テレビ紹介情報

「ひるおび!」で紹介された情報

「ひるおび!」で紹介されたグルメ情報 ( 1006 / 1006 ページ )

「ひるおび!」で紹介されたグルメ情報

スペシャルセット

おとといの豊洲市場一般開放で多くの人が訪れたのは飲食店。中には並んでから食べるまでに2時間半かかったという女性の声も聞かれた。また、飲食店に並ぶ列を展示物などのための見学用コースの列と勘違いする人もいたという。市場にある飲食店の数は各施設を合計しても39店舗と、とても4万人を収容できる数ではない。築地市場の場合は場外市場にも多くの店舗があったうえ、一般客も魚を購入することができた。


「ひるおび!」で紹介されたグルメ情報

フライ3点盛り

おとといの豊洲市場一般開放で多くの人が訪れたのは飲食店。中には並んでから食べるまでに2時間半かかったという女性の声も聞かれた。また、飲食店に並ぶ列を展示物などのための見学用コースの列と勘違いする人もいたという。市場にある飲食店の数は各施設を合計しても39店舗と、とても4万人を収容できる数ではない。築地市場の場合は場外市場にも多くの店舗があったうえ、一般客も魚を購入することができた。


「ひるおび!」で紹介されたグルメ情報

店長おまかせセット

おとといの豊洲市場一般開放で多くの人が訪れたのは飲食店。中には並んでから食べるまでに2時間半かかったという女性の声も聞かれた。また、飲食店に並ぶ列を展示物などのための見学用コースの列と勘違いする人もいたという。市場にある飲食店の数は各施設を合計しても39店舗と、とても4万人を収容できる数ではない。築地市場の場合は場外市場にも多くの店舗があったうえ、一般客も魚を購入することができた。


「ひるおび!」で紹介されたグルメ情報

マグロ

市場ではきょうから“マグロの競り”の見学もスタート。現在は上の階の専用通路から見学する必要があるが、来年1月15日からは1階にあるより近い場所から見学ができるようになるという。実際に見学したという日刊食料新聞新社の木村岳代表取締役は、「思ったよりも見やすかった、築地では上から見ることがなかったので逆にびっくりした」などとコメント。ただし、ガラス越しには競りの声や開始を知らせるベルは全く聞こえないとのこと。来年1月から開放される1階部分の見学スペースでは、ガラス上部に空間があり競り場の音も聞こえる。


「ひるおび!」で紹介されたグルメ情報

ホウボウ

豊洲市場での仕入れについて副店長は「昨日あたりは混乱してました」などとコメントした。しかし、今日の渋滞はそれほどでもなく、品揃えや価格も築地の頃と同じでやっているという。副店長はおすすめとしてキンメダイ・ホウボウを紹介した。


「ひるおび!」で紹介されたグルメ情報

キンメダイ

豊洲市場での仕入れについて副店長は「昨日あたりは混乱してました」などとコメントした。しかし、今日の渋滞はそれほどでもなく、品揃えや価格も築地の頃と同じでやっているという。副店長はおすすめとしてキンメダイ・ホウボウを紹介した。


「ひるおび!」で紹介されたグルメ情報

カツオ

入場に時間がかかった理由は、場内でもトラックからの荷降ろしが滞り、通路に長い列ができたため。駐車場の少なさを指摘する声もある。築地に40年通った寿司店の男性は豊洲では「駐車場がありません」と都から事前に言われたという。築地より広くなった一方近接していた水産物と青果の売り場が道路で隔てられた。銀座で中華店を営む男性はカニなどを購入したものの「青果の方に行くのは不便」と諦めた。都は午前5時から2つの売り場を約10分で結ぶバスを運行、15分間隔で3台走らせる計画だったが、場内の渋滞で30分以上かかったバスもあった。飲食店主は「バスが出てるなんて知らなかったし待ってたら時間がかかる」とこぼす。豊洲市場に出荷する産地からは清潔な新市場に期待の声が多い。豊洲は閉鎖型の建物内で温度管理を徹底する。足利本店の藤本さんは「築地は異物混入が心配だったが豊洲は清潔なので移転は歓迎」と期待。静岡県温室農業協同組合クラウンメロン支所の中條所長は「これをチャンスに大口顧客にも声をかけて取引量を増やしたい」と話す。(東京新聞)


「ひるおび!」で紹介されたグルメ情報

カニ

入場に時間がかかった理由は、場内でもトラックからの荷降ろしが滞り、通路に長い列ができたため。駐車場の少なさを指摘する声もある。築地に40年通った寿司店の男性は豊洲では「駐車場がありません」と都から事前に言われたという。築地より広くなった一方近接していた水産物と青果の売り場が道路で隔てられた。銀座で中華店を営む男性はカニなどを購入したものの「青果の方に行くのは不便」と諦めた。都は午前5時から2つの売り場を約10分で結ぶバスを運行、15分間隔で3台走らせる計画だったが、場内の渋滞で30分以上かかったバスもあった。飲食店主は「バスが出てるなんて知らなかったし待ってたら時間がかかる」とこぼす。豊洲市場に出荷する産地からは清潔な新市場に期待の声が多い。豊洲は閉鎖型の建物内で温度管理を徹底する。足利本店の藤本さんは「築地は異物混入が心配だったが豊洲は清潔なので移転は歓迎」と期待。静岡県温室農業協同組合クラウンメロン支所の中條所長は「これをチャンスに大口顧客にも声をかけて取引量を増やしたい」と話す。(東京新聞)


「ひるおび!」で紹介されたグルメ情報

メロン

入場に時間がかかった理由は、場内でもトラックからの荷降ろしが滞り、通路に長い列ができたため。駐車場の少なさを指摘する声もある。築地に40年通った寿司店の男性は豊洲では「駐車場がありません」と都から事前に言われたという。築地より広くなった一方近接していた水産物と青果の売り場が道路で隔てられた。銀座で中華店を営む男性はカニなどを購入したものの「青果の方に行くのは不便」と諦めた。都は午前5時から2つの売り場を約10分で結ぶバスを運行、15分間隔で3台走らせる計画だったが、場内の渋滞で30分以上かかったバスもあった。飲食店主は「バスが出てるなんて知らなかったし待ってたら時間がかかる」とこぼす。豊洲市場に出荷する産地からは清潔な新市場に期待の声が多い。豊洲は閉鎖型の建物内で温度管理を徹底する。足利本店の藤本さんは「築地は異物混入が心配だったが豊洲は清潔なので移転は歓迎」と期待。静岡県温室農業協同組合クラウンメロン支所の中條所長は「これをチャンスに大口顧客にも声をかけて取引量を増やしたい」と話す。(東京新聞)


「ひるおび!」で紹介されたグルメ情報

松茸

昨日豊洲市場が開場。初の一番マグロは214キロ428万円キロ単価2万円の青森三厩産。関係者は「普段は1キロ8000円ほど。正月ほどではないがご祝儀相場」と喜ぶ。青果棟では松茸が1ケース30万円で競り落とされた。築地の最後では8万円だった。青果仲卸業者は「店によって通路の広さが違う。広い通路前の店舗は荷物置きにそのスペースを遣う。狭い我々は不公平さを感じる」と首をかしげる。低温管理が売りの閉鎖型市場のはずが、マグロの競り場では室温が上がり冷凍マグロが溶け出した。豊洲市場協会の伊藤会長は「冷房ファンの向け方など工夫する必要がある」と語った。深刻なのが市場周辺の渋滞。「築地頃より1時間30分早く起きたが30分以上駐車場が空くのを待った」という話がある。(日刊スポーツ)


2018年09月 2018年10月 
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
  • 「ひるおび!」で紹介されたすべての情報
  • 「ひるおび!」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ひるおび!」で紹介された音楽・CD
  • 「ひるおび!」で紹介された映画・DVD
  • 「ひるおび!」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ひるおび!」で紹介されたグルメ情報
  • 「ひるおび!」で紹介された料理レシピ
  • 「ひるおび!」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ひるおび!」で紹介された観光・地域情報
  • 「ひるおび!」で紹介されたイベント情報
  • 「ひるおび!」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する