テレビ紹介情報

「夢の扉+」で紹介された情報

「夢の扉+」で紹介されたすべての情報 ( 202 / 202 ページ )

夢の扉+

主人公の未放送映像は「Facebook」で公開している。


Facebook

主人公の未放送映像は「Facebook」で公開している。


Facebook

番組公式Facebookの告知テロップ。


コミューン

20年前に突発性難聴が原因で高度難聴者となってしまった西村さんが、孫の声を中石真一路が開発したスピーカーで初めて聞いた瞬間を取材。西村さんは涙を流して喜び、心のモヤモヤがすっきりしたと話した。その様子をVTRで見た中石も涙し、難聴者たちはコミュニケーションをしたいので、聞こえるようにすることでそのような世界を作りたいと話した。


難聴

20年前に突発性難聴が原因で高度難聴者となってしまった西村さんが、孫の声を中石真一路が開発したスピーカーで初めて聞いた瞬間を取材。西村さんは涙を流して喜び、心のモヤモヤがすっきりしたと話した。その様子をVTRで見た中石も涙し、難聴者たちはコミュニケーションをしたいので、聞こえるようにすることでそのような世界を作りたいと話した。


難聴

人の声をはっきり聞き取ることができるスピーカーを試作した中石真一路だが、難聴者にとっては「スピーカー=大きな音が出る」というイメージから不満の声があったという。そこで中石デザインを一から見直し、「誰かのためにという思い」で進めた結果、たまご形のデザインなどに形を変える「コミューン」が誕生した。

20年前に突発性難聴が原因で高度難聴者となってしまった西村さんは、当時は生きる希望を失っていたというが、中石真一路が開発したスピーカーに救われたという。中石にとっても、「孫と会話したい」と夢を語っていた西村さんが亡き祖母の姿と重なったという。


コミューン

人の声をはっきり聞き取ることができるスピーカーを試作した中石真一路だが、難聴者にとっては「スピーカー=大きな音が出る」というイメージから不満の声があったという。そこで中石デザインを一から見直し、「誰かのためにという思い」で進めた結果、たまご形のデザインなどに形を変える「コミューン」が誕生した。


コミューン

武藤教授のスピーカーの原理をさらに改良し、音をより明瞭に出す方法を佐賀エレクトロニックスも参加し研究、試行錯誤の末、アルミ製の振動板を蜂の巣構造にし人の声がより明瞭に聞こえることを発見した。


佐賀エレクトロニックス

武藤教授のスピーカーの原理をさらに改良し、音をより明瞭に出す方法を佐賀エレクトロニックスも参加し研究、試行錯誤の末、アルミ製の振動板を蜂の巣構造にし人の声がより明瞭に聞こえることを発見した。


スズムシ

難聴者向けのスピーカーを開発した中石真一路は、かつて大手レコード会社でスピーカーの開発をしていたが、そこで音響工学のスペシャリスト、慶應義塾大学の武藤教授が開発した、スズムシの原理を応用し100mまで音を飛ばすことができるスピーカーと出会う。この音が難聴者に聞き取りやすいことを偶然発見し、亡き祖母が難聴で塞ぎがちになった経験がある中石はスピーカー開発のため会社を退職、起業した。


2014年08月 2014年09月 
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
  • 「夢の扉+」で紹介されたすべての情報
  • 「夢の扉+」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「夢の扉+」で紹介された音楽・CD
  • 「夢の扉+」で紹介された映画・DVD
  • 「夢の扉+」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「夢の扉+」で紹介されたグルメ情報
  • 「夢の扉+」で紹介された料理レシピ
  • 「夢の扉+」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「夢の扉+」で紹介された観光・地域情報
  • 「夢の扉+」で紹介されたイベント情報
  • 「夢の扉+」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する