テレビ紹介情報

「タカトシの時間ですよ!」で紹介された情報

「タカトシの時間ですよ!」2012年8月29日(水)放送内容「タカトシの時間ですよ!」2012年9月12日(水)放送内容

「タカトシの時間ですよ!」 2012年9月5日(水)放送内容

(このあとすぐ)

(オープニング)

クイズ番組の歴史

日本放送協会

司会者として山里亮太が登場すると、会場はシーンとしていた。タカは「大木凡人?」とツッコんでいた。今回は山ちゃんと一緒にクイズが大好きなゲスト達とクイズ番組の歴史を掘り下げる。

1950年代に放送が開始した日本のテレビ史上初のクイズ番組「ジェスチャー」(NHK)を紹介。司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。視聴者からの問題を回答者たちがジェスチャーのみで表し解答する。実際に山里が難解なジェスチャークイズを出したが、誰もわからなかった。この番組から「・・・は置いといて」という言葉が使われるようになったという。


ジェスチャー

司会者として山里亮太が登場すると、会場はシーンとしていた。タカは「大木凡人?」とツッコんでいた。今回は山ちゃんと一緒にクイズが大好きなゲスト達とクイズ番組の歴史を掘り下げる。

1950年代に放送が開始した日本のテレビ史上初のクイズ番組「ジェスチャー」(NHK)を紹介。司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。視聴者からの問題を回答者たちがジェスチャーのみで表し解答する。実際に山里が難解なジェスチャークイズを出したが、誰もわからなかった。この番組から「・・・は置いといて」という言葉が使われるようになったという。


TBSテレビ

1960年代のクイズ番組を紹介。「アップダウンクイズ」(TBS)は、時事に関する早押しクイズに挑戦し、正解するとゴンドラが上昇した。司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。10問正解でハワイ旅行がプレゼントされた。また、アシスタントのパンチラが見えるのが好評だった。政治家が学生時代に出て、ハワイに行ったことがあるという。

1969年に放送を開始した「タイムショック」(テレ朝)は現在も特番として続いている。司会は俳優。1分間に全12問のクイズに挑戦し、全問正解のパーフェクトで賞金100万円がもらえた。「今 何問目?」などの引っかけ問題が生まれた。

1969年に放送を開始した「ベルトクイズQ&Q」(TBS)は視聴者参加型クイズ番組で、司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。昼の帯番組として放送していた。ちびまる子ちゃんのおじいちゃんも参加している。


アップダウンクイズ

1960年代のクイズ番組を紹介。「アップダウンクイズ」(TBS)は、時事に関する早押しクイズに挑戦し、正解するとゴンドラが上昇した。司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。10問正解でハワイ旅行がプレゼントされた。また、アシスタントのパンチラが見えるのが好評だった。政治家が学生時代に出て、ハワイに行ったことがあるという。

1969年に放送を開始した「タイムショック」(テレ朝)は現在も特番として続いている。司会は俳優。1分間に全12問のクイズに挑戦し、全問正解のパーフェクトで賞金100万円がもらえた。「今 何問目?」などの引っかけ問題が生まれた。

1969年に放送を開始した「ベルトクイズQ&Q」(TBS)は視聴者参加型クイズ番組で、司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。昼の帯番組として放送していた。ちびまる子ちゃんのおじいちゃんも参加している。


クイズタイムショック

1960年代のクイズ番組を紹介。「アップダウンクイズ」(TBS)は、時事に関する早押しクイズに挑戦し、正解するとゴンドラが上昇した。司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。10問正解でハワイ旅行がプレゼントされた。また、アシスタントのパンチラが見えるのが好評だった。政治家が学生時代に出て、ハワイに行ったことがあるという。

1969年に放送を開始した「タイムショック」(テレ朝)は現在も特番として続いている。司会は俳優。1分間に全12問のクイズに挑戦し、全問正解のパーフェクトで賞金100万円がもらえた。「今 何問目?」などの引っかけ問題が生まれた。

1969年に放送を開始した「ベルトクイズQ&Q」(TBS)は視聴者参加型クイズ番組で、司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。昼の帯番組として放送していた。ちびまる子ちゃんのおじいちゃんも参加している。


テレビ朝日

1960年代のクイズ番組を紹介。「アップダウンクイズ」(TBS)は、時事に関する早押しクイズに挑戦し、正解するとゴンドラが上昇した。司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。10問正解でハワイ旅行がプレゼントされた。また、アシスタントのパンチラが見えるのが好評だった。政治家が学生時代に出て、ハワイに行ったことがあるという。

1969年に放送を開始した「タイムショック」(テレ朝)は現在も特番として続いている。司会は俳優。1分間に全12問のクイズに挑戦し、全問正解のパーフェクトで賞金100万円がもらえた。「今 何問目?」などの引っかけ問題が生まれた。

1969年に放送を開始した「ベルトクイズQ&Q」(TBS)は視聴者参加型クイズ番組で、司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。昼の帯番組として放送していた。ちびまる子ちゃんのおじいちゃんも参加している。


ベルトクイズQ&Q

1960年代のクイズ番組を紹介。「アップダウンクイズ」(TBS)は、時事に関する早押しクイズに挑戦し、正解するとゴンドラが上昇した。司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。10問正解でハワイ旅行がプレゼントされた。また、アシスタントのパンチラが見えるのが好評だった。政治家が学生時代に出て、ハワイに行ったことがあるという。

1969年に放送を開始した「タイムショック」(テレ朝)は現在も特番として続いている。司会は俳優。1分間に全12問のクイズに挑戦し、全問正解のパーフェクトで賞金100万円がもらえた。「今 何問目?」などの引っかけ問題が生まれた。

1969年に放送を開始した「ベルトクイズQ&Q」(TBS)は視聴者参加型クイズ番組で、司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。昼の帯番組として放送していた。ちびまる子ちゃんのおじいちゃんも参加している。


ちびまる子ちゃん

1960年代のクイズ番組を紹介。「アップダウンクイズ」(TBS)は、時事に関する早押しクイズに挑戦し、正解するとゴンドラが上昇した。司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。10問正解でハワイ旅行がプレゼントされた。また、アシスタントのパンチラが見えるのが好評だった。政治家が学生時代に出て、ハワイに行ったことがあるという。

1969年に放送を開始した「タイムショック」(テレ朝)は現在も特番として続いている。司会は俳優。1分間に全12問のクイズに挑戦し、全問正解のパーフェクトで賞金100万円がもらえた。「今 何問目?」などの引っかけ問題が生まれた。

1969年に放送を開始した「ベルトクイズQ&Q」(TBS)は視聴者参加型クイズ番組で、司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。昼の帯番組として放送していた。ちびまる子ちゃんのおじいちゃんも参加している。


TBSテレビ

1960年代のクイズ番組を紹介。「アップダウンクイズ」(TBS)は、時事に関する早押しクイズに挑戦し、正解するとゴンドラが上昇した。司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。10問正解でハワイ旅行がプレゼントされた。また、アシスタントのパンチラが見えるのが好評だった。政治家が学生時代に出て、ハワイに行ったことがあるという。

1969年に放送を開始した「タイムショック」(テレ朝)は現在も特番として続いている。司会は俳優。1分間に全12問のクイズに挑戦し、全問正解のパーフェクトで賞金100万円がもらえた。「今 何問目?」などの引っかけ問題が生まれた。

1969年に放送を開始した「ベルトクイズQ&Q」(TBS)は視聴者参加型クイズ番組で、司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。昼の帯番組として放送していた。ちびまる子ちゃんのおじいちゃんも参加している。


パネルクイズ アタック25

1970年代前半のクイズ番組を紹介。1975年に放送が始まった「アタック25」(テレ朝)は今でも放送されている最長寿クイズ番組で、司会は俳優。俳優が体調を崩したときに板東英二が司会を務めたことがある。

1975年に放送が始まった「ぴったしカンカン」(TBS)の司会はアナウンサー・キャスター・リポーターで、タレントが出演した視聴者参加型番組だった。番組では「政治家の昼食は?」という問題が出されたことがある。正解が「チキンカレー」。『ぼにゃらら』という言葉はこの番組で生まれた。現在放送されている「ぴったんこカン・カン」のエンディングテロップの原案には脚本家・演出家・監督という名前があるが、これはタレントのペンネームで現在も名前を残している。


テレビ朝日

1970年代前半のクイズ番組を紹介。1975年に放送が始まった「アタック25」(テレ朝)は今でも放送されている最長寿クイズ番組で、司会は俳優。俳優が体調を崩したときに板東英二が司会を務めたことがある。

1975年に放送が始まった「ぴったしカンカン」(TBS)の司会はアナウンサー・キャスター・リポーターで、タレントが出演した視聴者参加型番組だった。番組では「政治家の昼食は?」という問題が出されたことがある。正解が「チキンカレー」。『ぼにゃらら』という言葉はこの番組で生まれた。現在放送されている「ぴったんこカン・カン」のエンディングテロップの原案には脚本家・演出家・監督という名前があるが、これはタレントのペンネームで現在も名前を残している。


TBSテレビ

1970年代前半のクイズ番組を紹介。1975年に放送が始まった「アタック25」(テレ朝)は今でも放送されている最長寿クイズ番組で、司会は俳優。俳優が体調を崩したときに板東英二が司会を務めたことがある。

1975年に放送が始まった「ぴったしカンカン」(TBS)の司会はアナウンサー・キャスター・リポーターで、タレントが出演した視聴者参加型番組だった。番組では「政治家の昼食は?」という問題が出されたことがある。正解が「チキンカレー」。『ぼにゃらら』という言葉はこの番組で生まれた。現在放送されている「ぴったんこカン・カン」のエンディングテロップの原案には脚本家・演出家・監督という名前があるが、これはタレントのペンネームで現在も名前を残している。


ぴったしカン・カン

1970年代前半のクイズ番組を紹介。1975年に放送が始まった「アタック25」(テレ朝)は今でも放送されている最長寿クイズ番組で、司会は俳優。俳優が体調を崩したときに板東英二が司会を務めたことがある。

1975年に放送が始まった「ぴったしカンカン」(TBS)の司会はアナウンサー・キャスター・リポーターで、タレントが出演した視聴者参加型番組だった。番組では「政治家の昼食は?」という問題が出されたことがある。正解が「チキンカレー」。『ぼにゃらら』という言葉はこの番組で生まれた。現在放送されている「ぴったんこカン・カン」のエンディングテロップの原案には脚本家・演出家・監督という名前があるが、これはタレントのペンネームで現在も名前を残している。


ぴったんこカン・カン

1970年代前半のクイズ番組を紹介。1975年に放送が始まった「アタック25」(テレ朝)は今でも放送されている最長寿クイズ番組で、司会は俳優。俳優が体調を崩したときに板東英二が司会を務めたことがある。

1975年に放送が始まった「ぴったしカンカン」(TBS)の司会はアナウンサー・キャスター・リポーターで、タレントが出演した視聴者参加型番組だった。番組では「政治家の昼食は?」という問題が出されたことがある。正解が「チキンカレー」。『ぼにゃらら』という言葉はこの番組で生まれた。現在放送されている「ぴったんこカン・カン」のエンディングテロップの原案には脚本家・演出家・監督という名前があるが、これはタレントのペンネームで現在も名前を残している。


クイズダービー

1970年代後半のクイズ番組を紹介。1976年に始まった「クイズダービー」(TBS)は競馬をモチーフにしたクイズ番組で、司会はタレント。回答者には宮崎美子や芸術家・写真家・デザイナーがいた。1問目でいきなり、芸術家・写真家・デザイナーに持ち点全てを人たちがいた。詳細はCMのあと。


TBSテレビ

1970年代後半のクイズ番組を紹介。1976年に始まった「クイズダービー」(TBS)は競馬をモチーフにしたクイズ番組で、司会はタレント。回答者には宮崎美子や芸術家・写真家・デザイナーがいた。1問目でいきなり、芸術家・写真家・デザイナーに持ち点全てを人たちがいた。詳細はCMのあと。


クイズ番組の歴史

クイズダービー

1970年代後半のクイズ番組を紹介。1976年に始まった「クイズダービー」(TBS)は競馬をモチーフにしたクイズ番組で、司会はタレント。回答者には宮崎美子や芸術家・写真家・デザイナーがいた。タレントは、1問目でいきなり、芸術家・写真家・デザイナーに持ち点全てかけようとした。また、タレントは回答者席にいたのに、芸術家・写真家・デザイナーに1000点かけようとしたという。

1976年に始まった「クイズ・ドレミファドン」(フジ)はイントロの曲当てなど音楽に関する問題のクイズ番組で、司会は俳優。この番組で黒ひげ危機一発が有名になった。

1977年に始まった「アメリカ横断ウルトラクイズ」(日テレ)は一般参加者たちがニューヨークを目指しクイズに挑戦する大型ロケのクイズ番組で、司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。1回の制作費は約1億円だった。使用する問題数は2000問以上あった。最高視聴率は34.5%。

1979年に始まった「象印クイズ ヒントでピント」(テレ朝)は、モザイク問題など当時の最新技術を駆使したハイテククイズ番組で、司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。タレントも出演している。

1979年に始まった「クイズ100人に聞きました」(TBS)は、一般人100人に対して行ったアンケート結果を予想して解答するクイズ番組で、司会はタレント。詳細はCMのあと。


TBSテレビ

1970年代後半のクイズ番組を紹介。1976年に始まった「クイズダービー」(TBS)は競馬をモチーフにしたクイズ番組で、司会はタレント。回答者には宮崎美子や芸術家・写真家・デザイナーがいた。タレントは、1問目でいきなり、芸術家・写真家・デザイナーに持ち点全てかけようとした。また、タレントは回答者席にいたのに、芸術家・写真家・デザイナーに1000点かけようとしたという。

1976年に始まった「クイズ・ドレミファドン」(フジ)はイントロの曲当てなど音楽に関する問題のクイズ番組で、司会は俳優。この番組で黒ひげ危機一発が有名になった。

1977年に始まった「アメリカ横断ウルトラクイズ」(日テレ)は一般参加者たちがニューヨークを目指しクイズに挑戦する大型ロケのクイズ番組で、司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。1回の制作費は約1億円だった。使用する問題数は2000問以上あった。最高視聴率は34.5%。

1979年に始まった「象印クイズ ヒントでピント」(テレ朝)は、モザイク問題など当時の最新技術を駆使したハイテククイズ番組で、司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。タレントも出演している。

1979年に始まった「クイズ100人に聞きました」(TBS)は、一般人100人に対して行ったアンケート結果を予想して解答するクイズ番組で、司会はタレント。詳細はCMのあと。


クイズ・ドレミファドン

1970年代後半のクイズ番組を紹介。1976年に始まった「クイズダービー」(TBS)は競馬をモチーフにしたクイズ番組で、司会はタレント。回答者には宮崎美子や芸術家・写真家・デザイナーがいた。タレントは、1問目でいきなり、芸術家・写真家・デザイナーに持ち点全てかけようとした。また、タレントは回答者席にいたのに、芸術家・写真家・デザイナーに1000点かけようとしたという。

1976年に始まった「クイズ・ドレミファドン」(フジ)はイントロの曲当てなど音楽に関する問題のクイズ番組で、司会は俳優。この番組で黒ひげ危機一発が有名になった。

1977年に始まった「アメリカ横断ウルトラクイズ」(日テレ)は一般参加者たちがニューヨークを目指しクイズに挑戦する大型ロケのクイズ番組で、司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。1回の制作費は約1億円だった。使用する問題数は2000問以上あった。最高視聴率は34.5%。

1979年に始まった「象印クイズ ヒントでピント」(テレ朝)は、モザイク問題など当時の最新技術を駆使したハイテククイズ番組で、司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。タレントも出演している。

1979年に始まった「クイズ100人に聞きました」(TBS)は、一般人100人に対して行ったアンケート結果を予想して解答するクイズ番組で、司会はタレント。詳細はCMのあと。


黒ひげ危機一発

1970年代後半のクイズ番組を紹介。1976年に始まった「クイズダービー」(TBS)は競馬をモチーフにしたクイズ番組で、司会はタレント。回答者には宮崎美子や芸術家・写真家・デザイナーがいた。タレントは、1問目でいきなり、芸術家・写真家・デザイナーに持ち点全てかけようとした。また、タレントは回答者席にいたのに、芸術家・写真家・デザイナーに1000点かけようとしたという。

1976年に始まった「クイズ・ドレミファドン」(フジ)はイントロの曲当てなど音楽に関する問題のクイズ番組で、司会は俳優。この番組で黒ひげ危機一発が有名になった。

1977年に始まった「アメリカ横断ウルトラクイズ」(日テレ)は一般参加者たちがニューヨークを目指しクイズに挑戦する大型ロケのクイズ番組で、司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。1回の制作費は約1億円だった。使用する問題数は2000問以上あった。最高視聴率は34.5%。

1979年に始まった「象印クイズ ヒントでピント」(テレ朝)は、モザイク問題など当時の最新技術を駆使したハイテククイズ番組で、司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。タレントも出演している。

1979年に始まった「クイズ100人に聞きました」(TBS)は、一般人100人に対して行ったアンケート結果を予想して解答するクイズ番組で、司会はタレント。詳細はCMのあと。


フジテレビジョン

1970年代後半のクイズ番組を紹介。1976年に始まった「クイズダービー」(TBS)は競馬をモチーフにしたクイズ番組で、司会はタレント。回答者には宮崎美子や芸術家・写真家・デザイナーがいた。タレントは、1問目でいきなり、芸術家・写真家・デザイナーに持ち点全てかけようとした。また、タレントは回答者席にいたのに、芸術家・写真家・デザイナーに1000点かけようとしたという。

1976年に始まった「クイズ・ドレミファドン」(フジ)はイントロの曲当てなど音楽に関する問題のクイズ番組で、司会は俳優。この番組で黒ひげ危機一発が有名になった。

1977年に始まった「アメリカ横断ウルトラクイズ」(日テレ)は一般参加者たちがニューヨークを目指しクイズに挑戦する大型ロケのクイズ番組で、司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。1回の制作費は約1億円だった。使用する問題数は2000問以上あった。最高視聴率は34.5%。

1979年に始まった「象印クイズ ヒントでピント」(テレ朝)は、モザイク問題など当時の最新技術を駆使したハイテククイズ番組で、司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。タレントも出演している。

1979年に始まった「クイズ100人に聞きました」(TBS)は、一般人100人に対して行ったアンケート結果を予想して解答するクイズ番組で、司会はタレント。詳細はCMのあと。


ウルトラクイズ

1970年代後半のクイズ番組を紹介。1976年に始まった「クイズダービー」(TBS)は競馬をモチーフにしたクイズ番組で、司会はタレント。回答者には宮崎美子や芸術家・写真家・デザイナーがいた。タレントは、1問目でいきなり、芸術家・写真家・デザイナーに持ち点全てかけようとした。また、タレントは回答者席にいたのに、芸術家・写真家・デザイナーに1000点かけようとしたという。

1976年に始まった「クイズ・ドレミファドン」(フジ)はイントロの曲当てなど音楽に関する問題のクイズ番組で、司会は俳優。この番組で黒ひげ危機一発が有名になった。

1977年に始まった「アメリカ横断ウルトラクイズ」(日テレ)は一般参加者たちがニューヨークを目指しクイズに挑戦する大型ロケのクイズ番組で、司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。1回の制作費は約1億円だった。使用する問題数は2000問以上あった。最高視聴率は34.5%。

1979年に始まった「象印クイズ ヒントでピント」(テレ朝)は、モザイク問題など当時の最新技術を駆使したハイテククイズ番組で、司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。タレントも出演している。

1979年に始まった「クイズ100人に聞きました」(TBS)は、一般人100人に対して行ったアンケート結果を予想して解答するクイズ番組で、司会はタレント。詳細はCMのあと。


日本テレビ

1970年代後半のクイズ番組を紹介。1976年に始まった「クイズダービー」(TBS)は競馬をモチーフにしたクイズ番組で、司会はタレント。回答者には宮崎美子や芸術家・写真家・デザイナーがいた。タレントは、1問目でいきなり、芸術家・写真家・デザイナーに持ち点全てかけようとした。また、タレントは回答者席にいたのに、芸術家・写真家・デザイナーに1000点かけようとしたという。

1976年に始まった「クイズ・ドレミファドン」(フジ)はイントロの曲当てなど音楽に関する問題のクイズ番組で、司会は俳優。この番組で黒ひげ危機一発が有名になった。

1977年に始まった「アメリカ横断ウルトラクイズ」(日テレ)は一般参加者たちがニューヨークを目指しクイズに挑戦する大型ロケのクイズ番組で、司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。1回の制作費は約1億円だった。使用する問題数は2000問以上あった。最高視聴率は34.5%。

1979年に始まった「象印クイズ ヒントでピント」(テレ朝)は、モザイク問題など当時の最新技術を駆使したハイテククイズ番組で、司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。タレントも出演している。

1979年に始まった「クイズ100人に聞きました」(TBS)は、一般人100人に対して行ったアンケート結果を予想して解答するクイズ番組で、司会はタレント。詳細はCMのあと。


テレビ朝日

1970年代後半のクイズ番組を紹介。1976年に始まった「クイズダービー」(TBS)は競馬をモチーフにしたクイズ番組で、司会はタレント。回答者には宮崎美子や芸術家・写真家・デザイナーがいた。タレントは、1問目でいきなり、芸術家・写真家・デザイナーに持ち点全てかけようとした。また、タレントは回答者席にいたのに、芸術家・写真家・デザイナーに1000点かけようとしたという。

1976年に始まった「クイズ・ドレミファドン」(フジ)はイントロの曲当てなど音楽に関する問題のクイズ番組で、司会は俳優。この番組で黒ひげ危機一発が有名になった。

1977年に始まった「アメリカ横断ウルトラクイズ」(日テレ)は一般参加者たちがニューヨークを目指しクイズに挑戦する大型ロケのクイズ番組で、司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。1回の制作費は約1億円だった。使用する問題数は2000問以上あった。最高視聴率は34.5%。

1979年に始まった「象印クイズ ヒントでピント」(テレ朝)は、モザイク問題など当時の最新技術を駆使したハイテククイズ番組で、司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。タレントも出演している。

1979年に始まった「クイズ100人に聞きました」(TBS)は、一般人100人に対して行ったアンケート結果を予想して解答するクイズ番組で、司会はタレント。詳細はCMのあと。


象印クイズ ヒントでピント

1970年代後半のクイズ番組を紹介。1976年に始まった「クイズダービー」(TBS)は競馬をモチーフにしたクイズ番組で、司会はタレント。回答者には宮崎美子や芸術家・写真家・デザイナーがいた。タレントは、1問目でいきなり、芸術家・写真家・デザイナーに持ち点全てかけようとした。また、タレントは回答者席にいたのに、芸術家・写真家・デザイナーに1000点かけようとしたという。

1976年に始まった「クイズ・ドレミファドン」(フジ)はイントロの曲当てなど音楽に関する問題のクイズ番組で、司会は俳優。この番組で黒ひげ危機一発が有名になった。

1977年に始まった「アメリカ横断ウルトラクイズ」(日テレ)は一般参加者たちがニューヨークを目指しクイズに挑戦する大型ロケのクイズ番組で、司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。1回の制作費は約1億円だった。使用する問題数は2000問以上あった。最高視聴率は34.5%。

1979年に始まった「象印クイズ ヒントでピント」(テレ朝)は、モザイク問題など当時の最新技術を駆使したハイテククイズ番組で、司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。タレントも出演している。

1979年に始まった「クイズ100人に聞きました」(TBS)は、一般人100人に対して行ったアンケート結果を予想して解答するクイズ番組で、司会はタレント。詳細はCMのあと。


TBSテレビ

1970年代後半のクイズ番組を紹介。1976年に始まった「クイズダービー」(TBS)は競馬をモチーフにしたクイズ番組で、司会はタレント。回答者には宮崎美子や芸術家・写真家・デザイナーがいた。タレントは、1問目でいきなり、芸術家・写真家・デザイナーに持ち点全てかけようとした。また、タレントは回答者席にいたのに、芸術家・写真家・デザイナーに1000点かけようとしたという。

1976年に始まった「クイズ・ドレミファドン」(フジ)はイントロの曲当てなど音楽に関する問題のクイズ番組で、司会は俳優。この番組で黒ひげ危機一発が有名になった。

1977年に始まった「アメリカ横断ウルトラクイズ」(日テレ)は一般参加者たちがニューヨークを目指しクイズに挑戦する大型ロケのクイズ番組で、司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。1回の制作費は約1億円だった。使用する問題数は2000問以上あった。最高視聴率は34.5%。

1979年に始まった「象印クイズ ヒントでピント」(テレ朝)は、モザイク問題など当時の最新技術を駆使したハイテククイズ番組で、司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。タレントも出演している。

1979年に始まった「クイズ100人に聞きました」(TBS)は、一般人100人に対して行ったアンケート結果を予想して解答するクイズ番組で、司会はタレント。詳細はCMのあと。


クイズ100人に聞きました

1970年代後半のクイズ番組を紹介。1976年に始まった「クイズダービー」(TBS)は競馬をモチーフにしたクイズ番組で、司会はタレント。回答者には宮崎美子や芸術家・写真家・デザイナーがいた。タレントは、1問目でいきなり、芸術家・写真家・デザイナーに持ち点全てかけようとした。また、タレントは回答者席にいたのに、芸術家・写真家・デザイナーに1000点かけようとしたという。

1976年に始まった「クイズ・ドレミファドン」(フジ)はイントロの曲当てなど音楽に関する問題のクイズ番組で、司会は俳優。この番組で黒ひげ危機一発が有名になった。

1977年に始まった「アメリカ横断ウルトラクイズ」(日テレ)は一般参加者たちがニューヨークを目指しクイズに挑戦する大型ロケのクイズ番組で、司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。1回の制作費は約1億円だった。使用する問題数は2000問以上あった。最高視聴率は34.5%。

1979年に始まった「象印クイズ ヒントでピント」(テレ朝)は、モザイク問題など当時の最新技術を駆使したハイテククイズ番組で、司会はアナウンサー・キャスター・リポーター。タレントも出演している。

1979年に始まった「クイズ100人に聞きました」(TBS)は、一般人100人に対して行ったアンケート結果を予想して解答するクイズ番組で、司会はタレント。詳細はCMのあと。


クイズ番組の歴史

クイズ100人に聞きました

1979年に始まった「クイズ100人に聞きました」(TBS)は、一般人100人に対して行ったアンケート結果を予想して解答するクイズ番組で、司会はタレント。タレントも出演していた。この番組で、司会者がスタジオを歩き回るというスタイルが生まれた。


TBSテレビ

1979年に始まった「クイズ100人に聞きました」(TBS)は、一般人100人に対して行ったアンケート結果を予想して解答するクイズ番組で、司会はタレント。タレントも出演していた。この番組で、司会者がスタジオを歩き回るというスタイルが生まれた。


(エンディング)

提供

(エンディング)

「タカトシの時間ですよ!」2012年8月29日(水)放送内容「タカトシの時間ですよ!」2012年9月12日(水)放送内容

2012年08月 2012年09月 2012年10月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
  • 「タカトシの時間ですよ!」で紹介されたすべての情報
  • 「タカトシの時間ですよ!」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「タカトシの時間ですよ!」で紹介された音楽・CD
  • 「タカトシの時間ですよ!」で紹介された映画・DVD
  • 「タカトシの時間ですよ!」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「タカトシの時間ですよ!」で紹介されたグルメ情報
  • 「タカトシの時間ですよ!」で紹介された料理レシピ
  • 「タカトシの時間ですよ!」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「タカトシの時間ですよ!」で紹介された観光・地域情報
  • 「タカトシの時間ですよ!」で紹介されたイベント情報
  • 「タカトシの時間ですよ!」で紹介された雑学・豆知識