ホーム > テレビ紹介情報 > TBS > 未来の起源
テレビ紹介情報

「未来の起源」で紹介された情報

「未来の起源」で紹介されたすべての情報 ( 43 / 43 ページ )

宇都宮大学

宇都宮大学バイオサイエンス教育研究センターの准教授である児玉豊さんは植物が低温を感じる仕組みを発見し、「葉緑体」に注目して「フォトトロピン」というたんぱく質が低温で活性することを判明し、植物が温度を感じていることを推測した。児玉さんは温度を感じるメカニズムを変化させることで冬の時期でも安定した農作物の収量が期待できるとしている。そんな児玉さんの原動力は知りたいという好奇心などと語った。


「未来の起源」で紹介された音楽・CD

STEALTH

テーマ曲:押尾コータロー/STEALTH


宇都宮大学

宇都宮大学バイオサイエンス教育研究センターの研究員である坪山祥子さんは遺伝子組み換え技術の簡便化の研究を行なっている。従来の遺伝子組み換え作業法では2週間以上の時間を必要としていたが坪山さんは工程の8割を省略し、「細菌と溶液の混合液をかけて遺伝子を抜き出す」方法をとることで作業を4日で終わらせることを可能にした。坪山さんの発見により応用研究に時間を当てることなどが期待されている。そんな坪山さんの原動力は他の研究の役に立てたことなどと語った。


「未来の起源」で紹介された音楽・CD

STEALTH

テーマ曲:押尾コータロー/STEALTH


「未来の起源」で紹介された音楽・CD

STEALTH

テーマ曲:押尾コータロー/STEALTH


「未来の起源」で紹介された音楽・CD

STEALTH

テーマ曲:押尾コータロー/STEALTH


東京農工大学

東京農工大学農学研究院のハディアン・ペルマナさんは種子消毒の研究を行なっており、稲には無農薬の温湯消毒が低コストで効果的であることを突き止めた。またハディアンさんは研究を進めた結果、稲には熱に弱い品種があることを明らかにし、熱に弱い品種では種子を乾燥させ発芽率を高めることで消毒することに成功した。これにより熱に弱い品種では水分含有量の通常50%にまで乾燥させることで熱に強くすることが可能だと発見した。ハディアンさんの研究が実用化されると食卓には低価格な米が食卓に用意できるようになる。そんなハディアンさんの原動力は低価格にできたら母国での稲の品種が沢山になることなどと語った。


「未来の起源」で紹介された音楽・CD

STEALTH

テーマ曲:押尾コータロー/STEALTH


「未来の起源」で紹介された音楽・CD

STEALTH

テーマ曲:押尾コータロー/STEALTH


神奈川工科大学

神奈川工科大学大学院の永森丞さんは、家電に通信機能を持たせる機械を開発した。この機械を使えば、リモコンのない家電でも携帯端末で操作できて、外出先でも制御可能。


2017年08月 2017年09月 
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • 「未来の起源」で紹介されたすべての情報
  • 「未来の起源」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「未来の起源」で紹介された音楽・CD
  • 「未来の起源」で紹介された映画・DVD
  • 「未来の起源」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「未来の起源」で紹介されたグルメ情報
  • 「未来の起源」で紹介された料理レシピ
  • 「未来の起源」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「未来の起源」で紹介された観光・地域情報
  • 「未来の起源」で紹介されたイベント情報
  • 「未来の起源」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する