テレビ紹介情報

「NEWS23」で紹介された情報

「NEWS23」で紹介されたすべての情報 ( 3318 / 3318 ページ )

「NEWS23」で紹介された音楽・CD

Someday Somehow


福岡空港

来年日本で初めて開かれるG20について政府は福岡市で開催する方針を固めた。これまで大阪や愛知が誘致を表明していたが、政府関係者によると福岡空港が市の中心地に近いなどの地理的条件とともに地元選出の麻生財務相の意向も影響したとのこと。


白鴎大学

栃木県小山市の白鴎大学の硬式野球部の寮で今月13日夜、未成年の1年生の部員2人が入部予定の高校3年2人に飲酒強要したいたことがわかった。高校生2人は酒がなくなったためコンビニに買い出しに行かされたが、その際泥酔していて、レジを通さずに出ようとしたことから店員が警察に通報。野球部は14日から活動を無期限で自粛している。


特別養護老人ホーム 安寿の里

京都府宮津市の特別養護老人ホーム「安寿の里」で、複数の入所者は虐待を受けた疑いがあるとして京都府が施設に改善勧告を行った。府によると去年12月、就寝中にけがをした90代の女性入居者について職員がベッドから転落したと病院側に説明したが、女性に複数の打撲傷や擦り傷があったことから医師が虐待を疑い、市に通報。施設では一昨年1月から約2年間で計17人の入所者に虐待の疑いがあるとのことで府は傷害罪などで刑事告訴を検討している。


ユニー・ファミリーマートHD

政府は4月に任期を迎える日本銀行の黒田総裁を再任する人事案を衆参両院に示した。日銀総裁が再任されるのは約60年ぶり。5年前、市場に供給する資金を2倍に増やし、2年で2%の物価上昇を達成すると宣言した黒田総裁。これが黒田バズーカといわれる異次元の金融緩和の始まり。株価は右肩上がりに上昇。先月には26年2ヶ月ぶりの高値を更新。 さらに円安も進み、輸出関連企業も好調に。その一方で物価は伸び悩み、一時はマイナスにまで転落。その結果目標として掲げた2%の達成時期は6回先送りにされた。また、原因の一つして指摘されているのが企業が溜め込む内部留保。内部留保は4年で100兆円増加。利益を企業が溜め込んだ結果、賃金は上がらず消費に回らなかった。黒田総裁の続投には疑問を投げかける人も。黒田総裁を再任させる意図はどこにあるのか。専門家は政府の本音は2%の物価目標達成を無理に目指してほしいと思っていないと話す。16日、黒田総裁は今後も金融緩和策を継続していくと述べた。政府の決意は副総裁の人事にも。人事案に提示されたのは積極的に金融緩和を訴えるリフレ派として知られる若田部昌澄教授と理事の雨宮正佳氏。しかし異次元緩和のひずみは確実に出始めている。市場に出回る国債の約4割を日銀が保有。更に中央銀行にも関わらずファーストリテイリングやユニー・ファミリーマートHDなど日銀が5%以上株を持つ民間企業は103社に登る。今後の課題について専門家は1期目の拡張路線の後始末的な政策を自ら実施する。副作用を大きな問題につながらないようにコントロールしながら副作用も抑えていくとした。


ファーストリテイリング

政府は4月に任期を迎える日本銀行の黒田総裁を再任する人事案を衆参両院に示した。日銀総裁が再任されるのは約60年ぶり。5年前、市場に供給する資金を2倍に増やし、2年で2%の物価上昇を達成すると宣言した黒田総裁。これが黒田バズーカといわれる異次元の金融緩和の始まり。株価は右肩上がりに上昇。先月には26年2ヶ月ぶりの高値を更新。 さらに円安も進み、輸出関連企業も好調に。その一方で物価は伸び悩み、一時はマイナスにまで転落。その結果目標として掲げた2%の達成時期は6回先送りにされた。また、原因の一つして指摘されているのが企業が溜め込む内部留保。内部留保は4年で100兆円増加。利益を企業が溜め込んだ結果、賃金は上がらず消費に回らなかった。黒田総裁の続投には疑問を投げかける人も。黒田総裁を再任させる意図はどこにあるのか。専門家は政府の本音は2%の物価目標達成を無理に目指してほしいと思っていないと話す。16日、黒田総裁は今後も金融緩和策を継続していくと述べた。政府の決意は副総裁の人事にも。人事案に提示されたのは積極的に金融緩和を訴えるリフレ派として知られる若田部昌澄教授と理事の雨宮正佳氏。しかし異次元緩和のひずみは確実に出始めている。市場に出回る国債の約4割を日銀が保有。更に中央銀行にも関わらずファーストリテイリングやユニー・ファミリーマートHDなど日銀が5%以上株を持つ民間企業は103社に登る。今後の課題について専門家は1期目の拡張路線の後始末的な政策を自ら実施する。副作用を大きな問題につながらないようにコントロールしながら副作用も抑えていくとした。


日本銀行

政府は4月に任期を迎える日本銀行の黒田総裁を再任する人事案を衆参両院に示した。日銀総裁が再任されるのは約60年ぶり。5年前、市場に供給する資金を2倍に増やし、2年で2%の物価上昇を達成すると宣言した黒田総裁。これが黒田バズーカといわれる異次元の金融緩和の始まり。株価は右肩上がりに上昇。先月には26年2ヶ月ぶりの高値を更新。 さらに円安も進み、輸出関連企業も好調に。その一方で物価は伸び悩み、一時はマイナスにまで転落。その結果目標として掲げた2%の達成時期は6回先送りにされた。また、原因の一つして指摘されているのが企業が溜め込む内部留保。内部留保は4年で100兆円増加。利益を企業が溜め込んだ結果、賃金は上がらず消費に回らなかった。黒田総裁の続投には疑問を投げかける人も。黒田総裁を再任させる意図はどこにあるのか。専門家は政府の本音は2%の物価目標達成を無理に目指してほしいと思っていないと話す。16日、黒田総裁は今後も金融緩和策を継続していくと述べた。政府の決意は副総裁の人事にも。人事案に提示されたのは積極的に金融緩和を訴えるリフレ派として知られる若田部昌澄教授と理事の雨宮正佳氏。しかし異次元緩和のひずみは確実に出始めている。市場に出回る国債の約4割を日銀が保有。更に中央銀行にも関わらずファーストリテイリングやユニー・ファミリーマートHDなど日銀が5%以上株を持つ民間企業は103社に登る。今後の課題について専門家は1期目の拡張路線の後始末的な政策を自ら実施する。副作用を大きな問題につながらないようにコントロールしながら副作用も抑えていくとした。


カンヌンオーバル

スピードスケート女子5000mでは高木菜那が滑ったが、レース途中でパイロンを蹴ってしまい、記録は伸びず12位という結果になった。


オリンピックスライディングセンター

スケルトン男子3回戦では高橋弘篤はがベストタイムを出したが22位という結果になり、最終4回戦には進むことができなかった。


ヨンピョンアルペンセンター

アルペン女子回転では転倒やコースウトが続出して、78人中19人が棄権したと報じた。日本の安藤麻も開始わずか10秒でコースアウトになった。


2018年01月 2018年02月 
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
  • 「NEWS23」で紹介されたすべての情報
  • 「NEWS23」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「NEWS23」で紹介された音楽・CD
  • 「NEWS23」で紹介された映画・DVD
  • 「NEWS23」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「NEWS23」で紹介されたグルメ情報
  • 「NEWS23」で紹介された料理レシピ
  • 「NEWS23」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「NEWS23」で紹介された観光・地域情報
  • 「NEWS23」で紹介されたイベント情報
  • 「NEWS23」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する