ホーム > テレビ紹介情報 > TBS > サタデープラス
テレビ紹介情報

「サタデープラス」で紹介された情報

「サタデープラス」で紹介されたすべての情報 ( 960 / 960 ページ )

サタデープラス ホームページ

関根勤×柳原可奈子トークライブ 酷白8の告知。司会者が終わりの挨拶をした。


日経ホール

関根勤×柳原可奈子トークライブ 酷白8の告知。司会者が終わりの挨拶をした。


「サタデープラス」で紹介されたイベント情報

関根勤×柳原可奈子トークライブ 酷白8

関根勤×柳原可奈子トークライブ 酷白8の告知。司会者が終わりの挨拶をした。


「サタデープラス」で紹介された音楽・CD

勝手にしやがれ

アメリカの大統領が、サインペンをほしいと言っていると連絡があった。24ダースも送ってほしいというのだ。リンドン・ジョンソン大統領が、万年筆のインキが切れ、サインできなかった。そのときに報道官が差し出したのがぺんてるサインペンだった。無料で配っていたものをもらっていたのだ。大統領は、書きやすいと気に入った。アメリカの新聞や雑誌がこぞって記事にした。そして全米で大ヒット。1ヶ月で100万本を販売。サインペンは宇宙に飛んだという。有人宇宙飛行で、ぺんてるサインペンが使われた。無重力でもインクが漏れなかったのだ。宇宙を飛んだサインペンとして話題になった。現在では8色ある。長持ちする。発展途上国にも普及している。100.か国以上で22億本販売されている。

サインペンは日本の誇りだと丸山さんがいう。目立たないけどいいものがある。


サインペン

アメリカの大統領が、サインペンをほしいと言っていると連絡があった。24ダースも送ってほしいというのだ。リンドン・ジョンソン大統領が、万年筆のインキが切れ、サインできなかった。そのときに報道官が差し出したのがぺんてるサインペンだった。無料で配っていたものをもらっていたのだ。大統領は、書きやすいと気に入った。アメリカの新聞や雑誌がこぞって記事にした。そして全米で大ヒット。1ヶ月で100万本を販売。サインペンは宇宙に飛んだという。有人宇宙飛行で、ぺんてるサインペンが使われた。無重力でもインクが漏れなかったのだ。宇宙を飛んだサインペンとして話題になった。現在では8色ある。長持ちする。発展途上国にも普及している。100.か国以上で22億本販売されている。

サインペンは日本の誇りだと丸山さんがいう。目立たないけどいいものがある。


ぺんてる

アメリカの大統領が、サインペンをほしいと言っていると連絡があった。24ダースも送ってほしいというのだ。リンドン・ジョンソン大統領が、万年筆のインキが切れ、サインできなかった。そのときに報道官が差し出したのがぺんてるサインペンだった。無料で配っていたものをもらっていたのだ。大統領は、書きやすいと気に入った。アメリカの新聞や雑誌がこぞって記事にした。そして全米で大ヒット。1ヶ月で100万本を販売。サインペンは宇宙に飛んだという。有人宇宙飛行で、ぺんてるサインペンが使われた。無重力でもインクが漏れなかったのだ。宇宙を飛んだサインペンとして話題になった。現在では8色ある。長持ちする。発展途上国にも普及している。100.か国以上で22億本販売されている。

サインペンは日本の誇りだと丸山さんがいう。目立たないけどいいものがある。


「サタデープラス」で紹介された音楽・CD

勝手にしやがれ

書きやすいというぺんてるサインペン。愛用者には阿久悠さんもいた。沢田研二の勝手にしやがれなどもサインペンで書かれたのだろう。高級な万年筆ではなくぺんてるサインペンだったという。

1960年にプレイバック。年賀状の増加で筆記具が普及した。ぺんてる創業者は堀江幸夫。筆のようでボールペンのようなペンを作りたいと考えていた。水性のペンを作ろうと言い出した。水性は中綿にインクが浸透しにくい。水性のインクはサラサラして、インクがこぼれてしまう。中綿にアクリル繊維を採用した。ペン先を硬くした。最大の試練が待っていた。キャップを開けるとインクが吹き出してきた。空気が膨張してインクを押し出してしまった。そしてペン先に穴を空けたという。それで解決した。1963年に、誕生した。色はベージュだった。まったく売れなかったという。世界で売ることを創業者は考え、アメリカへ旅立った。シカゴの文具展覧会で無料で配った。その後、アメリカの大統領が、サインペンをほしいと言っていると連絡があった。


ぺんてる サインペン CM

ぺんてるサインペンが1963年に発売された。ロングセラー文房具となっている。55年前は50円だった。作家ペンと呼ばれているという。ぺんてるサインペンのCMソングを黒柳徹子が歌っていた。ぺんてるサインペンは世界初の水性ペンだ。

ぺんてるサインペンCMが流れた。


サインペン

ぺんてるサインペンが1963年に発売された。ロングセラー文房具となっている。55年前は50円だった。作家ペンと呼ばれているという。ぺんてるサインペンのCMソングを黒柳徹子が歌っていた。ぺんてるサインペンは世界初の水性ペンだ。

書きやすいというぺんてるサインペン。愛用者には阿久悠さんもいた。沢田研二の勝手にしやがれなどもサインペンで書かれたのだろう。高級な万年筆ではなくぺんてるサインペンだったという。

1960年にプレイバック。年賀状の増加で筆記具が普及した。ぺんてる創業者は堀江幸夫。筆のようでボールペンのようなペンを作りたいと考えていた。水性のペンを作ろうと言い出した。水性は中綿にインクが浸透しにくい。水性のインクはサラサラして、インクがこぼれてしまう。中綿にアクリル繊維を採用した。ペン先を硬くした。最大の試練が待っていた。キャップを開けるとインクが吹き出してきた。空気が膨張してインクを押し出してしまった。そしてペン先に穴を空けたという。それで解決した。1963年に、誕生した。色はベージュだった。まったく売れなかったという。世界で売ることを創業者は考え、アメリカへ旅立った。シカゴの文具展覧会で無料で配った。その後、アメリカの大統領が、サインペンをほしいと言っていると連絡があった。


ぺんてる

ぺんてるサインペンが1963年に発売された。ロングセラー文房具となっている。55年前は50円だった。作家ペンと呼ばれているという。ぺんてるサインペンのCMソングを黒柳徹子が歌っていた。ぺんてるサインペンは世界初の水性ペンだ。

書きやすいというぺんてるサインペン。愛用者には阿久悠さんもいた。沢田研二の勝手にしやがれなどもサインペンで書かれたのだろう。高級な万年筆ではなくぺんてるサインペンだったという。

1960年にプレイバック。年賀状の増加で筆記具が普及した。ぺんてる創業者は堀江幸夫。筆のようでボールペンのようなペンを作りたいと考えていた。水性のペンを作ろうと言い出した。水性は中綿にインクが浸透しにくい。水性のインクはサラサラして、インクがこぼれてしまう。中綿にアクリル繊維を採用した。ペン先を硬くした。最大の試練が待っていた。キャップを開けるとインクが吹き出してきた。空気が膨張してインクを押し出してしまった。そしてペン先に穴を空けたという。それで解決した。1963年に、誕生した。色はベージュだった。まったく売れなかったという。世界で売ることを創業者は考え、アメリカへ旅立った。シカゴの文具展覧会で無料で配った。その後、アメリカの大統領が、サインペンをほしいと言っていると連絡があった。


2018年10月 2018年11月 
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
  • 「サタデープラス」で紹介されたすべての情報
  • 「サタデープラス」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「サタデープラス」で紹介された音楽・CD
  • 「サタデープラス」で紹介された映画・DVD
  • 「サタデープラス」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「サタデープラス」で紹介されたグルメ情報
  • 「サタデープラス」で紹介された料理レシピ
  • 「サタデープラス」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「サタデープラス」で紹介された観光・地域情報
  • 「サタデープラス」で紹介されたイベント情報
  • 「サタデープラス」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する