テレビ紹介情報

「噂の!東京マガジン」で紹介された情報

「噂の!東京マガジン」で紹介された料理レシピ ( 24 / 24 ページ )

「噂の!東京マガジン」で紹介された料理レシピ

しらすおろしの冷製パスタ

しらすおろしと、しらすおろしの冷製トマトパスタを作る。まずしらすおろしは、大根をおろしてしらすを乗せれば完成。つづいてカッペリーニを100g、塩を加えて2分ほどゆでる。大根おろしは125gほど。大根のおろし汁を残しておくのがポイント。湯剥きしたフルーツトマト80gをざく切り、みょうがと大葉を荒いみじん切りにする。切った野菜類をボウルに入れてオリーブオイル大さじ1.5杯と塩、醤油小さじ1を加える。そこにしらす、あさつきを加えて混ぜて胡椒を回しかける。茹で上がったパスタを氷水でしめた後、先程のボウルに移して混ぜる。あとは皿に盛り付けて完成。

しらすおろしの冷製パスタを試食。さっぱりしている、夏によいなどの感想が出た。達人のツボは「しらすの塩気とトマトの甘み、相性抜群旨み引き立つ」


「噂の!東京マガジン」で紹介された料理レシピ

しらすおろしとトマトの冷製パスタ

今週の放送内容を紹介。やって!TRYは「しらすおろし」。街の女性の失敗例を紹介した。模範調理は「リストランテ アルポルト」の片岡護シェフ、レシピは「しらすおろしとトマトの冷製パスタ」。


「噂の!東京マガジン」で紹介された料理レシピ

いぶりがっこタルタルソースのアジフライ

オー・ギャマン・ド・トキオの木下威征さんによるアジフライ。まずゼイゴをとり、3枚におろす。その理由は魚料理の小骨が苦手な人が多いためで、またおろすのはフランス料理の調理法に多いためだという。中骨を取った後小骨を取るのだが、塩をふった状態で冷蔵庫に入れることで水分を抜いて油に入れた時に油が跳ねることを防ぐのだという。皮目にコショウをふりかけくさみを抜き、小麦粉をつける。コツはしっかりつけてしっかり落とすこと。卵もしっかりといたものを使い、パン粉を付けるときもたっぷりかけて少し押さえるのがコツ。油の温度は180度が目安で、尾を持ってゆっくり滑らすのとあまりいじらないのがポイント。ゆでたまご、マヨネーズ、たまねぎ、ピクルス、燻りがっこ、パセリを混ぜてタルタルソースを作る。尾っぽを上にして盛り付けた方が良い。最後にバルサミコ酢をかけ、いぶりがっこタルタルソースのアジフライの完成。


「噂の!東京マガジン」で紹介された料理レシピ

高菜と春キャベツのかに玉

四五六菜館オーナーシェフ孫関義さんが正しいカニ玉を作る。春キャベツを千切りにし卵に混ぜる。油を引いたフライパンで高菜を炒める。更に蟹の身を投入し火を止めて卵の中にそのまま入れる。醤油と水を入れて具材と卵をすべてよく混ぜる。フライパンに油を落とし、片一方に油を寄せてそこに卵を入れて混ぜながら焼く。一つに固めるのではなく半熟程度に火が通ったらお皿に移す。フライパンに油と生姜を入れ、水、酢、砂糖、塩を入れ、カニと枝豆を入れて火をつける。湧いてきたら先ほどと同じように片一方に寄せて水溶き片栗粉を入れてとろみを付ける。餡を卵にかけて完成。

カニ玉を実食する。高菜が効いて甘酢の感じが良いとコメントした。達人のツボは「フライパン傾けてスプーンひとつでたまごふわふわ」となった。


「噂の!東京マガジン」で紹介された料理レシピ

ピーマンの肉詰め

今週のやって!TRYは「ピーマンの肉詰め」。小島アナは「今日は、焼けにくいコツもお伝えします」と発表。クイーンズスクエア横浜で行い、1人目は高校生18歳が挑戦。4月から大学生になる女性は、「ピーマンの肉詰めは食べた事あります」とピーマンのヘタを取り始めた。その後、ネギトロを取り出しピーマンに詰めてから肉を焼かないとと述べ、直立させた形で焼くも肉や焼けないと、肉(ネギトロ)を取り出し、それだけを焼き始めた。完成後、友達が試食すると「これ、お肉??」と突っ込まれ、ネギトロに気づいた。

2人目は飲食業22歳の女性。ピーマンの肉詰めと聞き、「ピーマンの肉詰めでいいんですか?」と自信たっぷりにスタート。ピーマンを半分に切り順調にスタートするもフライパンで完全に焦がし半生なま状態から、更に焦げ目をつけていた。完成後、友達から「焦げの味しかしない」と突っ込まれていた。

3人目は大学生19歳。女性は「普通に作れます」と説明含めながら料理スタート。そして肉を焼いてからピーマンに詰めながら「ピーマンは生です。その方がシャキシャキしていて美味しいです」と説明。完成後、友達から「肉も詰まってないじゃん。ピーマンの生がヤバイ」と突っ込まれていた。

今回の「ピーマンの肉詰め」正しく出来た人は13人中3人と発表。スタジオで「正しい!正しい!」と笑顔になっていた。

東京・港区西麻布のコンチネンタルサファリの料理長 治田数規さんが登場。正しい「ピーマンの肉詰め」とオリジナル トマトソースをのせた料理レシピを紹介した。

スタジオで、「ピーマンの肉詰め」を試食。ピーマンが剥がれない事に出演者は感動していた。最後、達人のツボでは「小麦粉まぶしピーマン側からじっくり蒸し焼き」と発表。


「噂の!東京マガジン」で紹介された料理レシピ

揚げ出し豆腐

今回は和食の王道である揚げ出し豆腐を作ってもらった。クイーンズスクエア横浜で見つけた早大生の女性に作ってもらったがゼラチンを入れるなどのチャレンジがみられた。次はハリウッド好きの女性に揚げ出し豆腐を作ってもらった。油揚げを使うなど根本的に違った。次は21歳の女性会社員が挑戦した。厚揚げを揚げていた。今回の揚げ出し豆腐を正しく出来た人は13人中3人だった。

黒田廣昭さんに揚げ出し豆腐を作ってもらう。豆腐は木綿豆腐を使う。小麦粉か片栗粉を使う。おかきを粉々にしたものをつけて揚げるとからっと揚がる。今回は野菜を刻んだ物を加えたあんかけにした。最後に白髪ネギとしょうが汁を加えて完成。

スタジオで出演者が揚げ出し豆腐を実食した。おかきを使ったのが分かるというコメントがあった。今回の達人のツボは「揚げ出し豆腐砕いたおかきで衣サクサク」だった。


「噂の!東京マガジン」で紹介された料理レシピ

サバの味噌煮

今週のやって!TRYは「サバの味噌煮」と発表。先生にはサバの臭み消しの生姜の使い方を教えて貰うと説明。今日はさいたま新都心にあるCOCOON CITYで挑戦。1人目は短大生 18歳で、サバの味噌煮と聞くと笑顔でアジを取り出す事からスタート。その後、フライパンでひき肉を炒めてから白ワインで煮詰め、最後に味噌とアジを投入…友達から「これ汚い…本当にポンコツだと思います」とひかれていた。

2人目は高校生 16歳が挑戦。サバの味噌煮と聞き、大きさが近いからとイワシを取り出す事からスタート。その後、イワシに味噌を塗って焼いて完成…丸焦げの状態に友達は「まずは魚が違うんだよ…こっちがサバだよ」と指摘されると「裏切られた」と崩れていた。

3人目は大学生 19歳が挑戦。彼氏からは「カレーやシチュー美味しいですよ」とコメント。そしてサバを取り出し料理スタート。切ったサバに味噌を塗り焼くと宣言…彼氏が試食し笑いながら「おいしい、おいしい」と言いつつ本音は「しょっぱいっす」とコメント。

今回の「サバの味噌煮」正しく出来た人は10人中2人だったと発表。スタジオで、彼氏の甘さ加減に笑いとなっていた。

スタジオに船宿割烹汐風の大将 細山和範さんを迎え、「サバの味噌煮」のレシピを紹介。今回はノルウェー産のサバを使い、脂が多いので煮付けにピッタリですと説明。また最初に熱いお湯につけ、すぐに冷水につける事が大事と伝えた。その後、鍋に水、日本酒を入れサバを入れてから砂糖、生姜の皮部分、そこに大根と白味噌と合わせ味噌を入れて30分位煮詰めた後にみりんを入れひと煮立ちさせ完成となる。

スタジオで「サバの味噌煮」を実食。「味が染み込んでるから…ご飯がすすむ」と意見があがっていた。最後、達人のツボ…サバの味噌煮 皮付きしょうがでサバを煮込めば臭みスッキリ プロの味と発表。


「噂の!東京マガジン」で紹介された料理レシピ

シュウマイ

今週のやって!TRYは「シュウマイ」と発表。また先生には下ごしらえのコツを教えて貰うと伝えた。今週は、Tip’s町田で行ない、1人目は大学生19歳が挑戦。現在、大学生との事でスポーツ科学を学んでると明かした。そして「シュウマイ」と聞くと驚きながら大好きですと述べ、ひき肉とみじん切りを混ぜながらオイスターソースを入れ、春巻きの皮で包み始めた。蒸し器に蒸し器を入れ完成…出来上がった大きさに友達は「大きすぎでしょ…肉だよ」と突っ込みを入れた。

2人目は高校生16歳。「シュウマイ」と聞いた女性は、「冷凍食品なんじゃないですか?」と笑顔で述べスタート。ひき肉を取り、醤油とごま油、塩コショウを混ぜてからシュウマイ用の皮を取るも小さいとオブラートで包み直し「熱くなったらタコが赤くなるのと同じ原理…」と主張。その後、蒸し器に蒸し器を入れ、蓋を開けるとオブラートはなくなり、ただの肉団子となっていた。友達に何でオブラートを包んだか突っ込まれると「次にいかせばいいよね」とポジティブ発言をしていた。

3人目は大学生19歳が挑戦。「シュウマイ」と聞くと崎陽軒…よく食べましたと述べ、調理スタート。皮の上にひき肉を乗せるもサイズが足りないと皮を2枚、互い違いに並べていく。そして中華鍋に入れ「漢字の通り、焼くのかなと思って…」と焼き始めるも結果、真っ黒焦げとなった。友達に「炭みたい。セミの抜け殻みたい」と突っ込まれていた。

今回の「シュウマイ」正しく出来た人は12人中3人と発表。スタジオで森本は「焼くという言葉に注文つけたい気持ちは分かるけどね…」と語った。

スタジオに「中国料理 璃宮」のオーナーシェフ 宮本莊三さんを招き、「シュウマイ」レシピを紹介。豚肉とトリ肉のひき肉を半々で作ると説明。日本酒とお砂糖、お塩、コショウ、溶き卵、ごま油、オイスターソースを入れ混ぜながら、豚肉とトリ肉を入れる事でフワフワ感が出ると説明。そしてみじん切りにした玉ねぎに片栗粉を入れなじませてから肉に入れ、優しくなじませるようあえると説明。


「噂の!東京マガジン」で紹介された料理レシピ

シュウマイ


「噂の!東京マガジン」で紹介された料理レシピ

シュウマイ

今週のやって!TRYは「シュウマイ」と発表。紹介するのは中国料理 璃宮の宮本莊三。また街ネタ!では大人の街“神楽坂”を紹介。


調理家電売れ筋ランキング 〜各カテゴリの売れ筋ランキング1位をピックアップ〜

2017年04月 2017年05月 
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介されたすべての情報
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された音楽・CD
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された映画・DVD
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介されたグルメ情報
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された料理レシピ
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された観光・地域情報
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介されたイベント情報
  • 「噂の!東京マガジン」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する