ホーム > テレビ紹介情報 > 日本テレビ > NEWS ZERO > レストラン・飲食店
テレビ紹介情報

「NEWS ZERO」で紹介された情報

「NEWS ZERO」で紹介されたレストラン・飲食店 ( 52 / 52 ページ )

「NEWS ZERO」で紹介されたレストラン・飲食店

未明にロシアW杯決勝トーナメントのベルギー戦を迎えた。静岡県御殿場市でパン屋を経営する芹澤隆博さんと富美枝さんの自宅を取材。日本戦の結果次第で割引券を配布してきた。午前3時に試合が開始。前半はベルギーの攻撃を再三しのいだ。各地のサポーターは後半へ期待を高めた。後半3分に原口元気が先制ゴールを決めた。後半7分に乾貴士が追加点を決めた。地元の滋賀県近江八幡市では歓喜の声が上がった。日本は後半29分に同点に追いつかれた。後半アディショナルタイムで決勝点を入れられ日本は3-2で敗れた。試合後にサポーターは温かい拍手を送った。芹澤さんは残念セールを考えるとした。山口力也さんは会社の制度を利用し2時間遅く出勤した。

 (ピザ、ダイニングバー、スポーツバー)

「NEWS ZERO」で紹介されたレストラン・飲食店

現地には多くの日本サポーターの姿。ベルギー戦は午前3時、対策として学生は「終電まで寝て、パブリックビューイングに行く」、会社員は「仮眠して3時に起きて、見終わったあとまた仮眠してから出社する。サンドイッチで」と語った。渋谷M-SPOではパブリックビューイングの準備。午後10時頃学生らは「眠気は飛んだ」と語った。また、ファンコミュニケーションズは遅く出社してもOKという特別な制度も。日本代表が練習を公開し、会見で西野監督は「紙一重である戦いでもある。勝機がピッチに落ちていると思う。それを全員で拾っていきたい」と語った。香川は「勝って次のステージに進むだけ。チーム全体がひとつになってできているので」とコメントした。

 (ピザ、ダイニングバー、スポーツバー)

「NEWS ZERO」で紹介されたレストラン・飲食店

2018FIFAワールドカップ・グループH、日本vsポーランドが行われた。日本は決勝トーナメント進出を決めた。立役者は35歳の川島永嗣、川島は今大会すべてで先発。しかし、2試合で精彩を欠くプレーで失点。FIFA公式サイトでも酷評、渋谷のM-SPOでもサポーターは「川島アカン」と言われた。ポーランド戦前日会見で、川島は批判される覚悟がなければここにいないとし、次はチームを助けたいとした。指揮官はキャプテンとしてピッチに送り出した。試合ではビッグセーブを連発、サポーターは大きな声援を送った。試合後、川島は予選突破が最大の目的で今までやったことないことを成し遂げたいとした。

 (ピザ、ダイニングバー、スポーツバー)

「NEWS ZERO」で紹介されたレストラン・飲食店

2018FIFAワールドカップ・グループH、日本vsポーランドが行われた。東京タワー近くや渋谷M-SPOなど各地で、サポーターは試合前から日本代表の勝利を祈った。しかし試合終盤に選手が ボール回しに徹した。試合後に西野朗監督は「究極の選択だったかもしれない」とし、本田圭佑は「最高の采配だったのではないか」とした。サッカーファンの井口真さんの自宅を取材、前回のセネガル戦は家族で観戦した。試合は前半、岡崎などが果敢に攻めた。さらにキーパーの川島はビッグセーブを連発。後半14分にポーランドのベドナレクがゴールを決めた。日本がグループリーグ敗退の危機に陥った。武藤嘉紀の代わりに長谷部誠が投入、そこで突然のボール回しが始まった。同時刻の行われていたコロンビアvsセネガルで、コロンビアが先制したためだった。このままいくと、日本はセネガルと勝ち点と得失点差で並ぶがフェアプレーポイントで勝ち進める。このまま日本は勝利を放棄、会場などではブーイング。元Jリーガーの井口さんは「これがカップ戦だ」と厳しさを説いていた。試合は1-0でポーランドが勝利、日本は決勝トーナメント進出を決めた。

2018FIFAワールドカップ・グループH、日本vsポーランドが行われた。後半14分にポーランドのベドナレクがゴールを決めた。武藤嘉紀の代わりに長谷部誠が投入、そこで突然のボール回しが始まった。パブリックビューイングの会場ではしきりに携帯をチェックする人が増えた。同時刻の行われていたコロンビアvsセネガルで、コロンビアが先制した。このままいくと、日本はセネガルと勝ち点と得失点差で並ぶがイエローカードの数フェアプレーポイントで勝ち進める。試合中に手倉森誠コーチがコロンビア先制を西野朗監督に耳打ち、長谷部がウォーミングアップをして長友に告げた。日本は必死に同点ゴールを狙っていた。しかしボールを奪われ失点のピンチを招いた。そこで西野監督が決断、長谷部を投入することはボール回しのメッセージだったという。長谷部はイエローカードを出さないよう指示した。結果は1-0で終了、コロンビアもセネガルに1-0で勝利。この行為が世界中で賛否を呼んだ。

 (ピザ、ダイニングバー、スポーツバー)

「NEWS ZERO」で紹介されたレストラン・飲食店

ロシアW杯の日本vsセネガル戦で、後半26分にセネガルのワゲがゴールを決めて2-1となった。渋谷区M-SPOでは多くの人が悲痛な声をあげた。セネガル・ダカールでは勝利を確信した盛り上がり。日本は香川真司に代え本田圭佑を投入、さらに原口元気に代えて岡崎慎司を投入。後半33分に本田がゴールを決め、各地で歓声があがった。本田はアフリカ勢に3大会連続ゴール、SNSでは本田を絶賛。

 (ピザ、ダイニングバー、スポーツバー)

「NEWS ZERO」で紹介されたレストラン・飲食店

ロシアW杯セネガル戦で、ハーフタイム中に渋谷区M-SPOで取材。サポーターは1-1に追いついた乾を絶賛、神戸市の銭湯では一旦お風呂からあがった。東京タワーでも臨戦態勢、セネガルサポーターは3-1になるが香川や長友、本田がヤバいとした。井口翔斗くんは眠気はあるが耐えるから勝ってほしいとした。

 (ピザ、ダイニングバー、スポーツバー)

「NEWS ZERO」で紹介されたレストラン・飲食店

サッカー日本代表はキャンプ地で練習を行った。深夜0時スタートのセネガル戦で、渋谷は熱気に包まれた。神戸のサウナでも大勢がテレビ観戦していた。乾貴士の素顔とは。本田圭佑の敬礼の意味とは。番組は試合観戦する家族に密着。兄弟は睡魔と戦っていた。

 (ピザ、ダイニングバー、スポーツバー)

「NEWS ZERO」で紹介されたレストラン・飲食店

コロンビアを撃破したサッカー日本代表へは対戦前では期待が薄かったという。日本代表が戦地へ向かう際の見送りサポーターは約150人に対し4年前は約700人が集結していた。代表メンバーが発表されたときは街中からおじさんジャパンなどと意見が飛び交っていた。コロンビア撃破後になると選手達に謝罪する投稿が相次いだ。フットニック恵比寿店ではセネガル戦の日の予約が殺到し、築地の長生庵では限定20食の海鮮丼を提供、練馬区にある一圓では1000円分相当の割引券が配られた。次の対戦国であるセネガルに関して八王子市の小中学校では対戦国の料理を学校給食ししているという。

 (そば、居酒屋、魚介料理・海鮮料理)

「NEWS ZERO」で紹介されたレストラン・飲食店

コロンビアを撃破したサッカー日本代表へは対戦前では期待が薄かったという。日本代表が戦地へ向かう際の見送りサポーターは約150人に対し4年前は約700人が集結していた。代表メンバーが発表されたときは街中からおじさんジャパンなどと意見が飛び交っていた。コロンビア撃破後になると選手達に謝罪する投稿が相次いだ。フットニック恵比寿店ではセネガル戦の日の予約が殺到し、築地の長生庵では限定20食の海鮮丼を提供、練馬区にある一圓では1000円分相当の割引券が配られた。次の対戦国であるセネガルに関して八王子市の小中学校では対戦国の料理を学校給食ししているという。

 (パブ、ビアバー、スポーツバー)

「NEWS ZERO」で紹介されたレストラン・飲食店

今日行われた日本×コロンビアでは1−1で後半を迎えた。後半9分チャンスを作りシュートをするが入らず。なかなかゴールを奪うことが出来ず。後半14分にハメス・ロドリゲスがコートに登場。後半25分には香川真司から本田圭佑に交代。後半28分に日本がコーナーキックでゴール。日本は2−1でコロンビアに勝利した。西野朗監督は選手がタフに戦ってくれた結果だったと答えた。

日本が勝利した瞬間には大盛り上がり。東京タワーや渋谷スクランブル交差点ではサポーターが歓喜の渦に包まれた。

 (ピザ、ダイニングバー、スポーツバー)

2018年06月 2018年07月 
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
  • 「NEWS ZERO」で紹介されたすべての情報
  • 「NEWS ZERO」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「NEWS ZERO」で紹介された音楽・CD
  • 「NEWS ZERO」で紹介された映画・DVD
  • 「NEWS ZERO」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「NEWS ZERO」で紹介されたグルメ情報
  • 「NEWS ZERO」で紹介された料理レシピ
  • 「NEWS ZERO」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「NEWS ZERO」で紹介された観光・地域情報
  • 「NEWS ZERO」で紹介されたイベント情報
  • 「NEWS ZERO」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する