ホーム > テレビ紹介情報 > TBS > あさチャン!
テレビ紹介情報

「あさチャン!」で紹介された情報

「あさチャン!」で紹介されたすべての情報 ( 8530 / 8530 ページ )

「あさチャン!」で紹介されたグルメ情報

ハマグリ

産地ならではのこだわり料理を紹介。今回の食材は、青森県のホタテと熊本県のハマグリ。スタジオでどちらの料理が食べてみたいか判定する。勝ったほうがPRメッセージを流すことができる。宇垣が先にプレゼンする。

天然ハマグリを求めて、伊東楓が熊本市の有明海にやってきた。漁に同行させてもらった伊東は、よいしょという道具をつかってハマグリを獲った。腰につながった鎖でよいしょを引いていく作業は重労働だった。およそ3時間で1キロ程度のハマグリを手に入れた。天然ハマグリというだけあって、こちらでは稚貝をまいたりしていないという。

青柳という飲食店で、ハマグリの炊き込みごはんのつくりかたをおしえてもらった。ハマグリは加熱しすぎないのがよい。すべての貝の口がひらき、取り出したら、スープの完成。ハマグリからうまみがでるので味付けは醤油だけでよい。ハマグリの身は固くならないよう一番最後に入れる。ちなみにハマグリを殻から外すとき、スプーンを使い、蝶番の部分から下に向けて外すと、貝柱がきれいに外れる。

ホタテとハマグリについて対決についてスタジオトーク。両方の10秒最終プレゼンをし、ホタテ料理とハマグリ料理たべたいかスタジオでどっちがいいか選んだ。意見は「ホタテ」に一致した。織田さんは「卵の絡みが美味しそうに見えた」などコメントした。また、地元のPR映像を流した。


「あさチャン!」で紹介されたグルメ情報

ホタテ

産地ならではのこだわり料理を紹介。今回の食材は、青森県のホタテと熊本県のハマグリ。スタジオでどちらの料理が食べてみたいか判定する。勝ったほうがPRメッセージを流すことができる。宇垣が先にプレゼンする。

平内町にやってきた。ホタテ養殖発祥の地としてしられる。養殖といっても、海中の天然の植物性プランクトンなどを食べて、ホタテは成長する。その身は肉厚でまろやかな甘味をもつ。ここ陸奥湾には、八甲田山系と白神山地のブナ林から栄養豊富な水が注がれていて、エサが豊富にあるからだ。宇垣も漁をお手伝い。パールネットとよばれるカゴを引き上げるとホタテが大量にとれた。およそ3時間で2トン以上の水揚げだった。とれたてのホタテは生でもいける。試食した宇垣によると「圧勝」ということだった。

ホタテ広場で、宇垣がホタテ貝殻焼きみそのつくりかたを教わった。煮干しでダシを取る。ホタテを半生にするとおいしい。これをご飯にかけるのが青森流。ちなみに青森県では昔から直径15センチ以上のホタテの貝殻が鍋として使用されていた。今回も貝殻で料理をつくった。

ホタテとハマグリについて対決についてスタジオトーク。両方の10秒最終プレゼンをし、ホタテ料理とハマグリ料理たべたいかスタジオでどっちがいいか選んだ。意見は「ホタテ」に一致した。織田さんは「卵の絡みが美味しそうに見えた」などコメントした。また、地元のPR映像を流した。


「あさチャン!」で紹介されたグルメ情報

ハマグリの炊き込みごはん

青柳という飲食店で、ハマグリの炊き込みごはんのつくりかたをおしえてもらった。ハマグリは加熱しすぎないのがよい。すべての貝の口がひらき、取り出したら、スープの完成。ハマグリからうまみがでるので味付けは醤油だけでよい。ハマグリの身は固くならないよう一番最後に入れる。ちなみにハマグリを殻から外すとき、スプーンを使い、蝶番の部分から下に向けて外すと、貝柱がきれいに外れる。


「あさチャン!」で紹介されたグルメ情報

ハマグリのお吸い物

青柳という飲食店で、ハマグリの炊き込みごはんのつくりかたをおしえてもらった。ハマグリは加熱しすぎないのがよい。すべての貝の口がひらき、取り出したら、スープの完成。ハマグリからうまみがでるので味付けは醤油だけでよい。ハマグリの身は固くならないよう一番最後に入れる。ちなみにハマグリを殻から外すとき、スプーンを使い、蝶番の部分から下に向けて外すと、貝柱がきれいに外れる。


「あさチャン!」で紹介されたグルメ情報

ハマグリの天ぷら

青柳という飲食店で、ハマグリの炊き込みごはんのつくりかたをおしえてもらった。ハマグリは加熱しすぎないのがよい。すべての貝の口がひらき、取り出したら、スープの完成。ハマグリからうまみがでるので味付けは醤油だけでよい。ハマグリの身は固くならないよう一番最後に入れる。ちなみにハマグリを殻から外すとき、スプーンを使い、蝶番の部分から下に向けて外すと、貝柱がきれいに外れる。


「あさチャン!」で紹介されたグルメ情報

青柳という飲食店で、ハマグリの炊き込みごはんのつくりかたをおしえてもらった。ハマグリは加熱しすぎないのがよい。すべての貝の口がひらき、取り出したら、スープの完成。ハマグリからうまみがでるので味付けは醤油だけでよい。ハマグリの身は固くならないよう一番最後に入れる。ちなみにハマグリを殻から外すとき、スプーンを使い、蝶番の部分から下に向けて外すと、貝柱がきれいに外れる。


「あさチャン!」で紹介されたグルメ情報

薄口醤油

青柳という飲食店で、ハマグリの炊き込みごはんのつくりかたをおしえてもらった。ハマグリは加熱しすぎないのがよい。すべての貝の口がひらき、取り出したら、スープの完成。ハマグリからうまみがでるので味付けは醤油だけでよい。ハマグリの身は固くならないよう一番最後に入れる。ちなみにハマグリを殻から外すとき、スプーンを使い、蝶番の部分から下に向けて外すと、貝柱がきれいに外れる。


「あさチャン!」で紹介されたグルメ情報

あわせだし

青柳という飲食店で、ハマグリの炊き込みごはんのつくりかたをおしえてもらった。ハマグリは加熱しすぎないのがよい。すべての貝の口がひらき、取り出したら、スープの完成。ハマグリからうまみがでるので味付けは醤油だけでよい。ハマグリの身は固くならないよう一番最後に入れる。ちなみにハマグリを殻から外すとき、スプーンを使い、蝶番の部分から下に向けて外すと、貝柱がきれいに外れる。


「あさチャン!」で紹介されたレストラン・飲食店

青柳

青柳という飲食店で、ハマグリの炊き込みごはんのつくりかたをおしえてもらった。ハマグリは加熱しすぎないのがよい。すべての貝の口がひらき、取り出したら、スープの完成。ハマグリからうまみがでるので味付けは醤油だけでよい。ハマグリの身は固くならないよう一番最後に入れる。ちなみにハマグリを殻から外すとき、スプーンを使い、蝶番の部分から下に向けて外すと、貝柱がきれいに外れる。


「あさチャン!」で紹介されたグルメ情報

ほたて貝殻焼きみそ

ホタテ広場で、宇垣がホタテ貝殻焼きみそのつくりかたを教わった。煮干しでダシを取る。ホタテを半生にするとおいしい。これをご飯にかけるのが青森流。ちなみに青森県では昔から直径15センチ以上のホタテの貝殻が鍋として使用されていた。今回も貝殻で料理をつくった。


2017年03月 2017年04月 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
  • 「あさチャン!」で紹介されたすべての情報
  • 「あさチャン!」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「あさチャン!」で紹介された音楽・CD
  • 「あさチャン!」で紹介された映画・DVD
  • 「あさチャン!」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「あさチャン!」で紹介されたグルメ情報
  • 「あさチャン!」で紹介された料理レシピ
  • 「あさチャン!」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「あさチャン!」で紹介された観光・地域情報
  • 「あさチャン!」で紹介されたイベント情報
  • 「あさチャン!」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する