ホーム > テレビ紹介情報 > TBS > 噂の!東京マガジン
テレビ紹介情報

「噂の!東京マガジン」で紹介された情報

「噂の!東京マガジン」で紹介されたすべての情報 ( 971 / 971 ページ )

アメヤ横丁

来週は番組が休みと伝えた。エンディング映像では上野の今と昔を振り返った。


UENO3153

来週は番組が休みと伝えた。エンディング映像では上野の今と昔を振り返った。


上野駅

来週は番組が休みと伝えた。エンディング映像では上野の今と昔を振り返った。


「噂の!東京マガジン」で紹介されたグルメ情報

こんにゃく

秩父市別所浄水場の水を使っているイタリアンレストランのシェフは、「浄水器を使えば美味しい水になるが、妻の実家の小鹿野町では何の気なしに出てきた水が美味しくて羨ましくなった」と話した。計画では25億円かけて高低差130mの高原に配水池を作りポンプアップした水を小鹿野町に流す。小鹿野町の住民は「高いお金をかけて、わざわざ相当な距離を越えて下の水を上げたり下げたりするのはおかしい」などと計画に反対している。しかし組合は、廃止予定の浄水場を3ヶ所新しくするとより高額な費用がかかるという。水道料金については他の1市4町より安い小鹿野町は上げざるをえないとしながら、「秩父市の水道料金を上回る計算」と話した。秩父の名産品こんにゃくを作る工場では大量の水を使うため値上げに否定的な考えを示した。小鹿野町の住民は「花と歌舞伎と名水の町ということで水源の伝統を守ってきたのを一夜で捨てるのか」と不満をあらわにしている。


秩父広域市町村圏組合

小鹿野町の水道水は両神山など名水を生む山々が水源。尾ノ内渓谷の水が小鹿野町の川に流れ、浄水場から各家庭に配水されている。ところが、町の中でこの水道水が飲めるところと飲めないところにわかれてしますかもしれない。町では山から4つの川に流れ込んだ水が各家庭に配水されている。しかし、水道の広域化により5年後には今までの水が飲めなくなることに住民は納得できない。全国の水道は60年代に設置された水道管が多く、50年経ち老朽化が進む。秩父市でも15年度には約600件もの漏水事故が発生。古くなった施設にかかる高額な費用約366億円を1市4町が水道事業を助け合うというのが広域化だ。広域化の必要性について秩父広域市町村圏組合・水道局経営企画課・町田忠男主席主幹は「秩父地域全体で課題解決に取り組むために今回水道広域化を選択いたしました。各町のメイン浄水場を廃止することが大きな目的の一つでもございます。そこを潰すことで更新費を抑えていく」など話す。

しかし、小鹿野浄水場の水が飲めなくなる地域では反対の声も。現在町には浄水場が7か所ある。そのうち3か所を廃止して更新費を削減。その水道に荒川の秩父市別所浄水場の水を流す計画で、約12000人のうち約9700人が小鹿野の水を飲めなくなる。町田主席主幹は秩父市別所浄水場の水質について「2か月に1回くらい『臭いがします』『味がどうなんだ』という問い合わせが来る。臭いが発生した場合には活性炭を注入し、臭いを除去している」などと話す。さらに、2000人が住む両神地区では同じ地区内で今まで通りの水1500人と別所浄水場の水になる700人とに分かれてしまう。住民は「この先600mの所で今までの水が止められる。将来美味しい水を飲むのであれば600m先の民家さんに連絡して、多少の基本料を払って小鹿野町の水を譲ってもらおうかな」などと話す。望む水が飲めなくなるのは不公平だという声もあり、計画に反対の住民は「町として広域に入りながら町を分断してるんです。これも大きな問題です。」「それが実施されるとたぶん秩父市別所浄水場の水を飲む人は区切りから先の清流を飲む人のところにペットボトル持ってもらいに行きますよ。」などと話す。

秩父市別所浄水場の水を使っているイタリアンレストランのシェフは、「浄水器を使えば美味しい水になるが、妻の実家の小鹿野町では何の気なしに出てきた水が美味しくて羨ましくなった」と話した。計画では25億円かけて高低差130mの高原に配水池を作りポンプアップした水を小鹿野町に流す。小鹿野町の住民は「高いお金をかけて、わざわざ相当な距離を越えて下の水を上げたり下げたりするのはおかしい」などと計画に反対している。しかし組合は、廃止予定の浄水場を3ヶ所新しくするとより高額な費用がかかるという。水道料金については他の1市4町より安い小鹿野町は上げざるをえないとしながら、「秩父市の水道料金を上回る計算」と話した。秩父の名産品こんにゃくを作る工場では大量の水を使うため値上げに否定的な考えを示した。小鹿野町の住民は「花と歌舞伎と名水の町ということで水源の伝統を守ってきたのを一夜で捨てるのか」と不満をあらわにしている。


「噂の!東京マガジン」で紹介されたレストラン・飲食店

秩父市別所浄水場の水を使っているイタリアンレストランのシェフは、「浄水器を使えば美味しい水になるが、妻の実家の小鹿野町では何の気なしに出てきた水が美味しくて羨ましくなった」と話した。計画では25億円かけて高低差130mの高原に配水池を作りポンプアップした水を小鹿野町に流す。小鹿野町の住民は「高いお金をかけて、わざわざ相当な距離を越えて下の水を上げたり下げたりするのはおかしい」などと計画に反対している。しかし組合は、廃止予定の浄水場を3ヶ所新しくするとより高額な費用がかかるという。水道料金については他の1市4町より安い小鹿野町は上げざるをえないとしながら、「秩父市の水道料金を上回る計算」と話した。秩父の名産品こんにゃくを作る工場では大量の水を使うため値上げに否定的な考えを示した。小鹿野町の住民は「花と歌舞伎と名水の町ということで水源の伝統を守ってきたのを一夜で捨てるのか」と不満をあらわにしている。

 (イタリアン、パスタ、自然食)

「噂の!東京マガジン」で紹介されたグルメ情報

ワイン

埼玉・秩父地域の小鹿野町の水道行政問題について山口良一は「小鹿野へ行くと食べ物も美味しいし、ワインも作ってたりとか、水の恩恵を受けているものはけっこうたくさんある。(水道問題は)全然知りませんでした。」など述べた。深沢邦之は「一番町の皆さんが怒ってらっしゃるのは分断されるという話。両神地区があるんですが、小鹿野町の水を広域事業化になってもそのまま飲める人が2/3いる。町の中で違う水を飲む状況が生まれるのも不幸な感じがします。」など述べた。


秩父市別所浄水場

しかし、小鹿野浄水場の水が飲めなくなる地域では反対の声も。現在町には浄水場が7か所ある。そのうち3か所を廃止して更新費を削減。その水道に荒川の秩父市別所浄水場の水を流す計画で、約12000人のうち約9700人が小鹿野の水を飲めなくなる。町田主席主幹は秩父市別所浄水場の水質について「2か月に1回くらい『臭いがします』『味がどうなんだ』という問い合わせが来る。臭いが発生した場合には活性炭を注入し、臭いを除去している」などと話す。さらに、2000人が住む両神地区では同じ地区内で今まで通りの水1500人と別所浄水場の水になる700人とに分かれてしまう。住民は「この先600mの所で今までの水が止められる。将来美味しい水を飲むのであれば600m先の民家さんに連絡して、多少の基本料を払って小鹿野町の水を譲ってもらおうかな」などと話す。望む水が飲めなくなるのは不公平だという声もあり、計画に反対の住民は「町として広域に入りながら町を分断してるんです。これも大きな問題です。」「それが実施されるとたぶん秩父市別所浄水場の水を飲む人は区切りから先の清流を飲む人のところにペットボトル持ってもらいに行きますよ。」などと話す。


小鹿野浄水場

小鹿野町の水道水は両神山など名水を生む山々が水源。尾ノ内渓谷の水が小鹿野町の川に流れ、浄水場から各家庭に配水されている。ところが、町の中でこの水道水が飲めるところと飲めないところにわかれてしますかもしれない。町では山から4つの川に流れ込んだ水が各家庭に配水されている。しかし、水道の広域化により5年後には今までの水が飲めなくなることに住民は納得できない。全国の水道は60年代に設置された水道管が多く、50年経ち老朽化が進む。秩父市でも15年度には約600件もの漏水事故が発生。古くなった施設にかかる高額な費用約366億円を1市4町が水道事業を助け合うというのが広域化だ。広域化の必要性について秩父広域市町村圏組合・水道局経営企画課・町田忠男主席主幹は「秩父地域全体で課題解決に取り組むために今回水道広域化を選択いたしました。各町のメイン浄水場を廃止することが大きな目的の一つでもございます。そこを潰すことで更新費を抑えていく」など話す。

しかし、小鹿野浄水場の水が飲めなくなる地域では反対の声も。現在町には浄水場が7か所ある。そのうち3か所を廃止して更新費を削減。その水道に荒川の秩父市別所浄水場の水を流す計画で、約12000人のうち約9700人が小鹿野の水を飲めなくなる。町田主席主幹は秩父市別所浄水場の水質について「2か月に1回くらい『臭いがします』『味がどうなんだ』という問い合わせが来る。臭いが発生した場合には活性炭を注入し、臭いを除去している」などと話す。さらに、2000人が住む両神地区では同じ地区内で今まで通りの水1500人と別所浄水場の水になる700人とに分かれてしまう。住民は「この先600mの所で今までの水が止められる。将来美味しい水を飲むのであれば600m先の民家さんに連絡して、多少の基本料を払って小鹿野町の水を譲ってもらおうかな」などと話す。望む水が飲めなくなるのは不公平だという声もあり、計画に反対の住民は「町として広域に入りながら町を分断してるんです。これも大きな問題です。」「それが実施されるとたぶん秩父市別所浄水場の水を飲む人は区切りから先の清流を飲む人のところにペットボトル持ってもらいに行きますよ。」などと話す。

埼玉・秩父地域の小鹿野町の水道行政問題について山口良一は「小鹿野へ行くと食べ物も美味しいし、ワインも作ってたりとか、水の恩恵を受けているものはけっこうたくさんある。(水道問題は)全然知りませんでした。」など述べた。深沢邦之は「一番町の皆さんが怒ってらっしゃるのは分断されるという話。両神地区があるんですが、小鹿野町の水を広域事業化になってもそのまま飲める人が2/3いる。町の中で違う水を飲む状況が生まれるのも不幸な感じがします。」など述べた。


アクアデミア

小鹿野町は町単独の水道事業が困難になり、広域化に参加したのが始まり。町の水が今まで通り飲めなくなるという事態に。環境省が全国から選定した平成の名水百選に選ばれた毘沙門水。町はかき氷やボトル詰めにして、名水で町おこしを繰り広げている。選定当時に水質を調査した埼玉県環境科学国際センター・高橋基之博士に毘沙門水の特徴について「有機物の量なんですね。有機物はなければないほどいい。毘沙門水の場合は有機物が0.2未満。つまりほとんど含まれていない。このポイントは味に大きな点」などと話す。硬水・軟水はカルシウム・マグネシウムの量で分けるが、毘沙門水は中間で様々な料理に合うという。ミネラルウォーターの専門家・アクアソムリエの山中亜希氏は毘沙門水について「弱アルカリ性ということなのでダシを出したりお米にもそうですけど滑らかになると言われている。豆腐の舌触りもよくなる。麺を茹でた時にコシがあるような仕上がりになるのではないか。いろいろ可能性がある水」などと話す。


2017年09月 2017年10月 
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介されたすべての情報
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された音楽・CD
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された映画・DVD
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介されたグルメ情報
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された料理レシピ
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された観光・地域情報
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介されたイベント情報
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する