ホーム > テレビ紹介情報 > 日本テレビ > 衝撃のアノ人に会ってみた
テレビ紹介情報

「衝撃のアノ人に会ってみた」で紹介された情報

「衝撃のアノ人に会ってみた」で紹介されたすべての情報 ( 36 / 36 ページ )

東京大学

田島理奈は東京大学を卒業後、建築事務所で働いている。「将来的には建築家になりたい」と話した。徳井義実が「付き合ってください」と告白すると「全然アリ」と回答。ヒロミは「今まででこんな展開ない」コメントした。


東京大学

5年前、徳井義実が一目惚れした東大生がスタジオに登場。


「衝撃のアノ人に会ってみた」で紹介された映画・DVD

田島理奈

5年前、徳井義実が一目惚れした東大生がスタジオに登場。


「衝撃のアノ人に会ってみた」で紹介された映画・DVD

奥村彰英

21年前の松井秀喜のスタンドに向かった打球。スタジオでここで起こった「予想外の出来事とは?」というクイズが出された。答えはボールが観客の弁当に直撃。松井秀喜は「弁当が散らばった事でしょうし、せっかくの野球観戦が台無しになったんではないかと心配しています」と話した。弁当にボールが当たったのは中日ファンの奥村彰英。「仕事をはや抜けして試合を見に行った、会社にバレちゃいました」と話した。その後岐阜県恵那市で社長として楽器店を経営。番組はニューヨークに向かった。


「衝撃のアノ人に会ってみた」で紹介された映画・DVD

中村光弘

1988年のソウル五輪、野球日本体表の決勝で立ちはだかったのはアメリカの片腕のエース、ジム・アボット。ストレートは150キロ超えで、アボットスイッチという素早いグローブの持ち替えで守備もこなす。アボットは1人で9回を投げ抜き、アメリアを金メダルに導いた。アボットは自らの身体について「ハンディキャップがあると思ったことは一度もない、いずれ障がいのある腕よりボールを投げる腕が注目される」と話した。1993年にはメジャーでノーヒットノーランをした。日本でも人気で野球少年と交流し、その時出会ったのが鹿児島の中学校で野球部に所属する片腕の野球少年、有村秀幸だった。有村は1歳の時、農作業の機会に巻き込まれ左腕を失った。母のなみ子は「自分で子守をしていて子守にならなかった、ケガさせてすまないと思って」と話した。監督は新聞に載っているアボットを見せて「お前もこんぐらいになれ」と励ました。アボットを知り、勇気を貰った有村はより練習に練習に打ち込み、将来の夢はプロ野球選手と語った。彼が今何をしているのかを知るために番組は鹿児島県大崎町に向かった。


「衝撃のアノ人に会ってみた」で紹介された映画・DVD

有村なみ子

1988年のソウル五輪、野球日本体表の決勝で立ちはだかったのはアメリカの片腕のエース、ジム・アボット。ストレートは150キロ超えで、アボットスイッチという素早いグローブの持ち替えで守備もこなす。アボットは1人で9回を投げ抜き、アメリアを金メダルに導いた。アボットは自らの身体について「ハンディキャップがあると思ったことは一度もない、いずれ障がいのある腕よりボールを投げる腕が注目される」と話した。1993年にはメジャーでノーヒットノーランをした。日本でも人気で野球少年と交流し、その時出会ったのが鹿児島の中学校で野球部に所属する片腕の野球少年、有村秀幸だった。有村は1歳の時、農作業の機会に巻き込まれ左腕を失った。母のなみ子は「自分で子守をしていて子守にならなかった、ケガさせてすまないと思って」と話した。監督は新聞に載っているアボットを見せて「お前もこんぐらいになれ」と励ました。アボットを知り、勇気を貰った有村はより練習に練習に打ち込み、将来の夢はプロ野球選手と語った。彼が今何をしているのかを知るために番組は鹿児島県大崎町に向かった。


「衝撃のアノ人に会ってみた」で紹介された映画・DVD

有村秀幸

1988年のソウル五輪、野球日本体表の決勝で立ちはだかったのはアメリカの片腕のエース、ジム・アボット。ストレートは150キロ超えで、アボットスイッチという素早いグローブの持ち替えで守備もこなす。アボットは1人で9回を投げ抜き、アメリアを金メダルに導いた。アボットは自らの身体について「ハンディキャップがあると思ったことは一度もない、いずれ障がいのある腕よりボールを投げる腕が注目される」と話した。1993年にはメジャーでノーヒットノーランをした。日本でも人気で野球少年と交流し、その時出会ったのが鹿児島の中学校で野球部に所属する片腕の野球少年、有村秀幸だった。有村は1歳の時、農作業の機会に巻き込まれ左腕を失った。母のなみ子は「自分で子守をしていて子守にならなかった、ケガさせてすまないと思って」と話した。監督は新聞に載っているアボットを見せて「お前もこんぐらいになれ」と励ました。アボットを知り、勇気を貰った有村はより練習に練習に打ち込み、将来の夢はプロ野球選手と語った。彼が今何をしているのかを知るために番組は鹿児島県大崎町に向かった。


成田空港

1988年のソウル五輪、野球日本体表の決勝で立ちはだかったのはアメリカの片腕のエース、ジム・アボット。ストレートは150キロ超えで、アボットスイッチという素早いグローブの持ち替えで守備もこなす。アボットは1人で9回を投げ抜き、アメリアを金メダルに導いた。アボットは自らの身体について「ハンディキャップがあると思ったことは一度もない、いずれ障がいのある腕よりボールを投げる腕が注目される」と話した。1993年にはメジャーでノーヒットノーランをした。日本でも人気で野球少年と交流し、その時出会ったのが鹿児島の中学校で野球部に所属する片腕の野球少年、有村秀幸だった。有村は1歳の時、農作業の機会に巻き込まれ左腕を失った。母のなみ子は「自分で子守をしていて子守にならなかった、ケガさせてすまないと思って」と話した。監督は新聞に載っているアボットを見せて「お前もこんぐらいになれ」と励ました。アボットを知り、勇気を貰った有村はより練習に練習に打ち込み、将来の夢はプロ野球選手と語った。彼が今何をしているのかを知るために番組は鹿児島県大崎町に向かった。


「衝撃のアノ人に会ってみた」で紹介された映画・DVD

ジム・アボット

1988年のソウル五輪、野球日本体表の決勝で立ちはだかったのはアメリカの片腕のエース、ジム・アボット。ストレートは150キロ超えで、アボットスイッチという素早いグローブの持ち替えで守備もこなす。アボットは1人で9回を投げ抜き、アメリアを金メダルに導いた。アボットは自らの身体について「ハンディキャップがあると思ったことは一度もない、いずれ障がいのある腕よりボールを投げる腕が注目される」と話した。1993年にはメジャーでノーヒットノーランをした。日本でも人気で野球少年と交流し、その時出会ったのが鹿児島の中学校で野球部に所属する片腕の野球少年、有村秀幸だった。有村は1歳の時、農作業の機会に巻き込まれ左腕を失った。母のなみ子は「自分で子守をしていて子守にならなかった、ケガさせてすまないと思って」と話した。監督は新聞に載っているアボットを見せて「お前もこんぐらいになれ」と励ました。アボットを知り、勇気を貰った有村はより練習に練習に打ち込み、将来の夢はプロ野球選手と語った。彼が今何をしているのかを知るために番組は鹿児島県大崎町に向かった。


「衝撃のアノ人に会ってみた」で紹介されたイベント情報

ソウル五輪

1988年のソウル五輪、野球日本体表の決勝で立ちはだかったのはアメリカの片腕のエース、ジム・アボット。ストレートは150キロ超えで、アボットスイッチという素早いグローブの持ち替えで守備もこなす。アボットは1人で9回を投げ抜き、アメリアを金メダルに導いた。アボットは自らの身体について「ハンディキャップがあると思ったことは一度もない、いずれ障がいのある腕よりボールを投げる腕が注目される」と話した。1993年にはメジャーでノーヒットノーランをした。日本でも人気で野球少年と交流し、その時出会ったのが鹿児島の中学校で野球部に所属する片腕の野球少年、有村秀幸だった。有村は1歳の時、農作業の機会に巻き込まれ左腕を失った。母のなみ子は「自分で子守をしていて子守にならなかった、ケガさせてすまないと思って」と話した。監督は新聞に載っているアボットを見せて「お前もこんぐらいになれ」と励ました。アボットを知り、勇気を貰った有村はより練習に練習に打ち込み、将来の夢はプロ野球選手と語った。彼が今何をしているのかを知るために番組は鹿児島県大崎町に向かった。


2018年12月 2019年01月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 「衝撃のアノ人に会ってみた」で紹介されたすべての情報
  • 「衝撃のアノ人に会ってみた」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「衝撃のアノ人に会ってみた」で紹介された音楽・CD
  • 「衝撃のアノ人に会ってみた」で紹介された映画・DVD
  • 「衝撃のアノ人に会ってみた」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「衝撃のアノ人に会ってみた」で紹介されたグルメ情報
  • 「衝撃のアノ人に会ってみた」で紹介された料理レシピ
  • 「衝撃のアノ人に会ってみた」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「衝撃のアノ人に会ってみた」で紹介された観光・地域情報
  • 「衝撃のアノ人に会ってみた」で紹介されたイベント情報
  • 「衝撃のアノ人に会ってみた」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する