ホーム > テレビ紹介情報 > TBS > 噂の!東京マガジン
テレビ紹介情報

「噂の!東京マガジン」で紹介された情報

「噂の!東京マガジン」で紹介されたすべての情報 ( 939 / 939 ページ )

阿佐ヶ谷パールセンター

中央線沿線のアーケード商店街の今・昔の映像を紹介。


吉祥寺ダイヤ街

中央線沿線のアーケード商店街の今・昔の映像を紹介。


吉祥寺サンロード

中央線沿線のアーケード商店街の今・昔の映像を紹介。


中央線

中央線沿線のアーケード商店街の今・昔の映像を紹介。


中央線

次は東京の街角 中央線沿線のアーケード商店街の今・昔


「噂の!東京マガジン」で紹介されたグルメ情報

ゆず

今後の静岡茶についてのトークでは清水国明は「静岡県は条例廃止を9月の議会にかけることを断念。静岡県の条例廃止に賛否両論があり、県民の方の声を聞くパブリックコメントでは80%が条例存続・改正を望んだ。条例廃止しても次は同じような禁止条例は作れない」「条例廃止が騒動になったのも静岡の人たちがお茶を愛し大切にしているからだと思いました」など述べた。


今治タオル

今後の静岡茶についてのトークでは清水国明は「静岡県は条例廃止を9月の議会にかけることを断念。静岡県の条例廃止に賛否両論があり、県民の方の声を聞くパブリックコメントでは80%が条例存続・改正を望んだ。条例廃止しても次は同じような禁止条例は作れない」「条例廃止が騒動になったのも静岡の人たちがお茶を愛し大切にしているからだと思いました」など述べた。


アミノ酸

実は静岡県含め日本のお茶産地の未来は決して明るくない。冒頭で日本茶ブームを紹介した「つきまさ 下北沢店」では「家だと全然お茶は淹れない」「急須は一人暮らしだとないです」など話す客の声が聞かれた。自宅でお茶を淹れる人が減り、静岡県茶の出荷額はピーク時の半分以下に。かつて国内の半分以上を占めていたシェアも大きく減っている。こんな苦境だからこそ条例を廃止し、新商品の開発を促すべきとの声も。昆布だしをよく使う食文化圏ではアミノ酸を多く含んだ甘いお茶が好まれる。静岡県にはそのニーズに答えるお茶が無いのだという。竹沢製茶・竹澤重人社長は「静岡がお茶王国というのであるならばすべての物の品揃えをして、各地域で好まれるお茶を提供してあげることが大切だと思う」など述べ、天然100%の静岡茶を守るためにも条例を廃止すべきだと言う。

今後の静岡茶についてのトークでは清水国明は「静岡県は条例廃止を9月の議会にかけることを断念。静岡県の条例廃止に賛否両論があり、県民の方の声を聞くパブリックコメントでは80%が条例存続・改正を望んだ。条例廃止しても次は同じような禁止条例は作れない」「条例廃止が騒動になったのも静岡の人たちがお茶を愛し大切にしているからだと思いました」など述べた。


「噂の!東京マガジン」で紹介されたレストラン・飲食店

実は静岡県含め日本のお茶産地の未来は決して明るくない。冒頭で日本茶ブームを紹介した「つきまさ 下北沢店」では「家だと全然お茶は淹れない」「急須は一人暮らしだとないです」など話す客の声が聞かれた。自宅でお茶を淹れる人が減り、静岡県茶の出荷額はピーク時の半分以下に。かつて国内の半分以上を占めていたシェアも大きく減っている。こんな苦境だからこそ条例を廃止し、新商品の開発を促すべきとの声も。昆布だしをよく使う食文化圏ではアミノ酸を多く含んだ甘いお茶が好まれる。静岡県にはそのニーズに答えるお茶が無いのだという。竹沢製茶・竹澤重人社長は「静岡がお茶王国というのであるならばすべての物の品揃えをして、各地域で好まれるお茶を提供してあげることが大切だと思う」など述べ、天然100%の静岡茶を守るためにも条例を廃止すべきだと言う。

 (日本茶専門店、カフェ)

「噂の!東京マガジン」で紹介されたグルメ情報

静岡茶

条例の廃止を望むお茶業界の人たちもいる。静岡市の竹沢製茶では日本茶をもとにした様々な新商品を開発してきた。フレーバーティは日本茶に果肉やハーブをお茶にブレンドしたもの。フルーティーな香りと味が女性に人気。製茶条例のある静岡県でフレーバーティを作るには知事の許可が必要。お茶に混ぜる柚子や桃を「異物」として申請するというこの手続きが商品開発の妨げになっている。竹澤重人社長は「お茶は正しくそれ以外のものは全部異物。それは今の時代にそぐわない。条例制定の声が定まったのは昭和20〜30年代にかけてのこと」など話す。製茶条例には清水次郎長が関わっており、お茶を輸出できるように清水港を整備。静岡茶は世界でも評判になった。しかし、昭和になるとつや出し・かさ増しなどのために異物を混入する悪徳業者が登場。そして昭和31年には製茶条例が制定。それから60年余り、静岡県庁経済産業部の白井満理事によると静岡県でこのような悪徳業者はほとんどおらず、食品衛生法・食品表示法など食い関する法律が整備され、そちらで守るとはっきりしてきた。静岡茶の発展のための条例がいまは発展の妨げになっているのではないかということには、最近若者がフレーバーティなど新商品を好むということで、この条例がなくなることでお茶の業界の活性化につながると我々は考えた、などと述べた。

実は静岡県含め日本のお茶産地の未来は決して明るくない。冒頭で日本茶ブームを紹介した「つきまさ 下北沢店」では「家だと全然お茶は淹れない」「急須は一人暮らしだとないです」など話す客の声が聞かれた。自宅でお茶を淹れる人が減り、静岡県茶の出荷額はピーク時の半分以下に。かつて国内の半分以上を占めていたシェアも大きく減っている。こんな苦境だからこそ条例を廃止し、新商品の開発を促すべきとの声も。昆布だしをよく使う食文化圏ではアミノ酸を多く含んだ甘いお茶が好まれる。静岡県にはそのニーズに答えるお茶が無いのだという。竹沢製茶・竹澤重人社長は「静岡がお茶王国というのであるならばすべての物の品揃えをして、各地域で好まれるお茶を提供してあげることが大切だと思う」など述べ、天然100%の静岡茶を守るためにも条例を廃止すべきだと言う。

今後の静岡茶についてのトークでは清水国明は「静岡県は条例廃止を9月の議会にかけることを断念。静岡県の条例廃止に賛否両論があり、県民の方の声を聞くパブリックコメントでは80%が条例存続・改正を望んだ。条例廃止しても次は同じような禁止条例は作れない」「条例廃止が騒動になったのも静岡の人たちがお茶を愛し大切にしているからだと思いました」など述べた。


2017年07月 2017年08月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介されたすべての情報
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された音楽・CD
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された映画・DVD
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介されたグルメ情報
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された料理レシピ
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された観光・地域情報
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介されたイベント情報
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する