ホーム > テレビ紹介情報 > TBS > 未来の起源
テレビ紹介情報

「未来の起源」で紹介された情報

「未来の起源」で紹介されたすべての情報 ( 52 / 52 ページ )

横浜国立大学

横浜国立大学大学院工学研究院の玉手亮多は自発的に修復するゲルの研究開発を行っている。玉手の開発したイオンゲルは水素結合によって修復することに成功し、修復を促す刺激を一切必要しないことが最も特徴である。玉手の開発した修復イオンゲルはプレキシブルなデバイスへの利用が期待されている。そんな玉手の原動力は人々をあっと驚かせる研究開発を行うことなどと語った。


「未来の起源」で紹介された音楽・CD

STEALTH

テーマ曲:押尾コータロー/STEALTH


東京理科大学

東京理科大学 理学部 応用化学科 椎名研究室の村田貴嗣さんは白血病のがん細胞を抑える「M-COPA」を開発。異常タンパク質の移動を阻止し、がん細胞を死滅することが出来、今後はがん全般の治療への応用が期待されている。そんな村田さんの原動力は、難病の薬を生み出したい夢のために研究すると話した。


「未来の起源」で紹介された音楽・CD

STEALTH

テーマ曲:押尾コータロー/STEALTH


関西大学

関西大学システム理工学部で発電の研究を行っている盛井航太さん(24歳)を紹介。磁石とコイルの位置関係で発電する電磁誘導を利用した仕組みだという。長寿命に設計可能で10年の稼働を目標にしている。実用化されているものよりもメンテナンスの回数を減らすことができ、トンネルや橋に埋め込むことで通過する車を利用して発電でき、老朽化するトンネルや橋の監視センサーの電源として期待されている。盛井さんにとって研究の原動力は、実用化に繋げて社会に貢献したい、その過程でスキルを高めて活躍できるようなエンジニアになりたいとの思い。


「未来の起源」で紹介された音楽・CD

STEALTH

テーマ曲:押尾コータロー/STEALTH


物質・材料研究機構

物質・材料研究機構のラダー・ウーは、世界一高い断熱性を持つ材料「ハイブリッドエアロゲル」を開発した。エアロゲルの中はほとんど隙間になっていて、凸凹した表面は、空気を含んでいる。透明性があり、粉末でも使用が可能になっている


「未来の起源」で紹介された音楽・CD

STEALTH

テーマ曲:押尾コータロー/STEALTH


九州大学

九州大学・生体防御医学研究所の助教授である前原一満はタンパク質「ヒストンH3mm7」は骨格筋の再生時に遺伝子の働きを高めることを判明した。これにより再生医療への応用が期待されている。前原は情報解析をメインに行なっており細胞を扱わないデータ解析の専門家として研究チームに在籍している。そんな前原にとって原動力は世の中の99%は苦しいことだが1%の楽しいことを見つけたときには、その1%を広げて見せたくなるなどと語った。


「未来の起源」で紹介された音楽・CD

STEALTH

テーマ曲:押尾コータロー/STEALTH


2018年05月 2018年06月 
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • 「未来の起源」で紹介されたすべての情報
  • 「未来の起源」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「未来の起源」で紹介された音楽・CD
  • 「未来の起源」で紹介された映画・DVD
  • 「未来の起源」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「未来の起源」で紹介されたグルメ情報
  • 「未来の起源」で紹介された料理レシピ
  • 「未来の起源」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「未来の起源」で紹介された観光・地域情報
  • 「未来の起源」で紹介されたイベント情報
  • 「未来の起源」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する