ホーム > テレビ紹介情報 > TBS > 噂の!東京マガジン
テレビ紹介情報

「噂の!東京マガジン」で紹介された情報

「噂の!東京マガジン」で紹介されたすべての情報 ( 995 / 995 ページ )

味の素スタジアム

京王線の調布駅とその周辺の、今と昔を振り返る。


イオンシネマシアタス調布

京王線の調布駅とその周辺の、今と昔を振り返る。


京王線

京王線の調布駅とその周辺の、今と昔を振り返る。


調布駅

京王線の調布駅とその周辺の、今と昔を振り返る。


武蔵小杉

駅の混雑、ビル風、保育所の問題などがある。中原区では10年で保育施設を60以上増やした。魅力あるまちづくりといっても、全てを魅力的にするのは無理だ。高層マンションは、東京からほどちかく便利だ。若い夫婦でも買いやすい値段だ。江東区では、2003年に、マンション建設にストップをかける条例を制定した。今は混乱が緩和されたという。具体的な施策をしないといけないと司会がいう。住みよいまちにしてほしい。


武蔵小杉駅

人気な武蔵小杉だが困った問題も起こっている。以前から暮らしている住民は住みにくくなったと訴えている。平日朝などは武蔵小杉駅は改札に入るまで列ができるという。高層マンションが増え、住民が増えたからとみられる。横須賀線のホームは東京方面に向かう人で溢れ移動する人はホームの端を歩いているのが現状。電車に乗る際にも入れず、駅員が押し込むような光景が毎朝起こっているという。新住民も「乗るまでに10分位かかった」「人多すぎて黄色い線の外側に出てしまったりするのも日常茶飯事」などと不満を漏らした。昔は工場が立ち並び工業都市駅というものがあったが後に武蔵小杉駅に統合され廃止。工場が移転した跡地に再開発計画が持ち上がり高層マンションが乱立した。ここ10年で20棟のマンションが建設され、約6600戸、2万人が増えた。元々住んでいた人たちは急激な増加で不便になったという。高層マンションを後押ししたのは川崎市。市は民間業者がマンションを立てる際、その敷地の一部を歩道上に整備させた。その代わりに大規模なマンションが立てられるように規制を緩和した。未だ建設ラッシュは終わっておらず、6棟の新規マンション計画があり、約3750戸が入居予定だという。

武蔵小杉の高層マンション問題についてトーク。出演者は「武蔵小杉は素敵な方が住んでいるなどいい面ばかり情報として得ていた」とコメントした。あさの通勤ラッシュについて出演者は「急激な人口増加で追いつかない部分がある」とコメントした。武蔵小杉駅は市がJRに要望したもので総事業費も川崎市が約114億円捻出している。駅の利用者は1日12万人おり、首都圏のなかでも混雑具合は武蔵小杉駅が上位だという。JRはホームドアの設置を検討しているとしているが、同じホームに停車する列車のドアの大きさが違うため、難航しているという。

ビル風で、自転車が倒れたり、乳母車が倒れたりするという。待機児童の問題も深刻だ。認可保育園への入所は、かなり狭き門だという。ここらへんは駅前の園庭のない保育園ばかりだ。新丸子公園は、ガード下で日当たりがよくない。ここは3つの保育所が使用している。川崎市役所の川崎市まつづくり局の担当部長は、魅力あるまちづくりを進めてきたという。予想以上に、武蔵小杉を選んでいるという。対処していきたいとのこと。人口減少は川崎市も直面している。


新丸子公園

ビル風で、自転車が倒れたり、乳母車が倒れたりするという。待機児童の問題も深刻だ。認可保育園への入所は、かなり狭き門だという。ここらへんは駅前の園庭のない保育園ばかりだ。新丸子公園は、ガード下で日当たりがよくない。ここは3つの保育所が使用している。川崎市役所の川崎市まつづくり局の担当部長は、魅力あるまちづくりを進めてきたという。予想以上に、武蔵小杉を選んでいるという。対処していきたいとのこと。人口減少は川崎市も直面している。


南武線

武蔵小杉の高層マンション問題についてトーク。出演者は「武蔵小杉は素敵な方が住んでいるなどいい面ばかり情報として得ていた」とコメントした。あさの通勤ラッシュについて出演者は「急激な人口増加で追いつかない部分がある」とコメントした。武蔵小杉駅は市がJRに要望したもので総事業費も川崎市が約114億円捻出している。駅の利用者は1日12万人おり、首都圏のなかでも混雑具合は武蔵小杉駅が上位だという。JRはホームドアの設置を検討しているとしているが、同じホームに停車する列車のドアの大きさが違うため、難航しているという。


工業都市駅

人気な武蔵小杉だが困った問題も起こっている。以前から暮らしている住民は住みにくくなったと訴えている。平日朝などは武蔵小杉駅は改札に入るまで列ができるという。高層マンションが増え、住民が増えたからとみられる。横須賀線のホームは東京方面に向かう人で溢れ移動する人はホームの端を歩いているのが現状。電車に乗る際にも入れず、駅員が押し込むような光景が毎朝起こっているという。新住民も「乗るまでに10分位かかった」「人多すぎて黄色い線の外側に出てしまったりするのも日常茶飯事」などと不満を漏らした。昔は工場が立ち並び工業都市駅というものがあったが後に武蔵小杉駅に統合され廃止。工場が移転した跡地に再開発計画が持ち上がり高層マンションが乱立した。ここ10年で20棟のマンションが建設され、約6600戸、2万人が増えた。元々住んでいた人たちは急激な増加で不便になったという。高層マンションを後押ししたのは川崎市。市は民間業者がマンションを立てる際、その敷地の一部を歩道上に整備させた。その代わりに大規模なマンションが立てられるように規制を緩和した。未だ建設ラッシュは終わっておらず、6棟の新規マンション計画があり、約3750戸が入居予定だという。


2017年11月 2017年12月 
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介されたすべての情報
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された音楽・CD
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された映画・DVD
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介されたグルメ情報
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された料理レシピ
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された観光・地域情報
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介されたイベント情報
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する