テレビ紹介情報

「中居正広の金曜日のスマたちへ」で紹介された情報

「中居正広の金曜日のスマたちへ」2011年10月28日(金)放送内容「中居正広の金曜日のスマたちへ」2011年11月18日(金)放送内容

「中居正広の金曜日のスマたちへ」 2011年11月11日(金)放送内容

(オープニング)

オールナイトニッポン

オールナイトニッポンの放送中に大喧嘩をして解散寸前になったタレントオ。一度全てを失いかけたタレントが今年チャラ男芸人としてブレイクするまでの苦悩を明かす。また、地元・長野へ凱旋帰郷。知られざるルーツにも迫る。


祝 大竹しのぶ紫綬褒章受賞記念SP

「中居正広の金曜日のスマたちへ」で紹介されたレストラン・飲食店

今年の夏にブレイクを果たした藤森慎吾の凱旋帰郷に安住アナが密着。藤森慎吾が学生時代に通っていたといういずみ屋へ。いずみ屋の娘さんは藤森の姉と同じ学年で、素の藤森はチャラくなく、マジメな少年だっと明かされた。娘さんも藤森からナンパされたことがないを明かし、藤森はキャラクター防衛のため焦りだした。

続いて藤森の母校・諏訪市立高島小学校へ。気さくな校長先生に挨拶を済ませた。

小学校の体育館に集まった生徒達の前にオリエンタルラジオが登場。「会いたかった」を題材にしたネタ、武勇伝ネタを披露した。

藤森慎吾が母校の後輩達に向けたメッセージを贈った。藤森は明治大学進学前まではこの諏訪市で過ごし、少年野球の監督を務める父の影響で野球少年だった。自然豊かな諏訪市で生まれ育ったことに幸せを感じていると語った藤森は「進学とかでバラバラになっても諏訪市に帰ってまた一緒に楽しく過ごせるような仲間をたくさん作って、大きな夢に向かって羽ばたいてください」とエールを贈った。

在校生へのメッセージについて安住アナは「すごく良かったんですけど、イメージと違いますよね」と突っ込み。藤森は「小学生の前でチャラくするわけにもいかないでしょ」と返した。

同級生と担任の先生が集まる庄や上諏訪駅前店へ。

 (豆腐料理・湯葉料理、天丼・天重、そば)

長野県諏訪市立高島小学校

今年の夏にブレイクを果たした藤森慎吾の凱旋帰郷に安住アナが密着。藤森慎吾が学生時代に通っていたといういずみ屋へ。いずみ屋の娘さんは藤森の姉と同じ学年で、素の藤森はチャラくなく、マジメな少年だっと明かされた。娘さんも藤森からナンパされたことがないを明かし、藤森はキャラクター防衛のため焦りだした。

続いて藤森の母校・諏訪市立高島小学校へ。気さくな校長先生に挨拶を済ませた。

小学校の体育館に集まった生徒達の前にオリエンタルラジオが登場。「会いたかった」を題材にしたネタ、武勇伝ネタを披露した。

藤森慎吾が母校の後輩達に向けたメッセージを贈った。藤森は明治大学進学前まではこの諏訪市で過ごし、少年野球の監督を務める父の影響で野球少年だった。自然豊かな諏訪市で生まれ育ったことに幸せを感じていると語った藤森は「進学とかでバラバラになっても諏訪市に帰ってまた一緒に楽しく過ごせるような仲間をたくさん作って、大きな夢に向かって羽ばたいてください」とエールを贈った。

在校生へのメッセージについて安住アナは「すごく良かったんですけど、イメージと違いますよね」と突っ込み。藤森は「小学生の前でチャラくするわけにもいかないでしょ」と返した。

同級生と担任の先生が集まる庄や上諏訪駅前店へ。


「中居正広の金曜日のスマたちへ」で紹介された音楽・CD

今年の夏にブレイクを果たした藤森慎吾の凱旋帰郷に安住アナが密着。藤森慎吾が学生時代に通っていたといういずみ屋へ。いずみ屋の娘さんは藤森の姉と同じ学年で、素の藤森はチャラくなく、マジメな少年だっと明かされた。娘さんも藤森からナンパされたことがないを明かし、藤森はキャラクター防衛のため焦りだした。

続いて藤森の母校・諏訪市立高島小学校へ。気さくな校長先生に挨拶を済ませた。

小学校の体育館に集まった生徒達の前にオリエンタルラジオが登場。「会いたかった」を題材にしたネタ、武勇伝ネタを披露した。

藤森慎吾が母校の後輩達に向けたメッセージを贈った。藤森は明治大学進学前まではこの諏訪市で過ごし、少年野球の監督を務める父の影響で野球少年だった。自然豊かな諏訪市で生まれ育ったことに幸せを感じていると語った藤森は「進学とかでバラバラになっても諏訪市に帰ってまた一緒に楽しく過ごせるような仲間をたくさん作って、大きな夢に向かって羽ばたいてください」とエールを贈った。

在校生へのメッセージについて安住アナは「すごく良かったんですけど、イメージと違いますよね」と突っ込み。藤森は「小学生の前でチャラくするわけにもいかないでしょ」と返した。

同級生と担任の先生が集まる庄や上諏訪駅前店へ。

「会いたかった」

Amazon.co.jp


長野県諏訪市立高島小学校

今年の夏にブレイクを果たした藤森慎吾の凱旋帰郷に安住アナが密着。藤森慎吾が学生時代に通っていたといういずみ屋へ。いずみ屋の娘さんは藤森の姉と同じ学年で、素の藤森はチャラくなく、マジメな少年だっと明かされた。娘さんも藤森からナンパされたことがないを明かし、藤森はキャラクター防衛のため焦りだした。

続いて藤森の母校・諏訪市立高島小学校へ。気さくな校長先生に挨拶を済ませた。

小学校の体育館に集まった生徒達の前にオリエンタルラジオが登場。「会いたかった」を題材にしたネタ、武勇伝ネタを披露した。

藤森慎吾が母校の後輩達に向けたメッセージを贈った。藤森は明治大学進学前まではこの諏訪市で過ごし、少年野球の監督を務める父の影響で野球少年だった。自然豊かな諏訪市で生まれ育ったことに幸せを感じていると語った藤森は「進学とかでバラバラになっても諏訪市に帰ってまた一緒に楽しく過ごせるような仲間をたくさん作って、大きな夢に向かって羽ばたいてください」とエールを贈った。

在校生へのメッセージについて安住アナは「すごく良かったんですけど、イメージと違いますよね」と突っ込み。藤森は「小学生の前でチャラくするわけにもいかないでしょ」と返した。

同級生と担任の先生が集まる庄や上諏訪駅前店へ。


明治大学

今年の夏にブレイクを果たした藤森慎吾の凱旋帰郷に安住アナが密着。藤森慎吾が学生時代に通っていたといういずみ屋へ。いずみ屋の娘さんは藤森の姉と同じ学年で、素の藤森はチャラくなく、マジメな少年だっと明かされた。娘さんも藤森からナンパされたことがないを明かし、藤森はキャラクター防衛のため焦りだした。

続いて藤森の母校・諏訪市立高島小学校へ。気さくな校長先生に挨拶を済ませた。

小学校の体育館に集まった生徒達の前にオリエンタルラジオが登場。「会いたかった」を題材にしたネタ、武勇伝ネタを披露した。

藤森慎吾が母校の後輩達に向けたメッセージを贈った。藤森は明治大学進学前まではこの諏訪市で過ごし、少年野球の監督を務める父の影響で野球少年だった。自然豊かな諏訪市で生まれ育ったことに幸せを感じていると語った藤森は「進学とかでバラバラになっても諏訪市に帰ってまた一緒に楽しく過ごせるような仲間をたくさん作って、大きな夢に向かって羽ばたいてください」とエールを贈った。

在校生へのメッセージについて安住アナは「すごく良かったんですけど、イメージと違いますよね」と突っ込み。藤森は「小学生の前でチャラくするわけにもいかないでしょ」と返した。

同級生と担任の先生が集まる庄や上諏訪駅前店へ。


駿台甲府高等学校

今年の夏にブレイクを果たした藤森慎吾の凱旋帰郷に安住アナが密着。藤森慎吾が学生時代に通っていたといういずみ屋へ。いずみ屋の娘さんは藤森の姉と同じ学年で、素の藤森はチャラくなく、マジメな少年だっと明かされた。娘さんも藤森からナンパされたことがないを明かし、藤森はキャラクター防衛のため焦りだした。

続いて藤森の母校・諏訪市立高島小学校へ。気さくな校長先生に挨拶を済ませた。

小学校の体育館に集まった生徒達の前にオリエンタルラジオが登場。「会いたかった」を題材にしたネタ、武勇伝ネタを披露した。

藤森慎吾が母校の後輩達に向けたメッセージを贈った。藤森は明治大学進学前まではこの諏訪市で過ごし、少年野球の監督を務める父の影響で野球少年だった。自然豊かな諏訪市で生まれ育ったことに幸せを感じていると語った藤森は「進学とかでバラバラになっても諏訪市に帰ってまた一緒に楽しく過ごせるような仲間をたくさん作って、大きな夢に向かって羽ばたいてください」とエールを贈った。

在校生へのメッセージについて安住アナは「すごく良かったんですけど、イメージと違いますよね」と突っ込み。藤森は「小学生の前でチャラくするわけにもいかないでしょ」と返した。

同級生と担任の先生が集まる庄や上諏訪駅前店へ。


「中居正広の金曜日のスマたちへ」で紹介されたレストラン・飲食店

庄や 上諏訪駅前店

今年の夏にブレイクを果たした藤森慎吾の凱旋帰郷に安住アナが密着。藤森慎吾が学生時代に通っていたといういずみ屋へ。いずみ屋の娘さんは藤森の姉と同じ学年で、素の藤森はチャラくなく、マジメな少年だっと明かされた。娘さんも藤森からナンパされたことがないを明かし、藤森はキャラクター防衛のため焦りだした。

続いて藤森の母校・諏訪市立高島小学校へ。気さくな校長先生に挨拶を済ませた。

小学校の体育館に集まった生徒達の前にオリエンタルラジオが登場。「会いたかった」を題材にしたネタ、武勇伝ネタを披露した。

藤森慎吾が母校の後輩達に向けたメッセージを贈った。藤森は明治大学進学前まではこの諏訪市で過ごし、少年野球の監督を務める父の影響で野球少年だった。自然豊かな諏訪市で生まれ育ったことに幸せを感じていると語った藤森は「進学とかでバラバラになっても諏訪市に帰ってまた一緒に楽しく過ごせるような仲間をたくさん作って、大きな夢に向かって羽ばたいてください」とエールを贈った。

在校生へのメッセージについて安住アナは「すごく良かったんですけど、イメージと違いますよね」と突っ込み。藤森は「小学生の前でチャラくするわけにもいかないでしょ」と返した。

同級生と担任の先生が集まる庄や上諏訪駅前店へ。


祝 大竹しのぶ紫綬褒章受賞記念SP

「中居正広の金曜日のスマたちへ」で紹介されたレストラン・飲食店

庄や 上諏訪駅前店

藤森慎吾の同級生と担任の先生が集まる庄や上諏訪駅前店へ。藤森の小学校時代の担任である関口先生は「勉強が抜群に出来てスポーツ万能で優しい子。野沢菜を漬ける授業では家からレシピを持ってきてくれた」と明かした。卒業文集では「フリーターになって遊ぶか、野球選手になりたいです」と書かれていた。

同級生達の証言では、藤森は大学進学を機に頭を丸めて勉強に打ち込み、チャラいどころかマジメだったという。


「中居正広の金曜日のスマたちへ」で紹介されたグルメ情報

野沢菜

藤森慎吾の同級生と担任の先生が集まる庄や上諏訪駅前店へ。藤森の小学校時代の担任である関口先生は「勉強が抜群に出来てスポーツ万能で優しい子。野沢菜を漬ける授業では家からレシピを持ってきてくれた」と明かした。卒業文集では「フリーターになって遊ぶか、野球選手になりたいです」と書かれていた。

同級生達の証言では、藤森は大学進学を機に頭を丸めて勉強に打ち込み、チャラいどころかマジメだったという。


読売巨人軍

藤森慎吾の同級生と担任の先生が集まる庄や上諏訪駅前店へ。藤森の小学校時代の担任である関口先生は「勉強が抜群に出来てスポーツ万能で優しい子。野沢菜を漬ける授業では家からレシピを持ってきてくれた」と明かした。卒業文集では「フリーターになって遊ぶか、野球選手になりたいです」と書かれていた。

同級生達の証言では、藤森は大学進学を機に頭を丸めて勉強に打ち込み、チャラいどころかマジメだったという。


(提供)

祝 大竹しのぶ紫綬褒章受賞記念SP

「中居正広の金曜日のスマたちへ」で紹介されたグルメ情報

モツ煮

藤森慎吾の親族一同が集まる実家へ。安住アナと中田敦彦も一緒に、母の美代子さんの手料理を頂いた。藤森と母は2人で旅行に行くほど仲がよいという。

このあと、藤森慎吾が母への感謝の手紙を読む。


「中居正広の金曜日のスマたちへ」で紹介されたグルメ情報

春巻き

藤森慎吾の親族一同が集まる実家へ。安住アナと中田敦彦も一緒に、母の美代子さんの手料理を頂いた。藤森と母は2人で旅行に行くほど仲がよいという。

このあと、藤森慎吾が母への感謝の手紙を読む。


「中居正広の金曜日のスマたちへ」で紹介されたグルメ情報

うなぎの蒲焼

藤森慎吾の親族一同が集まる実家へ。安住アナと中田敦彦も一緒に、母の美代子さんの手料理を頂いた。藤森と母は2人で旅行に行くほど仲がよいという。

このあと、藤森慎吾が母への感謝の手紙を読む。


「中居正広の金曜日のスマたちへ」で紹介されたグルメ情報

おにぎり

藤森慎吾の親族一同が集まる実家へ。安住アナと中田敦彦も一緒に、母の美代子さんの手料理を頂いた。藤森と母は2人で旅行に行くほど仲がよいという。

このあと、藤森慎吾が母への感謝の手紙を読む。


(提供)

祝 大竹しのぶ紫綬褒章受賞記念SP

スポーツニッポン

デビューわずか1年で、冠番組4本を持つほど異例の速さでブレイクしていったオリエンタルラジオ。しかしそれも長くは続かず、またたく間に終わっていった。そんな中、日に日に悪化していくコンビの仲。藤森慎吾は当時を振り返り、「何の光も見えなかった」と地獄の日々を語った。


(提供)

祝 大竹しのぶ紫綬褒章受賞記念SP

明治大学

藤森慎吾はもともとお笑いには全く興味がなかったが、明治大学入学後にテニスサークルに入り、チャラ男へと変身していった。そしてバイト先で偶然にもお笑いマニアだった中田敦彦と出会い、仲良くなった後日、文化祭での中田の漫才を見たことを機に2003年にオリエンタルラジオを結成。藤森が全くの素人だったため、中田が先生となってお笑いを教えこんだ。その後、素人お笑いコンテストに出場したのだが、いきなり15組中2位という好成績をおさめた。

その後NSCに入学。同期は500人で、その中には、タレントやタレントなどがいた。そして「無理だろう」と思いながらも、M-1グランプリに「武勇伝」のネタで出場、なんと準決勝まで進出してしまった。だがこれをきっかけにNSCへ通わなくてもいいと思い込むようになってしまったという。

2人が初めてテレビに出たのは、2005年の「ゲンセキ」。若手芸人を発掘し、人気投票をするこの番組で1位になり、お笑い芸人には珍しい高学歴なども取り上げられるなどしてブレイクした。そして吉本興業は2人のために数億円をかけて劇場を建設し、オリエンタルラジオを売り出すプロジェクトを開始。デビューして間もなくCMまでも決まっていった。

そうした人気絶頂の中、周囲の希望に応えたいもののなかなかできず不安が募っていき、コンビの関係も悪化。「日経エンタテインメント」では、来年消えそうな芸人にランクインしてしまった。そしてある日、ラジオの生放送中に取っ組み合いの大げんかになるという事件が発生してしまった。

当時番組で司会を一緒にしていたほっしゃんは当時のオリエンタルラジオについて、「生放送なんですけど、中田が大暴れした時もありましたし、ほんとケンカみたいになる時もあった」と話した。

仕事が激減するなか、「キズナ食堂」という番組の企画で、200日間農業に挑戦するロケの仕事が舞い込んできた。当時この番組の中で2人は辛い心境を語り、この農作業が何に繋がるのか、といった苛立ちから2人は度々衝突することもあった。当時の番組関係者だった青山優子ディレクターは「これいつオンエアされるんですか?と毎回聞かれて、テレビ出たいなーと言っている2人の焦りが日に日に募っていくのを感じた」と語った。


吉本総合芸能学院

藤森慎吾はもともとお笑いには全く興味がなかったが、明治大学入学後にテニスサークルに入り、チャラ男へと変身していった。そしてバイト先で偶然にもお笑いマニアだった中田敦彦と出会い、仲良くなった後日、文化祭での中田の漫才を見たことを機に2003年にオリエンタルラジオを結成。藤森が全くの素人だったため、中田が先生となってお笑いを教えこんだ。その後、素人お笑いコンテストに出場したのだが、いきなり15組中2位という好成績をおさめた。

その後NSCに入学。同期は500人で、その中には、タレントやタレントなどがいた。そして「無理だろう」と思いながらも、M-1グランプリに「武勇伝」のネタで出場、なんと準決勝まで進出してしまった。だがこれをきっかけにNSCへ通わなくてもいいと思い込むようになってしまったという。

2人が初めてテレビに出たのは、2005年の「ゲンセキ」。若手芸人を発掘し、人気投票をするこの番組で1位になり、お笑い芸人には珍しい高学歴なども取り上げられるなどしてブレイクした。そして吉本興業は2人のために数億円をかけて劇場を建設し、オリエンタルラジオを売り出すプロジェクトを開始。デビューして間もなくCMまでも決まっていった。

そうした人気絶頂の中、周囲の希望に応えたいもののなかなかできず不安が募っていき、コンビの関係も悪化。「日経エンタテインメント」では、来年消えそうな芸人にランクインしてしまった。そしてある日、ラジオの生放送中に取っ組み合いの大げんかになるという事件が発生してしまった。

当時番組で司会を一緒にしていたほっしゃんは当時のオリエンタルラジオについて、「生放送なんですけど、中田が大暴れした時もありましたし、ほんとケンカみたいになる時もあった」と話した。

仕事が激減するなか、「キズナ食堂」という番組の企画で、200日間農業に挑戦するロケの仕事が舞い込んできた。当時この番組の中で2人は辛い心境を語り、この農作業が何に繋がるのか、といった苛立ちから2人は度々衝突することもあった。当時の番組関係者だった青山優子ディレクターは「これいつオンエアされるんですか?と毎回聞かれて、テレビ出たいなーと言っている2人の焦りが日に日に募っていくのを感じた」と語った。


「中居正広の金曜日のスマたちへ」で紹介されたイベント情報

M-1グランプリ

藤森慎吾はもともとお笑いには全く興味がなかったが、明治大学入学後にテニスサークルに入り、チャラ男へと変身していった。そしてバイト先で偶然にもお笑いマニアだった中田敦彦と出会い、仲良くなった後日、文化祭での中田の漫才を見たことを機に2003年にオリエンタルラジオを結成。藤森が全くの素人だったため、中田が先生となってお笑いを教えこんだ。その後、素人お笑いコンテストに出場したのだが、いきなり15組中2位という好成績をおさめた。

その後NSCに入学。同期は500人で、その中には、タレントやタレントなどがいた。そして「無理だろう」と思いながらも、M-1グランプリに「武勇伝」のネタで出場、なんと準決勝まで進出してしまった。だがこれをきっかけにNSCへ通わなくてもいいと思い込むようになってしまったという。

2人が初めてテレビに出たのは、2005年の「ゲンセキ」。若手芸人を発掘し、人気投票をするこの番組で1位になり、お笑い芸人には珍しい高学歴なども取り上げられるなどしてブレイクした。そして吉本興業は2人のために数億円をかけて劇場を建設し、オリエンタルラジオを売り出すプロジェクトを開始。デビューして間もなくCMまでも決まっていった。

そうした人気絶頂の中、周囲の希望に応えたいもののなかなかできず不安が募っていき、コンビの関係も悪化。「日経エンタテインメント」では、来年消えそうな芸人にランクインしてしまった。そしてある日、ラジオの生放送中に取っ組み合いの大げんかになるという事件が発生してしまった。

当時番組で司会を一緒にしていたほっしゃんは当時のオリエンタルラジオについて、「生放送なんですけど、中田が大暴れした時もありましたし、ほんとケンカみたいになる時もあった」と話した。

仕事が激減するなか、「キズナ食堂」という番組の企画で、200日間農業に挑戦するロケの仕事が舞い込んできた。当時この番組の中で2人は辛い心境を語り、この農作業が何に繋がるのか、といった苛立ちから2人は度々衝突することもあった。当時の番組関係者だった青山優子ディレクターは「これいつオンエアされるんですか?と毎回聞かれて、テレビ出たいなーと言っている2人の焦りが日に日に募っていくのを感じた」と語った。


「中居正広の金曜日のスマたちへ」で紹介された映画・DVD

藤森慎吾はもともとお笑いには全く興味がなかったが、明治大学入学後にテニスサークルに入り、チャラ男へと変身していった。そしてバイト先で偶然にもお笑いマニアだった中田敦彦と出会い、仲良くなった後日、文化祭での中田の漫才を見たことを機に2003年にオリエンタルラジオを結成。藤森が全くの素人だったため、中田が先生となってお笑いを教えこんだ。その後、素人お笑いコンテストに出場したのだが、いきなり15組中2位という好成績をおさめた。

その後NSCに入学。同期は500人で、その中には、タレントやタレントなどがいた。そして「無理だろう」と思いながらも、M-1グランプリに「武勇伝」のネタで出場、なんと準決勝まで進出してしまった。だがこれをきっかけにNSCへ通わなくてもいいと思い込むようになってしまったという。

2人が初めてテレビに出たのは、2005年の「ゲンセキ」。若手芸人を発掘し、人気投票をするこの番組で1位になり、お笑い芸人には珍しい高学歴なども取り上げられるなどしてブレイクした。そして吉本興業は2人のために数億円をかけて劇場を建設し、オリエンタルラジオを売り出すプロジェクトを開始。デビューして間もなくCMまでも決まっていった。

そうした人気絶頂の中、周囲の希望に応えたいもののなかなかできず不安が募っていき、コンビの関係も悪化。「日経エンタテインメント」では、来年消えそうな芸人にランクインしてしまった。そしてある日、ラジオの生放送中に取っ組み合いの大げんかになるという事件が発生してしまった。

当時番組で司会を一緒にしていたほっしゃんは当時のオリエンタルラジオについて、「生放送なんですけど、中田が大暴れした時もありましたし、ほんとケンカみたいになる時もあった」と話した。

仕事が激減するなか、「キズナ食堂」という番組の企画で、200日間農業に挑戦するロケの仕事が舞い込んできた。当時この番組の中で2人は辛い心境を語り、この農作業が何に繋がるのか、といった苛立ちから2人は度々衝突することもあった。当時の番組関係者だった青山優子ディレクターは「これいつオンエアされるんですか?と毎回聞かれて、テレビ出たいなーと言っている2人の焦りが日に日に募っていくのを感じた」と語った。

「M-1グランプリ the FINAL PREMIUM COLLECTION 2001-2010[YRBY-90369/70][DVD]」

価格.com


慶應義塾大学

藤森慎吾はもともとお笑いには全く興味がなかったが、明治大学入学後にテニスサークルに入り、チャラ男へと変身していった。そしてバイト先で偶然にもお笑いマニアだった中田敦彦と出会い、仲良くなった後日、文化祭での中田の漫才を見たことを機に2003年にオリエンタルラジオを結成。藤森が全くの素人だったため、中田が先生となってお笑いを教えこんだ。その後、素人お笑いコンテストに出場したのだが、いきなり15組中2位という好成績をおさめた。

その後NSCに入学。同期は500人で、その中には、タレントやタレントなどがいた。そして「無理だろう」と思いながらも、M-1グランプリに「武勇伝」のネタで出場、なんと準決勝まで進出してしまった。だがこれをきっかけにNSCへ通わなくてもいいと思い込むようになってしまったという。

2人が初めてテレビに出たのは、2005年の「ゲンセキ」。若手芸人を発掘し、人気投票をするこの番組で1位になり、お笑い芸人には珍しい高学歴なども取り上げられるなどしてブレイクした。そして吉本興業は2人のために数億円をかけて劇場を建設し、オリエンタルラジオを売り出すプロジェクトを開始。デビューして間もなくCMまでも決まっていった。

そうした人気絶頂の中、周囲の希望に応えたいもののなかなかできず不安が募っていき、コンビの関係も悪化。「日経エンタテインメント」では、来年消えそうな芸人にランクインしてしまった。そしてある日、ラジオの生放送中に取っ組み合いの大げんかになるという事件が発生してしまった。

当時番組で司会を一緒にしていたほっしゃんは当時のオリエンタルラジオについて、「生放送なんですけど、中田が大暴れした時もありましたし、ほんとケンカみたいになる時もあった」と話した。

仕事が激減するなか、「キズナ食堂」という番組の企画で、200日間農業に挑戦するロケの仕事が舞い込んできた。当時この番組の中で2人は辛い心境を語り、この農作業が何に繋がるのか、といった苛立ちから2人は度々衝突することもあった。当時の番組関係者だった青山優子ディレクターは「これいつオンエアされるんですか?と毎回聞かれて、テレビ出たいなーと言っている2人の焦りが日に日に募っていくのを感じた」と語った。


明治大学

藤森慎吾はもともとお笑いには全く興味がなかったが、明治大学入学後にテニスサークルに入り、チャラ男へと変身していった。そしてバイト先で偶然にもお笑いマニアだった中田敦彦と出会い、仲良くなった後日、文化祭での中田の漫才を見たことを機に2003年にオリエンタルラジオを結成。藤森が全くの素人だったため、中田が先生となってお笑いを教えこんだ。その後、素人お笑いコンテストに出場したのだが、いきなり15組中2位という好成績をおさめた。

その後NSCに入学。同期は500人で、その中には、タレントやタレントなどがいた。そして「無理だろう」と思いながらも、M-1グランプリに「武勇伝」のネタで出場、なんと準決勝まで進出してしまった。だがこれをきっかけにNSCへ通わなくてもいいと思い込むようになってしまったという。

2人が初めてテレビに出たのは、2005年の「ゲンセキ」。若手芸人を発掘し、人気投票をするこの番組で1位になり、お笑い芸人には珍しい高学歴なども取り上げられるなどしてブレイクした。そして吉本興業は2人のために数億円をかけて劇場を建設し、オリエンタルラジオを売り出すプロジェクトを開始。デビューして間もなくCMまでも決まっていった。

そうした人気絶頂の中、周囲の希望に応えたいもののなかなかできず不安が募っていき、コンビの関係も悪化。「日経エンタテインメント」では、来年消えそうな芸人にランクインしてしまった。そしてある日、ラジオの生放送中に取っ組み合いの大げんかになるという事件が発生してしまった。

当時番組で司会を一緒にしていたほっしゃんは当時のオリエンタルラジオについて、「生放送なんですけど、中田が大暴れした時もありましたし、ほんとケンカみたいになる時もあった」と話した。

仕事が激減するなか、「キズナ食堂」という番組の企画で、200日間農業に挑戦するロケの仕事が舞い込んできた。当時この番組の中で2人は辛い心境を語り、この農作業が何に繋がるのか、といった苛立ちから2人は度々衝突することもあった。当時の番組関係者だった青山優子ディレクターは「これいつオンエアされるんですか?と毎回聞かれて、テレビ出たいなーと言っている2人の焦りが日に日に募っていくのを感じた」と語った。


吉本興業

藤森慎吾はもともとお笑いには全く興味がなかったが、明治大学入学後にテニスサークルに入り、チャラ男へと変身していった。そしてバイト先で偶然にもお笑いマニアだった中田敦彦と出会い、仲良くなった後日、文化祭での中田の漫才を見たことを機に2003年にオリエンタルラジオを結成。藤森が全くの素人だったため、中田が先生となってお笑いを教えこんだ。その後、素人お笑いコンテストに出場したのだが、いきなり15組中2位という好成績をおさめた。

その後NSCに入学。同期は500人で、その中には、タレントやタレントなどがいた。そして「無理だろう」と思いながらも、M-1グランプリに「武勇伝」のネタで出場、なんと準決勝まで進出してしまった。だがこれをきっかけにNSCへ通わなくてもいいと思い込むようになってしまったという。

2人が初めてテレビに出たのは、2005年の「ゲンセキ」。若手芸人を発掘し、人気投票をするこの番組で1位になり、お笑い芸人には珍しい高学歴なども取り上げられるなどしてブレイクした。そして吉本興業は2人のために数億円をかけて劇場を建設し、オリエンタルラジオを売り出すプロジェクトを開始。デビューして間もなくCMまでも決まっていった。

そうした人気絶頂の中、周囲の希望に応えたいもののなかなかできず不安が募っていき、コンビの関係も悪化。「日経エンタテインメント」では、来年消えそうな芸人にランクインしてしまった。そしてある日、ラジオの生放送中に取っ組み合いの大げんかになるという事件が発生してしまった。

当時番組で司会を一緒にしていたほっしゃんは当時のオリエンタルラジオについて、「生放送なんですけど、中田が大暴れした時もありましたし、ほんとケンカみたいになる時もあった」と話した。

仕事が激減するなか、「キズナ食堂」という番組の企画で、200日間農業に挑戦するロケの仕事が舞い込んできた。当時この番組の中で2人は辛い心境を語り、この農作業が何に繋がるのか、といった苛立ちから2人は度々衝突することもあった。当時の番組関係者だった青山優子ディレクターは「これいつオンエアされるんですか?と毎回聞かれて、テレビ出たいなーと言っている2人の焦りが日に日に募っていくのを感じた」と語った。


ゲンセキ

藤森慎吾はもともとお笑いには全く興味がなかったが、明治大学入学後にテニスサークルに入り、チャラ男へと変身していった。そしてバイト先で偶然にもお笑いマニアだった中田敦彦と出会い、仲良くなった後日、文化祭での中田の漫才を見たことを機に2003年にオリエンタルラジオを結成。藤森が全くの素人だったため、中田が先生となってお笑いを教えこんだ。その後、素人お笑いコンテストに出場したのだが、いきなり15組中2位という好成績をおさめた。

その後NSCに入学。同期は500人で、その中には、タレントやタレントなどがいた。そして「無理だろう」と思いながらも、M-1グランプリに「武勇伝」のネタで出場、なんと準決勝まで進出してしまった。だがこれをきっかけにNSCへ通わなくてもいいと思い込むようになってしまったという。

2人が初めてテレビに出たのは、2005年の「ゲンセキ」。若手芸人を発掘し、人気投票をするこの番組で1位になり、お笑い芸人には珍しい高学歴なども取り上げられるなどしてブレイクした。そして吉本興業は2人のために数億円をかけて劇場を建設し、オリエンタルラジオを売り出すプロジェクトを開始。デビューして間もなくCMまでも決まっていった。

そうした人気絶頂の中、周囲の希望に応えたいもののなかなかできず不安が募っていき、コンビの関係も悪化。「日経エンタテインメント」では、来年消えそうな芸人にランクインしてしまった。そしてある日、ラジオの生放送中に取っ組み合いの大げんかになるという事件が発生してしまった。

当時番組で司会を一緒にしていたほっしゃんは当時のオリエンタルラジオについて、「生放送なんですけど、中田が大暴れした時もありましたし、ほんとケンカみたいになる時もあった」と話した。

仕事が激減するなか、「キズナ食堂」という番組の企画で、200日間農業に挑戦するロケの仕事が舞い込んできた。当時この番組の中で2人は辛い心境を語り、この農作業が何に繋がるのか、といった苛立ちから2人は度々衝突することもあった。当時の番組関係者だった青山優子ディレクターは「これいつオンエアされるんですか?と毎回聞かれて、テレビ出たいなーと言っている2人の焦りが日に日に募っていくのを感じた」と語った。


ピザーラ「エビマヨ編」

藤森慎吾はもともとお笑いには全く興味がなかったが、明治大学入学後にテニスサークルに入り、チャラ男へと変身していった。そしてバイト先で偶然にもお笑いマニアだった中田敦彦と出会い、仲良くなった後日、文化祭での中田の漫才を見たことを機に2003年にオリエンタルラジオを結成。藤森が全くの素人だったため、中田が先生となってお笑いを教えこんだ。その後、素人お笑いコンテストに出場したのだが、いきなり15組中2位という好成績をおさめた。

その後NSCに入学。同期は500人で、その中には、タレントやタレントなどがいた。そして「無理だろう」と思いながらも、M-1グランプリに「武勇伝」のネタで出場、なんと準決勝まで進出してしまった。だがこれをきっかけにNSCへ通わなくてもいいと思い込むようになってしまったという。

2人が初めてテレビに出たのは、2005年の「ゲンセキ」。若手芸人を発掘し、人気投票をするこの番組で1位になり、お笑い芸人には珍しい高学歴なども取り上げられるなどしてブレイクした。そして吉本興業は2人のために数億円をかけて劇場を建設し、オリエンタルラジオを売り出すプロジェクトを開始。デビューして間もなくCMまでも決まっていった。

そうした人気絶頂の中、周囲の希望に応えたいもののなかなかできず不安が募っていき、コンビの関係も悪化。「日経エンタテインメント」では、来年消えそうな芸人にランクインしてしまった。そしてある日、ラジオの生放送中に取っ組み合いの大げんかになるという事件が発生してしまった。

当時番組で司会を一緒にしていたほっしゃんは当時のオリエンタルラジオについて、「生放送なんですけど、中田が大暴れした時もありましたし、ほんとケンカみたいになる時もあった」と話した。

仕事が激減するなか、「キズナ食堂」という番組の企画で、200日間農業に挑戦するロケの仕事が舞い込んできた。当時この番組の中で2人は辛い心境を語り、この農作業が何に繋がるのか、といった苛立ちから2人は度々衝突することもあった。当時の番組関係者だった青山優子ディレクターは「これいつオンエアされるんですか?と毎回聞かれて、テレビ出たいなーと言っている2人の焦りが日に日に募っていくのを感じた」と語った。


オリエンタルラジオのオールナイトニッポンR

藤森慎吾はもともとお笑いには全く興味がなかったが、明治大学入学後にテニスサークルに入り、チャラ男へと変身していった。そしてバイト先で偶然にもお笑いマニアだった中田敦彦と出会い、仲良くなった後日、文化祭での中田の漫才を見たことを機に2003年にオリエンタルラジオを結成。藤森が全くの素人だったため、中田が先生となってお笑いを教えこんだ。その後、素人お笑いコンテストに出場したのだが、いきなり15組中2位という好成績をおさめた。

その後NSCに入学。同期は500人で、その中には、タレントやタレントなどがいた。そして「無理だろう」と思いながらも、M-1グランプリに「武勇伝」のネタで出場、なんと準決勝まで進出してしまった。だがこれをきっかけにNSCへ通わなくてもいいと思い込むようになってしまったという。

2人が初めてテレビに出たのは、2005年の「ゲンセキ」。若手芸人を発掘し、人気投票をするこの番組で1位になり、お笑い芸人には珍しい高学歴なども取り上げられるなどしてブレイクした。そして吉本興業は2人のために数億円をかけて劇場を建設し、オリエンタルラジオを売り出すプロジェクトを開始。デビューして間もなくCMまでも決まっていった。

そうした人気絶頂の中、周囲の希望に応えたいもののなかなかできず不安が募っていき、コンビの関係も悪化。「日経エンタテインメント」では、来年消えそうな芸人にランクインしてしまった。そしてある日、ラジオの生放送中に取っ組み合いの大げんかになるという事件が発生してしまった。

当時番組で司会を一緒にしていたほっしゃんは当時のオリエンタルラジオについて、「生放送なんですけど、中田が大暴れした時もありましたし、ほんとケンカみたいになる時もあった」と話した。

仕事が激減するなか、「キズナ食堂」という番組の企画で、200日間農業に挑戦するロケの仕事が舞い込んできた。当時この番組の中で2人は辛い心境を語り、この農作業が何に繋がるのか、といった苛立ちから2人は度々衝突することもあった。当時の番組関係者だった青山優子ディレクターは「これいつオンエアされるんですか?と毎回聞かれて、テレビ出たいなーと言っている2人の焦りが日に日に募っていくのを感じた」と語った。


「中居正広の金曜日のスマたちへ」で紹介された本・コミック・雑誌

日経エンタテインメント!

藤森慎吾はもともとお笑いには全く興味がなかったが、明治大学入学後にテニスサークルに入り、チャラ男へと変身していった。そしてバイト先で偶然にもお笑いマニアだった中田敦彦と出会い、仲良くなった後日、文化祭での中田の漫才を見たことを機に2003年にオリエンタルラジオを結成。藤森が全くの素人だったため、中田が先生となってお笑いを教えこんだ。その後、素人お笑いコンテストに出場したのだが、いきなり15組中2位という好成績をおさめた。

その後NSCに入学。同期は500人で、その中には、タレントやタレントなどがいた。そして「無理だろう」と思いながらも、M-1グランプリに「武勇伝」のネタで出場、なんと準決勝まで進出してしまった。だがこれをきっかけにNSCへ通わなくてもいいと思い込むようになってしまったという。

2人が初めてテレビに出たのは、2005年の「ゲンセキ」。若手芸人を発掘し、人気投票をするこの番組で1位になり、お笑い芸人には珍しい高学歴なども取り上げられるなどしてブレイクした。そして吉本興業は2人のために数億円をかけて劇場を建設し、オリエンタルラジオを売り出すプロジェクトを開始。デビューして間もなくCMまでも決まっていった。

そうした人気絶頂の中、周囲の希望に応えたいもののなかなかできず不安が募っていき、コンビの関係も悪化。「日経エンタテインメント」では、来年消えそうな芸人にランクインしてしまった。そしてある日、ラジオの生放送中に取っ組み合いの大げんかになるという事件が発生してしまった。

当時番組で司会を一緒にしていたほっしゃんは当時のオリエンタルラジオについて、「生放送なんですけど、中田が大暴れした時もありましたし、ほんとケンカみたいになる時もあった」と話した。

仕事が激減するなか、「キズナ食堂」という番組の企画で、200日間農業に挑戦するロケの仕事が舞い込んできた。当時この番組の中で2人は辛い心境を語り、この農作業が何に繋がるのか、といった苛立ちから2人は度々衝突することもあった。当時の番組関係者だった青山優子ディレクターは「これいつオンエアされるんですか?と毎回聞かれて、テレビ出たいなーと言っている2人の焦りが日に日に募っていくのを感じた」と語った。


毎日新聞

藤森慎吾はもともとお笑いには全く興味がなかったが、明治大学入学後にテニスサークルに入り、チャラ男へと変身していった。そしてバイト先で偶然にもお笑いマニアだった中田敦彦と出会い、仲良くなった後日、文化祭での中田の漫才を見たことを機に2003年にオリエンタルラジオを結成。藤森が全くの素人だったため、中田が先生となってお笑いを教えこんだ。その後、素人お笑いコンテストに出場したのだが、いきなり15組中2位という好成績をおさめた。

その後NSCに入学。同期は500人で、その中には、タレントやタレントなどがいた。そして「無理だろう」と思いながらも、M-1グランプリに「武勇伝」のネタで出場、なんと準決勝まで進出してしまった。だがこれをきっかけにNSCへ通わなくてもいいと思い込むようになってしまったという。

2人が初めてテレビに出たのは、2005年の「ゲンセキ」。若手芸人を発掘し、人気投票をするこの番組で1位になり、お笑い芸人には珍しい高学歴なども取り上げられるなどしてブレイクした。そして吉本興業は2人のために数億円をかけて劇場を建設し、オリエンタルラジオを売り出すプロジェクトを開始。デビューして間もなくCMまでも決まっていった。

そうした人気絶頂の中、周囲の希望に応えたいもののなかなかできず不安が募っていき、コンビの関係も悪化。「日経エンタテインメント」では、来年消えそうな芸人にランクインしてしまった。そしてある日、ラジオの生放送中に取っ組み合いの大げんかになるという事件が発生してしまった。

当時番組で司会を一緒にしていたほっしゃんは当時のオリエンタルラジオについて、「生放送なんですけど、中田が大暴れした時もありましたし、ほんとケンカみたいになる時もあった」と話した。

仕事が激減するなか、「キズナ食堂」という番組の企画で、200日間農業に挑戦するロケの仕事が舞い込んできた。当時この番組の中で2人は辛い心境を語り、この農作業が何に繋がるのか、といった苛立ちから2人は度々衝突することもあった。当時の番組関係者だった青山優子ディレクターは「これいつオンエアされるんですか?と毎回聞かれて、テレビ出たいなーと言っている2人の焦りが日に日に募っていくのを感じた」と語った。


TBSテレビ

藤森慎吾はもともとお笑いには全く興味がなかったが、明治大学入学後にテニスサークルに入り、チャラ男へと変身していった。そしてバイト先で偶然にもお笑いマニアだった中田敦彦と出会い、仲良くなった後日、文化祭での中田の漫才を見たことを機に2003年にオリエンタルラジオを結成。藤森が全くの素人だったため、中田が先生となってお笑いを教えこんだ。その後、素人お笑いコンテストに出場したのだが、いきなり15組中2位という好成績をおさめた。

その後NSCに入学。同期は500人で、その中には、タレントやタレントなどがいた。そして「無理だろう」と思いながらも、M-1グランプリに「武勇伝」のネタで出場、なんと準決勝まで進出してしまった。だがこれをきっかけにNSCへ通わなくてもいいと思い込むようになってしまったという。

2人が初めてテレビに出たのは、2005年の「ゲンセキ」。若手芸人を発掘し、人気投票をするこの番組で1位になり、お笑い芸人には珍しい高学歴なども取り上げられるなどしてブレイクした。そして吉本興業は2人のために数億円をかけて劇場を建設し、オリエンタルラジオを売り出すプロジェクトを開始。デビューして間もなくCMまでも決まっていった。

そうした人気絶頂の中、周囲の希望に応えたいもののなかなかできず不安が募っていき、コンビの関係も悪化。「日経エンタテインメント」では、来年消えそうな芸人にランクインしてしまった。そしてある日、ラジオの生放送中に取っ組み合いの大げんかになるという事件が発生してしまった。

当時番組で司会を一緒にしていたほっしゃんは当時のオリエンタルラジオについて、「生放送なんですけど、中田が大暴れした時もありましたし、ほんとケンカみたいになる時もあった」と話した。

仕事が激減するなか、「キズナ食堂」という番組の企画で、200日間農業に挑戦するロケの仕事が舞い込んできた。当時この番組の中で2人は辛い心境を語り、この農作業が何に繋がるのか、といった苛立ちから2人は度々衝突することもあった。当時の番組関係者だった青山優子ディレクターは「これいつオンエアされるんですか?と毎回聞かれて、テレビ出たいなーと言っている2人の焦りが日に日に募っていくのを感じた」と語った。


キズナ食堂

藤森慎吾はもともとお笑いには全く興味がなかったが、明治大学入学後にテニスサークルに入り、チャラ男へと変身していった。そしてバイト先で偶然にもお笑いマニアだった中田敦彦と出会い、仲良くなった後日、文化祭での中田の漫才を見たことを機に2003年にオリエンタルラジオを結成。藤森が全くの素人だったため、中田が先生となってお笑いを教えこんだ。その後、素人お笑いコンテストに出場したのだが、いきなり15組中2位という好成績をおさめた。

その後NSCに入学。同期は500人で、その中には、タレントやタレントなどがいた。そして「無理だろう」と思いながらも、M-1グランプリに「武勇伝」のネタで出場、なんと準決勝まで進出してしまった。だがこれをきっかけにNSCへ通わなくてもいいと思い込むようになってしまったという。

2人が初めてテレビに出たのは、2005年の「ゲンセキ」。若手芸人を発掘し、人気投票をするこの番組で1位になり、お笑い芸人には珍しい高学歴なども取り上げられるなどしてブレイクした。そして吉本興業は2人のために数億円をかけて劇場を建設し、オリエンタルラジオを売り出すプロジェクトを開始。デビューして間もなくCMまでも決まっていった。

そうした人気絶頂の中、周囲の希望に応えたいもののなかなかできず不安が募っていき、コンビの関係も悪化。「日経エンタテインメント」では、来年消えそうな芸人にランクインしてしまった。そしてある日、ラジオの生放送中に取っ組み合いの大げんかになるという事件が発生してしまった。

当時番組で司会を一緒にしていたほっしゃんは当時のオリエンタルラジオについて、「生放送なんですけど、中田が大暴れした時もありましたし、ほんとケンカみたいになる時もあった」と話した。

仕事が激減するなか、「キズナ食堂」という番組の企画で、200日間農業に挑戦するロケの仕事が舞い込んできた。当時この番組の中で2人は辛い心境を語り、この農作業が何に繋がるのか、といった苛立ちから2人は度々衝突することもあった。当時の番組関係者だった青山優子ディレクターは「これいつオンエアされるんですか?と毎回聞かれて、テレビ出たいなーと言っている2人の焦りが日に日に募っていくのを感じた」と語った。


熱中スタジアム

仕事が激減する中で中田敦彦が必死に生き残り方を模索していくのに対し、藤森慎吾は何をしたらよいかわからず、毎日ボーっと過ごしていたという。そうした姿勢が現れ、中田は高学歴を活かしてクイズ番組などでピンの仕事を獲得していった。それに対して藤森はほとんど仕事のない日々を5年も過ごしていた。

そんな中、たまたま参加した先輩芸人たちとの飲み会の席で、10秒の中でチャンスをつかもうとするお笑い芸人の姿を見た藤森。ようやくお笑いの厳しさを感じたという。以来、藤森は「中田に追いついて、コンビの相方として必要とされたい」とがむしゃらに笑いを狙いにいくようになった。


祝 大竹しのぶ紫綬褒章受賞記念SP

祝 大竹しのぶ紫綬褒章受賞記念SP

祝 大竹しのぶ紫綬褒章受賞記念SP

「中居正広の金曜日のスマたちへ」で紹介された音楽・CD

藤森慎吾がタレントと共に、家族の前ではじめてチャラ芸を披露。藤森の祖母は「たまげてびっくりした」と笑っていたが、最後には家族全員でぽいぽいを楽しんでいた。

「ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー(DVD付)」

Amazon.co.jp


(エンディング)

(番組宣伝)

「中居正広の金曜日のスマたちへ」2011年10月28日(金)放送内容「中居正広の金曜日のスマたちへ」2011年11月18日(金)放送内容

2011年10月 2011年11月 2011年12月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
  • 「中居正広の金曜日のスマたちへ」で紹介されたすべての情報
  • 「中居正広の金曜日のスマたちへ」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「中居正広の金曜日のスマたちへ」で紹介された音楽・CD
  • 「中居正広の金曜日のスマたちへ」で紹介された映画・DVD
  • 「中居正広の金曜日のスマたちへ」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「中居正広の金曜日のスマたちへ」で紹介されたグルメ情報
  • 「中居正広の金曜日のスマたちへ」で紹介された料理レシピ
  • 「中居正広の金曜日のスマたちへ」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「中居正広の金曜日のスマたちへ」で紹介された観光・地域情報
  • 「中居正広の金曜日のスマたちへ」で紹介されたイベント情報
  • 「中居正広の金曜日のスマたちへ」で紹介された雑学・豆知識