ホーム > テレビ紹介情報 > TBS > 噂の!東京マガジン
テレビ紹介情報

「噂の!東京マガジン」で紹介された情報

「噂の!東京マガジン」で紹介されたすべての情報 ( 1180 / 1180 ページ )

築地四丁目交差点

エンディング映像。新大橋通り、もんぜき通り、築地川、波除通り、築地四丁目交差点の今・昔の映像が流れた。


波除通り

エンディング映像。新大橋通り、もんぜき通り、築地川、波除通り、築地四丁目交差点の今・昔の映像が流れた。


「噂の!東京マガジン」で紹介されたグルメ情報

もんぜき通り

エンディング映像。新大橋通り、もんぜき通り、築地川、波除通り、築地四丁目交差点の今・昔の映像が流れた。


新大橋通り

エンディング映像。新大橋通り、もんぜき通り、築地川、波除通り、築地四丁目交差点の今・昔の映像が流れた。


シカ

近年人の暮らすエリアにまで姿を現す野生動物、農業被害も甚大だが衝突事故の多さも深刻である。国土交通省によると2017年度で全国の高速道路での動物衝突事故は4万7000件にも及ぶとされ、そのうち1500件がシカなどの大型動物との衝突であるという。また繁殖期と冬眠前の食料調達が重なる9月〜12月は活発に移動するため事故が多くなり、今年9月の北海道北広島市ではシカと車の衝突事故は7件、静岡県南伊豆町ではイノシシとバイクが衝突する死亡事故が発生、関東では山間部の多い栃木県で衝突事故が多発している。栃木県にある運転代行サービスでは利用者は夜間がほとんどで山間部での利用も多いといい、実際イノシシにぶつかった車は廃車にしたという。他にも新聞配達員の男性がシカと衝突し重体になるなどの事故が1月で2度も発生している。

栃木市と鹿沼市が配達エリアの新聞店では配達員のほとんどが動物との危険な場面に遭遇しているという。また店長の配達エリアは市の中心部から約30キロあり160軒に新聞を配達しているそうでシカの群れが生息する危険な場所であるそうだ。足利市の新聞販売店の新聞配達員によると野生動物が市街地に出てくるのはここ最近で頻繁になってきたと話している。さらに10月29日には庭木の剪定準備中の60代男性がイノシシに咬まれ重傷を負ったという。相次ぐ市街地での野生動物の出没、車やバイクとの衝突事故で去年栃木県新聞販売連合会が県に野生動物の捕獲などを要望している。

5年前、千葉県茂原市に開通した圏央道。NEXCO東日本は野生動物との衝突事故を防ぐためにある対策を講じた。トンネルは高速道路によって分断された森林をつなぐ「けもの道」、動物たちが通過できる道だ。イノシシやタヌキなど8種類の動物の利用が確認されている。専門家は動物との接触をさけるために必要なことは「なるべくゆっくり通行することが必要。近年はイノシシなどの個体数が増加しているため、大型の哺乳類の交通事故が増えている現状」とコメント。栃木県の担当者は「まずは安全走行が基本。栃木県は県警で命を照らせハイビームということでハイビーム大作戦を展開している。実際にイノシシなどの遭遇事故も減少している」とコメント。県の見解に新聞販売店の人は「イノシシやシカに遭遇することはかなりある。報道されているのはごく一部。行政はもっと把握してほしい」と話した。

公道でイノシシやシカに遭遇することについて、スタジオでは「ゆっくり注意して運転することが大事」との声があがった。フランスでは動物衝突事故の対策として、赤外線センサーによる動物探知と撮影を行うシステムや動物が近づくと知らせる電光掲示板などがあるという。


タヌキ

5年前、千葉県茂原市に開通した圏央道。NEXCO東日本は野生動物との衝突事故を防ぐためにある対策を講じた。トンネルは高速道路によって分断された森林をつなぐ「けもの道」、動物たちが通過できる道だ。イノシシやタヌキなど8種類の動物の利用が確認されている。専門家は動物との接触をさけるために必要なことは「なるべくゆっくり通行することが必要。近年はイノシシなどの個体数が増加しているため、大型の哺乳類の交通事故が増えている現状」とコメント。栃木県の担当者は「まずは安全走行が基本。栃木県は県警で命を照らせハイビームということでハイビーム大作戦を展開している。実際にイノシシなどの遭遇事故も減少している」とコメント。県の見解に新聞販売店の人は「イノシシやシカに遭遇することはかなりある。報道されているのはごく一部。行政はもっと把握してほしい」と話した。

公道でイノシシやシカに遭遇することについて、スタジオでは「ゆっくり注意して運転することが大事」との声があがった。フランスでは動物衝突事故の対策として、赤外線センサーによる動物探知と撮影を行うシステムや動物が近づくと知らせる電光掲示板などがあるという。


イノシシ

今回は近年増加している人と野生動物との衝突事故の問題。番組では動物による農業被害を取り上げてきたが、動物と車両などが衝突し死者まで出ているという。車でイノシシと衝突した人は「人を轢いたかと思った」と語っており、全国で野生動物との衝突事故が多発している。

近年人の暮らすエリアにまで姿を現す野生動物、農業被害も甚大だが衝突事故の多さも深刻である。国土交通省によると2017年度で全国の高速道路での動物衝突事故は4万7000件にも及ぶとされ、そのうち1500件がシカなどの大型動物との衝突であるという。また繁殖期と冬眠前の食料調達が重なる9月〜12月は活発に移動するため事故が多くなり、今年9月の北海道北広島市ではシカと車の衝突事故は7件、静岡県南伊豆町ではイノシシとバイクが衝突する死亡事故が発生、関東では山間部の多い栃木県で衝突事故が多発している。栃木県にある運転代行サービスでは利用者は夜間がほとんどで山間部での利用も多いといい、実際イノシシにぶつかった車は廃車にしたという。他にも新聞配達員の男性がシカと衝突し重体になるなどの事故が1月で2度も発生している。

栃木市と鹿沼市が配達エリアの新聞店では配達員のほとんどが動物との危険な場面に遭遇しているという。また店長の配達エリアは市の中心部から約30キロあり160軒に新聞を配達しているそうでシカの群れが生息する危険な場所であるそうだ。足利市の新聞販売店の新聞配達員によると野生動物が市街地に出てくるのはここ最近で頻繁になってきたと話している。さらに10月29日には庭木の剪定準備中の60代男性がイノシシに咬まれ重傷を負ったという。相次ぐ市街地での野生動物の出没、車やバイクとの衝突事故で去年栃木県新聞販売連合会が県に野生動物の捕獲などを要望している。

先日にも九州大学のキャンパスで学生のバイクとイノシシが衝突し重傷を負ったたとのことであり、大型動物との衝突事故は高速道路だけで年間1500件にも上るという。山口良一はバイクに乗車中オスジカに遭遇したことがあるといい、県境を走行中に道の真中にいたと話した。

5年前、千葉県茂原市に開通した圏央道。NEXCO東日本は野生動物との衝突事故を防ぐためにある対策を講じた。トンネルは高速道路によって分断された森林をつなぐ「けもの道」、動物たちが通過できる道だ。イノシシやタヌキなど8種類の動物の利用が確認されている。専門家は動物との接触をさけるために必要なことは「なるべくゆっくり通行することが必要。近年はイノシシなどの個体数が増加しているため、大型の哺乳類の交通事故が増えている現状」とコメント。栃木県の担当者は「まずは安全走行が基本。栃木県は県警で命を照らせハイビームということでハイビーム大作戦を展開している。実際にイノシシなどの遭遇事故も減少している」とコメント。県の見解に新聞販売店の人は「イノシシやシカに遭遇することはかなりある。報道されているのはごく一部。行政はもっと把握してほしい」と話した。

公道でイノシシやシカに遭遇することについて、スタジオでは「ゆっくり注意して運転することが大事」との声があがった。フランスでは動物衝突事故の対策として、赤外線センサーによる動物探知と撮影を行うシステムや動物が近づくと知らせる電光掲示板などがあるという。


NEXCO東日本

5年前、千葉県茂原市に開通した圏央道。NEXCO東日本は野生動物との衝突事故を防ぐためにある対策を講じた。トンネルは高速道路によって分断された森林をつなぐ「けもの道」、動物たちが通過できる道だ。イノシシやタヌキなど8種類の動物の利用が確認されている。専門家は動物との接触をさけるために必要なことは「なるべくゆっくり通行することが必要。近年はイノシシなどの個体数が増加しているため、大型の哺乳類の交通事故が増えている現状」とコメント。栃木県の担当者は「まずは安全走行が基本。栃木県は県警で命を照らせハイビームということでハイビーム大作戦を展開している。実際にイノシシなどの遭遇事故も減少している」とコメント。県の見解に新聞販売店の人は「イノシシやシカに遭遇することはかなりある。報道されているのはごく一部。行政はもっと把握してほしい」と話した。


圏央道

5年前、千葉県茂原市に開通した圏央道。NEXCO東日本は野生動物との衝突事故を防ぐためにある対策を講じた。トンネルは高速道路によって分断された森林をつなぐ「けもの道」、動物たちが通過できる道だ。イノシシやタヌキなど8種類の動物の利用が確認されている。専門家は動物との接触をさけるために必要なことは「なるべくゆっくり通行することが必要。近年はイノシシなどの個体数が増加しているため、大型の哺乳類の交通事故が増えている現状」とコメント。栃木県の担当者は「まずは安全走行が基本。栃木県は県警で命を照らせハイビームということでハイビーム大作戦を展開している。実際にイノシシなどの遭遇事故も減少している」とコメント。県の見解に新聞販売店の人は「イノシシやシカに遭遇することはかなりある。報道されているのはごく一部。行政はもっと把握してほしい」と話した。


2018年10月 2018年11月 
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介されたすべての情報
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された音楽・CD
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された映画・DVD
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介されたグルメ情報
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された料理レシピ
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された観光・地域情報
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介されたイベント情報
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する