ホーム > テレビ紹介情報 > 日本テレビ > NEWS ZERO > 本・コミック・雑誌
テレビ紹介情報

「NEWS ZERO」で紹介された情報

「NEWS ZERO」で紹介された本・コミック・雑誌 ( 119 / 119 ページ )

「NEWS ZERO」で紹介された本・コミック・雑誌

ジョジョの奇妙な冒険

現在、東京・六本木国立新美術館では「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」が開催。掲載開始から30年以上が経過した「ジョジョの奇妙な冒険」。桐谷キャスターが荒木飛呂彦と対談しジョジョの人気のヒミツに迫る。荒木氏はポール・ゴーギャン「海辺の騎手たち」から色彩感覚に影響を受けたという。作品の色彩やポーズが注目され2011年にはGUCCIとコラボした。荒木氏は「全部主人公たちが考えなり頑張って勝利を掴んでいくものなので、そこがジョジョのルールです。絶対それなんですよね」と語った。


「NEWS ZERO」で紹介された本・コミック・雑誌

ジョジョの奇妙な冒険

#hashtagでは桐谷キャスターが「ジョジョの奇妙な冒険」の作者を取材した。


「NEWS ZERO」で紹介された本・コミック・雑誌

くまのプーさん

「くまのプーさん」が実写映画化したプーと大人になった僕。来日したユアン・マクレガーと対談。今回が初来日となったが日本嫌いなのではとウワサされていることについて質問すると、「忙しくて来れなかっただけ。来ることができて興奮している。おすしも食べたよ」と答えた。今年になって休みを多くとったことで今回の映画で主人公と共感できたと語った。また、ユニセフ親善大使としての活動で俳優としてユニセフに興味を多くの人に持ってもらうという使命感があると語った。


「NEWS ZERO」で紹介された本・コミック・雑誌

響〜小説家になる方法〜

平手友梨奈が映画初主演作、映画「響 -HIBIKI-」の舞台あいさつに登場。オファーを受けた時の心境について「初めての映画が主演だし、他の皆さんに絶対に迷惑をかけるし飽き性なのでできないと思っていた」と話した。さらに番組では広瀬すずと平手友梨奈の対談の様子を後日放送予定。


「NEWS ZERO」で紹介された本・コミック・雑誌

漫画「ちびまる子ちゃん」の作者・さくらももこさんの訃報から一夜。各地では追悼の動きが広がっている。都内の書店ではさくらももこさんんお特別コーナーが設置された。コミックは累計発行部数3200万部の大ヒット。さくらさんの半生が綴られたエッセイ「ひとりずもう」では少女漫画家を夢見ていたことなどを明かしている。さくらさんの故郷静岡市では「ちびまる子ちゃんランド」に多くの人が訪れ献花や記帳をする姿が見られた。漫画の舞台となった立清水入江小学校にはさくらさんの直筆のサインが飾られている。桐谷キャスターは「生まれた頃から放送されていて、一緒に育ってきた感覚です」とコメントし、さくらももこさんを偲んだ。

「ひとりずもう (小学館文庫)」

Amazon.co.jp


「NEWS ZERO」で紹介された本・コミック・雑誌

ちびまる子ちゃん

漫画「ちびまる子ちゃん」の作者・さくらももこさんの訃報から一夜。各地では追悼の動きが広がっている。都内の書店ではさくらももこさんんお特別コーナーが設置された。コミックは累計発行部数3200万部の大ヒット。さくらさんの半生が綴られたエッセイ「ひとりずもう」では少女漫画家を夢見ていたことなどを明かしている。さくらさんの故郷静岡市では「ちびまる子ちゃんランド」に多くの人が訪れ献花や記帳をする姿が見られた。漫画の舞台となった立清水入江小学校にはさくらさんの直筆のサインが飾られている。桐谷キャスターは「生まれた頃から放送されていて、一緒に育ってきた感覚です」とコメントし、さくらももこさんを偲んだ。


「NEWS ZERO」で紹介された本・コミック・雑誌

ちびまる子ちゃん

ちびまる子ちゃんの作者・さくらももこさんが乳がんで亡くなり悲しみの声が広がった。B.B.クィーンズの近藤房之助さんは「感謝してもしきれるものではない」などとコメント、さくらさんの出身地の清水エスパルスなどもコメントした。


「NEWS ZERO」で紹介された本・コミック・雑誌

「ちびまる子ちゃん」の作者さくらももこさんが乳がんで死去。さくらさんは「まる子だった」「もものかんづめ」などでエッセイストとしても活躍、ミリオンセラーを送り出した。

「ちびまる子ちゃん」の作者さくらももこさんが乳がんで死去。アニメ放送開始25周年を記念した放送ではさくらさん本人が登場。他にビートたけしさんなど多くの著名人が登場。FC東京監督の長谷川健太さんはさくらさんの小学校時代の同級生だった。長谷川健太監督はツイッターでコメントを発表。「100万年の幸せ!!」の桑田佳祐、「すすめナンセンス」のPUFFYなどもアニメに登場。ゴールデンボンバーは2016年に主題歌を担当、アニメ本編にも登場。歌広場淳はツイッターで哀悼の意をコメントした。

「まる子だった (集英社文庫)」

Amazon.co.jp


「NEWS ZERO」で紹介された本・コミック・雑誌

「ちびまる子ちゃん」の作者さくらももこさんが乳がんで死去。さくらさんは「まる子だった」「もものかんづめ」などでエッセイストとしても活躍、ミリオンセラーを送り出した。

「ちびまる子ちゃん」の作者さくらももこさんが乳がんで死去。アニメ放送開始25周年を記念した放送ではさくらさん本人が登場。他にビートたけしさんなど多くの著名人が登場。FC東京監督の長谷川健太さんはさくらさんの小学校時代の同級生だった。長谷川健太監督はツイッターでコメントを発表。「100万年の幸せ!!」の桑田佳祐、「すすめナンセンス」のPUFFYなどもアニメに登場。ゴールデンボンバーは2016年に主題歌を担当、アニメ本編にも登場。歌広場淳はツイッターで哀悼の意をコメントした。

「もものかんづめ (集英社文庫)」

Amazon.co.jp


「NEWS ZERO」で紹介された本・コミック・雑誌

ちいさな英雄 -カニとタマゴと透明人間-は3人の監督が担当した短編映画。西村義明さんは「当初は4人の監督で考えていた」と語り、当初は高畑勲監督を予定していたが亡くなってしまったため、百瀬義行監督を指名。ほぼ全ての高畑勲監督作品に参加してきており、スタジオジブリに初めてCGを取り入れた。サムライエッグにも高畑勲監督作品で描いていた日常シーンを見ることができ、個性などが見えてくるものがあり好きなところが影響されているかもしれないと百瀬義行監督は語った。

「かぐや姫の物語 (角川文庫)」

Amazon.co.jp


2018年08月 2018年09月 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
  • 「NEWS ZERO」で紹介されたすべての情報
  • 「NEWS ZERO」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「NEWS ZERO」で紹介された音楽・CD
  • 「NEWS ZERO」で紹介された映画・DVD
  • 「NEWS ZERO」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「NEWS ZERO」で紹介されたグルメ情報
  • 「NEWS ZERO」で紹介された料理レシピ
  • 「NEWS ZERO」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「NEWS ZERO」で紹介された観光・地域情報
  • 「NEWS ZERO」で紹介されたイベント情報
  • 「NEWS ZERO」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する