患などの人を「不良」として本人の同意なく不妊手術を受けさせることを国が推進していた旧優生保護法が適用されていたからだった。


精神疾患

中学に問題行動を起こし、施設で暮らして強制的に不妊手術を受けさせられた男性は「憲法で保障されている子供を持つ権利を奪われた上に長年救済されなかった」として、国に3000万円の損害賠償を求めた。男性が不妊となったのは戦後の人口増を抑える目的で、精神疾患などの人を「不良」として本人の同意なく不妊手術を受けさせることを国が推進していた旧優生保護法が適用されていたからだった。


CM

カルスポっ!

「news every.」で紹介されたイベント情報

BNLイタリア国際

テニスの大坂なおみ選手がイタリア国際で世界ランク1位のシモナ・ハレプと対戦。初戦で元世界女王をくだした大坂なおみは序盤から現世界女王を圧倒する。まずはフォアハンドを決めると持ち前のパワーでサービスエース。流れを引き寄せ第1ゲームを制す。続く第2ゲームでもブレイクのチャンスを迎える。しかし4度のブレイクチャンスを活かすことができなかった。その後もシモナ・ハレプに実力を発揮され4ゲーム連取していた。ベンチに戻った大坂なおみはコーチに「泣きそう」と弱音を吐く場面も見られた。この後もミスが目立ちストレートで完敗し2回戦敗退となった。


「news every.」で紹介されたイベント情報

全仏オープン

テニスの大坂なおみ選手がイタリア国際で世界ランク1位のシモナ・ハレプと対戦。初戦で元世界女王をくだした大坂なおみは序盤から現世界女王を圧倒する。まずはフォアハンドを決めると持ち前のパワーでサービスエース。流れを引き寄せ第1ゲームを制す。続く第2ゲームでもブレイクのチャンスを迎える。しかし4度のブレイクチャンスを活かすことができなかった。その後もシモナ・ハレプに実力を発揮され4ゲーム連取していた。ベンチに戻った大坂なおみはコーチに「泣きそう」と弱音を吐く場面も見られた。この後もミスが目立ちストレートで完敗し2回戦敗退となった。


上海上港

アジアチャンピオンズリーグ、鹿島は上海上港とのアウェーでの第2戦を迎えた。第1戦を3対1で制した鹿島は前半7分、こぼれ球を拾われ2戦合計3対2と1点差に詰め寄られる。鹿島は前半42分、土居聖真がクロスに合わせる技ありゴール。このあと1点を返されるも、鹿島は10年ぶりベスト8に進出した。


「news every.」で紹介されたイベント情報

アジアチャンピオンズリーグ

アジアチャンピオンズリーグ、鹿島は上海上港とのアウェーでの第2戦を迎えた。第1戦を3対1で制した鹿島は前半7分、こぼれ球を拾われ2戦合計3対2と1点差に詰め寄られる。鹿島は前半42分、土居聖真がクロスに合わせる技ありゴール。このあと1点を返されるも、鹿島は10年ぶりベスト8に進出した。


CM

(気象情報)

「news every.」で紹介された音楽・CD

PIANO

BGM:mayo「PIANO」


日テレ・マイスタ前

日テレ・マイスタ前より中継。東京・浅草のLIVE映像を背景に全国の気象情報を伝えた。


カルスポっ!

「news every.」で紹介された音楽・CD

今日、ファンクラブの会員に向けた文書でさくらなどのヒット曲で知られる歌手の森山直太朗さんが結婚したことを発表した。森山さんは歌手の森山良子さんの息子で夏の終わりなどの多くのヒット曲を発表し活躍。相手は同学年のピアニストの平井真美子さん41歳。平井さんは音楽大学を卒業後、CMやドラマなどの音楽を手がけ、最近では高畑充希さんが主演を務めたドラマ「過保護のカホコ」も担当。二人は森山さんがデビューする2002年以前から親交があり、交際期間は明らかにされていないが昨日婚姻届を提出した。2年前に出演したテレビ番組で自身の結婚について森山さんは結婚の予定は無いと語っていたが最近では心境の変化があった。森山さんはコメントで「ためらいがちな人生だったが自分の素直な気持ちと向き合い決心した。未熟者だがまろやかコクのある家庭を築けるよう、そしてより豊かな捜索や表現を目指して精進する」としている。

「さくら(独唱)」

Amazon.co.jp


「news every.」で紹介された音楽・CD

今日、ファンクラブの会員に向けた文書でさくらなどのヒット曲で知られる歌手の森山直太朗さんが結婚したことを発表した。森山さんは歌手の森山良子さんの息子で夏の終わりなどの多くのヒット曲を発表し活躍。相手は同学年のピアニストの平井真美子さん41歳。平井さんは音楽大学を卒業後、CMやドラマなどの音楽を手がけ、最近では高畑充希さんが主演を務めたドラマ「過保護のカホコ」も担当。二人は森山さんがデビューする2002年以前から親交があり、交際期間は明らかにされていないが昨日婚姻届を提出した。2年前に出演したテレビ番組で自身の結婚について森山さんは結婚の予定は無いと語っていたが最近では心境の変化があった。森山さんはコメントで「ためらいがちな人生だったが自分の素直な気持ちと向き合い決心した。未熟者だがまろやかコクのある家庭を築けるよう、そしてより豊かな捜索や表現を目指して精進する」としている。

「夏の終わり」

Amazon.co.jp


(ニュース)

ウィンザー城

まもなくヘンリー王子とマークルさんたちの結婚式が行われるウィンザー城では聖歌隊が練習し、町ではパレードを見るために4日前から場所取りをしている人もいた。式参加者の中では新郎新婦の付き添いにヘンリー王子とキャサリン妃の子供2人が選ばれていた。


「news every.」で紹介された観光・地域情報

セントジョージ礼拝堂

まもなくヘンリー王子とマークルさんたちの結婚式が行われるウィンザー城では聖歌隊が練習し、町ではパレードを見るために4日前から場所取りをしている人もいた。式参加者の中では新郎新婦の付き添いにヘンリー王子とキャサリン妃の子供2人が選ばれていた。

ヘンリー王子の母ダイアナ元皇太子妃のウェディングドレスの裾は7.6m問王室史上最長で、キャサリン妃のドレスはそれよりも控えめの長さで後にレプリカが発売されるなど大人気となった。こうしたイギリス王室のウェディングドレスは当日まで詳細が明かされていないが、マークルさんのドレスは「ラルフ&ルッソ」というブランドが有力だと見られている。また、式の招待客は新郎新婦が決定するが席次は条例に基づいて決まり、エリザベス女王の意見も反映される。


アレキサンダー・マックイーン

ヘンリー王子の母ダイアナ元皇太子妃のウェディングドレスの裾は7.6m問王室史上最長で、キャサリン妃のドレスはそれよりも控えめの長さで後にレプリカが発売されるなど大人気となった。こうしたイギリス王室のウェディングドレスは当日まで詳細が明かされていないが、マークルさんのドレスは「ラルフ&ルッソ」というブランドが有力だと見られている。また、式の招待客は新郎新婦が決定するが席次は条例に基づいて決まり、エリザベス女王の意見も反映される。


デイリー・メール紙

ヘンリー王子の母ダイアナ元皇太子妃のウェディングドレスの裾は7.6m問王室史上最長で、キャサリン妃のドレスはそれよりも控えめの長さで後にレプリカが発売されるなど大人気となった。こうしたイギリス王室のウェディングドレスは当日まで詳細が明かされていないが、マークルさんのドレスは「ラルフ&ルッソ」というブランドが有力だと見られている。また、式の招待客は新郎新婦が決定するが席次は条例に基づいて決まり、エリザベス女王の意見も反映される。


ラルフ&ルッソ

ヘンリー王子の母ダイアナ元皇太子妃のウェディングドレスの裾は7.6m問王室史上最長で、キャサリン妃のドレスはそれよりも控えめの長さで後にレプリカが発売されるなど大人気となった。こうしたイギリス王室のウェディングドレスは当日まで詳細が明かされていないが、マークルさんのドレスは「ラルフ&ルッソ」というブランドが有力だと見られている。また、式の招待客は新郎新婦が決定するが席次は条例に基づいて決まり、エリザベス女王の意見も反映される。


TOTO

2014年に業務に不必要なパソコン14台を発注し自宅に送らせ、会社に約350万円の損害を与えたとして、TOTO関連会社の元社員の男性が背任の容疑で逮捕された。容疑者はパソコンをリサイクルショップで換金しており、警視庁は容疑者がうその発注を繰り返していた可能性があるとみて調べている。


警視庁・駒込署

2014年に業務に不必要なパソコン14台を発注し自宅に送らせ、会社に約350万円の損害を与えたとして、TOTO関連会社の元社員の男性が背任の容疑で逮捕された。容疑者はパソコンをリサイクルショップで換金しており、警視庁は容疑者がうその発注を繰り返していた可能性があるとみて調べている。


「news every.」で紹介されたグルメ情報

間借りカレー

間借りカレーとは、ある飲食店が営業していない時間帯にその飲食店のスペースを利用して提供されるカレーのこと。間借りカレーはその盛り付けや味付けなども作る者の個性が出る。たとえば、代官山で水曜のランチタイムだけオープンするシンゴカレーではキーマカレーを看板メニューとしている。代表の岡本は元々料理好きで自分の料理をSNSにあげていたがその写真が評価され、去年10月から、夜にバーとして営業している店を間借りし昼にカレーのポイントは赤ワイン。渋みや酸味が加わり深い味わいになるという。試食したリポーターは「かなり甘みがある」などと話した。

西荻窪のとら屋食堂では普段スリランカ料理を提供しているが、この日はワダ付きベジミールスを始めとした南インド料理を提供していた。中でも目を引くのはビーツやヨーグルトなどを煮込むなどして作られたソース。試食したリポーターは「ほんのり甘酸っぱい」などとコメントした。この店を始めた理由について榊紀子は「店を出したいと思い場所を捜したが見つからず、信頼出来る人がこの店を紹介してくれた」と話した。また、榊紀子は「客がある店が目当てで来てもその日は別の店が営業していることもあるのでいつかは自分の店を持ちたい」などと話した。

渋谷区のスパイスポストは、夜にはバー、夕方にはたこ焼きの店に変わる間借りカレーの店。看板メニューは20以上のスパイスが使われたチキンカレー。食べた客は「スパイシーな感じがする」などとコメントした。レシピは店主が10年以上かけて考案したもので、鶏肉も一度煮込んでから取り出して煮崩れを防ぐなどこだわった調理が行われている。


「news every.」で紹介されたグルメ情報

シンゴカレー

間借りカレーとは、ある飲食店が営業していない時間帯にその飲食店のスペースを利用して提供されるカレーのこと。間借りカレーはその盛り付けや味付けなども作る者の個性が出る。たとえば、代官山で水曜のランチタイムだけオープンするシンゴカレーではキーマカレーを看板メニューとしている。代表の岡本は元々料理好きで自分の料理をSNSにあげていたがその写真が評価され、去年10月から、夜にバーとして営業している店を間借りし昼にカレーのポイントは赤ワイン。渋みや酸味が加わり深い味わいになるという。試食したリポーターは「かなり甘みがある」などと話した。


「news every.」で紹介されたグルメ情報

キーマカレー

間借りカレーとは、ある飲食店が営業していない時間帯にその飲食店のスペースを利用して提供されるカレーのこと。間借りカレーはその盛り付けや味付けなども作る者の個性が出る。たとえば、代官山で水曜のランチタイムだけオープンするシンゴカレーではキーマカレーを看板メニューとしている。代表の岡本は元々料理好きで自分の料理をSNSにあげていたがその写真が評価され、去年10月から、夜にバーとして営業している店を間借りし昼にカレーのポイントは赤ワイン。渋みや酸味が加わり深い味わいになるという。試食したリポーターは「かなり甘みがある」などと話した。


「news every.」で紹介されたグルメ情報

パクチー

間借りカレーとは、ある飲食店が営業していない時間帯にその飲食店のスペースを利用して提供されるカレーのこと。間借りカレーはその盛り付けや味付けなども作る者の個性が出る。たとえば、代官山で水曜のランチタイムだけオープンするシンゴカレーではキーマカレーを看板メニューとしている。代表の岡本は元々料理好きで自分の料理をSNSにあげていたがその写真が評価され、去年10月から、夜にバーとして営業している店を間借りし昼にカレーのポイントは赤ワイン。渋みや酸味が加わり深い味わいになるという。試食したリポーターは「かなり甘みがある」などと話した。


「news every.」で紹介されたグルメ情報

クミン

間借りカレーとは、ある飲食店が営業していない時間帯にその飲食店のスペースを利用して提供されるカレーのこと。間借りカレーはその盛り付けや味付けなども作る者の個性が出る。たとえば、代官山で水曜のランチタイムだけオープンするシンゴカレーではキーマカレーを看板メニューとしている。代表の岡本は元々料理好きで自分の料理をSNSにあげていたがその写真が評価され、去年10月から、夜にバーとして営業している店を間借りし昼にカレーのポイントは赤ワイン。渋みや酸味が加わり深い味わいになるという。試食したリポーターは「かなり甘みがある」などと話した。


チキンカレー

間借りカレーとは、ある飲食店が営業していない時間帯にその飲食店のスペースを利用して提供されるカレーのこと。間借りカレーはその盛り付けや味付けなども作る者の個性が出る。たとえば、代官山で水曜のランチタイムだけオープンするシンゴカレーではキーマカレーを看板メニューとしている。代表の岡本は元々料理好きで自分の料理をSNSにあげていたがその写真が評価され、去年10月から、夜にバーとして営業している店を間借りし昼にカレーのポイントは赤ワイン。渋みや酸味が加わり深い味わいになるという。試食したリポーターは「かなり甘みがある」などと話した。


「news every.」で紹介されたレストラン・飲食店

とら屋食堂

西荻窪のとら屋食堂では普段スリランカ料理を提供しているが、この日はワダ付きベジミールスを始めとした南インド料理を提供していた。中でも目を引くのはビーツやヨーグルトなどを煮込むなどして作られたソース。試食したリポーターは「ほんのり甘酸っぱい」などとコメントした。この店を始めた理由について榊紀子は「店を出したいと思い場所を捜したが見つからず、信頼出来る人がこの店を紹介してくれた」と話した。また、榊紀子は「客がある店が目当てで来てもその日は別の店が営業していることもあるのでいつかは自分の店を持ちたい」などと話した。


「news every.」で紹介されたグルメ情報

ワダ付きベジミールス

西荻窪のとら屋食堂では普段スリランカ料理を提供しているが、この日はワダ付きベジミールスを始めとした南インド料理を提供していた。中でも目を引くのはビーツやヨーグルトなどを煮込むなどして作られたソース。試食したリポーターは「ほんのり甘酸っぱい」などとコメントした。この店を始めた理由について榊紀子は「店を出したいと思い場所を捜したが見つからず、信頼出来る人がこの店を紹介してくれた」と話した。また、榊紀子は「客がある店が目当てで来てもその日は別の店が営業していることもあるのでいつかは自分の店を持ちたい」などと話した。


「news every.」で紹介されたグルメ情報

ヨーグルト

西荻窪のとら屋食堂では普段スリランカ料理を提供しているが、この日はワダ付きベジミールスを始めとした南インド料理を提供していた。中でも目を引くのはビーツやヨーグルトなどを煮込むなどして作られたソース。試食したリポーターは「ほんのり甘酸っぱい」などとコメントした。この店を始めた理由について榊紀子は「店を出したいと思い場所を捜したが見つからず、信頼出来る人がこの店を紹介してくれた」と話した。また、榊紀子は「客がある店が目当てで来てもその日は別の店が営業していることもあるのでいつかは自分の店を持ちたい」などと話した。


「news every.」で紹介されたグルメ情報

ビーツ

西荻窪のとら屋食堂では普段スリランカ料理を提供しているが、この日はワダ付きベジミールスを始めとした南インド料理を提供していた。中でも目を引くのはビーツやヨーグルトなどを煮込むなどして作られたソース。試食したリポーターは「ほんのり甘酸っぱい」などとコメントした。この店を始めた理由について榊紀子は「店を出したいと思い場所を捜したが見つからず、信頼出来る人がこの店を紹介してくれた」と話した。また、榊紀子は「客がある店が目当てで来てもその日は別の店が営業していることもあるのでいつかは自分の店を持ちたい」などと話した。


「news every.」で紹介されたレストラン・飲食店

スパイスポスト

渋谷区のスパイスポストは、夜にはバー、夕方にはたこ焼きの店に変わる間借りカレーの店。看板メニューは20以上のスパイスが使われたチキンカレー。食べた客は「スパイシーな感じがする」などとコメントした。レシピは店主が10年以上かけて考案したもので、鶏肉も一度煮込んでから取り出して煮崩れを防ぐなどこだわった調理が行われている。


「news every.」で紹介されたグルメ情報

たこ焼き

渋谷区のスパイスポストは、夜にはバー、夕方にはたこ焼きの店に変わる間借りカレーの店。看板メニューは20以上のスパイスが使われたチキンカレー。食べた客は「スパイシーな感じがする」などとコメントした。レシピは店主が10年以上かけて考案したもので、鶏肉も一度煮込んでから取り出して煮崩れを防ぐなどこだわった調理が行われている。


「news every.」で紹介されたグルメ情報

チキンカレー Sサイズ

渋谷区のスパイスポストは、夜にはバー、夕方にはたこ焼きの店に変わる間借りカレーの店。看板メニューは20以上のスパイスが使われたチキンカレー。食べた客は「スパイシーな感じがする」などとコメントした。レシピは店主が10年以上かけて考案したもので、鶏肉も一度煮込んでから取り出して煮崩れを防ぐなどこだわった調理が行われている。


「news every.」で紹介されたグルメ情報

鶏肉

渋谷区のスパイスポストは、夜にはバー、夕方にはたこ焼きの店に変わる間借りカレーの店。看板メニューは20以上のスパイスが使われたチキンカレー。食べた客は「スパイシーな感じがする」などとコメントした。レシピは店主が10年以上かけて考案したもので、鶏肉も一度煮込んでから取り出して煮崩れを防ぐなどこだわった調理が行われている。


(ニュース)

「news every.」で紹介された音楽・CD

傷だらけのローラ

YOUNG MANやギャランドゥなどのヒット曲で人気を集めた歌手の西城秀樹さんが63歳で昨日、急性心不全で亡くなった。西城さんは先月25日に体調を崩し入院し、きのう午後11時53分に妻に看取られ亡くなった。昭和の歌謡ショーを彩った西城さんの突然の訃報に街の人は驚いた。幅広い世代に親しまれてきた西城さんは最後まで生涯歌手にこだわった人生だった。デビューは1972年で、郷ひろみさん、野口五郎さんらと共に新御三家と呼ばれ一躍トップアイドルになった。1974年には傷だらけのローラが大ヒットし日本レコード大賞の歌唱賞受賞やNHK紅白歌合戦に初出場した。その後もヤングマンやギャランドゥなどヒット曲を連発。2003年48歳の時に脳梗塞し言語障害などの後遺症が残ったがリハビリを経て復帰。西城さんは「病気のことでかけがえのないものを得たので伝えていきたい、ヘタだろうが今の自分はこれ、そんな中で戦っていきたい」と話していた。2011年再び脳梗塞を発症したがリハビリを続けステージに立ち続けた。3年前には60歳の還暦を迎えても病と戦いながら歌手として精力的に活動していた。西城さんの突然の訃報に野口さんと郷さんが今日午後コメントを発表。野口さんは「突然で言葉が見つからない。気持ちの整理がつくまで時間を下さい」としている。郷さんは「デビュー当時、右も左もわからなかった僕に何かわからないことがあったら聞いてくれと親身になってくれたことを一生忘れない」としている。デビューから46年、最後まで歌う事を貫いてきた西城さん。通夜は25日、告別式は26日に営まれる。


「news every.」で紹介された音楽・CD

YOUNG MAN

YOUNG MANやギャランドゥなどのヒット曲で人気を集めた歌手の西城秀樹さんが63歳で昨日、急性心不全で亡くなった。西城さんは先月25日に体調を崩し入院し、きのう午後11時53分に妻に看取られ亡くなった。昭和の歌謡ショーを彩った西城さんの突然の訃報に街の人は驚いた。幅広い世代に親しまれてきた西城さんは最後まで生涯歌手にこだわった人生だった。デビューは1972年で、郷ひろみさん、野口五郎さんらと共に新御三家と呼ばれ一躍トップアイドルになった。1974年には傷だらけのローラが大ヒットし日本レコード大賞の歌唱賞受賞やNHK紅白歌合戦に初出場した。その後もヤングマンやギャランドゥなどヒット曲を連発。2003年48歳の時に脳梗塞し言語障害などの後遺症が残ったがリハビリを経て復帰。西城さんは「病気のことでかけがえのないものを得たので伝えていきたい、ヘタだろうが今の自分はこれ、そんな中で戦っていきたい」と話していた。2011年再び脳梗塞を発症したがリハビリを続けステージに立ち続けた。3年前には60歳の還暦を迎えても病と戦いながら歌手として精力的に活動していた。西城さんの突然の訃報に野口さんと郷さんが今日午後コメントを発表。野口さんは「突然で言葉が見つからない。気持ちの整理がつくまで時間を下さい」としている。郷さんは「デビュー当時、右も左もわからなかった僕に何かわからないことがあったら聞いてくれと親身になってくれたことを一生忘れない」としている。デビューから46年、最後まで歌う事を貫いてきた西城さん。通夜は25日、告別式は26日に営まれる。


急性心不全

YOUNG MANやギャランドゥなどのヒット曲で人気を集めた歌手の西城秀樹さんが63歳で昨日、急性心不全で亡くなった。西城さんは先月25日に体調を崩し入院し、きのう午後11時53分に妻に看取られ亡くなった。昭和の歌謡ショーを彩った西城さんの突然の訃報に街の人は驚いた。幅広い世代に親しまれてきた西城さんは最後まで生涯歌手にこだわった人生だった。デビューは1972年で、郷ひろみさん、野口五郎さんらと共に新御三家と呼ばれ一躍トップアイドルになった。1974年には傷だらけのローラが大ヒットし日本レコード大賞の歌唱賞受賞やNHK紅白歌合戦に初出場した。その後もヤングマンやギャランドゥなどヒット曲を連発。2003年48歳の時に脳梗塞し言語障害などの後遺症が残ったがリハビリを経て復帰。西城さんは「病気のことでかけがえのないものを得たので伝えていきたい、ヘタだろうが今の自分はこれ、そんな中で戦っていきたい」と話していた。2011年再び脳梗塞を発症したがリハビリを続けステージに立ち続けた。3年前には60歳の還暦を迎えても病と戦いながら歌手として精力的に活動していた。西城さんの突然の訃報に野口さんと郷さんが今日午後コメントを発表。野口さんは「突然で言葉が見つからない。気持ちの整理がつくまで時間を下さい」としている。郷さんは「デビュー当時、右も左もわからなかった僕に何かわからないことがあったら聞いてくれと親身になってくれたことを一生忘れない」としている。デビューから46年、最後まで歌う事を貫いてきた西城さん。通夜は25日、告別式は26日に営まれる。


「news every.」で紹介された音楽・CD

YOUNG MANやギャランドゥなどのヒット曲で人気を集めた歌手の西城秀樹さんが63歳で昨日、急性心不全で亡くなった。西城さんは先月25日に体調を崩し入院し、きのう午後11時53分に妻に看取られ亡くなった。昭和の歌謡ショーを彩った西城さんの突然の訃報に街の人は驚いた。幅広い世代に親しまれてきた西城さんは最後まで生涯歌手にこだわった人生だった。デビューは1972年で、郷ひろみさん、野口五郎さんらと共に新御三家と呼ばれ一躍トップアイドルになった。1974年には傷だらけのローラが大ヒットし日本レコード大賞の歌唱賞受賞やNHK紅白歌合戦に初出場した。その後もヤングマンやギャランドゥなどヒット曲を連発。2003年48歳の時に脳梗塞し言語障害などの後遺症が残ったがリハビリを経て復帰。西城さんは「病気のことでかけがえのないものを得たので伝えていきたい、ヘタだろうが今の自分はこれ、そんな中で戦っていきたい」と話していた。2011年再び脳梗塞を発症したがリハビリを続けステージに立ち続けた。3年前には60歳の還暦を迎えても病と戦いながら歌手として精力的に活動していた。西城さんの突然の訃報に野口さんと郷さんが今日午後コメントを発表。野口さんは「突然で言葉が見つからない。気持ちの整理がつくまで時間を下さい」としている。郷さんは「デビュー当時、右も左もわからなかった僕に何かわからないことがあったら聞いてくれと親身になってくれたことを一生忘れない」としている。デビューから46年、最後まで歌う事を貫いてきた西城さん。通夜は25日、告別式は26日に営まれる。

「GOLDEN☆BEST デラックス 西城秀樹」

Amazon.co.jp


脳梗塞

YOUNG MANやギャランドゥなどのヒット曲で人気を集めた歌手の西城秀樹さんが63歳で昨日、急性心不全で亡くなった。西城さんは先月25日に体調を崩し入院し、きのう午後11時53分に妻に看取られ亡くなった。昭和の歌謡ショーを彩った西城さんの突然の訃報に街の人は驚いた。幅広い世代に親しまれてきた西城さんは最後まで生涯歌手にこだわった人生だった。デビューは1972年で、郷ひろみさん、野口五郎さんらと共に新御三家と呼ばれ一躍トップアイドルになった。1974年には傷だらけのローラが大ヒットし日本レコード大賞の歌唱賞受賞やNHK紅白歌合戦に初出場した。その後もヤングマンやギャランドゥなどヒット曲を連発。2003年48歳の時に脳梗塞し言語障害などの後遺症が残ったがリハビリを経て復帰。西城さんは「病気のことでかけがえのないものを得たので伝えていきたい、ヘタだろうが今の自分はこれ、そんな中で戦っていきたい」と話していた。2011年再び脳梗塞を発症したがリハビリを続けステージに立ち続けた。3年前には60歳の還暦を迎えても病と戦いながら歌手として精力的に活動していた。西城さんの突然の訃報に野口さんと郷さんが今日午後コメントを発表。野口さんは「突然で言葉が見つからない。気持ちの整理がつくまで時間を下さい」としている。郷さんは「デビュー当時、右も左もわからなかった僕に何かわからないことがあったら聞いてくれと親身になってくれたことを一生忘れない」としている。デビューから46年、最後まで歌う事を貫いてきた西城さん。通夜は25日、告別式は26日に営まれる。


日本大学

アメリカンフットボールの試合で日本大学の選手が関西学院大学の選手に悪質なタックルを浴びせて全治3週間のケガをさせた問題について。きょう反則行為を受けた選手が所属する関西学院大学が会見を行い、日本大学から受け取った回答書は事実関係の説明が不十分で誠意ある回答ではなかったと強く批判し、問題が発生して以降、公の場に姿を表していない監督らに対し直接の謝罪を求めた。関西学院大学アメフト部の監督は「あのプレーは悪質で故意である。次の日などに責任者が我々の選手や保護者に直接謝罪するのが筋。同じ指導者として受け入れることが出来ない」としている。悪質なタックルが行われたのは関学の最初の攻撃のときで関学の司令塔がパスを投げた後、日大の守備の選手が背後から強烈なタックルをした。無防備な選手への故意のタックルは反則行為だが、日大の選手はパスの約2秒後に10m以上走りタックルを浴びせた。

日大の回答書ではアメフト部の指導方針について「意図的な乱暴行為などを教えることはない。ルールに基づいた厳しさを求める」と説明。今回の反則行為については指導者による指導と選手の受け取り方に乖離が起きていたことが問題の本質としていて、あくまで監督の指示はなかったことを強調している。これに対し関学の監督は「乖離していると思うのであれば反則が起きた時にベンチに戻してそういうプレーをしろと言ったのではないということが出来なかったのか。私であればその選手は出さない」と話した。その後のプレーでも反則を重ね、退場処分となった日大の選手、会場のシーンではコーチとみられる人から頭に手を載せられているようなシーンもあった。関学は日大の監督らが退場した選手に注意や指導をしていないことに不信感を抱いている。関学のディレクターは「日大の監督があれぐらいやっていかないと勝てない、やらせている私の責任とコメントしていることを勘案するとルールを逸脱していた行為を監督コーチが容認していたと疑念を抱く。なぜ選手が悪質なプレーをしたのか真相究明が必ずなされるべき」と話した。関学と日大は去年12月大学日本一をかけた甲子園ボウルでも対戦し日大が優勝している。関学のディレクター「両方のチーム関係は信頼関係が損なわれている。完全に崩壊している状態」と話した。日大は日本テレビ取材に対して「タックルした選手に聞き取りを行っているがまだ調整中で確定的な答えられない」としている。日大は反則行為に至った経緯などについて改めて今月24日をめどに回答したいとしている。


関西学院大学

アメリカンフットボールの試合で日本大学の選手が関西学院大学の選手に悪質なタックルを浴びせて全治3週間のケガをさせた問題について。きょう反則行為を受けた選手が所属する関西学院大学が会見を行い、日本大学から受け取った回答書は事実関係の説明が不十分で誠意ある回答ではなかったと強く批判し、問題が発生して以降、公の場に姿を表していない監督らに対し直接の謝罪を求めた。関西学院大学アメフト部の監督は「あのプレーは悪質で故意である。次の日などに責任者が我々の選手や保護者に直接謝罪するのが筋。同じ指導者として受け入れることが出来ない」としている。悪質なタックルが行われたのは関学の最初の攻撃のときで関学の司令塔がパスを投げた後、日大の守備の選手が背後から強烈なタックルをした。無防備な選手への故意のタックルは反則行為だが、日大の選手はパスの約2秒後に10m以上走りタックルを浴びせた。

日大の回答書ではアメフト部の指導方針について「意図的な乱暴行為などを教えることはない。ルールに基づいた厳しさを求める」と説明。今回の反則行為については指導者による指導と選手の受け取り方に乖離が起きていたことが問題の本質としていて、あくまで監督の指示はなかったことを強調している。これに対し関学の監督は「乖離していると思うのであれば反則が起きた時にベンチに戻してそういうプレーをしろと言ったのではないということが出来なかったのか。私であればその選手は出さない」と話した。その後のプレーでも反則を重ね、退場処分となった日大の選手、会場のシーンではコーチとみられる人から頭に手を載せられているようなシーンもあった。関学は日大の監督らが退場した選手に注意や指導をしていないことに不信感を抱いている。関学のディレクターは「日大の監督があれぐらいやっていかないと勝てない、やらせている私の責任とコメントしていることを勘案するとルールを逸脱していた行為を監督コーチが容認していたと疑念を抱く。なぜ選手が悪質なプレーをしたのか真相究明が必ずなされるべき」と話した。関学と日大は去年12月大学日本一をかけた甲子園ボウルでも対戦し日大が優勝している。関学のディレクター「両方のチーム関係は信頼関係が損なわれている。完全に崩壊している状態」と話した。日大は日本テレビ取材に対して「タックルした選手に聞き取りを行っているがまだ調整中で確定的な答えられない」としている。日大は反則行為に至った経緯などについて改めて今月24日をめどに回答したいとしている。


YouTubeより

日大の回答書ではアメフト部の指導方針について「意図的な乱暴行為などを教えることはない。ルールに基づいた厳しさを求める」と説明。今回の反則行為については指導者による指導と選手の受け取り方に乖離が起きていたことが問題の本質としていて、あくまで監督の指示はなかったことを強調している。これに対し関学の監督は「乖離していると思うのであれば反則が起きた時にベンチに戻してそういうプレーをしろと言ったのではないということが出来なかったのか。私であればその選手は出さない」と話した。その後のプレーでも反則を重ね、退場処分となった日大の選手、会場のシーンではコーチとみられる人から頭に手を載せられているようなシーンもあった。関学は日大の監督らが退場した選手に注意や指導をしていないことに不信感を抱いている。関学のディレクターは「日大の監督があれぐらいやっていかないと勝てない、やらせている私の責任とコメントしていることを勘案するとルールを逸脱していた行為を監督コーチが容認していたと疑念を抱く。なぜ選手が悪質なプレーをしたのか真相究明が必ずなされるべき」と話した。関学と日大は去年12月大学日本一をかけた甲子園ボウルでも対戦し日大が優勝している。関学のディレクター「両方のチーム関係は信頼関係が損なわれている。完全に崩壊している状態」と話した。日大は日本テレビ取材に対して「タックルした選手に聞き取りを行っているがまだ調整中で確定的な答えられない」としている。日大は反則行為に至った経緯などについて改めて今月24日をめどに回答したいとしている。


「news every.」で紹介されたイベント情報

甲子園ボウル

日大の回答書ではアメフト部の指導方針について「意図的な乱暴行為などを教えることはない。ルールに基づいた厳しさを求める」と説明。今回の反則行為については指導者による指導と選手の受け取り方に乖離が起きていたことが問題の本質としていて、あくまで監督の指示はなかったことを強調している。これに対し関学の監督は「乖離していると思うのであれば反則が起きた時にベンチに戻してそういうプレーをしろと言ったのではないということが出来なかったのか。私であればその選手は出さない」と話した。その後のプレーでも反則を重ね、退場処分となった日大の選手、会場のシーンではコーチとみられる人から頭に手を載せられているようなシーンもあった。関学は日大の監督らが退場した選手に注意や指導をしていないことに不信感を抱いている。関学のディレクターは「日大の監督があれぐらいやっていかないと勝てない、やらせている私の責任とコメントしていることを勘案するとルールを逸脱していた行為を監督コーチが容認していたと疑念を抱く。なぜ選手が悪質なプレーをしたのか真相究明が必ずなされるべき」と話した。関学と日大は去年12月大学日本一をかけた甲子園ボウルでも対戦し日大が優勝している。関学のディレクター「両方のチーム関係は信頼関係が損なわれている。完全に崩壊している状態」と話した。日大は日本テレビ取材に対して「タックルした選手に聞き取りを行っているがまだ調整中で確定的な答えられない」としている。日大は反則行為に至った経緯などについて改めて今月24日をめどに回答したいとしている。


日本テレビ

日大の回答書ではアメフト部の指導方針について「意図的な乱暴行為などを教えることはない。ルールに基づいた厳しさを求める」と説明。今回の反則行為については指導者による指導と選手の受け取り方に乖離が起きていたことが問題の本質としていて、あくまで監督の指示はなかったことを強調している。これに対し関学の監督は「乖離していると思うのであれば反則が起きた時にベンチに戻してそういうプレーをしろと言ったのではないということが出来なかったのか。私であればその選手は出さない」と話した。その後のプレーでも反則を重ね、退場処分となった日大の選手、会場のシーンではコーチとみられる人から頭に手を載せられているようなシーンもあった。関学は日大の監督らが退場した選手に注意や指導をしていないことに不信感を抱いている。関学のディレクターは「日大の監督があれぐらいやっていかないと勝てない、やらせている私の責任とコメントしていることを勘案するとルールを逸脱していた行為を監督コーチが容認していたと疑念を抱く。なぜ選手が悪質なプレーをしたのか真相究明が必ずなされるべき」と話した。関学と日大は去年12月大学日本一をかけた甲子園ボウルでも対戦し日大が優勝している。関学のディレクター「両方のチーム関係は信頼関係が損なわれている。完全に崩壊している状態」と話した。日大は日本テレビ取材に対して「タックルした選手に聞き取りを行っているがまだ調整中で確定的な答えられない」としている。日大は反則行為に至った経緯などについて改めて今月24日をめどに回答したいとしている。


「news every.」で紹介されたグルメ情報

ハイボール

ハイボール人気で…販売休止に


CM

(ニュース)

東京スカイツリータウン

近年ハイボールの人気が上昇している。台湾観光フェアでもハイボールが取り扱われたほか、THE GRILL&BAR 道玄坂ハイボールの青木代表が「2010年くらいから女性もハイボールを飲むようになり国産ウィスキーの人気が高まっている」と話す。


「news every.」で紹介されたイベント情報

台湾観光フェア

近年ハイボールの人気が上昇している。台湾観光フェアでもハイボールが取り扱われたほか、THE GRILL&BAR 道玄坂ハイボールの青木代表が「2010年くらいから女性もハイボールを飲むようになり国産ウィスキーの人気が高まっている」と話す。


「news every.」で紹介されたレストラン・飲食店

近年ハイボールの人気が上昇している。台湾観光フェアでもハイボールが取り扱われたほか、THE GRILL&BAR 道玄坂ハイボールの青木代表が「2010年くらいから女性もハイボールを飲むようになり国産ウィスキーの人気が高まっている」と話す。

 (バル・バール、バー)

「news every.」で紹介されたグルメ情報

ハイボール

近年ハイボールの人気が上昇している。台湾観光フェアでもハイボールが取り扱われたほか、THE GRILL&BAR 道玄坂ハイボールの青木代表が「2010年くらいから女性もハイボールを飲むようになり国産ウィスキーの人気が高まっている」と話す。

ハイボール人気の高まりにより悪影響が出ており、ミズナラ カスクの篠崎オーナーは「白州12年などのウィスキーの供給が間に合わない」と話す。サントリーは既に白州12年と響17年の販売休止を決定している。


「news every.」で紹介されたグルメ情報

ウィスキー

近年ハイボールの人気が上昇している。台湾観光フェアでもハイボールが取り扱われたほか、THE GRILL&BAR 道玄坂ハイボールの青木代表が「2010年くらいから女性もハイボールを飲むようになり国産ウィスキーの人気が高まっている」と話す。


「news every.」で紹介されたレストラン・飲食店

ハイボール人気の高まりにより悪影響が出ており、ミズナラ カスクの篠崎オーナーは「白州12年などのウィスキーの供給が間に合わない」と話す。サントリーは既に白州12年と響17年の販売休止を決定している。


「news every.」で紹介されたグルメ情報

白州12年

ハイボール人気の高まりにより悪影響が出ており、ミズナラ カスクの篠崎オーナーは「白州12年などのウィスキーの供給が間に合わない」と話す。サントリーは既に白州12年と響17年の販売休止を決定している。


「news every.」で紹介されたグルメ情報

響17年

ハイボール人気の高まりにより悪影響が出ており、ミズナラ カスクの篠崎オーナーは「白州12年などのウィスキーの供給が間に合わない」と話す。サントリーは既に白州12年と響17年の販売休止を決定している。


サントリー

ハイボール人気の高まりにより悪影響が出ており、ミズナラ カスクの篠崎オーナーは「白州12年などのウィスキーの供給が間に合わない」と話す。サントリーは既に白州12年と響17年の販売休止を決定している。


「news every.」で紹介されたグルメ情報

ウイスキー

人気ウイスキー増産できず?


CM

(ニュース)

サントリー

ハイボール人気に伴い、ウイスキー史上は拡大してきた。しかし、サントリーの白州12年と響17年は販売休止となった。東京・六本木の『ミズナラ カスク』でも、これらの酒の原酒が枯渇している為、供給が間に合っていないという。国産のウイスキー出荷量はハイボールのヒット等で、2007年以降は増加して2017年には約14万キロリットルとなった。しかし、急激な需要の高まりに供給が追いつかず、ウイスキーが品薄状態になった。アサヒ傘下のニッカウヰスキーも余市10年等の販売を終了し、竹鶴の一部も販売量を制限している。サントリーの白州12年と響17年は在庫がなくなり次第、販売が休止となる。ネット販売では、白州12年はメーカー小売価格の3倍以上の価格がついた。この他、響と白州の組み合わせが10万円以上で売り出されていた。酒文化研究所の山田室長は「長期熟成した原酒はウイスキーの需要が減り続けてきた時代に製造していたものだ。長い年数寝ている酒は造るのに時間がかかり、急な増産は難しい。」等とコメントした。


「news every.」で紹介されたグルメ情報

白州12年

ハイボール人気に伴い、ウイスキー史上は拡大してきた。しかし、サントリーの白州12年と響17年は販売休止となった。東京・六本木の『ミズナラ カスク』でも、これらの酒の原酒が枯渇している為、供給が間に合っていないという。国産のウイスキー出荷量はハイボールのヒット等で、2007年以降は増加して2017年には約14万キロリットルとなった。しかし、急激な需要の高まりに供給が追いつかず、ウイスキーが品薄状態になった。アサヒ傘下のニッカウヰスキーも余市10年等の販売を終了し、竹鶴の一部も販売量を制限している。サントリーの白州12年と響17年は在庫がなくなり次第、販売が休止となる。ネット販売では、白州12年はメーカー小売価格の3倍以上の価格がついた。この他、響と白州の組み合わせが10万円以上で売り出されていた。酒文化研究所の山田室長は「長期熟成した原酒はウイスキーの需要が減り続けてきた時代に製造していたものだ。長い年数寝ている酒は造るのに時間がかかり、急な増産は難しい。」等とコメントした。


「news every.」で紹介されたグルメ情報

響17年

ハイボール人気に伴い、ウイスキー史上は拡大してきた。しかし、サントリーの白州12年と響17年は販売休止となった。東京・六本木の『ミズナラ カスク』でも、これらの酒の原酒が枯渇している為、供給が間に合っていないという。国産のウイスキー出荷量はハイボールのヒット等で、2007年以降は増加して2017年には約14万キロリットルとなった。しかし、急激な需要の高まりに供給が追いつかず、ウイスキーが品薄状態になった。アサヒ傘下のニッカウヰスキーも余市10年等の販売を終了し、竹鶴の一部も販売量を制限している。サントリーの白州12年と響17年は在庫がなくなり次第、販売が休止となる。ネット販売では、白州12年はメーカー小売価格の3倍以上の価格がついた。この他、響と白州の組み合わせが10万円以上で売り出されていた。酒文化研究所の山田室長は「長期熟成した原酒はウイスキーの需要が減り続けてきた時代に製造していたものだ。長い年数寝ている酒は造るのに時間がかかり、急な増産は難しい。」等とコメントした。


「news every.」で紹介されたレストラン・飲食店

ハイボール人気に伴い、ウイスキー史上は拡大してきた。しかし、サントリーの白州12年と響17年は販売休止となった。東京・六本木の『ミズナラ カスク』でも、これらの酒の原酒が枯渇している為、供給が間に合っていないという。国産のウイスキー出荷量はハイボールのヒット等で、2007年以降は増加して2017年には約14万キロリットルとなった。しかし、急激な需要の高まりに供給が追いつかず、ウイスキーが品薄状態になった。アサヒ傘下のニッカウヰスキーも余市10年等の販売を終了し、竹鶴の一部も販売量を制限している。サントリーの白州12年と響17年は在庫がなくなり次第、販売が休止となる。ネット販売では、白州12年はメーカー小売価格の3倍以上の価格がついた。この他、響と白州の組み合わせが10万円以上で売り出されていた。酒文化研究所の山田室長は「長期熟成した原酒はウイスキーの需要が減り続けてきた時代に製造していたものだ。長い年数寝ている酒は造るのに時間がかかり、急な増産は難しい。」等とコメントした。


サントリー白州蒸留所

ハイボール人気に伴い、ウイスキー史上は拡大してきた。しかし、サントリーの白州12年と響17年は販売休止となった。東京・六本木の『ミズナラ カスク』でも、これらの酒の原酒が枯渇している為、供給が間に合っていないという。国産のウイスキー出荷量はハイボールのヒット等で、2007年以降は増加して2017年には約14万キロリットルとなった。しかし、急激な需要の高まりに供給が追いつかず、ウイスキーが品薄状態になった。アサヒ傘下のニッカウヰスキーも余市10年等の販売を終了し、竹鶴の一部も販売量を制限している。サントリーの白州12年と響17年は在庫がなくなり次第、販売が休止となる。ネット販売では、白州12年はメーカー小売価格の3倍以上の価格がついた。この他、響と白州の組み合わせが10万円以上で売り出されていた。酒文化研究所の山田室長は「長期熟成した原酒はウイスキーの需要が減り続けてきた時代に製造していたものだ。長い年数寝ている酒は造るのに時間がかかり、急な増産は難しい。」等とコメントした。


アサヒ

ハイボール人気に伴い、ウイスキー史上は拡大してきた。しかし、サントリーの白州12年と響17年は販売休止となった。東京・六本木の『ミズナラ カスク』でも、これらの酒の原酒が枯渇している為、供給が間に合っていないという。国産のウイスキー出荷量はハイボールのヒット等で、2007年以降は増加して2017年には約14万キロリットルとなった。しかし、急激な需要の高まりに供給が追いつかず、ウイスキーが品薄状態になった。アサヒ傘下のニッカウヰスキーも余市10年等の販売を終了し、竹鶴の一部も販売量を制限している。サントリーの白州12年と響17年は在庫がなくなり次第、販売が休止となる。ネット販売では、白州12年はメーカー小売価格の3倍以上の価格がついた。この他、響と白州の組み合わせが10万円以上で売り出されていた。酒文化研究所の山田室長は「長期熟成した原酒はウイスキーの需要が減り続けてきた時代に製造していたものだ。長い年数寝ている酒は造るのに時間がかかり、急な増産は難しい。」等とコメントした。


ニッカウヰスキー

ハイボール人気に伴い、ウイスキー史上は拡大してきた。しかし、サントリーの白州12年と響17年は販売休止となった。東京・六本木の『ミズナラ カスク』でも、これらの酒の原酒が枯渇している為、供給が間に合っていないという。国産のウイスキー出荷量はハイボールのヒット等で、2007年以降は増加して2017年には約14万キロリットルとなった。しかし、急激な需要の高まりに供給が追いつかず、ウイスキーが品薄状態になった。アサヒ傘下のニッカウヰスキーも余市10年等の販売を終了し、竹鶴の一部も販売量を制限している。サントリーの白州12年と響17年は在庫がなくなり次第、販売が休止となる。ネット販売では、白州12年はメーカー小売価格の3倍以上の価格がついた。この他、響と白州の組み合わせが10万円以上で売り出されていた。酒文化研究所の山田室長は「長期熟成した原酒はウイスキーの需要が減り続けてきた時代に製造していたものだ。長い年数寝ている酒は造るのに時間がかかり、急な増産は難しい。」等とコメントした。


「news every.」で紹介されたグルメ情報

余市10年

ハイボール人気に伴い、ウイスキー史上は拡大してきた。しかし、サントリーの白州12年と響17年は販売休止となった。東京・六本木の『ミズナラ カスク』でも、これらの酒の原酒が枯渇している為、供給が間に合っていないという。国産のウイスキー出荷量はハイボールのヒット等で、2007年以降は増加して2017年には約14万キロリットルとなった。しかし、急激な需要の高まりに供給が追いつかず、ウイスキーが品薄状態になった。アサヒ傘下のニッカウヰスキーも余市10年等の販売を終了し、竹鶴の一部も販売量を制限している。サントリーの白州12年と響17年は在庫がなくなり次第、販売が休止となる。ネット販売では、白州12年はメーカー小売価格の3倍以上の価格がついた。この他、響と白州の組み合わせが10万円以上で売り出されていた。酒文化研究所の山田室長は「長期熟成した原酒はウイスキーの需要が減り続けてきた時代に製造していたものだ。長い年数寝ている酒は造るのに時間がかかり、急な増産は難しい。」等とコメントした。


「news every.」で紹介されたグルメ情報

ハイボール

ハイボール人気に伴い、ウイスキー史上は拡大してきた。しかし、サントリーの白州12年と響17年は販売休止となった。東京・六本木の『ミズナラ カスク』でも、これらの酒の原酒が枯渇している為、供給が間に合っていないという。国産のウイスキー出荷量はハイボールのヒット等で、2007年以降は増加して2017年には約14万キロリットルとなった。しかし、急激な需要の高まりに供給が追いつかず、ウイスキーが品薄状態になった。アサヒ傘下のニッカウヰスキーも余市10年等の販売を終了し、竹鶴の一部も販売量を制限している。サントリーの白州12年と響17年は在庫がなくなり次第、販売が休止となる。ネット販売では、白州12年はメーカー小売価格の3倍以上の価格がついた。この他、響と白州の組み合わせが10万円以上で売り出されていた。酒文化研究所の山田室長は「長期熟成した原酒はウイスキーの需要が減り続けてきた時代に製造していたものだ。長い年数寝ている酒は造るのに時間がかかり、急な増産は難しい。」等とコメントした。


「news every.」で紹介されたグルメ情報

ウイスキー

ハイボール人気に伴い、ウイスキー史上は拡大してきた。しかし、サントリーの白州12年と響17年は販売休止となった。東京・六本木の『ミズナラ カスク』でも、これらの酒の原酒が枯渇している為、供給が間に合っていないという。国産のウイスキー出荷量はハイボールのヒット等で、2007年以降は増加して2017年には約14万キロリットルとなった。しかし、急激な需要の高まりに供給が追いつかず、ウイスキーが品薄状態になった。アサヒ傘下のニッカウヰスキーも余市10年等の販売を終了し、竹鶴の一部も販売量を制限している。サントリーの白州12年と響17年は在庫がなくなり次第、販売が休止となる。ネット販売では、白州12年はメーカー小売価格の3倍以上の価格がついた。この他、響と白州の組み合わせが10万円以上で売り出されていた。酒文化研究所の山田室長は「長期熟成した原酒はウイスキーの需要が減り続けてきた時代に製造していたものだ。長い年数寝ている酒は造るのに時間がかかり、急な増産は難しい。」等とコメントした。


「news every.」で紹介された音楽・CD

YOUNG MAN(Y.M.C.A.)

歌手の西城秀樹さんがきのう、急性心不全のため亡くなった。多くのヒット曲で人気を集め、度重なる脳梗塞と戦った63年の生涯を振り返る。絶唱型と呼ばれたダイナミックな歌声で知られた西城秀樹さんは目鼻立ちが整った顔で中学生時代からモテモテで文化祭などで黄色い声援を浴びる人気ぶりだった。やがて大好きな歌の道を志した時に将来を心配する父親から反対されたエピソードについて西城さんは「父いわく趣味でやっているから楽しい、そんなもので食っていけると思ったら大間違いとしていて、協力してくれた父親が裏切るんだと思った。行きたいと言ったら母さんがお父さんにはうまく言っておく、連絡先だけ教えてと言われた」と話していて、父の反対を押し切り上京し1972年「恋する季節」でデビューした。当時のキャッチフレーズはワイルドな17歳。郷ひろみさん、野口五郎さんと共に新御三家と呼ばれ一躍トップアイドルとなった。互いにライバル心があったか聞かれた西城さんは「3人しか10代がいないので仲良かった。楽屋でも店屋物取って、3人違うものを頼む、それを一口ずつ食べるのが千昌夫」と話している。1973年と1973年と2年連続で日本レコード大賞の歌唱賞を受賞。一躍お茶の間の人気者となったのがカレーのCMで、1973年から12年間出演し、「ヒデキ、感激!」のフレーズは代名詞となった。歌手活動の傍ら、1974年に始まったドラマ「寺内貫太郎一家」や映画にも出演し俳優としても活躍し活動の幅を広げていた。西城さんとなって最大のヒット曲となったのが1979年に発表したヤングマン。この曲は耳に残る軽快なメロディーと共にお子さんからお年寄りまでどの世代でも覚えやすい振り付けが話題になりサビでYMCAの四文字を全身で表現し観客と一体になって踊るパフォーマンスはブームになった。

西城さんは歌で数々の日本初を打ち立てた人物で、1978年の大阪スタヂアムで開催されたコンサートで、ソロ歌手として初めて球場でコンサートを行った。さらにマイクを使ったパフォーマンスや客席のペンライト演出もはじめての試みだった。西城さんはブレークした時に感じたことについて「空からゴールドの雨が降ってきた。ベストテンに入ったと聞いた時は実感はなかったが、番組で歌った時に鳥肌が立った」と話している。活動は国内にとどまらず、1998年に10万人を前に中国の万里の長城でコンサートを開催し、アジアを始めとした海外でも人気を博した。プライベートでは2001年に一般女性と結婚し、翌年には長女が誕生し西城さんは「人生の中で素晴らしい瞬間があったんだ、あったことに感謝」と話している。公私共に順風満帆な西城さんを病が襲う。2003年当時48歳の時に脳梗塞を発症、韓国のディナーショー後体調不良を訴えた。その後緊急入院し、リハビリも有り翌月には報道陣の前に姿を見せ「ある程度の音域は大丈夫。無理してやると頭が酸欠状態になる。もとに戻るのは早くて3か月」と話している。脳梗塞により歌手には致命的とも言える言語障害の不安を抱えていて、この時妻は第2子を妊娠していた。生まれてくる子供のためにも頑張りたいと誓っていた西城さん。トーク番組では脳梗塞との壮絶な闘いについて明かす場面も有り、西城さんは「症状が良くなってこなかった時はうつ病になったり、家でドア叩くなど極度な世界に入り込んでいた。病気によってかけがえのないものを得た。技術で歌うよりも伝えていく。ヘタだろうが今の自分はこれ、そんな中で戦っていきたい」と話している。

西城さんは闘病生活を続けながらも歌うことを諦めず、2006年には86枚目のシングルとなる新曲を約3年ぶりに発表した。しかし2011年、56歳の西城さんは脳梗塞が再発し治療に専念するが翌年には歌手活動を再開させステージに戻ってきた。復帰後のコンサートでは「思ったより重いというのはあるが、時間はかかるが一歩ずつ歩んでいきたい」と話している。賢明にリハビリを続け二度の脳梗塞に立ち向かった西城さん、2015年には還暦を迎えた。精力的に活動を続けていたが当時体調について西城さんは「体長はまあまあ、歩きはちょっと悪い。今年の目標は再スタート」と語っていた。還暦を記念したバースデーイベントでも新御三家の一人、野口さんがサプライズで登場し、2人は抱き合い西城さんの還暦を祝った。西城さんは先月14日もコンサートに出演していたが25日に体長を崩し入院。そして昨日急性心不全のため横浜市内の病院で63年の生涯に幕を下ろした。


「news every.」で紹介された音楽・CD

歌手の西城秀樹さんがきのう、急性心不全のため亡くなった。多くのヒット曲で人気を集め、度重なる脳梗塞と戦った63年の生涯を振り返る。絶唱型と呼ばれたダイナミックな歌声で知られた西城秀樹さんは目鼻立ちが整った顔で中学生時代からモテモテで文化祭などで黄色い声援を浴びる人気ぶりだった。やがて大好きな歌の道を志した時に将来を心配する父親から反対されたエピソードについて西城さんは「父いわく趣味でやっているから楽しい、そんなもので食っていけると思ったら大間違いとしていて、協力してくれた父親が裏切るんだと思った。行きたいと言ったら母さんがお父さんにはうまく言っておく、連絡先だけ教えてと言われた」と話していて、父の反対を押し切り上京し1972年「恋する季節」でデビューした。当時のキャッチフレーズはワイルドな17歳。郷ひろみさん、野口五郎さんと共に新御三家と呼ばれ一躍トップアイドルとなった。互いにライバル心があったか聞かれた西城さんは「3人しか10代がいないので仲良かった。楽屋でも店屋物取って、3人違うものを頼む、それを一口ずつ食べるのが千昌夫」と話している。1973年と1973年と2年連続で日本レコード大賞の歌唱賞を受賞。一躍お茶の間の人気者となったのがカレーのCMで、1973年から12年間出演し、「ヒデキ、感激!」のフレーズは代名詞となった。歌手活動の傍ら、1974年に始まったドラマ「寺内貫太郎一家」や映画にも出演し俳優としても活躍し活動の幅を広げていた。西城さんとなって最大のヒット曲となったのが1979年に発表したヤングマン。この曲は耳に残る軽快なメロディーと共にお子さんからお年寄りまでどの世代でも覚えやすい振り付けが話題になりサビでYMCAの四文字を全身で表現し観客と一体になって踊るパフォーマンスはブームになった。

西城さんは歌で数々の日本初を打ち立てた人物で、1978年の大阪スタヂアムで開催されたコンサートで、ソロ歌手として初めて球場でコンサートを行った。さらにマイクを使ったパフォーマンスや客席のペンライト演出もはじめての試みだった。西城さんはブレークした時に感じたことについて「空からゴールドの雨が降ってきた。ベストテンに入ったと聞いた時は実感はなかったが、番組で歌った時に鳥肌が立った」と話している。活動は国内にとどまらず、1998年に10万人を前に中国の万里の長城でコンサートを開催し、アジアを始めとした海外でも人気を博した。プライベートでは2001年に一般女性と結婚し、翌年には長女が誕生し西城さんは「人生の中で素晴らしい瞬間があったんだ、あったことに感謝」と話している。公私共に順風満帆な西城さんを病が襲う。2003年当時48歳の時に脳梗塞を発症、韓国のディナーショー後体調不良を訴えた。その後緊急入院し、リハビリも有り翌月には報道陣の前に姿を見せ「ある程度の音域は大丈夫。無理してやると頭が酸欠状態になる。もとに戻るのは早くて3か月」と話している。脳梗塞により歌手には致命的とも言える言語障害の不安を抱えていて、この時妻は第2子を妊娠していた。生まれてくる子供のためにも頑張りたいと誓っていた西城さん。トーク番組では脳梗塞との壮絶な闘いについて明かす場面も有り、西城さんは「症状が良くなってこなかった時はうつ病になったり、家でドア叩くなど極度な世界に入り込んでいた。病気によってかけがえのないものを得た。技術で歌うよりも伝えていく。ヘタだろうが今の自分はこれ、そんな中で戦っていきたい」と話している。

西城さんは闘病生活を続けながらも歌うことを諦めず、2006年には86枚目のシングルとなる新曲を約3年ぶりに発表した。しかし2011年、56歳の西城さんは脳梗塞が再発し治療に専念するが翌年には歌手活動を再開させステージに戻ってきた。復帰後のコンサートでは「思ったより重いというのはあるが、時間はかかるが一歩ずつ歩んでいきたい」と話している。賢明にリハビリを続け二度の脳梗塞に立ち向かった西城さん、2015年には還暦を迎えた。精力的に活動を続けていたが当時体調について西城さんは「体長はまあまあ、歩きはちょっと悪い。今年の目標は再スタート」と語っていた。還暦を記念したバースデーイベントでも新御三家の一人、野口さんがサプライズで登場し、2人は抱き合い西城さんの還暦を祝った。西城さんは先月14日もコンサートに出演していたが25日に体長を崩し入院。そして昨日急性心不全のため横浜市内の病院で63年の生涯に幕を下ろした。

「GOLDEN☆BEST デラックス 西城秀樹」

Amazon.co.jp


「news every.」で紹介された音楽・CD

ブーメラン ストリート

歌手の西城秀樹さんがきのう、急性心不全のため亡くなった。多くのヒット曲で人気を集め、度重なる脳梗塞と戦った63年の生涯を振り返る。絶唱型と呼ばれたダイナミックな歌声で知られた西城秀樹さんは目鼻立ちが整った顔で中学生時代からモテモテで文化祭などで黄色い声援を浴びる人気ぶりだった。やがて大好きな歌の道を志した時に将来を心配する父親から反対されたエピソードについて西城さんは「父いわく趣味でやっているから楽しい、そんなもので食っていけると思ったら大間違いとしていて、協力してくれた父親が裏切るんだと思った。行きたいと言ったら母さんがお父さんにはうまく言っておく、連絡先だけ教えてと言われた」と話していて、父の反対を押し切り上京し1972年「恋する季節」でデビューした。当時のキャッチフレーズはワイルドな17歳。郷ひろみさん、野口五郎さんと共に新御三家と呼ばれ一躍トップアイドルとなった。互いにライバル心があったか聞かれた西城さんは「3人しか10代がいないので仲良かった。楽屋でも店屋物取って、3人違うものを頼む、それを一口ずつ食べるのが千昌夫」と話している。1973年と1973年と2年連続で日本レコード大賞の歌唱賞を受賞。一躍お茶の間の人気者となったのがカレーのCMで、1973年から12年間出演し、「ヒデキ、感激!」のフレーズは代名詞となった。歌手活動の傍ら、1974年に始まったドラマ「寺内貫太郎一家」や映画にも出演し俳優としても活躍し活動の幅を広げていた。西城さんとなって最大のヒット曲となったのが1979年に発表したヤングマン。この曲は耳に残る軽快なメロディーと共にお子さんからお年寄りまでどの世代でも覚えやすい振り付けが話題になりサビでYMCAの四文字を全身で表現し観客と一体になって踊るパフォーマンスはブームになった。

西城さんは歌で数々の日本初を打ち立てた人物で、1978年の大阪スタヂアムで開催されたコンサートで、ソロ歌手として初めて球場でコンサートを行った。さらにマイクを使ったパフォーマンスや客席のペンライト演出もはじめての試みだった。西城さんはブレークした時に感じたことについて「空からゴールドの雨が降ってきた。ベストテンに入ったと聞いた時は実感はなかったが、番組で歌った時に鳥肌が立った」と話している。活動は国内にとどまらず、1998年に10万人を前に中国の万里の長城でコンサートを開催し、アジアを始めとした海外でも人気を博した。プライベートでは2001年に一般女性と結婚し、翌年には長女が誕生し西城さんは「人生の中で素晴らしい瞬間があったんだ、あったことに感謝」と話している。公私共に順風満帆な西城さんを病が襲う。2003年当時48歳の時に脳梗塞を発症、韓国のディナーショー後体調不良を訴えた。その後緊急入院し、リハビリも有り翌月には報道陣の前に姿を見せ「ある程度の音域は大丈夫。無理してやると頭が酸欠状態になる。もとに戻るのは早くて3か月」と話している。脳梗塞により歌手には致命的とも言える言語障害の不安を抱えていて、この時妻は第2子を妊娠していた。生まれてくる子供のためにも頑張りたいと誓っていた西城さん。トーク番組では脳梗塞との壮絶な闘いについて明かす場面も有り、西城さんは「症状が良くなってこなかった時はうつ病になったり、家でドア叩くなど極度な世界に入り込んでいた。病気によってかけがえのないものを得た。技術で歌うよりも伝えていく。ヘタだろうが今の自分はこれ、そんな中で戦っていきたい」と話している。

西城さんは闘病生活を続けながらも歌うことを諦めず、2006年には86枚目のシングルとなる新曲を約3年ぶりに発表した。しかし2011年、56歳の西城さんは脳梗塞が再発し治療に専念するが翌年には歌手活動を再開させステージに戻ってきた。復帰後のコンサートでは「思ったより重いというのはあるが、時間はかかるが一歩ずつ歩んでいきたい」と話している。賢明にリハビリを続け二度の脳梗塞に立ち向かった西城さん、2015年には還暦を迎えた。精力的に活動を続けていたが当時体調について西城さんは「体長はまあまあ、歩きはちょっと悪い。今年の目標は再スタート」と語っていた。還暦を記念したバースデーイベントでも新御三家の一人、野口さんがサプライズで登場し、2人は抱き合い西城さんの還暦を祝った。西城さんは先月14日もコンサートに出演していたが25日に体長を崩し入院。そして昨日急性心不全のため横浜市内の病院で63年の生涯に幕を下ろした。


「news every.」で紹介された音楽・CD

恋する季節

歌手の西城秀樹さんがきのう、急性心不全のため亡くなった。多くのヒット曲で人気を集め、度重なる脳梗塞と戦った63年の生涯を振り返る。絶唱型と呼ばれたダイナミックな歌声で知られた西城秀樹さんは目鼻立ちが整った顔で中学生時代からモテモテで文化祭などで黄色い声援を浴びる人気ぶりだった。やがて大好きな歌の道を志した時に将来を心配する父親から反対されたエピソードについて西城さんは「父いわく趣味でやっているから楽しい、そんなもので食っていけると思ったら大間違いとしていて、協力してくれた父親が裏切るんだと思った。行きたいと言ったら母さんがお父さんにはうまく言っておく、連絡先だけ教えてと言われた」と話していて、父の反対を押し切り上京し1972年「恋する季節」でデビューした。当時のキャッチフレーズはワイルドな17歳。郷ひろみさん、野口五郎さんと共に新御三家と呼ばれ一躍トップアイドルとなった。互いにライバル心があったか聞かれた西城さんは「3人しか10代がいないので仲良かった。楽屋でも店屋物取って、3人違うものを頼む、それを一口ずつ食べるのが千昌夫」と話している。1973年と1973年と2年連続で日本レコード大賞の歌唱賞を受賞。一躍お茶の間の人気者となったのがカレーのCMで、1973年から12年間出演し、「ヒデキ、感激!」のフレーズは代名詞となった。歌手活動の傍ら、1974年に始まったドラマ「寺内貫太郎一家」や映画にも出演し俳優としても活躍し活動の幅を広げていた。西城さんとなって最大のヒット曲となったのが1979年に発表したヤングマン。この曲は耳に残る軽快なメロディーと共にお子さんからお年寄りまでどの世代でも覚えやすい振り付けが話題になりサビでYMCAの四文字を全身で表現し観客と一体になって踊るパフォーマンスはブームになった。

西城さんは歌で数々の日本初を打ち立てた人物で、1978年の大阪スタヂアムで開催されたコンサートで、ソロ歌手として初めて球場でコンサートを行った。さらにマイクを使ったパフォーマンスや客席のペンライト演出もはじめての試みだった。西城さんはブレークした時に感じたことについて「空からゴールドの雨が降ってきた。ベストテンに入ったと聞いた時は実感はなかったが、番組で歌った時に鳥肌が立った」と話している。活動は国内にとどまらず、1998年に10万人を前に中国の万里の長城でコンサートを開催し、アジアを始めとした海外でも人気を博した。プライベートでは2001年に一般女性と結婚し、翌年には長女が誕生し西城さんは「人生の中で素晴らしい瞬間があったんだ、あったことに感謝」と話している。公私共に順風満帆な西城さんを病が襲う。2003年当時48歳の時に脳梗塞を発症、韓国のディナーショー後体調不良を訴えた。その後緊急入院し、リハビリも有り翌月には報道陣の前に姿を見せ「ある程度の音域は大丈夫。無理してやると頭が酸欠状態になる。もとに戻るのは早くて3か月」と話している。脳梗塞により歌手には致命的とも言える言語障害の不安を抱えていて、この時妻は第2子を妊娠していた。生まれてくる子供のためにも頑張りたいと誓っていた西城さん。トーク番組では脳梗塞との壮絶な闘いについて明かす場面も有り、西城さんは「症状が良くなってこなかった時はうつ病になったり、家でドア叩くなど極度な世界に入り込んでいた。病気によってかけがえのないものを得た。技術で歌うよりも伝えていく。ヘタだろうが今の自分はこれ、そんな中で戦っていきたい」と話している。

西城さんは闘病生活を続けながらも歌うことを諦めず、2006年には86枚目のシングルとなる新曲を約3年ぶりに発表した。しかし2011年、56歳の西城さんは脳梗塞が再発し治療に専念するが翌年には歌手活動を再開させステージに戻ってきた。復帰後のコンサートでは「思ったより重いというのはあるが、時間はかかるが一歩ずつ歩んでいきたい」と話している。賢明にリハビリを続け二度の脳梗塞に立ち向かった西城さん、2015年には還暦を迎えた。精力的に活動を続けていたが当時体調について西城さんは「体長はまあまあ、歩きはちょっと悪い。今年の目標は再スタート」と語っていた。還暦を記念したバースデーイベントでも新御三家の一人、野口さんがサプライズで登場し、2人は抱き合い西城さんの還暦を祝った。西城さんは先月14日もコンサートに出演していたが25日に体長を崩し入院。そして昨日急性心不全のため横浜市内の病院で63年の生涯に幕を下ろした。


「news every.」で紹介された音楽・CD

傷だらけのローラ

歌手の西城秀樹さんがきのう、急性心不全のため亡くなった。多くのヒット曲で人気を集め、度重なる脳梗塞と戦った63年の生涯を振り返る。絶唱型と呼ばれたダイナミックな歌声で知られた西城秀樹さんは目鼻立ちが整った顔で中学生時代からモテモテで文化祭などで黄色い声援を浴びる人気ぶりだった。やがて大好きな歌の道を志した時に将来を心配する父親から反対されたエピソードについて西城さんは「父いわく趣味でやっているから楽しい、そんなもので食っていけると思ったら大間違いとしていて、協力してくれた父親が裏切るんだと思った。行きたいと言ったら母さんがお父さんにはうまく言っておく、連絡先だけ教えてと言われた」と話していて、父の反対を押し切り上京し1972年「恋する季節」でデビューした。当時のキャッチフレーズはワイルドな17歳。郷ひろみさん、野口五郎さんと共に新御三家と呼ばれ一躍トップアイドルとなった。互いにライバル心があったか聞かれた西城さんは「3人しか10代がいないので仲良かった。楽屋でも店屋物取って、3人違うものを頼む、それを一口ずつ食べるのが千昌夫」と話している。1973年と1973年と2年連続で日本レコード大賞の歌唱賞を受賞。一躍お茶の間の人気者となったのがカレーのCMで、1973年から12年間出演し、「ヒデキ、感激!」のフレーズは代名詞となった。歌手活動の傍ら、1974年に始まったドラマ「寺内貫太郎一家」や映画にも出演し俳優としても活躍し活動の幅を広げていた。西城さんとなって最大のヒット曲となったのが1979年に発表したヤングマン。この曲は耳に残る軽快なメロディーと共にお子さんからお年寄りまでどの世代でも覚えやすい振り付けが話題になりサビでYMCAの四文字を全身で表現し観客と一体になって踊るパフォーマンスはブームになった。

西城さんは歌で数々の日本初を打ち立てた人物で、1978年の大阪スタヂアムで開催されたコンサートで、ソロ歌手として初めて球場でコンサートを行った。さらにマイクを使ったパフォーマンスや客席のペンライト演出もはじめての試みだった。西城さんはブレークした時に感じたことについて「空からゴールドの雨が降ってきた。ベストテンに入ったと聞いた時は実感はなかったが、番組で歌った時に鳥肌が立った」と話している。活動は国内にとどまらず、1998年に10万人を前に中国の万里の長城でコンサートを開催し、アジアを始めとした海外でも人気を博した。プライベートでは2001年に一般女性と結婚し、翌年には長女が誕生し西城さんは「人生の中で素晴らしい瞬間があったんだ、あったことに感謝」と話している。公私共に順風満帆な西城さんを病が襲う。2003年当時48歳の時に脳梗塞を発症、韓国のディナーショー後体調不良を訴えた。その後緊急入院し、リハビリも有り翌月には報道陣の前に姿を見せ「ある程度の音域は大丈夫。無理してやると頭が酸欠状態になる。もとに戻るのは早くて3か月」と話している。脳梗塞により歌手には致命的とも言える言語障害の不安を抱えていて、この時妻は第2子を妊娠していた。生まれてくる子供のためにも頑張りたいと誓っていた西城さん。トーク番組では脳梗塞との壮絶な闘いについて明かす場面も有り、西城さんは「症状が良くなってこなかった時はうつ病になったり、家でドア叩くなど極度な世界に入り込んでいた。病気によってかけがえのないものを得た。技術で歌うよりも伝えていく。ヘタだろうが今の自分はこれ、そんな中で戦っていきたい」と話している。

西城さんは闘病生活を続けながらも歌うことを諦めず、2006年には86枚目のシングルとなる新曲を約3年ぶりに発表した。しかし2011年、56歳の西城さんは脳梗塞が再発し治療に専念するが翌年には歌手活動を再開させステージに戻ってきた。復帰後のコンサートでは「思ったより重いというのはあるが、時間はかかるが一歩ずつ歩んでいきたい」と話している。賢明にリハビリを続け二度の脳梗塞に立ち向かった西城さん、2015年には還暦を迎えた。精力的に活動を続けていたが当時体調について西城さんは「体長はまあまあ、歩きはちょっと悪い。今年の目標は再スタート」と語っていた。還暦を記念したバースデーイベントでも新御三家の一人、野口さんがサプライズで登場し、2人は抱き合い西城さんの還暦を祝った。西城さんは先月14日もコンサートに出演していたが25日に体長を崩し入院。そして昨日急性心不全のため横浜市内の病院で63年の生涯に幕を下ろした。


「news every.」で紹介された音楽・CD

ちぎれた愛

歌手の西城秀樹さんがきのう、急性心不全のため亡くなった。多くのヒット曲で人気を集め、度重なる脳梗塞と戦った63年の生涯を振り返る。絶唱型と呼ばれたダイナミックな歌声で知られた西城秀樹さんは目鼻立ちが整った顔で中学生時代からモテモテで文化祭などで黄色い声援を浴びる人気ぶりだった。やがて大好きな歌の道を志した時に将来を心配する父親から反対されたエピソードについて西城さんは「父いわく趣味でやっているから楽しい、そんなもので食っていけると思ったら大間違いとしていて、協力してくれた父親が裏切るんだと思った。行きたいと言ったら母さんがお父さんにはうまく言っておく、連絡先だけ教えてと言われた」と話していて、父の反対を押し切り上京し1972年「恋する季節」でデビューした。当時のキャッチフレーズはワイルドな17歳。郷ひろみさん、野口五郎さんと共に新御三家と呼ばれ一躍トップアイドルとなった。互いにライバル心があったか聞かれた西城さんは「3人しか10代がいないので仲良かった。楽屋でも店屋物取って、3人違うものを頼む、それを一口ずつ食べるのが千昌夫」と話している。1973年と1973年と2年連続で日本レコード大賞の歌唱賞を受賞。一躍お茶の間の人気者となったのがカレーのCMで、1973年から12年間出演し、「ヒデキ、感激!」のフレーズは代名詞となった。歌手活動の傍ら、1974年に始まったドラマ「寺内貫太郎一家」や映画にも出演し俳優としても活躍し活動の幅を広げていた。西城さんとなって最大のヒット曲となったのが1979年に発表したヤングマン。この曲は耳に残る軽快なメロディーと共にお子さんからお年寄りまでどの世代でも覚えやすい振り付けが話題になりサビでYMCAの四文字を全身で表現し観客と一体になって踊るパフォーマンスはブームになった。

西城さんは歌で数々の日本初を打ち立てた人物で、1978年の大阪スタヂアムで開催されたコンサートで、ソロ歌手として初めて球場でコンサートを行った。さらにマイクを使ったパフォーマンスや客席のペンライト演出もはじめての試みだった。西城さんはブレークした時に感じたことについて「空からゴールドの雨が降ってきた。ベストテンに入ったと聞いた時は実感はなかったが、番組で歌った時に鳥肌が立った」と話している。活動は国内にとどまらず、1998年に10万人を前に中国の万里の長城でコンサートを開催し、アジアを始めとした海外でも人気を博した。プライベートでは2001年に一般女性と結婚し、翌年には長女が誕生し西城さんは「人生の中で素晴らしい瞬間があったんだ、あったことに感謝」と話している。公私共に順風満帆な西城さんを病が襲う。2003年当時48歳の時に脳梗塞を発症、韓国のディナーショー後体調不良を訴えた。その後緊急入院し、リハビリも有り翌月には報道陣の前に姿を見せ「ある程度の音域は大丈夫。無理してやると頭が酸欠状態になる。もとに戻るのは早くて3か月」と話している。脳梗塞により歌手には致命的とも言える言語障害の不安を抱えていて、この時妻は第2子を妊娠していた。生まれてくる子供のためにも頑張りたいと誓っていた西城さん。トーク番組では脳梗塞との壮絶な闘いについて明かす場面も有り、西城さんは「症状が良くなってこなかった時はうつ病になったり、家でドア叩くなど極度な世界に入り込んでいた。病気によってかけがえのないものを得た。技術で歌うよりも伝えていく。ヘタだろうが今の自分はこれ、そんな中で戦っていきたい」と話している。

西城さんは闘病生活を続けながらも歌うことを諦めず、2006年には86枚目のシングルとなる新曲を約3年ぶりに発表した。しかし2011年、56歳の西城さんは脳梗塞が再発し治療に専念するが翌年には歌手活動を再開させステージに戻ってきた。復帰後のコンサートでは「思ったより重いというのはあるが、時間はかかるが一歩ずつ歩んでいきたい」と話している。賢明にリハビリを続け二度の脳梗塞に立ち向かった西城さん、2015年には還暦を迎えた。精力的に活動を続けていたが当時体調について西城さんは「体長はまあまあ、歩きはちょっと悪い。今年の目標は再スタート」と語っていた。還暦を記念したバースデーイベントでも新御三家の一人、野口さんがサプライズで登場し、2人は抱き合い西城さんの還暦を祝った。西城さんは先月14日もコンサートに出演していたが25日に体長を崩し入院。そして昨日急性心不全のため横浜市内の病院で63年の生涯に幕を下ろした。


「news every.」で紹介された映画・DVD

愛と誠

歌手の西城秀樹さんがきのう、急性心不全のため亡くなった。多くのヒット曲で人気を集め、度重なる脳梗塞と戦った63年の生涯を振り返る。絶唱型と呼ばれたダイナミックな歌声で知られた西城秀樹さんは目鼻立ちが整った顔で中学生時代からモテモテで文化祭などで黄色い声援を浴びる人気ぶりだった。やがて大好きな歌の道を志した時に将来を心配する父親から反対されたエピソードについて西城さんは「父いわく趣味でやっているから楽しい、そんなもので食っていけると思ったら大間違いとしていて、協力してくれた父親が裏切るんだと思った。行きたいと言ったら母さんがお父さんにはうまく言っておく、連絡先だけ教えてと言われた」と話していて、父の反対を押し切り上京し1972年「恋する季節」でデビューした。当時のキャッチフレーズはワイルドな17歳。郷ひろみさん、野口五郎さんと共に新御三家と呼ばれ一躍トップアイドルとなった。互いにライバル心があったか聞かれた西城さんは「3人しか10代がいないので仲良かった。楽屋でも店屋物取って、3人違うものを頼む、それを一口ずつ食べるのが千昌夫」と話している。1973年と1973年と2年連続で日本レコード大賞の歌唱賞を受賞。一躍お茶の間の人気者となったのがカレーのCMで、1973年から12年間出演し、「ヒデキ、感激!」のフレーズは代名詞となった。歌手活動の傍ら、1974年に始まったドラマ「寺内貫太郎一家」や映画にも出演し俳優としても活躍し活動の幅を広げていた。西城さんとなって最大のヒット曲となったのが1979年に発表したヤングマン。この曲は耳に残る軽快なメロディーと共にお子さんからお年寄りまでどの世代でも覚えやすい振り付けが話題になりサビでYMCAの四文字を全身で表現し観客と一体になって踊るパフォーマンスはブームになった。

西城さんは歌で数々の日本初を打ち立てた人物で、1978年の大阪スタヂアムで開催されたコンサートで、ソロ歌手として初めて球場でコンサートを行った。さらにマイクを使ったパフォーマンスや客席のペンライト演出もはじめての試みだった。西城さんはブレークした時に感じたことについて「空からゴールドの雨が降ってきた。ベストテンに入ったと聞いた時は実感はなかったが、番組で歌った時に鳥肌が立った」と話している。活動は国内にとどまらず、1998年に10万人を前に中国の万里の長城でコンサートを開催し、アジアを始めとした海外でも人気を博した。プライベートでは2001年に一般女性と結婚し、翌年には長女が誕生し西城さんは「人生の中で素晴らしい瞬間があったんだ、あったことに感謝」と話している。公私共に順風満帆な西城さんを病が襲う。2003年当時48歳の時に脳梗塞を発症、韓国のディナーショー後体調不良を訴えた。その後緊急入院し、リハビリも有り翌月には報道陣の前に姿を見せ「ある程度の音域は大丈夫。無理してやると頭が酸欠状態になる。もとに戻るのは早くて3か月」と話している。脳梗塞により歌手には致命的とも言える言語障害の不安を抱えていて、この時妻は第2子を妊娠していた。生まれてくる子供のためにも頑張りたいと誓っていた西城さん。トーク番組では脳梗塞との壮絶な闘いについて明かす場面も有り、西城さんは「症状が良くなってこなかった時はうつ病になったり、家でドア叩くなど極度な世界に入り込んでいた。病気によってかけがえのないものを得た。技術で歌うよりも伝えていく。ヘタだろうが今の自分はこれ、そんな中で戦っていきたい」と話している。

西城さんは闘病生活を続けながらも歌うことを諦めず、2006年には86枚目のシングルとなる新曲を約3年ぶりに発表した。しかし2011年、56歳の西城さんは脳梗塞が再発し治療に専念するが翌年には歌手活動を再開させステージに戻ってきた。復帰後のコンサートでは「思ったより重いというのはあるが、時間はかかるが一歩ずつ歩んでいきたい」と話している。賢明にリハビリを続け二度の脳梗塞に立ち向かった西城さん、2015年には還暦を迎えた。精力的に活動を続けていたが当時体調について西城さんは「体長はまあまあ、歩きはちょっと悪い。今年の目標は再スタート」と語っていた。還暦を記念したバースデーイベントでも新御三家の一人、野口さんがサプライズで登場し、2人は抱き合い西城さんの還暦を祝った。西城さんは先月14日もコンサートに出演していたが25日に体長を崩し入院。そして昨日急性心不全のため横浜市内の病院で63年の生涯に幕を下ろした。


急性心不全

歌手の西城秀樹さんがきのう、急性心不全のため亡くなった。多くのヒット曲で人気を集め、度重なる脳梗塞と戦った63年の生涯を振り返る。絶唱型と呼ばれたダイナミックな歌声で知られた西城秀樹さんは目鼻立ちが整った顔で中学生時代からモテモテで文化祭などで黄色い声援を浴びる人気ぶりだった。やがて大好きな歌の道を志した時に将来を心配する父親から反対されたエピソードについて西城さんは「父いわく趣味でやっているから楽しい、そんなもので食っていけると思ったら大間違いとしていて、協力してくれた父親が裏切るんだと思った。行きたいと言ったら母さんがお父さんにはうまく言っておく、連絡先だけ教えてと言われた」と話していて、父の反対を押し切り上京し1972年「恋する季節」でデビューした。当時のキャッチフレーズはワイルドな17歳。郷ひろみさん、野口五郎さんと共に新御三家と呼ばれ一躍トップアイドルとなった。互いにライバル心があったか聞かれた西城さんは「3人しか10代がいないので仲良かった。楽屋でも店屋物取って、3人違うものを頼む、それを一口ずつ食べるのが千昌夫」と話している。1973年と1973年と2年連続で日本レコード大賞の歌唱賞を受賞。一躍お茶の間の人気者となったのがカレーのCMで、1973年から12年間出演し、「ヒデキ、感激!」のフレーズは代名詞となった。歌手活動の傍ら、1974年に始まったドラマ「寺内貫太郎一家」や映画にも出演し俳優としても活躍し活動の幅を広げていた。西城さんとなって最大のヒット曲となったのが1979年に発表したヤングマン。この曲は耳に残る軽快なメロディーと共にお子さんからお年寄りまでどの世代でも覚えやすい振り付けが話題になりサビでYMCAの四文字を全身で表現し観客と一体になって踊るパフォーマンスはブームになった。

西城さんは歌で数々の日本初を打ち立てた人物で、1978年の大阪スタヂアムで開催されたコンサートで、ソロ歌手として初めて球場でコンサートを行った。さらにマイクを使ったパフォーマンスや客席のペンライト演出もはじめての試みだった。西城さんはブレークした時に感じたことについて「空からゴールドの雨が降ってきた。ベストテンに入ったと聞いた時は実感はなかったが、番組で歌った時に鳥肌が立った」と話している。活動は国内にとどまらず、1998年に10万人を前に中国の万里の長城でコンサートを開催し、アジアを始めとした海外でも人気を博した。プライベートでは2001年に一般女性と結婚し、翌年には長女が誕生し西城さんは「人生の中で素晴らしい瞬間があったんだ、あったことに感謝」と話している。公私共に順風満帆な西城さんを病が襲う。2003年当時48歳の時に脳梗塞を発症、韓国のディナーショー後体調不良を訴えた。その後緊急入院し、リハビリも有り翌月には報道陣の前に姿を見せ「ある程度の音域は大丈夫。無理してやると頭が酸欠状態になる。もとに戻るのは早くて3か月」と話している。脳梗塞により歌手には致命的とも言える言語障害の不安を抱えていて、この時妻は第2子を妊娠していた。生まれてくる子供のためにも頑張りたいと誓っていた西城さん。トーク番組では脳梗塞との壮絶な闘いについて明かす場面も有り、西城さんは「症状が良くなってこなかった時はうつ病になったり、家でドア叩くなど極度な世界に入り込んでいた。病気によってかけがえのないものを得た。技術で歌うよりも伝えていく。ヘタだろうが今の自分はこれ、そんな中で戦っていきたい」と話している。

西城さんは闘病生活を続けながらも歌うことを諦めず、2006年には86枚目のシングルとなる新曲を約3年ぶりに発表した。しかし2011年、56歳の西城さんは脳梗塞が再発し治療に専念するが翌年には歌手活動を再開させステージに戻ってきた。復帰後のコンサートでは「思ったより重いというのはあるが、時間はかかるが一歩ずつ歩んでいきたい」と話している。賢明にリハビリを続け二度の脳梗塞に立ち向かった西城さん、2015年には還暦を迎えた。精力的に活動を続けていたが当時体調について西城さんは「体長はまあまあ、歩きはちょっと悪い。今年の目標は再スタート」と語っていた。還暦を記念したバースデーイベントでも新御三家の一人、野口さんがサプライズで登場し、2人は抱き合い西城さんの還暦を祝った。西城さんは先月14日もコンサートに出演していたが25日に体長を崩し入院。そして昨日急性心不全のため横浜市内の病院で63年の生涯に幕を下ろした。


脳梗塞

歌手の西城秀樹さんがきのう、急性心不全のため亡くなった。多くのヒット曲で人気を集め、度重なる脳梗塞と戦った63年の生涯を振り返る。絶唱型と呼ばれたダイナミックな歌声で知られた西城秀樹さんは目鼻立ちが整った顔で中学生時代からモテモテで文化祭などで黄色い声援を浴びる人気ぶりだった。やがて大好きな歌の道を志した時に将来を心配する父親から反対されたエピソードについて西城さんは「父いわく趣味でやっているから楽しい、そんなもので食っていけると思ったら大間違いとしていて、協力してくれた父親が裏切るんだと思った。行きたいと言ったら母さんがお父さんにはうまく言っておく、連絡先だけ教えてと言われた」と話していて、父の反対を押し切り上京し1972年「恋する季節」でデビューした。当時のキャッチフレーズはワイルドな17歳。郷ひろみさん、野口五郎さんと共に新御三家と呼ばれ一躍トップアイドルとなった。互いにライバル心があったか聞かれた西城さんは「3人しか10代がいないので仲良かった。楽屋でも店屋物取って、3人違うものを頼む、それを一口ずつ食べるのが千昌夫」と話している。1973年と1973年と2年連続で日本レコード大賞の歌唱賞を受賞。一躍お茶の間の人気者となったのがカレーのCMで、1973年から12年間出演し、「ヒデキ、感激!」のフレーズは代名詞となった。歌手活動の傍ら、1974年に始まったドラマ「寺内貫太郎一家」や映画にも出演し俳優としても活躍し活動の幅を広げていた。西城さんとなって最大のヒット曲となったのが1979年に発表したヤングマン。この曲は耳に残る軽快なメロディーと共にお子さんからお年寄りまでどの世代でも覚えやすい振り付けが話題になりサビでYMCAの四文字を全身で表現し観客と一体になって踊るパフォーマンスはブームになった。

西城さんは歌で数々の日本初を打ち立てた人物で、1978年の大阪スタヂアムで開催されたコンサートで、ソロ歌手として初めて球場でコンサートを行った。さらにマイクを使ったパフォーマンスや客席のペンライト演出もはじめての試みだった。西城さんはブレークした時に感じたことについて「空からゴールドの雨が降ってきた。ベストテンに入ったと聞いた時は実感はなかったが、番組で歌った時に鳥肌が立った」と話している。活動は国内にとどまらず、1998年に10万人を前に中国の万里の長城でコンサートを開催し、アジアを始めとした海外でも人気を博した。プライベートでは2001年に一般女性と結婚し、翌年には長女が誕生し西城さんは「人生の中で素晴らしい瞬間があったんだ、あったことに感謝」と話している。公私共に順風満帆な西城さんを病が襲う。2003年当時48歳の時に脳梗塞を発症、韓国のディナーショー後体調不良を訴えた。その後緊急入院し、リハビリも有り翌月には報道陣の前に姿を見せ「ある程度の音域は大丈夫。無理してやると頭が酸欠状態になる。もとに戻るのは早くて3か月」と話している。脳梗塞により歌手には致命的とも言える言語障害の不安を抱えていて、この時妻は第2子を妊娠していた。生まれてくる子供のためにも頑張りたいと誓っていた西城さん。トーク番組では脳梗塞との壮絶な闘いについて明かす場面も有り、西城さんは「症状が良くなってこなかった時はうつ病になったり、家でドア叩くなど極度な世界に入り込んでいた。病気によってかけがえのないものを得た。技術で歌うよりも伝えていく。ヘタだろうが今の自分はこれ、そんな中で戦っていきたい」と話している。

西城さんは闘病生活を続けながらも歌うことを諦めず、2006年には86枚目のシングルとなる新曲を約3年ぶりに発表した。しかし2011年、56歳の西城さんは脳梗塞が再発し治療に専念するが翌年には歌手活動を再開させステージに戻ってきた。復帰後のコンサートでは「思ったより重いというのはあるが、時間はかかるが一歩ずつ歩んでいきたい」と話している。賢明にリハビリを続け二度の脳梗塞に立ち向かった西城さん、2015年には還暦を迎えた。精力的に活動を続けていたが当時体調について西城さんは「体長はまあまあ、歩きはちょっと悪い。今年の目標は再スタート」と語っていた。還暦を記念したバースデーイベントでも新御三家の一人、野口さんがサプライズで登場し、2人は抱き合い西城さんの還暦を祝った。西城さんは先月14日もコンサートに出演していたが25日に体長を崩し入院。そして昨日急性心不全のため横浜市内の病院で63年の生涯に幕を下ろした。


うつ病

歌手の西城秀樹さんがきのう、急性心不全のため亡くなった。多くのヒット曲で人気を集め、度重なる脳梗塞と戦った63年の生涯を振り返る。絶唱型と呼ばれたダイナミックな歌声で知られた西城秀樹さんは目鼻立ちが整った顔で中学生時代からモテモテで文化祭などで黄色い声援を浴びる人気ぶりだった。やがて大好きな歌の道を志した時に将来を心配する父親から反対されたエピソードについて西城さんは「父いわく趣味でやっているから楽しい、そんなもので食っていけると思ったら大間違いとしていて、協力してくれた父親が裏切るんだと思った。行きたいと言ったら母さんがお父さんにはうまく言っておく、連絡先だけ教えてと言われた」と話していて、父の反対を押し切り上京し1972年「恋する季節」でデビューした。当時のキャッチフレーズはワイルドな17歳。郷ひろみさん、野口五郎さんと共に新御三家と呼ばれ一躍トップアイドルとなった。互いにライバル心があったか聞かれた西城さんは「3人しか10代がいないので仲良かった。楽屋でも店屋物取って、3人違うものを頼む、それを一口ずつ食べるのが千昌夫」と話している。1973年と1973年と2年連続で日本レコード大賞の歌唱賞を受賞。一躍お茶の間の人気者となったのがカレーのCMで、1973年から12年間出演し、「ヒデキ、感激!」のフレーズは代名詞となった。歌手活動の傍ら、1974年に始まったドラマ「寺内貫太郎一家」や映画にも出演し俳優としても活躍し活動の幅を広げていた。西城さんとなって最大のヒット曲となったのが1979年に発表したヤングマン。この曲は耳に残る軽快なメロディーと共にお子さんからお年寄りまでどの世代でも覚えやすい振り付けが話題になりサビでYMCAの四文字を全身で表現し観客と一体になって踊るパフォーマンスはブームになった。

西城さんは歌で数々の日本初を打ち立てた人物で、1978年の大阪スタヂアムで開催されたコンサートで、ソロ歌手として初めて球場でコンサートを行った。さらにマイクを使ったパフォーマンスや客席のペンライト演出もはじめての試みだった。西城さんはブレークした時に感じたことについて「空からゴールドの雨が降ってきた。ベストテンに入ったと聞いた時は実感はなかったが、番組で歌った時に鳥肌が立った」と話している。活動は国内にとどまらず、1998年に10万人を前に中国の万里の長城でコンサートを開催し、アジアを始めとした海外でも人気を博した。プライベートでは2001年に一般女性と結婚し、翌年には長女が誕生し西城さんは「人生の中で素晴らしい瞬間があったんだ、あったことに感謝」と話している。公私共に順風満帆な西城さんを病が襲う。2003年当時48歳の時に脳梗塞を発症、韓国のディナーショー後体調不良を訴えた。その後緊急入院し、リハビリも有り翌月には報道陣の前に姿を見せ「ある程度の音域は大丈夫。無理してやると頭が酸欠状態になる。もとに戻るのは早くて3か月」と話している。脳梗塞により歌手には致命的とも言える言語障害の不安を抱えていて、この時妻は第2子を妊娠していた。生まれてくる子供のためにも頑張りたいと誓っていた西城さん。トーク番組では脳梗塞との壮絶な闘いについて明かす場面も有り、西城さんは「症状が良くなってこなかった時はうつ病になったり、家でドア叩くなど極度な世界に入り込んでいた。病気によってかけがえのないものを得た。技術で歌うよりも伝えていく。ヘタだろうが今の自分はこれ、そんな中で戦っていきたい」と話している。

西城さんは闘病生活を続けながらも歌うことを諦めず、2006年には86枚目のシングルとなる新曲を約3年ぶりに発表した。しかし2011年、56歳の西城さんは脳梗塞が再発し治療に専念するが翌年には歌手活動を再開させステージに戻ってきた。復帰後のコンサートでは「思ったより重いというのはあるが、時間はかかるが一歩ずつ歩んでいきたい」と話している。賢明にリハビリを続け二度の脳梗塞に立ち向かった西城さん、2015年には還暦を迎えた。精力的に活動を続けていたが当時体調について西城さんは「体長はまあまあ、歩きはちょっと悪い。今年の目標は再スタート」と語っていた。還暦を記念したバースデーイベントでも新御三家の一人、野口さんがサプライズで登場し、2人は抱き合い西城さんの還暦を祝った。西城さんは先月14日もコンサートに出演していたが25日に体長を崩し入院。そして昨日急性心不全のため横浜市内の病院で63年の生涯に幕を下ろした。


大阪スタヂアム

西城さんは歌で数々の日本初を打ち立てた人物で、1978年の大阪スタヂアムで開催されたコンサートで、ソロ歌手として初めて球場でコンサートを行った。さらにマイクを使ったパフォーマンスや客席のペンライト演出もはじめての試みだった。西城さんはブレークした時に感じたことについて「空からゴールドの雨が降ってきた。ベストテンに入ったと聞いた時は実感はなかったが、番組で歌った時に鳥肌が立った」と話している。活動は国内にとどまらず、1998年に10万人を前に中国の万里の長城でコンサートを開催し、アジアを始めとした海外でも人気を博した。プライベートでは2001年に一般女性と結婚し、翌年には長女が誕生し西城さんは「人生の中で素晴らしい瞬間があったんだ、あったことに感謝」と話している。公私共に順風満帆な西城さんを病が襲う。2003年当時48歳の時に脳梗塞を発症、韓国のディナーショー後体調不良を訴えた。その後緊急入院し、リハビリも有り翌月には報道陣の前に姿を見せ「ある程度の音域は大丈夫。無理してやると頭が酸欠状態になる。もとに戻るのは早くて3か月」と話している。脳梗塞により歌手には致命的とも言える言語障害の不安を抱えていて、この時妻は第2子を妊娠していた。生まれてくる子供のためにも頑張りたいと誓っていた西城さん。トーク番組では脳梗塞との壮絶な闘いについて明かす場面も有り、西城さんは「症状が良くなってこなかった時はうつ病になったり、家でドア叩くなど極度な世界に入り込んでいた。病気によってかけがえのないものを得た。技術で歌うよりも伝えていく。ヘタだろうが今の自分はこれ、そんな中で戦っていきたい」と話している。

西城さんは闘病生活を続けながらも歌うことを諦めず、2006年には86枚目のシングルとなる新曲を約3年ぶりに発表した。しかし2011年、56歳の西城さんは脳梗塞が再発し治療に専念するが翌年には歌手活動を再開させステージに戻ってきた。復帰後のコンサートでは「思ったより重いというのはあるが、時間はかかるが一歩ずつ歩んでいきたい」と話している。賢明にリハビリを続け二度の脳梗塞に立ち向かった西城さん、2015年には還暦を迎えた。精力的に活動を続けていたが当時体調について西城さんは「体長はまあまあ、歩きはちょっと悪い。今年の目標は再スタート」と語っていた。還暦を記念したバースデーイベントでも新御三家の一人、野口さんがサプライズで登場し、2人は抱き合い西城さんの還暦を祝った。西城さんは先月14日もコンサートに出演していたが25日に体長を崩し入院。そして昨日急性心不全のため横浜市内の病院で63年の生涯に幕を下ろした。


万里の長城

西城さんは歌で数々の日本初を打ち立てた人物で、1978年の大阪スタヂアムで開催されたコンサートで、ソロ歌手として初めて球場でコンサートを行った。さらにマイクを使ったパフォーマンスや客席のペンライト演出もはじめての試みだった。西城さんはブレークした時に感じたことについて「空からゴールドの雨が降ってきた。ベストテンに入ったと聞いた時は実感はなかったが、番組で歌った時に鳥肌が立った」と話している。活動は国内にとどまらず、1998年に10万人を前に中国の万里の長城でコンサートを開催し、アジアを始めとした海外でも人気を博した。プライベートでは2001年に一般女性と結婚し、翌年には長女が誕生し西城さんは「人生の中で素晴らしい瞬間があったんだ、あったことに感謝」と話している。公私共に順風満帆な西城さんを病が襲う。2003年当時48歳の時に脳梗塞を発症、韓国のディナーショー後体調不良を訴えた。その後緊急入院し、リハビリも有り翌月には報道陣の前に姿を見せ「ある程度の音域は大丈夫。無理してやると頭が酸欠状態になる。もとに戻るのは早くて3か月」と話している。脳梗塞により歌手には致命的とも言える言語障害の不安を抱えていて、この時妻は第2子を妊娠していた。生まれてくる子供のためにも頑張りたいと誓っていた西城さん。トーク番組では脳梗塞との壮絶な闘いについて明かす場面も有り、西城さんは「症状が良くなってこなかった時はうつ病になったり、家でドア叩くなど極度な世界に入り込んでいた。病気によってかけがえのないものを得た。技術で歌うよりも伝えていく。ヘタだろうが今の自分はこれ、そんな中で戦っていきたい」と話している。

西城さんは闘病生活を続けながらも歌うことを諦めず、2006年には86枚目のシングルとなる新曲を約3年ぶりに発表した。しかし2011年、56歳の西城さんは脳梗塞が再発し治療に専念するが翌年には歌手活動を再開させステージに戻ってきた。復帰後のコンサートでは「思ったより重いというのはあるが、時間はかかるが一歩ずつ歩んでいきたい」と話している。賢明にリハビリを続け二度の脳梗塞に立ち向かった西城さん、2015年には還暦を迎えた。精力的に活動を続けていたが当時体調について西城さんは「体長はまあまあ、歩きはちょっと悪い。今年の目標は再スタート」と語っていた。還暦を記念したバースデーイベントでも新御三家の一人、野口さんがサプライズで登場し、2人は抱き合い西城さんの還暦を祝った。西城さんは先月14日もコンサートに出演していたが25日に体長を崩し入院。そして昨日急性心不全のため横浜市内の病院で63年の生涯に幕を下ろした。


「news every.」で紹介されたイベント情報

還暦バースデーイベント

西城さんは闘病生活を続けながらも歌うことを諦めず、2006年には86枚目のシングルとなる新曲を約3年ぶりに発表した。しかし2011年、56歳の西城さんは脳梗塞が再発し治療に専念するが翌年には歌手活動を再開させステージに戻ってきた。復帰後のコンサートでは「思ったより重いというのはあるが、時間はかかるが一歩ずつ歩んでいきたい」と話している。賢明にリハビリを続け二度の脳梗塞に立ち向かった西城さん、2015年には還暦を迎えた。精力的に活動を続けていたが当時体調について西城さんは「体長はまあまあ、歩きはちょっと悪い。今年の目標は再スタート」と語っていた。還暦を記念したバースデーイベントでも新御三家の一人、野口さんがサプライズで登場し、2人は抱き合い西城さんの還暦を祝った。西城さんは先月14日もコンサートに出演していたが25日に体長を崩し入院。そして昨日急性心不全のため横浜市内の病院で63年の生涯に幕を下ろした。


「news every.」で紹介されたイベント情報

同窓会コンサート2018

西城さんは闘病生活を続けながらも歌うことを諦めず、2006年には86枚目のシングルとなる新曲を約3年ぶりに発表した。しかし2011年、56歳の西城さんは脳梗塞が再発し治療に専念するが翌年には歌手活動を再開させステージに戻ってきた。復帰後のコンサートでは「思ったより重いというのはあるが、時間はかかるが一歩ずつ歩んでいきたい」と話している。賢明にリハビリを続け二度の脳梗塞に立ち向かった西城さん、2015年には還暦を迎えた。精力的に活動を続けていたが当時体調について西城さんは「体長はまあまあ、歩きはちょっと悪い。今年の目標は再スタート」と語っていた。還暦を記念したバースデーイベントでも新御三家の一人、野口さんがサプライズで登場し、2人は抱き合い西城さんの還暦を祝った。西城さんは先月14日もコンサートに出演していたが25日に体長を崩し入院。そして昨日急性心不全のため横浜市内の病院で63年の生涯に幕を下ろした。


CM

(ニュース)

「news every.」で紹介された音楽・CD

ヤングマン

西城秀樹の脳梗塞と急性心不全の関連について澤芳樹は「48歳での脳梗塞は若い。血中の中性脂肪などが多く動脈硬化を起こしやすい状態だったのではないか」と話した 。郷ひろみは西城秀樹の死について「同世代として残念」などとコメントした。また、野口五郎は「今は言葉が見つかりません」などとコメントした。浅田美代子は「早すぎる。最後まで頑張っていた姿を忘れない」などとコメントした。早見優は「普段から気さくで笑顔が優しくて大好きだった」などとコメントした。あべ静江は「先月会ったときは普段と変わらなかった。両日とも笑顔だった」などとコメントした。広島では号外も配られ、町の人々は「病気でも頑張っていたので応援していたが残念」などとコメントした。西城秀樹の通夜は25日、葬儀・告別式は26日に都内で行われる。


脳梗塞

西城秀樹の脳梗塞と急性心不全の関連について澤芳樹は「48歳での脳梗塞は若い。血中の中性脂肪などが多く動脈硬化を起こしやすい状態だったのではないか」と話した 。郷ひろみは西城秀樹の死について「同世代として残念」などとコメントした。また、野口五郎は「今は言葉が見つかりません」などとコメントした。浅田美代子は「早すぎる。最後まで頑張っていた姿を忘れない」などとコメントした。早見優は「普段から気さくで笑顔が優しくて大好きだった」などとコメントした。あべ静江は「先月会ったときは普段と変わらなかった。両日とも笑顔だった」などとコメントした。広島では号外も配られ、町の人々は「病気でも頑張っていたので応援していたが残念」などとコメントした。西城秀樹の通夜は25日、葬儀・告別式は26日に都内で行われる。


急性心不全

西城秀樹の脳梗塞と急性心不全の関連について澤芳樹は「48歳での脳梗塞は若い。血中の中性脂肪などが多く動脈硬化を起こしやすい状態だったのではないか」と話した 。郷ひろみは西城秀樹の死について「同世代として残念」などとコメントした。また、野口五郎は「今は言葉が見つかりません」などとコメントした。浅田美代子は「早すぎる。最後まで頑張っていた姿を忘れない」などとコメントした。早見優は「普段から気さくで笑顔が優しくて大好きだった」などとコメントした。あべ静江は「先月会ったときは普段と変わらなかった。両日とも笑顔だった」などとコメントした。広島では号外も配られ、町の人々は「病気でも頑張っていたので応援していたが残念」などとコメントした。西城秀樹の通夜は25日、葬儀・告別式は26日に都内で行われる。


動脈硬化

西城秀樹の脳梗塞と急性心不全の関連について澤芳樹は「48歳での脳梗塞は若い。血中の中性脂肪などが多く動脈硬化を起こしやすい状態だったのではないか」と話した 。郷ひろみは西城秀樹の死について「同世代として残念」などとコメントした。また、野口五郎は「今は言葉が見つかりません」などとコメントした。浅田美代子は「早すぎる。最後まで頑張っていた姿を忘れない」などとコメントした。早見優は「普段から気さくで笑顔が優しくて大好きだった」などとコメントした。あべ静江は「先月会ったときは普段と変わらなかった。両日とも笑顔だった」などとコメントした。広島では号外も配られ、町の人々は「病気でも頑張っていたので応援していたが残念」などとコメントした。西城秀樹の通夜は25日、葬儀・告別式は26日に都内で行われる。


心筋梗塞

西城秀樹の脳梗塞と急性心不全の関連について澤芳樹は「48歳での脳梗塞は若い。血中の中性脂肪などが多く動脈硬化を起こしやすい状態だったのではないか」と話した 。郷ひろみは西城秀樹の死について「同世代として残念」などとコメントした。また、野口五郎は「今は言葉が見つかりません」などとコメントした。浅田美代子は「早すぎる。最後まで頑張っていた姿を忘れない」などとコメントした。早見優は「普段から気さくで笑顔が優しくて大好きだった」などとコメントした。あべ静江は「先月会ったときは普段と変わらなかった。両日とも笑顔だった」などとコメントした。広島では号外も配られ、町の人々は「病気でも頑張っていたので応援していたが残念」などとコメントした。西城秀樹の通夜は25日、葬儀・告別式は26日に都内で行われる。


まさかの出来事

ロイター通信

イギリスのウエスト・サセックス州では廃車を車で飛び越える大会が行われている。競技は高さ・距離・観客の声援を競うもの。中には自分の車を廃車にしてしまう者もいるが、そもそも参加者は壊れる寸前の車で参加している。この日の大会の優勝者のニックさんは「初めは怖かったけどアドレナリンが出て打ち勝った」などと話した。ロイター通信によると、ニックさんには約7000円の賞金が贈呈された。


「news every.」で紹介されたグルメ情報

白菜

先月、河北省の博物館前に、巨大な白菜を模したオブジェが登場した。その高さは20m、重さは12t。白菜は中国語で巨万の富を意味する「百材」と発音が同じであり、古くから縁起物とされている。中国には他の場所にも巨大な白菜のオブジェがあり名物となっている。


カルガモ

先月、アリゾナ州で散歩をしていたカルガモの雛が側溝に落下した。駆けつけた消防隊が救助を行ったが、親鳥も側溝を覗き込み落下してしまった。親鳥は自力で側溝から脱出したものの、最後の雛を救出しようとした際、カルガモ達は最後の雛を忘れ出発してしまった。


NBCテレビ

アメリカのウィスコンシン州で中央分離帯に乗り上げた車が該当2本をなぎ倒すなど暴走した。NBCテレビによるとけが人はいなかったがその後運転手は拘束された。


ネズミ

アメリカのテネシー州で飼われてるネズミ、メープルとミッドナは普段は仲良しだが、エサを食べている間、エサを取り合い殴り合いの喧嘩をしてしまう。


(気象情報)

観光名所の竹林に“落書き”


CM

きょうコレ

JR山手線

痴漢被害等の防止の為、JR山手線の車内に防犯カメラが設置される。早いものではあさってから運用が始まる。


関西学院大学

日大アメフト部の選手が危険なタックルをした問題で、関西学院大学が今日、会見を行った。日大からの回答について、「現時点では、誠意のある回答とは言えない。」と述べた。日大は「経緯等について、改めて回答したい。」としている。


日大

日大アメフト部の選手が危険なタックルをした問題で、関西学院大学が今日、会見を行った。日大からの回答について、「現時点では、誠意のある回答とは言えない。」と述べた。日大は「経緯等について、改めて回答したい。」としている。


JR中央線

今日午後、名古屋市にある集合住宅の一室から出火し、現在も消火活動が続いている。この火事で、火元の部屋に住む80代の男性1人が軽い怪我をしているという。また、他に逃げ遅れた人等はいないという。現場は、JR中央線の大曽根駅から北に1キロ程の住宅街で、近くには老人ホーム等があるという。


大曽根駅

今日午後、名古屋市にある集合住宅の一室から出火し、現在も消火活動が続いている。この火事で、火元の部屋に住む80代の男性1人が軽い怪我をしているという。また、他に逃げ遅れた人等はいないという。現場は、JR中央線の大曽根駅から北に1キロ程の住宅街で、近くには老人ホーム等があるという。


竹林の散策路

京都・嵐山にある竹林の散策路で、100本近い竹に落書きされているのが見つかった。落書きの殆どは、英語や中国語で書かれた人名だった。これまでも数本の被害が確認されていたが、今年2月頃から急増したという。えびす屋の鈴木さんは「1人が書けば私もという風に、どんどん書かれているのだと思う。一度傷つけられてしまうと、そこから腐ってくる。1本腐ると根を伝って他の竹にも影響が出るので、切って処分する形になる。」等とコメントした。鈴木さんは『落書きの上にテープをする』等の防止策を行っているという。地元では張り紙等で注意を呼びかけている。竹林を管理する会社は「今後、落書きが増えるようならば京都市等と連携して対策を講じる。」としている。


京都市

京都・嵐山にある竹林の散策路で、100本近い竹に落書きされているのが見つかった。落書きの殆どは、英語や中国語で書かれた人名だった。これまでも数本の被害が確認されていたが、今年2月頃から急増したという。えびす屋の鈴木さんは「1人が書けば私もという風に、どんどん書かれているのだと思う。一度傷つけられてしまうと、そこから腐ってくる。1本腐ると根を伝って他の竹にも影響が出るので、切って処分する形になる。」等とコメントした。鈴木さんは『落書きの上にテープをする』等の防止策を行っているという。地元では張り紙等で注意を呼びかけている。竹林を管理する会社は「今後、落書きが増えるようならば京都市等と連携して対策を講じる。」としている。


帯広消防署

北海道帯広市の交差点で昨夜、緊急走行中の救急車と軽乗用車が衝突し、救急車が横転した。この事故で、20代の男性消防隊員が軽傷を負った。救急車は赤信号でサイレンを鳴らし、徐行して交差点に進入していたという。


CM

きょうコレ

ロイター通信

作者不明のまま落札された、若い紳士を描いた肖像画。落札した美術商は落札した当時から、独特の技法等からレンブラントの作品と考え専門家に鑑定を依頼していた。鑑定の結果、レンブラントが1634年頃に描いた作品である事が判明した。レンブラントの新たな作品が見つかったのは44年ぶりだ。落札当時の価格は約2000万円だったが、価値が上がると見られ美術商は買い手を探しているという。


富岡市役所

群馬県富岡市で今月2日、市役所の前に設置されたプレートが破壊されているのが見つかった。警察が器物損壊の疑いで捜査している。富岡市役所は建築家の隈研吾さんが設計し、今年3月下旬にリニューアル工事が完了したばかりだった。富岡市は「破壊した人は直して欲しい。」等とコメントしていて、今後、プレートを修復する方針だという。


富岡市

群馬県富岡市で今月2日、市役所の前に設置されたプレートが破壊されているのが見つかった。警察が器物損壊の疑いで捜査している。富岡市役所は建築家の隈研吾さんが設計し、今年3月下旬にリニューアル工事が完了したばかりだった。富岡市は「破壊した人は直して欲しい。」等とコメントしていて、今後、プレートを修復する方針だという。


(エンディング)

(番組宣伝)

CM

「news every.」2018年5月16日(水)放送内容「news every.」2018年5月18日(金)放送内容

2018年04月 2018年05月 2018年06月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 「news every.」で紹介されたすべての情報
  • 「news every.」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「news every.」で紹介された音楽・CD
  • 「news every.」で紹介された映画・DVD
  • 「news every.」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「news every.」で紹介されたグルメ情報
  • 「news every.」で紹介された料理レシピ
  • 「news every.」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「news every.」で紹介された観光・地域情報
  • 「news every.」で紹介されたイベント情報
  • 「news every.」で紹介された雑学・豆知識