テレビ紹介情報

「スッキリ!!」で紹介された情報

「スッキリ!!」で紹介されたすべての情報 ( 14161 / 14418 ページ )

マイクロチップ

今月1日ウィスコンシン州の自動販売機メーカーがアメリカで初めて、個人情報が入ったマイクロチップを社員の手に埋め込む取り組みを開始した。注射器で埋め込まれるのは長さ約1cmのチップ。日本テレビの記者も埋め込んだ。約5秒間で注入し異物感は無いという。その後埋め込まれたチップにクレジットカードや個人認証の情報を登録、売店などで専用の機械に手を翳すと生産が出来る。さらにドアの鍵なども解除できるという。チップ埋め込みに応じたのは社員85人のうち50人。体に異物が入るのは怖いと拒否した社員もいたが会社は人体に影響はないと説明している。また今回GPS昨日は搭載されていないが現地メディアからは、追跡機能が搭載されたら行動を監視されるのではないかと懸念の声も出ている。リスクについてジェレミー・ハジェック准教授は専用リーダーを持っていれば2cmほどの距離に近づくと情報を盗まれてしまう可能性があるなどと指摘している。あり派の人は「持ち歩きをしなくて済む」と話し、なし派の人は「マイクロチップは機械で壊れるリスクがある、すごく負担」という意見などが出た。

人へのマイクロチップ埋め込みについて、ありかなしか視聴者に対するアンケートが出された。スタジオではあり派が2人、なしが3人となった。なしの意見として山本さんは「生理的にダメ。管理されることを受け入れるというのはわからない」などと話した。春菜さんは「セキュリティが心配。だったら入れないほうがいい」などと話した。あり派の意見として菊池さんは「日本は遅れている。外国ではスマホなどが精算に使われている。でもスマホは無くしてしまう」などと話した。加藤さんは「便利でしょ。なんにも持たなくていいし」じなどと話した。視聴者に対するアンケート結果は、なしが圧倒的に多い結果となった。


番組ホームページ

取り出しにくいゴミ袋はゴミ箱付近に突っ張り棒を使い、かけて収納するだけで取りやすくなった。おさよさんに片付けてほしい人は番組ホームページまで。

加藤さんは服とかも1年着ないものを次の年に着るわけがないんだよねなどと話した。番組ではおさよさんに片付けてほしい人を募集している。


PPシート 乳白色両面つや消し

つづいては賞味期限切れだらけの食品保存室を収納。まずは乾物を仕分け、使う物だけを収納ケースにまとめる。乾物を入れていた収納ケースはプラスチックシートを使って仕切りをつくり、和室の押入れにあった子供服を入れる。小さな靴下などは紙袋で作った収納アイテムに入れる。


ストッカーボックスA4 クリア

つづいては賞味期限切れだらけの食品保存室を収納。まずは乾物を仕分け、使う物だけを収納ケースにまとめる。乾物を入れていた収納ケースはプラスチックシートを使って仕切りをつくり、和室の押入れにあった子供服を入れる。小さな靴下などは紙袋で作った収納アイテムに入れる。


ウォールポケット クリア7

おさよさんが押入れの片づけを行う。最上段は使用頻度の少ないおもちゃなどを収納。二段目は生活用品を紙袋に入れて収納。三段目は祖父母の洋服・小物を置けるスペースにし、薬を分別できるようにした。またハンガーの肩部分を内側に折り曲げて中央部分を内側に折り曲げたら布テープを巻けばハンガーで作った収納アイテムができる。


布団圧縮袋

依頼人は2世帯住宅に住む6人家族だ。悩みは押し入れのものを減らして祖父母の私物を置きたく、子どもの着替えスペースを別場所につくりたいとのことだ。もう一つはパントリーに食品を詰めすぎて賞味期限切れの食品ばかりで収納グッズを活用できず、スペースにムダがあることだという。押し入れの物をすべて取り出して仕分け。おさよ流物を捨てる基準は1年以内に家族が使う姿を想像できないものは捨てる。迷ったら見直しボックスへ収納し、1ヶ月経って一度も触らなければ捨てる。続いて布団を仕分け。残した布団は圧縮袋に入れた。突ぱり棒を縦に使い、圧縮袋を立てて収納。子供服を片付け、空いたスペースには祖父母の収納ケースを設置した。


平安伸銅工業

依頼人は2世帯住宅に住む6人家族だ。悩みは押し入れのものを減らして祖父母の私物を置きたく、子どもの着替えスペースを別場所につくりたいとのことだ。もう一つはパントリーに食品を詰めすぎて賞味期限切れの食品ばかりで収納グッズを活用できず、スペースにムダがあることだという。押し入れの物をすべて取り出して仕分け。おさよ流物を捨てる基準は1年以内に家族が使う姿を想像できないものは捨てる。迷ったら見直しボックスへ収納し、1ヶ月経って一度も触らなければ捨てる。続いて布団を仕分け。残した布団は圧縮袋に入れた。突ぱり棒を縦に使い、圧縮袋を立てて収納。子供服を片付け、空いたスペースには祖父母の収納ケースを設置した。


突ぱりパワフルポール 白

依頼人は2世帯住宅に住む6人家族だ。悩みは押し入れのものを減らして祖父母の私物を置きたく、子どもの着替えスペースを別場所につくりたいとのことだ。もう一つはパントリーに食品を詰めすぎて賞味期限切れの食品ばかりで収納グッズを活用できず、スペースにムダがあることだという。押し入れの物をすべて取り出して仕分け。おさよ流物を捨てる基準は1年以内に家族が使う姿を想像できないものは捨てる。迷ったら見直しボックスへ収納し、1ヶ月経って一度も触らなければ捨てる。続いて布団を仕分け。残した布団は圧縮袋に入れた。突ぱり棒を縦に使い、圧縮袋を立てて収納。子供服を片付け、空いたスペースには祖父母の収納ケースを設置した。


高井戸署

「地獄を見せてやる」という音声。ある少年が一昨年、万引きを疑われた。少年は警察へ「AとBに強要された」と話す。そこで当時14〜15歳の少年A・Bも、高井戸署にて取り調べを受けることに。それぞれ別室だったが、Bは両親に渡されたICレコーダーで録音。その内容をきのう、A・Bの父親が公開した。関与を否定するA・Bに、「高校なんか行かせねぇぞ」と怒鳴る声。黙秘権も告げられなかったという。机を叩くような音まで。取り調べは2時間ほどで、A・Bは関与を認め反省文を提出。しかし直後のBを見た父親は、「服が涙でびしょ濡れで声も出せなかった」と当時の様子を語った。Aも自分の父親へ「やってないけど諦めた」など明かしている。東京弁護士会は人権侵害として、高井戸署へ警告書を出した。警視庁側は「関与を確認できなかった」として、両親らに謝罪。取り調べした50代男性警部補と、40代男性巡査部長を注意処分に。その本人達は「責任感から不適切な対応になった」と弁解している。なお少年らは現在高校2年生。スタジオの菊地弁護士も「行き過ぎを通り越して犯罪のような取り調べですね」など指摘した。


イワサキ・ビーアイ

東京スカイツリー・ソラマチで「おいしさのアート展」が開催。美味しそうな“食品サンプル”が並べられる。これらは「イワサキ・ビーアイ」の、社内コンクール作品なんだそう。いつも客のオーダーに合わせて作る食品サンプル。しかし年に1回、この時だけ「自分のやりたいこと」が発揮できる。そのためどれも個性豊かでハイレベルに。食べかけの鮎の塩焼き。毬栗に紛れ込んだハリネズミなど。職人歴33年の武藤さんは「1日2時間で2ヵ月かけた」と苦労を明かした。そこで番組は職人歴5年の杜さんへ密着。制作過程を見せてもらう。原料はほとんどビニール樹脂、そこへ色を混ぜ込んでいく。過熱して固めれば、コロッケが完成した。ツヤ出しまでして本物そっくりに。実際にコロッケを買い、見比べながら試行錯誤したそう。一方、職人歴3年の遠藤さんはデニッシュを流木に例えて遊び心たっぷり。ポイントはティッシュペーパーを使った点。薄さや千切った感じが本物に近いとか。6色を塗り重ねて出来上がり。アート展は今月31日まで。


2017年11月 2017年12月 
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
  • 「スッキリ!!」で紹介されたすべての情報
  • 「スッキリ!!」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「スッキリ!!」で紹介された音楽・CD
  • 「スッキリ!!」で紹介された映画・DVD
  • 「スッキリ!!」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「スッキリ!!」で紹介されたグルメ情報
  • 「スッキリ!!」で紹介された料理レシピ
  • 「スッキリ!!」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「スッキリ!!」で紹介された観光・地域情報
  • 「スッキリ!!」で紹介されたイベント情報
  • 「スッキリ!!」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する