ホーム > テレビ紹介情報 > TBS > ゴロウ・デラックス
テレビ紹介情報

「ゴロウ・デラックス」で紹介された情報

「ゴロウ・デラックス」で紹介されたすべての情報 ( 275 / 275 ページ )

国立西洋美術館

「ルーベンス展−バロックの誕生」の告知テロップ。2019年1月20日まで国立西洋美術館にて開催中。


「ゴロウ・デラックス」で紹介されたイベント情報

ルーベンス展

「ルーベンス展−バロックの誕生」の告知テロップ。2019年1月20日まで国立西洋美術館にて開催中。


国立西洋美術館

大工房を経営していたルーベンスがどのように制作していたかが分かる作品「マルスとレア・シルウィア」を紹介。2人の間に生まれたのがローマの建国者ロムルスとレムスだという。さらにルーベンスが描いた油彩スケッチなどを紹介した。

外交官として和平交渉を担当していた時期もあるルーベンス。晩年は平和をテーマにした作品も多く残っており、寓意画というジャンルの「ヴィーナス、マルスとキューピッド」を紹介した。


「ゴロウ・デラックス」で紹介されたイベント情報

ルーベンス展

大工房を経営していたルーベンスがどのように制作していたかが分かる作品「マルスとレア・シルウィア」を紹介。2人の間に生まれたのがローマの建国者ロムルスとレムスだという。さらにルーベンスが描いた油彩スケッチなどを紹介した。

外交官として和平交渉を担当していた時期もあるルーベンス。晩年は平和をテーマにした作品も多く残っており、寓意画というジャンルの「ヴィーナス、マルスとキューピッド」を紹介した。


聖母大聖堂

感覚に訴えるのが“バロック芸術”の特徴でサイズが大きくなるという。1601年と1612年に描かれた「キリスト哀悼」を比較。木村泰司は「プロテスタントによる宗教美術の破壊を受けカトリック教会による宗教美術復興運動が起きた」と解説した。


「ゴロウ・デラックス」で紹介された本・コミック・雑誌

人騒がせな名画たち

古代ギリシャでは体毛が薄い男性を美しいとみなしたと言われており、彫刻の場合はアンダーフェアを表現するという。ミケランジェロの「ダヴィデ像」と「アダムの創造」を比較した。


国立西洋美術館

古代ギリシャでは体毛が薄い男性を美しいとみなしたと言われており、彫刻の場合はアンダーフェアを表現するという。ミケランジェロの「ダヴィデ像」と「アダムの創造」を比較した。

感覚に訴えるのが“バロック芸術”の特徴でサイズが大きくなるという。1601年と1612年に描かれた「キリスト哀悼」を比較。木村泰司は「プロテスタントによる宗教美術の破壊を受けカトリック教会による宗教美術復興運動が起きた」と解説した。

ルーベンスは大工房を経営し、王族のような客と「顔は全員ルーベンスが描くように」という契約が交わされていたという。


「ゴロウ・デラックス」で紹介されたイベント情報

ルーベンス展

古代ギリシャでは体毛が薄い男性を美しいとみなしたと言われており、彫刻の場合はアンダーフェアを表現するという。ミケランジェロの「ダヴィデ像」と「アダムの創造」を比較した。

感覚に訴えるのが“バロック芸術”の特徴でサイズが大きくなるという。1601年と1612年に描かれた「キリスト哀悼」を比較。木村泰司は「プロテスタントによる宗教美術の破壊を受けカトリック教会による宗教美術復興運動が起きた」と解説した。

ルーベンスは大工房を経営し、王族のような客と「顔は全員ルーベンスが描くように」という契約が交わされていたという。


「ゴロウ・デラックス」で紹介された本・コミック・雑誌

人騒がせな名画たち

今回の課題図書は木村泰司著者「人騒がせな名画たち」。名画の裏側にある驚きのエピソードが詰まった一冊となっている。今夜のテーマとなる部分を稲垣が朗読した。

哲学にも精通していたルーベンスが尊敬する古代ローマの哲学者・セネカの最期を描いた一枚。「セネカの死」からどんな事が読み取れるのか解説の部分を外山アナが朗読した。19世紀初めまでセネカ像だと考えられていた「偽セネカ像のヘメル柱」も現在はアフリカ人の漁夫だと考えられている。また古代ギリシャでは体毛が薄い男性を美しいとみなしたという。


国立西洋美術館

今回のゲストは西洋美術家・木村泰司。前回の出演でも数々の名画について解説した木村とルーベンス展をめぐる。

「ルーベンス展」に展示されているルーベンスの「自画像」を紹介。ルーベンスは当時、スーパースターだったことを明かした。

ルーベンスが長女を描いた「クララ・セレーナ・ルーベンスの肖像」を紹介。木村泰司は「クララ・セレーナ・ルーベンスの肖像」がプライベートで描かれた作品であることや、子煩悩だったことなどを紹介した。

哲学にも精通していたルーベンスが尊敬する古代ローマの哲学者・セネカの最期を描いた一枚。「セネカの死」からどんな事が読み取れるのか解説の部分を外山アナが朗読した。19世紀初めまでセネカ像だと考えられていた「偽セネカ像のヘメル柱」も現在はアフリカ人の漁夫だと考えられている。また古代ギリシャでは体毛が薄い男性を美しいとみなしたという。


2018年11月 2018年12月 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
  • 「ゴロウ・デラックス」で紹介されたすべての情報
  • 「ゴロウ・デラックス」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ゴロウ・デラックス」で紹介された音楽・CD
  • 「ゴロウ・デラックス」で紹介された映画・DVD
  • 「ゴロウ・デラックス」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ゴロウ・デラックス」で紹介されたグルメ情報
  • 「ゴロウ・デラックス」で紹介された料理レシピ
  • 「ゴロウ・デラックス」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ゴロウ・デラックス」で紹介された観光・地域情報
  • 「ゴロウ・デラックス」で紹介されたイベント情報
  • 「ゴロウ・デラックス」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する