テレビ紹介情報

「白熱ライブ ビビット」で紹介された情報

「白熱ライブ ビビット」で紹介されたグルメ情報 ( 467 / 467 ページ )

「白熱ライブ ビビット」で紹介されたグルメ情報

フォンダンタルト〜ストロベリー〜

2つ目はスイーツ。ルタオの「フォンダンタルト〜ストロベリー〜」は濃厚なクリームチーズとラズベリーとストロベリーの甘酸っぱさが大人の女性に大人気だという。春の大北海道展は今日から4月12日までとなっている。


「白熱ライブ ビビット」で紹介されたグルメ情報

いかめし

準備か着々と進む中、ひと際目を引いたのが美人。この女性は「いかめし 阿部商店」の今井麻椰さん。慶應大学卒業後、海外留学の経験を経てフリーアナウンサーも務めたという輝かしい経歴の持ち主。この「いかめし」も北海道展に出店している。


「白熱ライブ ビビット」で紹介されたグルメ情報

海鮮ちらし弁当

さらに、北海道沖で取れたいくらやカニ、うになどの海の幸をふんだんに使用。器もピンクで春らしいお弁当に。こだわりはカニのほぐし身。冷凍をせず、新鮮な風味をそのままお客様に提供している。ここでしか味わえない限定商品だ。

新宿・京王百貨店から中継。準備は最終段階に入り、辺りからいい匂いが立ち込めている。今回のオススメは2つ。「函館朝市 栄屋」。この会場には海鮮ちらし弁当が何種類もあるがその中でもこの「栄屋」は真ん中にサーモンでかたどった花びらがある。この他にうに、いくら、ほたて、カニなど豪華な一品となっている。


「白熱ライブ ビビット」で紹介されたグルメ情報

苺のソシソン

中でも注目が「苺のソシソン」。ソシソンとはフランス語でサラミのこと。苺味のチョコレートで作ったフランスの伝統菓子。中にはマシュマロとくるみが入っており、食感がクセになるスイーツだ。


「白熱ライブ ビビット」で紹介されたグルメ情報

チェリージュエリー

各店舗、準備に追われる店内では目を引くのは色鮮やかなピンクのスイーツ。サクサクの生地に人気のアイスプリン「札幌カタラーナ」を詰め込んだアイスタルトや北海道産さくらんぼジャムをクッキーではさみチョコレートでコーティングした洋菓子などピンクスイーツが目白押し。


「白熱ライブ ビビット」で紹介されたグルメ情報

札幌カタラーナタルトいちご

各店舗、準備に追われる店内では目を引くのは色鮮やかなピンクのスイーツ。サクサクの生地に人気のアイスプリン「札幌カタラーナ」を詰め込んだアイスタルトや北海道産さくらんぼジャムをクッキーではさみチョコレートでコーティングした洋菓子などピンクスイーツが目白押し。


「白熱ライブ ビビット」で紹介されたグルメ情報

豆腐

つづいてお邪魔したのは、4年前に、東京町田市から移住した中村さん夫婦。140坪に新築4LDKを3000万円で購入した。中村さんには宮古島に来てはじめた趣味がある。海の水を濾過して塩を作るのが趣味だとのこと。海水を煮詰めて作る。そのときに出たにがりで、豆腐を作るという。町田市では、兄から引き継いだ電気店を40年営んだ。暖かいところで、生活した方がいいと思い、移住したらしい。妻の順子さんは重いリウマチだという。そのこともあり年間平均気温の高い宮古島への移住を決めた。それに、医療関係が充実しているという。離島の中では最も病院の数が多い。大型の総合病院がふたつある。順子さんのリウマチは症状が軽くなったという。


「白熱ライブ ビビット」で紹介されたグルメ情報

パパイア

沖縄・宮古島市は人口約5万人で年間平均気温23度と暖かく南国の島とされる。今回は都会から移住してきた3つの家族を取材した。約9年前に新潟から移住してきた佐藤夫婦は、18畳の広々したリビングや台風など災害時の避難小屋として建っていた約300坪の土地を約400万円で購入し1人でリフォームしながら庭も整備して約1年で作り上げた。3LDKという素敵な家が完成し、リフォーム代全て合わせ約700万円かかったという。整備された庭にはビニールハウスもあり、業者に頼まず建築関係の仕事の活躍のおかげで夫・佐藤さん1人で作ったという。ビニールハウスにはバナナやパパイヤなど南国の果物を育てている。雪国・新潟で生まれ育った佐藤夫婦は、老後に南の島への移住を計画したまたま旅行で立ち寄った宮古島の魅力に惹かれ移住を決めたという。生活費は新潟より半分の値段で生活できていることがわかり、年金暮らしでも十分生活できると佐藤さん夫婦は話した。ほかにも三線や日舞など趣味にハマりライフを楽しんでいる。


「白熱ライブ ビビット」で紹介されたグルメ情報

バナナ

沖縄・宮古島市は人口約5万人で年間平均気温23度と暖かく南国の島とされる。今回は都会から移住してきた3つの家族を取材した。約9年前に新潟から移住してきた佐藤夫婦は、18畳の広々したリビングや台風など災害時の避難小屋として建っていた約300坪の土地を約400万円で購入し1人でリフォームしながら庭も整備して約1年で作り上げた。3LDKという素敵な家が完成し、リフォーム代全て合わせ約700万円かかったという。整備された庭にはビニールハウスもあり、業者に頼まず建築関係の仕事の活躍のおかげで夫・佐藤さん1人で作ったという。ビニールハウスにはバナナやパパイヤなど南国の果物を育てている。雪国・新潟で生まれ育った佐藤夫婦は、老後に南の島への移住を計画したまたま旅行で立ち寄った宮古島の魅力に惹かれ移住を決めたという。生活費は新潟より半分の値段で生活できていることがわかり、年金暮らしでも十分生活できると佐藤さん夫婦は話した。ほかにも三線や日舞など趣味にハマりライフを楽しんでいる。

宮古島の中古物件の相場は、2000万円-3000万円。入居率は99.9%。住宅情報センターの奥平さんが格安物件を紹介。海を一望、120坪の庭とBBQスペース付き物件。バナナも実る敷地面積205坪の豪邸。4LDK。値段は2200万円。激レア物件だ。次は、6DK庭付き激安物件。敷地面積127の庭付き一戸建て。築50年。中はおしゃれ。10年前にリフォーム済。10畳のダイニングなど。部屋数が多い。掘り出し物件だ。830万円だという。


「白熱ライブ ビビット」で紹介されたグルメ情報

マンゴー

沖縄・宮古島市は人口約5万人で年間平均気温23度と暖かく南国の島とされる。今回は都会から移住してきた3つの家族を取材した。約9年前に新潟から移住してきた佐藤夫婦は、18畳の広々したリビングや台風など災害時の避難小屋として建っていた約300坪の土地を約400万円で購入し1人でリフォームしながら庭も整備して約1年で作り上げた。3LDKという素敵な家が完成し、リフォーム代全て合わせ約700万円かかったという。整備された庭にはビニールハウスもあり、業者に頼まず建築関係の仕事の活躍のおかげで夫・佐藤さん1人で作ったという。ビニールハウスにはバナナやパパイヤなど南国の果物を育てている。雪国・新潟で生まれ育った佐藤夫婦は、老後に南の島への移住を計画したまたま旅行で立ち寄った宮古島の魅力に惹かれ移住を決めたという。生活費は新潟より半分の値段で生活できていることがわかり、年金暮らしでも十分生活できると佐藤さん夫婦は話した。ほかにも三線や日舞など趣味にハマりライフを楽しんでいる。


2018年08月 2018年09月 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
  • 「白熱ライブ ビビット」で紹介されたすべての情報
  • 「白熱ライブ ビビット」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「白熱ライブ ビビット」で紹介された音楽・CD
  • 「白熱ライブ ビビット」で紹介された映画・DVD
  • 「白熱ライブ ビビット」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「白熱ライブ ビビット」で紹介されたグルメ情報
  • 「白熱ライブ ビビット」で紹介された料理レシピ
  • 「白熱ライブ ビビット」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「白熱ライブ ビビット」で紹介された観光・地域情報
  • 「白熱ライブ ビビット」で紹介されたイベント情報
  • 「白熱ライブ ビビット」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する