ホーム > テレビ紹介情報 > TBS > クレイジージャーニー
テレビ紹介情報

「クレイジージャーニー」で紹介された情報

「クレイジージャーニー」で紹介されたすべての情報 ( 99 / 99 ページ )

沈黙-サイレンス-

村上茂則さんは2017年にスコセッシ監督と対面している。スコセッシ監督の映画「沈黙-サイレンス-」は江戸時代初期を舞台にキリシタン弾圧の現実を描いた遠藤周作の著書を映画化したもの。映画のプロモーションに村上さんは特別ゲストとして招待された。


キリシタン洞窟

設楽は、かくれキリシタンが現在もいること自体が衝撃だと話した。枯松神社のような場所としてキリシタン洞窟を紹介した。洞窟に滴る水は信者にとっての聖水だと話した。熊本県の天草にも風習が残っていると話した。


長崎港

時代と共にかくれキリシタンの信者数は減少。3グループのうち1つは存続が厳しくなり村上氏のグループとの合併話が持ち上がっているという。残る1グループに取材できないかと村上氏に頼み、とある島に向う。そのグループは弾圧されて本当から逃げて行った人々だという。漁村には35世帯のかくれキリシタンが暮らしているという。吉田氏と村上氏の2人でリーダーの元へ向かった。1時間後、グループのリーダーと取材班が鉢合わせ、事情を話すとインタビューに応じてくれることとなった。


枯松神社

村上氏はオラショを見せてくれた。オラショとはかくれキリシタンのお祈りが記された書物で、大正時代にまとめたものだ。村上氏はかくれキリシタンのゆかりの地、枯松神社に案内してくれた。神社の中にはサン・ジワンのお墓が祀られていた。枯松神社には祈りの岩があり、その岩の下でかくれキリシタンはお祈りをしていたという。

設楽は、かくれキリシタンが現在もいること自体が衝撃だと話した。枯松神社のような場所としてキリシタン洞窟を紹介した。洞窟に滴る水は信者にとっての聖水だと話した。熊本県の天草にも風習が残っていると話した。

今月、潜伏キリシタン関連遺産に世界遺産への登録勧告がなされた。ニュースを受けて村上さんを尋ねた。村上さんは、日の目を出るような感じで喜んでいると話した。しかし枯松神社が構成資産に含まれていない事が残念だと話した。村上さんは、今後も信仰を続け、文化を伝えるのが自分の役目だと思っていると話した。


朝日新聞

今月4日、長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産に世界遺産への登録勧告がなされた。今夜はそれを記念して、かくれキリシタンの実態をお届け。


読売新聞

今月4日、長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産に世界遺産への登録勧告がなされた。今夜はそれを記念して、かくれキリシタンの実態をお届け。


iPhone

けろっぴは自身に埋め込んだマイクロチップの活用法について、個人情報やHP、写真のデータを入れることができると話した。


2018年04月 2018年05月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 「クレイジージャーニー」で紹介されたすべての情報
  • 「クレイジージャーニー」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「クレイジージャーニー」で紹介された音楽・CD
  • 「クレイジージャーニー」で紹介された映画・DVD
  • 「クレイジージャーニー」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「クレイジージャーニー」で紹介されたグルメ情報
  • 「クレイジージャーニー」で紹介された料理レシピ
  • 「クレイジージャーニー」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「クレイジージャーニー」で紹介された観光・地域情報
  • 「クレイジージャーニー」で紹介されたイベント情報
  • 「クレイジージャーニー」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する