テレビ紹介情報

「ひるおび!」で紹介された情報

「ひるおび!」で紹介されたイベント情報 ( 1965 / 1965 ページ )

「ひるおび!」で紹介されたイベント情報

イクメン オブ ザ イヤー2018

「イクメン オブ ザ イヤー2018」の様子を伝えた。10月19日はイクメンの日。


「ひるおび!」で紹介されたイベント情報

やる気スイッチ先生コンテスト

やる気スイッチ先生コンテストの映像が流れた。


「ひるおび!」で紹介されたイベント情報

2018年度OTC医療品普及啓発イベント「よく知って、正しく使おうOTC医薬品」

2018年度OTC医療品普及啓発イベント「よく知って、正しく使おうOTC医薬品」の映像が流れた。


「ひるおび!」で紹介されたイベント情報

秋田県種苗交換会

秋田市の種苗交換会から、ダリアなど種苗交換会特別セットを10名にプレゼント。受付番号は00678-66-00か番組ホームページまで。今日深夜0時まで。


「ひるおび!」で紹介されたイベント情報

プリンセス駅伝

出演者らは「箱根駅伝では体調を確認するために選手に少し触れるくらいでは失格にならないことが明文化されていす」などと話した。最終的に岡本選手は道路脇に倒れ込み棄権となった。途中三井住友海上の吉田監督は棄権を申し入れたが、本人が走る意思を示したため、倒れ込むまで棄権とならなかった。岡本選手は倒れ込んで運ばれる際もまだ走る意思を示していた。大会規則では正常な走行ができなくなった競技者を一時的に介護するために触れるのは助力とは見做さないと明文化されているが、十分には広まっていない。また、競技者が走行不能となっった場合は関係者により道路の左端に移動させ、その後医師らの判断により競技を続行させるかを判断する。出演者らは「実業団連盟独自にでも危険な状態にある選手を止めるルールを作らなければならない」などと話した。

プリンセス駅伝はワコールが1位となった。岩谷産業は21位となった。三井住友海上は駅伝日本一に7回輝いた強豪であったが、今大会では棄権となった。出演者らは「選手の身に何も無いのが一番」などと話した。


「ひるおび!」で紹介されたイベント情報

全日本実業団陸上選手権

女子駅伝の3区でもアクシデントがあった。この区間は玄界灘の海岸線の部分でかなり体力を使う。岡本春美選手はこの区間で棄権することとなった。岡本選手が残り1kmほどで蛇行してしまった際の映像が流れた。出演者らは「折り返し地点を示すコーンの位置がわからないほど意識が朦朧としていたのだろう」などと話した。その後に係員に水を渡された際の映像が流れた。それでも岡本選手は走ろうとしていた。岡本選手がコーンを回ろうとする際の映像が流れた。出演者らは「こうなった際に係員が制止する規則を作る必要がある」などと話した。


「ひるおび!」で紹介されたイベント情報

クイーンズ駅伝

毎日新聞によると、飯田選手は倒れた後も協議続行の意思を示した。岩谷産業の広瀬監督は途中棄権を申し入れたが、審判に伝わった時には中継点まで残り20mほどになっていたため制止しなかった。岩谷産業は27位でタスキを繋ぎ、最終的に21位でゴールした。出演者らは「あの飯田選手の姿を見たら今田選手は止められなかっただろう」などと話した。飯田選手はレース前に「夏場に長く故障していたので走り込みができなかったが、持ち味のスピードを活かした練習はやってきたので、自分のスピードを活かし次に繋げるようなチームに勢いの出る走りをしたい」などと話していた。

プリンセス駅伝はワコールが1位となった。岩谷産業は21位となった。三井住友海上は駅伝日本一に7回輝いた強豪であったが、今大会では棄権となった。出演者らは「選手の身に何も無いのが一番」などと話した。


「ひるおび!」で紹介されたイベント情報

箱根駅伝

女子駅伝で飯田選手が残り200mを這ってタスキを渡す際の映像が流れた。出演者らは「とにかくタスキを繋ぐことだけを考えていたのだろう」などとトークを行った。日本陸上競技連盟駅伝競走規準によると、人などによる伴走行為はいっさい認められておらず、監督も例外ではない。1区、2区ではまだ先頭と最後のチームの差も小さく、区間も短いため、アクシデントは想定されていなかったと考えられる。

出演者らは「箱根駅伝では体調を確認するために選手に少し触れるくらいでは失格にならないことが明文化されていす」などと話した。最終的に岡本選手は道路脇に倒れ込み棄権となった。途中三井住友海上の吉田監督は棄権を申し入れたが、本人が走る意思を示したため、倒れ込むまで棄権とならなかった。岡本選手は倒れ込んで運ばれる際もまだ走る意思を示していた。大会規則では正常な走行ができなくなった競技者を一時的に介護するために触れるのは助力とは見做さないと明文化されているが、十分には広まっていない。また、競技者が走行不能となっった場合は関係者により道路の左端に移動させ、その後医師らの判断により競技を続行させるかを判断する。出演者らは「実業団連盟独自にでも危険な状態にある選手を止めるルールを作らなければならない」などと話した。


「ひるおび!」で紹介されたイベント情報

女子駅伝

女子駅伝で飯田選手が残り200mを這ってタスキを渡す際の映像が流れた。出演者らは「とにかくタスキを繋ぐことだけを考えていたのだろう」などとトークを行った。日本陸上競技連盟駅伝競走規準によると、人などによる伴走行為はいっさい認められておらず、監督も例外ではない。1区、2区ではまだ先頭と最後のチームの差も小さく、区間も短いため、アクシデントは想定されていなかったと考えられる。

今田選手が涙を拭って飯田選手を待った際の映像が流れた。この区間、岩谷産業は3位でタスキを繋いでいたが、27位に落ちてしまったものの、失格にはならなかった。出演者らは「みんながみんな大会で本調子を発揮できるわけではないが、それをカバーしてくれる仲間がいるのが駅伝」などと話した。

毎日新聞によると、飯田選手は倒れた後も協議続行の意思を示した。岩谷産業の広瀬監督は途中棄権を申し入れたが、審判に伝わった時には中継点まで残り20mほどになっていたため制止しなかった。岩谷産業は27位でタスキを繋ぎ、最終的に21位でゴールした。出演者らは「あの飯田選手の姿を見たら今田選手は止められなかっただろう」などと話した。飯田選手はレース前に「夏場に長く故障していたので走り込みができなかったが、持ち味のスピードを活かした練習はやってきたので、自分のスピードを活かし次に繋げるようなチームに勢いの出る走りをしたい」などと話していた。

女子駅伝の3区でもアクシデントがあった。この区間は玄界灘の海岸線の部分でかなり体力を使う。岡本春美選手はこの区間で棄権することとなった。岡本選手が残り1kmほどで蛇行してしまった際の映像が流れた。出演者らは「折り返し地点を示すコーンの位置がわからないほど意識が朦朧としていたのだろう」などと話した。その後に係員に水を渡された際の映像が流れた。それでも岡本選手は走ろうとしていた。岡本選手がコーンを回ろうとする際の映像が流れた。出演者らは「こうなった際に係員が制止する規則を作る必要がある」などと話した。


「ひるおび!」で紹介されたイベント情報

クイーンズ駅伝

プリンセス駅伝は出場27チーム中上位14チームが来月25日開催予定のクイーンズ駅伝への出場権を獲得出来る。八代は「予選だからこそオーバーペースでいく」と話す。


2018年09月 2018年10月 
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
  • 「ひるおび!」で紹介されたすべての情報
  • 「ひるおび!」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ひるおび!」で紹介された音楽・CD
  • 「ひるおび!」で紹介された映画・DVD
  • 「ひるおび!」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ひるおび!」で紹介されたグルメ情報
  • 「ひるおび!」で紹介された料理レシピ
  • 「ひるおび!」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ひるおび!」で紹介された観光・地域情報
  • 「ひるおび!」で紹介されたイベント情報
  • 「ひるおび!」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する