ホーム > テレビ紹介情報 > TBS > 噂の!東京マガジン
テレビ紹介情報

「噂の!東京マガジン」で紹介された情報

「噂の!東京マガジン」で紹介されたすべての情報 ( 1212 / 1212 ページ )

「噂の!東京マガジン」で紹介された本・コミック・雑誌

台東・荒川の昭和

東京の街角 浅草の今・昔を振り返る。花やしき通り、浅草松屋などの風景を紹介した。


浅草松屋

東京の街角 浅草の今・昔を振り返る。花やしき通り、浅草松屋などの風景を紹介した。


花やしき通り

東京の街角 浅草の今・昔を振り返る。花やしき通り、浅草松屋などの風景を紹介した。


浅草六区

東京の街角 浅草の今・昔を振り返る。花やしき通り、浅草松屋などの風景を紹介した。


仲見世商店街

東京の街角 浅草の今・昔を振り返る。花やしき通り、浅草松屋などの風景を紹介した。


雷門

東京の街角 浅草の今・昔を振り返る。花やしき通り、浅草松屋などの風景を紹介した。


心筋梗塞

青梅市議会では、市長・議員のボーナスの上乗せを決めたという。青梅市の健康福祉部の橋本部長は、 代替措置によって運営していきたいと語る。経常収支比率は低ければ、よいと言われている。青梅市では100%を超えていた。市が自由に使えるお金がないという。高齢者福祉費用が25年前の3倍となった。市としてはお金をいただいて継続していこうという考えはないとのこと。高齢者の3%の利用率なので、廃止するという。今後は、民間の日帰り入浴施設の助成制度、娯楽は市民センターや自治会館で対応するという。入浴を20年研究する医師は介護予防につながるという。毎日入浴している人は、要介護となるリスクが29%減る。体の柔軟性が増し、転倒予防になる。家の風呂と公共の風呂の違いは、公共の方が、安全性が高いという。家では、血圧の急な上昇があり、脳卒中や心筋梗塞を起こすこともあり、1人では誰も助けてもらえない。

つつましい喜びが奪われてしまう。3%しか利用していないのは、仕方ないと森本さんがいう。数字に理由をぶつけてくるのだという。経常収支比率の苦しさもアップしている。給与アップは0.1ヵ月ぶんだ。お風呂の利用者数は、増えていった。青梅市は公共施設が多い。だから3割減らすという。優先順位がよくわからないと森本さんがいう。必要としているものと、必要でないものを市民に説明しないといけない。財政が苦しいのはわかるが、お年寄りの声はどこまで届いているのだろうと深沢邦之さんがいう。


脳卒中

青梅市議会では、市長・議員のボーナスの上乗せを決めたという。青梅市の健康福祉部の橋本部長は、 代替措置によって運営していきたいと語る。経常収支比率は低ければ、よいと言われている。青梅市では100%を超えていた。市が自由に使えるお金がないという。高齢者福祉費用が25年前の3倍となった。市としてはお金をいただいて継続していこうという考えはないとのこと。高齢者の3%の利用率なので、廃止するという。今後は、民間の日帰り入浴施設の助成制度、娯楽は市民センターや自治会館で対応するという。入浴を20年研究する医師は介護予防につながるという。毎日入浴している人は、要介護となるリスクが29%減る。体の柔軟性が増し、転倒予防になる。家の風呂と公共の風呂の違いは、公共の方が、安全性が高いという。家では、血圧の急な上昇があり、脳卒中や心筋梗塞を起こすこともあり、1人では誰も助けてもらえない。

つつましい喜びが奪われてしまう。3%しか利用していないのは、仕方ないと森本さんがいう。数字に理由をぶつけてくるのだという。経常収支比率の苦しさもアップしている。給与アップは0.1ヵ月ぶんだ。お風呂の利用者数は、増えていった。青梅市は公共施設が多い。だから3割減らすという。優先順位がよくわからないと森本さんがいう。必要としているものと、必要でないものを市民に説明しないといけない。財政が苦しいのはわかるが、お年寄りの声はどこまで届いているのだろうと深沢邦之さんがいう。


千葉大学大学院

青梅市議会では、市長・議員のボーナスの上乗せを決めたという。青梅市の健康福祉部の橋本部長は、 代替措置によって運営していきたいと語る。経常収支比率は低ければ、よいと言われている。青梅市では100%を超えていた。市が自由に使えるお金がないという。高齢者福祉費用が25年前の3倍となった。市としてはお金をいただいて継続していこうという考えはないとのこと。高齢者の3%の利用率なので、廃止するという。今後は、民間の日帰り入浴施設の助成制度、娯楽は市民センターや自治会館で対応するという。入浴を20年研究する医師は介護予防につながるという。毎日入浴している人は、要介護となるリスクが29%減る。体の柔軟性が増し、転倒予防になる。家の風呂と公共の風呂の違いは、公共の方が、安全性が高いという。家では、血圧の急な上昇があり、脳卒中や心筋梗塞を起こすこともあり、1人では誰も助けてもらえない。

つつましい喜びが奪われてしまう。3%しか利用していないのは、仕方ないと森本さんがいう。数字に理由をぶつけてくるのだという。経常収支比率の苦しさもアップしている。給与アップは0.1ヵ月ぶんだ。お風呂の利用者数は、増えていった。青梅市は公共施設が多い。だから3割減らすという。優先順位がよくわからないと森本さんがいう。必要としているものと、必要でないものを市民に説明しないといけない。財政が苦しいのはわかるが、お年寄りの声はどこまで届いているのだろうと深沢邦之さんがいう。


2018年12月 2019年01月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介されたすべての情報
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された音楽・CD
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された映画・DVD
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介されたグルメ情報
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された料理レシピ
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された観光・地域情報
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介されたイベント情報
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する