ホーム > テレビ紹介情報 > 日本テレビ > ウェークアップ!ぷらす
テレビ紹介情報

「ウェークアップ!ぷらす」で紹介された情報

「ウェークアップ!ぷらす」で紹介されたすべての情報 ( 1189 / 1189 ページ )

秋田県立金足農業高等学校

ドラフトで注目されているのが、金農フィーバーの立役者吉田投手がプロ入りを表明したことを伝えた。


国土交通省自動車局

政府はレベル3の安全基準を2020年をめどに策定予定となっている。国交省によると交通事故の約97%は運転手のミスによるものだという。自動運転は交通事故や渋滞の大幅な削減だけでなく運転手不足や公共交通の補完手段としても大きな期待が寄せられている。人とシステムが双方の苦手な部分を補いあう状況がしばらく続くのではないだろうか。


三菱ふそうトラック・バス

レベル3を見据え高度な機能を搭載したレベル2の車両がヨーロッパの高級車メーカーから相次いで発売された。メルセデス・ベンツは「インテリジェントドライブ」を搭載した車両を日本市場に投入。この車は前方だけでなく常に後方も監視するカメラとレーダーを装備しハンドルを操作せずウインカーを出すことで隣のレーンに移動する高度なレベル2の自動運転が可能となっている。こうした機能がついたクルマでは一定時間ハンドルから手を離した場合警告音などで運転手に知らせる。法律的にレベル2はどんなに自動で走れても前方を監視する義務があり事故が起きた時はドライバーの責任となるからだ。レベル3と同等の機能を試すためにテストコースでクルマを一切操作せず走らせてみると、自動で走るが一定時間後緊急停止装置が作動しクルマはハザードランプを点け動きを止め運転手に異変があったと判断し自動的に緊急通報センターに電話した。


東北自動車道

レベル3を見据え高度な機能を搭載したレベル2の車両がヨーロッパの高級車メーカーから相次いで発売された。メルセデス・ベンツは「インテリジェントドライブ」を搭載した車両を日本市場に投入。この車は前方だけでなく常に後方も監視するカメラとレーダーを装備しハンドルを操作せずウインカーを出すことで隣のレーンに移動する高度なレベル2の自動運転が可能となっている。こうした機能がついたクルマでは一定時間ハンドルから手を離した場合警告音などで運転手に知らせる。法律的にレベル2はどんなに自動で走れても前方を監視する義務があり事故が起きた時はドライバーの責任となるからだ。レベル3と同等の機能を試すためにテストコースでクルマを一切操作せず走らせてみると、自動で走るが一定時間後緊急停止装置が作動しクルマはハザードランプを点け動きを止め運転手に異変があったと判断し自動的に緊急通報センターに電話した。


メルセデス・ベンツ CLS220d スポーツ

レベル3を見据え高度な機能を搭載したレベル2の車両がヨーロッパの高級車メーカーから相次いで発売された。メルセデス・ベンツは「インテリジェントドライブ」を搭載した車両を日本市場に投入。この車は前方だけでなく常に後方も監視するカメラとレーダーを装備しハンドルを操作せずウインカーを出すことで隣のレーンに移動する高度なレベル2の自動運転が可能となっている。こうした機能がついたクルマでは一定時間ハンドルから手を離した場合警告音などで運転手に知らせる。法律的にレベル2はどんなに自動で走れても前方を監視する義務があり事故が起きた時はドライバーの責任となるからだ。レベル3と同等の機能を試すためにテストコースでクルマを一切操作せず走らせてみると、自動で走るが一定時間後緊急停止装置が作動しクルマはハザードランプを点け動きを止め運転手に異変があったと判断し自動的に緊急通報センターに電話した。


メルセデス・ベンツ

レベル3を見据え高度な機能を搭載したレベル2の車両がヨーロッパの高級車メーカーから相次いで発売された。メルセデス・ベンツは「インテリジェントドライブ」を搭載した車両を日本市場に投入。この車は前方だけでなく常に後方も監視するカメラとレーダーを装備しハンドルを操作せずウインカーを出すことで隣のレーンに移動する高度なレベル2の自動運転が可能となっている。こうした機能がついたクルマでは一定時間ハンドルから手を離した場合警告音などで運転手に知らせる。法律的にレベル2はどんなに自動で走れても前方を監視する義務があり事故が起きた時はドライバーの責任となるからだ。レベル3と同等の機能を試すためにテストコースでクルマを一切操作せず走らせてみると、自動で走るが一定時間後緊急停止装置が作動しクルマはハザードランプを点け動きを止め運転手に異変があったと判断し自動的に緊急通報センターに電話した。


360c

ボルボ・カーは360cのサービス開始を2033年に想定しているが安全基準や交通ルールなどメーカーだけでなく行政側にも高いハードルがある。自動運転の安全基準はレベル1〜レベル5まで分類されているが360cはシステムが全ての操作を行うレベル5の車両となる。事故が起きた場合その責任はシステム側サービス提供側が負うこととなる。現在世界各国で走行が認められているのはレベル2の車両まででレベル3は安全基準の策定作業が急ピッチで進められているという。


ボルボ360c

日進月歩の自動運転だがレベル2の高速道路での車線維持などは日本の市販車でも実現できている。レベル3以上は研究開発中だが既にレベル5の完成しているという。トヨタ自動車とソフトバンクが先週共同出資で自動運転による乗り合いサービスなどを事業とする新会社「モネテクノロジーズ」を設立すると発表した。今後クルマを売るだけでなく「人やモノを移動するサービス」に業態が変わる可能性があるという。そうしたサービスの実現に欠かせないのが自動運転の技術を現在自動車メーカーだけでなくIT企業が世界で開発競争を繰り広げている。そんな中完全自動運転が可能な車両がスウェーデンのボルボ・カー本社で発表された。「360c」と名づけられた車はハンドル・アクセル・ブレーキが無い「完全自動運転」の電気自動車だ。シートはスイッチでフルフラットのベッドになりブランケットは緊急時にシートベルトの機能も持っている。ボルボは「360c」を個人への販売はせず運送サービス会社へレンタルするMobility as a Serviceの考え方だという。


ボルボ・カー

日進月歩の自動運転だがレベル2の高速道路での車線維持などは日本の市販車でも実現できている。レベル3以上は研究開発中だが既にレベル5の完成しているという。トヨタ自動車とソフトバンクが先週共同出資で自動運転による乗り合いサービスなどを事業とする新会社「モネテクノロジーズ」を設立すると発表した。今後クルマを売るだけでなく「人やモノを移動するサービス」に業態が変わる可能性があるという。そうしたサービスの実現に欠かせないのが自動運転の技術を現在自動車メーカーだけでなくIT企業が世界で開発競争を繰り広げている。そんな中完全自動運転が可能な車両がスウェーデンのボルボ・カー本社で発表された。「360c」と名づけられた車はハンドル・アクセル・ブレーキが無い「完全自動運転」の電気自動車だ。シートはスイッチでフルフラットのベッドになりブランケットは緊急時にシートベルトの機能も持っている。ボルボは「360c」を個人への販売はせず運送サービス会社へレンタルするMobility as a Serviceの考え方だという。

ボルボ・カーは360cのサービス開始を2033年に想定しているが安全基準や交通ルールなどメーカーだけでなく行政側にも高いハードルがある。自動運転の安全基準はレベル1〜レベル5まで分類されているが360cはシステムが全ての操作を行うレベル5の車両となる。事故が起きた場合その責任はシステム側サービス提供側が負うこととなる。現在世界各国で走行が認められているのはレベル2の車両まででレベル3は安全基準の策定作業が急ピッチで進められているという。

政府はレベル3の安全基準を2020年をめどに策定予定となっている。国交省によると交通事故の約97%は運転手のミスによるものだという。自動運転は交通事故や渋滞の大幅な削減だけでなく運転手不足や公共交通の補完手段としても大きな期待が寄せられている。人とシステムが双方の苦手な部分を補いあう状況がしばらく続くのではないだろうか。


2018年09月 2018年10月 
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
  • 「ウェークアップ!ぷらす」で紹介されたすべての情報
  • 「ウェークアップ!ぷらす」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ウェークアップ!ぷらす」で紹介された音楽・CD
  • 「ウェークアップ!ぷらす」で紹介された映画・DVD
  • 「ウェークアップ!ぷらす」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ウェークアップ!ぷらす」で紹介されたグルメ情報
  • 「ウェークアップ!ぷらす」で紹介された料理レシピ
  • 「ウェークアップ!ぷらす」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ウェークアップ!ぷらす」で紹介された観光・地域情報
  • 「ウェークアップ!ぷらす」で紹介されたイベント情報
  • 「ウェークアップ!ぷらす」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する