ホーム > テレビ紹介情報 > 日本テレビ > 幸せ!ボンビーガール
テレビ紹介情報

「幸せ!ボンビーガール」で紹介された情報

「幸せ!ボンビーガール」で紹介されたすべての情報 ( 676 / 676 ページ )

石付き板金金属屋根

新しい瓦として、薄い金属の板の表面に細かい石を吹き付けた「石付き板金金属屋根」を使用。雨風に強く、瓦の9分の1の重さしか無い他、森泉にとってチョイスした最大の理由は可愛いことだった。風で飛ばないようにしっかりと固定し、さらに別の天窓もセッティング。暗かった室内には陽光が差し込み、タッチパネルを操作すればブラインドが起動する。ハイテク過ぎて、森泉は「この家には勿体無い」とコメント。


リフレクティックス

次に着手したのは屋根で、老朽化で瓦にヒビが入っていたり、ズレたりしていたため雨漏りの原因になっていた。森泉は職人とともに屋根へ上がり、瓦をチェックすると貼り方は昭和初期まで主流だった「土葺き」だった。阪神・淡路大震災では瓦が崩れ、大きな被害を出したため、近年は釘で1枚ずつ固定するのが一般的だという。森は職人らと約2000枚、5トン分の瓦を地上へと下ろし、最新の遮熱シート「リフレクティックス」を敷き、タッカーで固定。外気が入らないようにアルミテープで隙間を塞いだ。その上にベニヤ板を敷き、10cm間隔でネジ打ちしていった。防水シートもその上に敷き、意図的に開けた穴には電動の天窓をセッティング。通常なら25万円かかるが、健在情報サイトの商品モニターに募集したところ、当選したという。


有孔ボード

森泉らにより、築52年のキッチンのリノベーションが終了。棚や天井部分には不燃材料が使われ、有孔ボードは置くものによって板の長さや高さを調整できるようにした。また、森が持ってきた冷蔵庫、棚も配されている。業者に依頼した場合、約300万円かかるが、約50万円で事足りた。


テラコッタタイル

次はキッチンの床で、床材として焼いた土で作られた素焼きタイルを使用。イタリア、スペイン、フランスなどで使われているものはお高めなので、見た目が遜色ないものをネットで購入。タイル屋のたけちゃんは樹脂系のモルタルを使い、森とともに木へタイルが直接貼っていった。隙間を専用のネジ剤で埋め、水栓金具、ライトも取り付けるなどし、築52年のキッチンのリノベーションが完了。


かすがい

森泉はホームセンターの材料を使い、雑誌で特集されているトレンドの棚の製作に取り掛かった。印をつけたベニヤ板48ヶ所に直径2cmの穴、うち9ヶ所には裏まで貫通しないように気をつけながら1cmの穴をあけ、職人は森の技術に舌を巻いた。次に貫通させなかった穴からビスを打ち付け、壁に固定。森が製作しているのは等間隔に穴の開いた「有孔ボード」で、吸音効果があるが穴を利用して収納にも活用できる。貫通させた穴には20cmにカットした丸棒を通し、その上に板をセット。穴が無数に開いているので、レイアウトは自由にできる。キッチン台の空いたスペースにはベニヤ板を組み合わせた棚を配し、ビスで固定。その下には壁を取り付けた。通常はL字型の金物などが使われるが、森は溝を彫ってセッティングした。


丸棒1.8m

森泉はホームセンターの材料を使い、雑誌で特集されているトレンドの棚の製作に取り掛かった。印をつけたベニヤ板48ヶ所に直径2cmの穴、うち9ヶ所には裏まで貫通しないように気をつけながら1cmの穴をあけ、職人は森の技術に舌を巻いた。次に貫通させなかった穴からビスを打ち付け、壁に固定。森が製作しているのは等間隔に穴の開いた「有孔ボード」で、吸音効果があるが穴を利用して収納にも活用できる。貫通させた穴には20cmにカットした丸棒を通し、その上に板をセット。穴が無数に開いているので、レイアウトは自由にできる。キッチン台の空いたスペースにはベニヤ板を組み合わせた棚を配し、ビスで固定。その下には壁を取り付けた。通常はL字型の金物などが使われるが、森は溝を彫ってセッティングした。


スーパービバホーム豊洲店

森泉はホームセンターの材料を使い、雑誌で特集されているトレンドの棚の製作に取り掛かった。印をつけたベニヤ板48ヶ所に直径2cmの穴、うち9ヶ所には裏まで貫通しないように気をつけながら1cmの穴をあけ、職人は森の技術に舌を巻いた。次に貫通させなかった穴からビスを打ち付け、壁に固定。森が製作しているのは等間隔に穴の開いた「有孔ボード」で、吸音効果があるが穴を利用して収納にも活用できる。貫通させた穴には20cmにカットした丸棒を通し、その上に板をセット。穴が無数に開いているので、レイアウトは自由にできる。キッチン台の空いたスペースにはベニヤ板を組み合わせた棚を配し、ビスで固定。その下には壁を取り付けた。通常はL字型の金物などが使われるが、森は溝を彫ってセッティングした。

次はキッチンの床で、床材として焼いた土で作られた素焼きタイルを使用。イタリア、スペイン、フランスなどで使われているものはお高めなので、見た目が遜色ないものをネットで購入。タイル屋のたけちゃんは樹脂系のモルタルを使い、森とともに木へタイルが直接貼っていった。隙間を専用のネジ剤で埋め、水栓金具、ライトも取り付けるなどし、築52年のキッチンのリノベーションが完了。


有孔ボード

森泉はホームセンターの材料を使い、雑誌で特集されているトレンドの棚の製作に取り掛かった。印をつけたベニヤ板48ヶ所に直径2cmの穴、うち9ヶ所には裏まで貫通しないように気をつけながら1cmの穴をあけ、職人は森の技術に舌を巻いた。次に貫通させなかった穴からビスを打ち付け、壁に固定。森が製作しているのは等間隔に穴の開いた「有孔ボード」で、吸音効果があるが穴を利用して収納にも活用できる。貫通させた穴には20cmにカットした丸棒を通し、その上に板をセット。穴が無数に開いているので、レイアウトは自由にできる。キッチン台の空いたスペースにはベニヤ板を組み合わせた棚を配し、ビスで固定。その下には壁を取り付けた。通常はL字型の金物などが使われるが、森は溝を彫ってセッティングした。


「幸せ!ボンビーガール」で紹介されたレストラン・飲食店

饗食天堂

劇団ひとりが台湾のゴッドハンドの施術を受けた。首を引っ張られ、先端にゴムのついた電動ドライバーで小さな骨のゆがみを整えてもらった。1回約3700円。地下鉄の初乗りは74円、バスは市内なら一律55円、タクシーは初乗り270円だが料金の上がりが緩やかで東京なら3000円のところ1000円になる。市内に400箇所スタンドがありどこでも乗り捨て可能なレンタル自転車は30分18円、台湾一番の移動手段はミニバイクで所有率は世界一。劇団ひとりが訪れたビュッフェ形式のレストラン「饗食天堂」はエビ・カニ、寿司、刺し身、北京ダック、ローストビーフ、台湾料理、アルコール飲み放題、デザート約30種類が食べ放題で約3250円。


「幸せ!ボンビーガール」で紹介されたレストラン・飲食店

日本風居酒屋 呑兵衛

ボンビーガールのきょうこさんは親日だと感じていて日本人のお世話をする不動産屋で物件を見つけた。台湾移住最大のメリットは日常生活も日本語だけでなんとかなる事。問い合わせも日本語でOKで物件を案内してくれる人も日本人。水道代は家賃に含まれているが払っても月500円、携帯代も使いたい放題で月500円。公共料金は政府が人気取りのため値上げできず安いままという説がある。3食外食しても1000円しかかからない。きょうこさんと共に四平街番茄牛肉麺に入るとメニューに日本語が振ってあった。また、漢字を見ればどんなお店から想像しやすいのも台湾移住のメリット。夫婦共働きが多い台湾では3食外食が当たり前で値段も安い。台湾の人の平均月収は約14万円にも関わらず移住者の最低賃金が決められていてその金額は約18万円。なのできょうこさんは3万円あれば毎日外食できて2万円は貯金できる。アフターファイブはヨガとクラブ三昧、年に3〜4回は海外旅行に出かけている。きょうこさんは中国語訳された日本の雑誌の販売などの仕事をしており、同僚も取引先も日本語がペラペラなので言葉に困らない。台湾には就職先を紹介してくれる会社がいくつもあり台北の日系企業向けコンサルティング会社の営業は語学力不問で正社員を募集している。


2018年01月 2018年02月 
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
  • 「幸せ!ボンビーガール」で紹介されたすべての情報
  • 「幸せ!ボンビーガール」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「幸せ!ボンビーガール」で紹介された音楽・CD
  • 「幸せ!ボンビーガール」で紹介された映画・DVD
  • 「幸せ!ボンビーガール」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「幸せ!ボンビーガール」で紹介されたグルメ情報
  • 「幸せ!ボンビーガール」で紹介された料理レシピ
  • 「幸せ!ボンビーガール」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「幸せ!ボンビーガール」で紹介された観光・地域情報
  • 「幸せ!ボンビーガール」で紹介されたイベント情報
  • 「幸せ!ボンビーガール」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する