ホーム > テレビ紹介情報 > TBS > 予約殺到!スゴ腕の専門外来SP!!
テレビ紹介情報

「予約殺到!スゴ腕の専門外来SP!!」で紹介された情報

「予約殺到!スゴ腕の専門外来SP!!」で紹介されたすべての情報 ( 62 / 62 ページ )

大阪大学院医学系研究科付属最先端医療イノベーションセンター

File No.3 思ったとおりにロボットが動く。身体の自由が失われたとき、手助けとなる最新技術がBMI(ブレイン・マシン・インターフェイス)。脳波などをコンピューターが解析し、ロボットなどを操作する技術。大阪大学院医学系研究科付属最先端医療イノベーションセンターではBMIを医療に応用し、装置の開発を進めている。開発しているのは、脳外科手術により電極を脳の表面に直接置き、脳波を測定する。頭蓋骨に取り付けた装置から脳波データを送信し、脳波をコンピュータが解読する。頭の中で考えた動作をロボットが操作することができる。実用化に向け研究が進められている。


塚原デンタルクリニック

File No.2 歯医者さんで再生医療。東京・千代田区にある塚原デンタルクリニックではインプラント治療での抜歯における問題点が解消できるという。抜歯後、歯を支える骨は萎縮し細くなるため、インプラントの土台として不安定になってしまう。そこで、骨を本来の太さにする再生治療が行われている。PRGEという血漿で増殖因子を活性化し、骨を再生する治療法を行う。濃縮した血漿をゲル状にし、人工骨とともに抜歯した部分に入れる。すると、抜歯後2〜3か月で骨が再生し、従来よりも傷の治りが早い。


頭頚部がん

最先端医療を紹介。File No.1 仕事の合間にがん治療。大阪市にある大阪重粒子線センターでは放射線の中でも特に強力な重粒子線をがんに放射し死滅させる。重粒子線の特徴はがん病巣で最も線量が高いこと。そのため、正常組織への影響が少ない。施設内の加速器では重粒子のエネルギーを高めるため、光速の約70%まで加速させている。仕事をしながらの治療ができるという。頭頚部がんの70代の男性は照射時間は約7分、治療の目安は4週間で16回行う。重粒子線で治療できるがんは全身くまなく対応でき、一部には保険が適用されるものもある。


がん

最先端医療を紹介。File No.1 仕事の合間にがん治療。大阪市にある大阪重粒子線センターでは放射線の中でも特に強力な重粒子線をがんに放射し死滅させる。重粒子線の特徴はがん病巣で最も線量が高いこと。そのため、正常組織への影響が少ない。施設内の加速器では重粒子のエネルギーを高めるため、光速の約70%まで加速させている。仕事をしながらの治療ができるという。頭頚部がんの70代の男性は照射時間は約7分、治療の目安は4週間で16回行う。重粒子線で治療できるがんは全身くまなく対応でき、一部には保険が適用されるものもある。


大阪重粒子線センター

最先端医療を紹介。File No.1 仕事の合間にがん治療。大阪市にある大阪重粒子線センターでは放射線の中でも特に強力な重粒子線をがんに放射し死滅させる。重粒子線の特徴はがん病巣で最も線量が高いこと。そのため、正常組織への影響が少ない。施設内の加速器では重粒子のエネルギーを高めるため、光速の約70%まで加速させている。仕事をしながらの治療ができるという。頭頚部がんの70代の男性は照射時間は約7分、治療の目安は4週間で16回行う。重粒子線で治療できるがんは全身くまなく対応でき、一部には保険が適用されるものもある。


変形性股関節症

関節内にドリルを入れて穴を開けるフォッサプラスティという安永先生が生み出した軟骨を増やす治療法。関節の中心にあるフォッサに穴を開け出血させると、出血の刺激で軟骨が再生する。続いて、骨ノコで正常な股関節の骨を切除する。ドリルで骨に切れ目を入れ、湾曲ノミで切れ目に沿って骨を切断していく。かすかな音の変化でハンマーを打ち、股関節の骨の切断が完了する。切断した骨を回転させ、患者の骨で固定していく。レントゲンで回転度合いを確認する。ずらした骨は体内に吸収されるネジで留める。1年後には骨が癒着するという。手術時間は1時間半。


変形性股関節症

中西さんは安永先生の人工関節に頼らない関節温存手術を受ける。手術は寛骨臼回転骨切り術を行うという。切り取った骨を横にずらして、上半身の体重が分散され大腿骨のぐらつきをなくす。軟骨の減りが中程度までの患者に適用できる。安永先生がこれまで手がけたのは500例。まず、右の腰から太腿にかけて約25センチ切開する。直視しての執刀が安永流。神経を傷つけないように切開する。約20分で股関節の骨が現れる。股関節の間に内視鏡を入れて軟骨の減りを確認する。続いて、関節内にドリルを入れて穴を開ける。


ルネサンス東広島

変形性股関節症は患者の約9割が女性の病気。歩行が困難になることもある。原因のほとんどは股関節が元々小さいことによる。変形性股関節症に苦しむ中西さんは、寝てても痛く、階段の上り下りも困難。広島県立リハビリテーション病院の安永裕司先生は変形性股関節症のスゴ腕ドクター。変形性股関節症の治療の多くは、股関節を取り除き人工関節に置き換える方法。人工関節は傷口が小さく、入院日数が少なく、社会復帰が早いというメリットがある。しかし、人工関節の耐用年数は約20〜25年。人工関節入れ替えの再手術の可能性が出てくる。安永先生は人工関節の耐用年数を超える手術・関節温存手術を行っている。1年前に安永先生の手術を受けた女性は、痛みで眠れない日々を送っていたが、術後は快適だという。今ではエアロビクスのインストラクターをしている。


広島県立リハビリテーション病院

変形性股関節症は患者の約9割が女性の病気。歩行が困難になることもある。原因のほとんどは股関節が元々小さいことによる。変形性股関節症に苦しむ中西さんは、寝てても痛く、階段の上り下りも困難。広島県立リハビリテーション病院の安永裕司先生は変形性股関節症のスゴ腕ドクター。変形性股関節症の治療の多くは、股関節を取り除き人工関節に置き換える方法。人工関節は傷口が小さく、入院日数が少なく、社会復帰が早いというメリットがある。しかし、人工関節の耐用年数は約20〜25年。人工関節入れ替えの再手術の可能性が出てくる。安永先生は人工関節の耐用年数を超える手術・関節温存手術を行っている。1年前に安永先生の手術を受けた女性は、痛みで眠れない日々を送っていたが、術後は快適だという。今ではエアロビクスのインストラクターをしている。


変形性股関節症

変形性股関節症は患者の約9割が女性の病気。歩行が困難になることもある。原因のほとんどは股関節が元々小さいことによる。変形性股関節症に苦しむ中西さんは、寝てても痛く、階段の上り下りも困難。広島県立リハビリテーション病院の安永裕司先生は変形性股関節症のスゴ腕ドクター。変形性股関節症の治療の多くは、股関節を取り除き人工関節に置き換える方法。人工関節は傷口が小さく、入院日数が少なく、社会復帰が早いというメリットがある。しかし、人工関節の耐用年数は約20〜25年。人工関節入れ替えの再手術の可能性が出てくる。安永先生は人工関節の耐用年数を超える手術・関節温存手術を行っている。1年前に安永先生の手術を受けた女性は、痛みで眠れない日々を送っていたが、術後は快適だという。今ではエアロビクスのインストラクターをしている。


2018年12月 2019年01月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 「予約殺到!スゴ腕の専門外来SP!!」で紹介されたすべての情報
  • 「予約殺到!スゴ腕の専門外来SP!!」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「予約殺到!スゴ腕の専門外来SP!!」で紹介された音楽・CD
  • 「予約殺到!スゴ腕の専門外来SP!!」で紹介された映画・DVD
  • 「予約殺到!スゴ腕の専門外来SP!!」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「予約殺到!スゴ腕の専門外来SP!!」で紹介されたグルメ情報
  • 「予約殺到!スゴ腕の専門外来SP!!」で紹介された料理レシピ
  • 「予約殺到!スゴ腕の専門外来SP!!」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「予約殺到!スゴ腕の専門外来SP!!」で紹介された観光・地域情報
  • 「予約殺到!スゴ腕の専門外来SP!!」で紹介されたイベント情報
  • 「予約殺到!スゴ腕の専門外来SP!!」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する