ホーム > テレビ紹介情報 > 日本テレビ > ザ!世界仰天ニュース 直前SP
テレビ紹介情報

「ザ!世界仰天ニュース 直前SP」で紹介された情報

「ザ!世界仰天ニュース 直前SP」で紹介されたすべての情報 ( 4 / 4 ページ )

前向性健忘症

結婚の8年前、ミシェルは頭をぶつける事故に遭い医師に前向性健忘症という病気になるかもしれないと宣告されていた。症状は進み、ミシェルは仕事もできなくなった。イアンは彼女に支えられてきた日々を思い、プロポーズをした。

事故から7年目に結婚した2人だが、ある日朝起きるとミシェルは結婚したことすら忘れていた。夫のことは覚えているが、自分が前向性健忘症だということも、自分で作った晩御飯のメニューも翌朝起きると再び忘れてしまっていた。ミシェルは孤独感に襲われた。

なんとか記憶を留めておこうと、イアンはミシェルに毎朝すべてを説明した。玄関には、最近訪れる人の写真は来客予定のメモを貼り、その日の出来事をすぐにメモに書き留めることで少しずつ不安を解消していった。写真やメモ、日記は全て「明日の自分への伝言」となった。それでも悩むミシェルにイアンは、手作りのアルバムをプレゼントし、このアルバムでミシェルは落ち着いて1日を過ごせるようになった。


1型糖尿病

母親が突然めまいに襲われ廊下で倒れたが、すると男の子はおもちゃ箱からおもちゃの聴診器を手にし、病院のことを思い出しママにあてたが、やはり目を覚まさない。男の子は今度は「911」に電話をかけることを思いつき、救急車を呼び、母親は助かった。あれから8歳に成長した男の子は、救急隊から表彰された盾が宝物で、将来の夢は救急隊員になることだという。


1型糖尿病

母親が突然めまいに襲われ廊下で倒れたが、母親の口がかすかに動いたのを見た4歳の男の子はキッチンから持ってきたミルクとビスケットを食べさせようと無理やり口に押し込んだ。母親は1型糖尿病患者で、男の子が行ったこの行動は前から母親から言われていたことだった。母親も反射的に口にしたが、糖分の補給がわずかで反応はない。すると男の子が今度は…。


「ザ!世界仰天ニュース 直前SP」で紹介された本・コミック・雑誌

パパ、ママ、あいしてる―エレナが残したメッセージ

脳腫瘍だと診断されて医師から余命4ヶ月半を宣告されたアメリカ人の5歳の少女は、放射線治療で症状が改善し、退院して幼稚園に通えるまで回復した。しかし、退院から5週間後に再び症状が悪化し、脳に腫瘍が残っていることが判明し、医師から治療はできないと宣告された。早川書房「パパ、ママ、あいしてる―エレナが残したメッセージ」を紹介。少女が描いた絵が、美術館に飾られた。医師が宣告した余命4ヶ月半を経過しても、少女は生き続けていたが、2007年8月11日に死亡した。


早川書房

脳腫瘍だと診断されて医師から余命4ヶ月半を宣告されたアメリカ人の5歳の少女は、放射線治療で症状が改善し、退院して幼稚園に通えるまで回復した。しかし、退院から5週間後に再び症状が悪化し、脳に腫瘍が残っていることが判明し、医師から治療はできないと宣告された。早川書房「パパ、ママ、あいしてる―エレナが残したメッセージ」を紹介。少女が描いた絵が、美術館に飾られた。医師が宣告した余命4ヶ月半を経過しても、少女は生き続けていたが、2007年8月11日に死亡した。


びまん性橋グリオーマ

脳腫瘍だと診断されて医師から余命4ヶ月半を宣告されたアメリカ人の5歳の少女は、放射線治療で症状が改善し、退院して幼稚園に通えるまで回復した。しかし、退院から5週間後に再び症状が悪化し、脳に腫瘍が残っていることが判明し、医師から治療はできないと宣告された。早川書房「パパ、ママ、あいしてる―エレナが残したメッセージ」を紹介。少女が描いた絵が、美術館に飾られた。医師が宣告した余命4ヶ月半を経過しても、少女は生き続けていたが、2007年8月11日に死亡した。


びまん性橋グリオーマ

脳腫瘍だと診断されて医師から余命4ヶ月半を宣告されたアメリカ人の5歳の少女は、病状が悪化して声がでなくなったため、手話を教えられて会話した。少女は放射線治療で症状が改善し、退院できるまで回復した。


びまん性橋グリオーマ

アメリカ・オハイオ州に住む5歳の少女が、まっすぐに歩行できないなど体の変化が起こり始めた。少女が病院に行き精密検査を受けると、「びまん性橋グリオーマ」という脳腫瘍だと診断され、医師から余命4ヶ月半を宣告された。余命4ヶ月半を宣告された少女は、メンフィスの病院に入院し、放射線治療を行った。


「ザ!世界仰天ニュース 直前SP」で紹介されたグルメ情報

カバ

朝起きると、ブンラップ村の人は鍵がかかった建物へ。中は小さな商店だった。どうやって商品を注文するのか聞くと、携帯電話で首都に注文すると答えた。30分歩いた場所で電波が入るという。充電は3時間歩いて隣村の発電機を使う。お金はカバという飲み物の原料を売って収入を得ている。


携帯電話

朝起きると、ブンラップ村の人は鍵がかかった建物へ。中は小さな商店だった。どうやって商品を注文するのか聞くと、携帯電話で首都に注文すると答えた。30分歩いた場所で電波が入るという。充電は3時間歩いて隣村の発電機を使う。お金はカバという飲み物の原料を売って収入を得ている。


2018年07月 2018年08月 
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
  • 「ザ!世界仰天ニュース 直前SP」で紹介されたすべての情報
  • 「ザ!世界仰天ニュース 直前SP」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ザ!世界仰天ニュース 直前SP」で紹介された音楽・CD
  • 「ザ!世界仰天ニュース 直前SP」で紹介された映画・DVD
  • 「ザ!世界仰天ニュース 直前SP」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ザ!世界仰天ニュース 直前SP」で紹介されたグルメ情報
  • 「ザ!世界仰天ニュース 直前SP」で紹介された料理レシピ
  • 「ザ!世界仰天ニュース 直前SP」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ザ!世界仰天ニュース 直前SP」で紹介された観光・地域情報
  • 「ザ!世界仰天ニュース 直前SP」で紹介されたイベント情報
  • 「ザ!世界仰天ニュース 直前SP」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する