テレビ紹介情報

「夢の扉+」で紹介された情報

「夢の扉+」で紹介されたすべての情報 ( 205 / 205 ページ )

「夢の扉+」で紹介された音楽・CD

テーマソング:やさしい雨/小田和正

「どーも【小田和正】[FHCL-3002]」

価格.com


番組ホームページ

番組ホームページで未放送トーク公開中。


福島第一原発

児玉は立ち入りが制限されている原発20km圏内に入り、放射線量を調査している。科学者としてそれは使命だと感じる彼は、地元の人が生活する地域では安全に暮らせるよう支援を続けている。


福島第一原発

児玉が3年以上毎週のように通い続けるのが、福島第一原発から半径20km圏内の場所だった。


東京大学 先端科学技術研究センター

東京大学先端科学技術研究センターの篠田恵子特任助教は、分子シミュレーターのスペシャリスト。彼女は新薬がどのように合体しているかをシミュレーションし、この手法はスパコン創薬と呼ばれている。児玉さんは大腸がん向けの薬で特許を出願、10年以内の実用化を目指しているという。


動脈硬化

東京大学医学部に進学した児玉龍彦は病気の原因となる遺伝子の研究にのめり込み、マサチューセッツ工科大学に入学。彼は探し求める遺伝子を探し続け、帰国中の機内でようやく見つけることが出来たという。彼の見つけた遺伝子がきっかけとなり、動脈硬化を抑える薬が生まれている。


マサチューセッツ工科大学

東京大学医学部に進学した児玉龍彦は病気の原因となる遺伝子の研究にのめり込み、マサチューセッツ工科大学に入学。彼は探し求める遺伝子を探し続け、帰国中の機内でようやく見つけることが出来たという。彼の見つけた遺伝子がきっかけとなり、動脈硬化を抑える薬が生まれている。


東京大学医学部

東京大学医学部に進学した児玉龍彦は病気の原因となる遺伝子の研究にのめり込み、マサチューセッツ工科大学に入学。彼は探し求める遺伝子を探し続け、帰国中の機内でようやく見つけることが出来たという。彼の見つけた遺伝子がきっかけとなり、動脈硬化を抑える薬が生まれている。


大阪大学工学部

大阪大学大学院の溝端栄一助教は、構造生物学のスペシャリスト。プシケとキューピット、二つの新薬がくっつく性質を確立しなければ、全身に散っているがん細胞を捕まえて治療することは出来ないという。


東京大学

二種類の新薬「キューピット」を担当するのは、東京大学の杉山暁助教。キューピットは正常な細胞には全く反応を示さず、がん細胞にだけくっつく性質を持っている。一方で新薬の「クシケ」を担当するのは清水洋平特任助教。がんを攻撃するクシケは早期発見早期治療を可能にするのだという。


2014年09月 2014年10月 
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
  • 「夢の扉+」で紹介されたすべての情報
  • 「夢の扉+」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「夢の扉+」で紹介された音楽・CD
  • 「夢の扉+」で紹介された映画・DVD
  • 「夢の扉+」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「夢の扉+」で紹介されたグルメ情報
  • 「夢の扉+」で紹介された料理レシピ
  • 「夢の扉+」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「夢の扉+」で紹介された観光・地域情報
  • 「夢の扉+」で紹介されたイベント情報
  • 「夢の扉+」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する