テレビ紹介情報

「サンバリュ」で紹介された情報

「サンバリュ」で紹介されたすべての情報 ( 415 / 415 ページ )

「サンバリュ」で紹介された音楽・CD

麻理奈さんは中川翔子さんがさくらんぼ狩りをした時に遊んだことがあると話していて、麻理奈さんには娘の由奈ちゃんもいたが、コスプレが好きなのだと言い中川さんの幼少期にも似ていてセーラームーンの曲をカラオケでは歌うのだという。また、幸子さんの歌う「望郷はぐれ鳥」に合わせて様々な親戚が紹介されていて、麻理奈さんは中川さんについて親戚であることが嬉しいと話していた。

「いのちの人」

Amazon.co.jp


anan

忠さんに中川翔子さんを支える仕事について聞いてみると、雑誌のホチキスで綴じる「中綴じ」を作っていると話していて、勤務する尾硲製作所では1枚1枚紙をかぶせていきその中心2か所にホチキスを止める中綴じ製本機などを作っていて、中川さんも登場したヤングマガジンやフライデーなどがこの会社の中綴じ製本機でとじられている。忠さんは傷がつかない本を作るのに苦労していると話していた。家系図を見てみると1番遠い親戚が17人もいたが、この中から続いて取材の出来た麻里奈さんに取材を行う。


フライデー

忠さんに中川翔子さんを支える仕事について聞いてみると、雑誌のホチキスで綴じる「中綴じ」を作っていると話していて、勤務する尾硲製作所では1枚1枚紙をかぶせていきその中心2か所にホチキスを止める中綴じ製本機などを作っていて、中川さんも登場したヤングマガジンやフライデーなどがこの会社の中綴じ製本機でとじられている。忠さんは傷がつかない本を作るのに苦労していると話していた。家系図を見てみると1番遠い親戚が17人もいたが、この中から続いて取材の出来た麻里奈さんに取材を行う。


ヤングマガジン

忠さんに中川翔子さんを支える仕事について聞いてみると、雑誌のホチキスで綴じる「中綴じ」を作っていると話していて、勤務する尾硲製作所では1枚1枚紙をかぶせていきその中心2か所にホチキスを止める中綴じ製本機などを作っていて、中川さんも登場したヤングマガジンやフライデーなどがこの会社の中綴じ製本機でとじられている。忠さんは傷がつかない本を作るのに苦労していると話していた。家系図を見てみると1番遠い親戚が17人もいたが、この中から続いて取材の出来た麻里奈さんに取材を行う。


中綴じ製本機

忠さんに中川翔子さんを支える仕事について聞いてみると、雑誌のホチキスで綴じる「中綴じ」を作っていると話していて、勤務する尾硲製作所では1枚1枚紙をかぶせていきその中心2か所にホチキスを止める中綴じ製本機などを作っていて、中川さんも登場したヤングマガジンやフライデーなどがこの会社の中綴じ製本機でとじられている。忠さんは傷がつかない本を作るのに苦労していると話していた。家系図を見てみると1番遠い親戚が17人もいたが、この中から続いて取材の出来た麻里奈さんに取材を行う。


尾硲製作所

忠さんに中川翔子さんを支える仕事について聞いてみると、雑誌のホチキスで綴じる「中綴じ」を作っていると話していて、勤務する尾硲製作所では1枚1枚紙をかぶせていきその中心2か所にホチキスを止める中綴じ製本機などを作っていて、中川さんも登場したヤングマガジンやフライデーなどがこの会社の中綴じ製本機でとじられている。忠さんは傷がつかない本を作るのに苦労していると話していた。家系図を見てみると1番遠い親戚が17人もいたが、この中から続いて取材の出来た麻里奈さんに取材を行う。


ヤングマガジン

”中川翔子の仕事を影で支えるプロフェッショナル”に会いに、山形・東置賜郡の中川の大叔母・吉田幸子さん(4親等)の元へ向かった。幸子さんは化粧品の訪問販売を40年続け、今年で累計1億円の売上を達成したセールスレディだった。そして、その夫の忠さんに会い、忠さんが持ってきたものはヤングマガジン。中川翔子の仕事を影で支える。しかし、モデルの撮影でもなく、出版でもないという。


「サンバリュ」で紹介された映画・DVD

正満さん

華麗なる遠い遠い遠い親戚・水永さん(10親等)の正体は、チェンバロ奏者だった。そして演奏に加わった夫・正満さんはオーボエ奏者。2人の長男は11親等となる。2人は中川に対し「オーボエ・チェンバロ・翔子さんの歌でアンサンブルが出来たら」とメッセージを送った。そして6親等はまだまだいる。そしてその手前の、「中川の大叔母の夫」、”中川翔子の仕事を影で支えるプロフェッショナル”とは?


「サンバリュ」で紹介された映画・DVD

水永さん

華麗なる遠い遠い遠い親戚・水永さん(10親等)の正体は、チェンバロ奏者だった。そして演奏に加わった夫・正満さんはオーボエ奏者。2人の長男は11親等となる。2人は中川に対し「オーボエ・チェンバロ・翔子さんの歌でアンサンブルが出来たら」とメッセージを送った。そして6親等はまだまだいる。そしてその手前の、「中川の大叔母の夫」、”中川翔子の仕事を影で支えるプロフェッショナル”とは?


タイワンマス

5親等にあたる松本恵子さんは女性として日本で初めて探偵小説を書いた作家。シェイクスピア物語やアガサ・クリスティの小説などの翻訳も手がけ、翻訳の先駆者とも呼ばれている人物だ。そして6親等、一番遠い親戚が伊藤千代さん。伊藤一隆さんの妹にあたる人物。この人物も含め、11人兄弟。7親等の大島正満さんは魚類、動物学者。台湾で淡水魚を研究し、25種類の新種を発見した。「台湾淡水魚の父」と呼ばれている。発見したタイワンマスはお札の図柄に採用された。正満さんの息子・8親等の大島瞬さん、その娘で9親等の水永晃子さん、その娘で10親等の水永牧子さんも中川の遠い親戚とわかった。


2018年09月 2018年10月 
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
  • 「サンバリュ」で紹介されたすべての情報
  • 「サンバリュ」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「サンバリュ」で紹介された音楽・CD
  • 「サンバリュ」で紹介された映画・DVD
  • 「サンバリュ」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「サンバリュ」で紹介されたグルメ情報
  • 「サンバリュ」で紹介された料理レシピ
  • 「サンバリュ」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「サンバリュ」で紹介された観光・地域情報
  • 「サンバリュ」で紹介されたイベント情報
  • 「サンバリュ」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する