ホーム > テレビ紹介情報 > 日本テレビ > ウェークアップ!ぷらす
テレビ紹介情報

「ウェークアップ!ぷらす」で紹介された情報

「ウェークアップ!ぷらす」で紹介されたすべての情報 ( 1226 / 1226 ページ )

ウェークアップ番組公式ツイッター


インフルエンザ

「天気予報でインフルエンザの注意を呼びかけていた蓬莱さんもインフルエンザになった」と話し、さらなる注意を呼びかけた。


「ウェークアップ!ぷらす」で紹介されたイベント情報

大阪万博

東大紛争についてスタジオトーク。当時当事者であった田崎史郎さんは「自分を燃焼したかった」と話した。当時の背景にはベトナム戦争、大学の権威主義、高度成長のひずみがあった。中林さんは、当時のいわゆるエリートたちが理不尽なことに対し熱くなる気持ちは理解できると話した。


慶應義塾大学

1969年1月19日、攻防戦は二日目に突入した。学生は石や火炎瓶などで犯行を続けたが、午後3時頃に学生約400人、午後6時ころに全員検挙された。当時のニュースでは「一体この2日間の騒ぎは何だったのだろう」という言葉で終わっている。社会学者の小熊英二氏は「高度経済成長のひずみが現れた運動だった」とコメントしている。


京都大学

1969年1月19日、攻防戦は二日目に突入した。学生は石や火炎瓶などで犯行を続けたが、午後3時頃に学生約400人、午後6時ころに全員検挙された。当時のニュースでは「一体この2日間の騒ぎは何だったのだろう」という言葉で終わっている。社会学者の小熊英二氏は「高度経済成長のひずみが現れた運動だった」とコメントしている。


立命館大学

1969年1月19日、攻防戦は二日目に突入した。学生は石や火炎瓶などで犯行を続けたが、午後3時頃に学生約400人、午後6時ころに全員検挙された。当時のニュースでは「一体この2日間の騒ぎは何だったのだろう」という言葉で終わっている。社会学者の小熊英二氏は「高度経済成長のひずみが現れた運動だった」とコメントしている。


ふくしま再生の会

50年前の今日、東大の安田講堂で学生と機動隊が衝突、火炎瓶と催涙弾が飛び交った東大安田講堂事件があった。事件当時大学院生で講堂内にいた男性は、当時の社会状況などに対する反戦闘争だったと話している。


安田講堂

50年前の今日、東大の安田講堂で学生と機動隊が衝突、火炎瓶と催涙弾が飛び交った東大安田講堂事件があった。事件当時大学院生で講堂内にいた男性は、当時の社会状況などに対する反戦闘争だったと話している。

1960年台は戦争の季節と呼ばれ、アメリカではベトナム戦争反対デモ、フランスでは五月革命、中国では文化大革命などがあり、若者を中心に既存の権威が次々と否定されているなか、日本でも学生たちの革命の気運が高まっていった。東大紛争は、1968年に起きた東大生をめぐる冤罪をきっかけに、約半年間の安田講堂占拠が始まった。

1968年秋、東大安田講堂は闘争を続ける学生の拠点となり、学生たちは寝泊まりをしながら議論を重ねた。11月に東大総長らが辞任し多くの学生が紛争を離脱したが、新左翼主義グループの「東大全共闘」は占拠を続けた。翌年の1月18日、大学に8500人の機動隊が投入され、学生との攻防が始まった。

1969年1月19日、攻防戦は二日目に突入した。学生は石や火炎瓶などで犯行を続けたが、午後3時頃に学生約400人、午後6時ころに全員検挙された。当時のニュースでは「一体この2日間の騒ぎは何だったのだろう」という言葉で終わっている。社会学者の小熊英二氏は「高度経済成長のひずみが現れた運動だった」とコメントしている。

若者たちの行動や思想はより過激化し、「よど号」事件や「あさま山荘」事件が起きた。東大紛争に参加し、現在東大の助手として紛争に向き合った男性はあの闘いを語った。全共闘は壮大なゼロと言われており、何の成果もなかったが問題提起は大きかったと話している。

東大紛争についてスタジオトーク。当時当事者であった田崎史郎さんは「自分を燃焼したかった」と話した。当時の背景にはベトナム戦争、大学の権威主義、高度成長のひずみがあった。中林さんは、当時のいわゆるエリートたちが理不尽なことに対し熱くなる気持ちは理解できると話した。


東京大学

50年前の今日、東大の安田講堂で学生と機動隊が衝突、火炎瓶と催涙弾が飛び交った東大安田講堂事件があった。事件当時大学院生で講堂内にいた男性は、当時の社会状況などに対する反戦闘争だったと話している。

1960年台は戦争の季節と呼ばれ、アメリカではベトナム戦争反対デモ、フランスでは五月革命、中国では文化大革命などがあり、若者を中心に既存の権威が次々と否定されているなか、日本でも学生たちの革命の気運が高まっていった。東大紛争は、1968年に起きた東大生をめぐる冤罪をきっかけに、約半年間の安田講堂占拠が始まった。

1968年秋、東大安田講堂は闘争を続ける学生の拠点となり、学生たちは寝泊まりをしながら議論を重ねた。11月に東大総長らが辞任し多くの学生が紛争を離脱したが、新左翼主義グループの「東大全共闘」は占拠を続けた。翌年の1月18日、大学に8500人の機動隊が投入され、学生との攻防が始まった。

1969年1月19日、攻防戦は二日目に突入した。学生は石や火炎瓶などで犯行を続けたが、午後3時頃に学生約400人、午後6時ころに全員検挙された。当時のニュースでは「一体この2日間の騒ぎは何だったのだろう」という言葉で終わっている。社会学者の小熊英二氏は「高度経済成長のひずみが現れた運動だった」とコメントしている。

若者たちの行動や思想はより過激化し、「よど号」事件や「あさま山荘」事件が起きた。東大紛争に参加し、現在東大の助手として紛争に向き合った男性はあの闘いを語った。全共闘は壮大なゼロと言われており、何の成果もなかったが問題提起は大きかったと話している。

東大紛争についてスタジオトーク。当時当事者であった田崎史郎さんは「自分を燃焼したかった」と話した。当時の背景にはベトナム戦争、大学の権威主義、高度成長のひずみがあった。中林さんは、当時のいわゆるエリートたちが理不尽なことに対し熱くなる気持ちは理解できると話した。


「ウェークアップ!ぷらす」で紹介されたイベント情報

初場所

今週水曜日、稀勢の里が引退会見を開いた。「やりきった」という思いで、土俵人生では「絶対逃げない」という信念を貫いた。2年前の横綱昇進の際に寄贈された化粧まわしには、「北斗の拳」のラオウが描かれていた。会見ではそのラオウの名セリフに重ね、「土俵人生において、一片の悔いもございません」と語った。地元の牛久市では引退を惜しむ声が聞かれ、小学校の窓には「ありがとう稀勢の里」の文字が。


2018年12月 2019年01月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 「ウェークアップ!ぷらす」で紹介されたすべての情報
  • 「ウェークアップ!ぷらす」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ウェークアップ!ぷらす」で紹介された音楽・CD
  • 「ウェークアップ!ぷらす」で紹介された映画・DVD
  • 「ウェークアップ!ぷらす」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ウェークアップ!ぷらす」で紹介されたグルメ情報
  • 「ウェークアップ!ぷらす」で紹介された料理レシピ
  • 「ウェークアップ!ぷらす」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ウェークアップ!ぷらす」で紹介された観光・地域情報
  • 「ウェークアップ!ぷらす」で紹介されたイベント情報
  • 「ウェークアップ!ぷらす」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する