ホーム > テレビ紹介情報 > TBS > 中居正広の金曜日のスマイルたちへ
テレビ紹介情報

「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で紹介された情報

「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で紹介されたすべての情報 ( 167 / 167 ページ )

「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で紹介された音楽・CD

ハタラクワタシへ

受刑者の子どもが入るケースもある児童養護施設。佐賀県・佐賀市にある佐賀清光園では住職も務める西村明純さんが30年余り子どもたちを育ててきた。年間5人ほど児童相談所が措置・委託した子がやってくる。ここにいる子どもたちは明るくて元気、三浦はいい意味で裏切られたという。三浦はこのような事を受刑者たちに伝えつつ、最後にはオリジナル曲「ハタラクワタシへ」を披露した。


佐賀清光園

受刑者の子どもが入るケースもある児童養護施設。佐賀県・佐賀市にある佐賀清光園では住職も務める西村明純さんが30年余り子どもたちを育ててきた。年間5人ほど児童相談所が措置・委託した子がやってくる。ここにいる子どもたちは明るくて元気、三浦はいい意味で裏切られたという。三浦はこのような事を受刑者たちに伝えつつ、最後にはオリジナル曲「ハタラクワタシへ」を披露した。


「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で紹介された音楽・CD

いい日旅立ち

この日、三浦祐太朗は麓刑務所を訪れた。受刑者の更生意欲を高めるため歌と共に”母と子”をテーマに談話をする。不安もあるなか三浦は壇上にあがり、名刺代わりに母・山口百恵の名曲「さよならの向う側」を披露。受刑者の中には涙する人もいた。続けて母への想いを語り「いい日旅立ち」も披露した。実は三浦は談話に意味を深めることができないかと、刑務所に来る前に児童養護施設に向かっていた。


「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で紹介された音楽・CD

さよならの向う側

この日、三浦祐太朗は麓刑務所を訪れた。受刑者の更生意欲を高めるため歌と共に”母と子”をテーマに談話をする。不安もあるなか三浦は壇上にあがり、名刺代わりに母・山口百恵の名曲「さよならの向う側」を披露。受刑者の中には涙する人もいた。続けて母への想いを語り「いい日旅立ち」も披露した。実は三浦は談話に意味を深めることができないかと、刑務所に来る前に児童養護施設に向かっていた。


「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で紹介された音楽・CD

秋桜

この日、三浦祐太朗は麓刑務所を訪れた。受刑者の更生意欲を高めるため歌と共に”母と子”をテーマに談話をする。不安もあるなか三浦は壇上にあがり、名刺代わりに母・山口百恵の名曲「さよならの向う側」を披露。受刑者の中には涙する人もいた。続けて母への想いを語り「いい日旅立ち」も披露した。実は三浦は談話に意味を深めることができないかと、刑務所に来る前に児童養護施設に向かっていた。


トップスターショー・歌ある限り

この日、三浦祐太朗は麓刑務所を訪れた。受刑者の更生意欲を高めるため歌と共に”母と子”をテーマに談話をする。不安もあるなか三浦は壇上にあがり、名刺代わりに母・山口百恵の名曲「さよならの向う側」を披露。受刑者の中には涙する人もいた。続けて母への想いを語り「いい日旅立ち」も披露した。実は三浦は談話に意味を深めることができないかと、刑務所に来る前に児童養護施設に向かっていた。


麓刑務所

この日、三浦祐太朗は麓刑務所を訪れた。受刑者の更生意欲を高めるため歌と共に”母と子”をテーマに談話をする。不安もあるなか三浦は壇上にあがり、名刺代わりに母・山口百恵の名曲「さよならの向う側」を披露。受刑者の中には涙する人もいた。続けて母への想いを語り「いい日旅立ち」も披露した。実は三浦は談話に意味を深めることができないかと、刑務所に来る前に児童養護施設に向かっていた。

受刑者の子どもが入るケースもある児童養護施設。佐賀県・佐賀市にある佐賀清光園では住職も務める西村明純さんが30年余り子どもたちを育ててきた。年間5人ほど児童相談所が措置・委託した子がやってくる。ここにいる子どもたちは明るくて元気、三浦はいい意味で裏切られたという。三浦はこのような事を受刑者たちに伝えつつ、最後にはオリジナル曲「ハタラクワタシへ」を披露した。

実際に麓刑務所に行った三浦祐太朗は「うちの母の事を皆さんご存知で、僕が入ってきた瞬間に息子を見る目に近い視線を向けてくれた。二度と同じ過ちを繰り返してほしくないという気持ちを歌と言葉で伝えられればいいなという思いだった」と話した。


麓刑務所

ある日、C受刑者は過去の仲間から電話が入り再び覚せい剤に手を出した。大澤弁護士よると10年以上やめていてもフラッシュバック現象というもので、使った途端に一気に戻ってしまう。そして50代になって1度逮捕されると、抜け出せなくなり合計4度も逮捕された。3度の実刑判決をうけ、述べ10年近くを刑務所で過ごしている。

受刑者たちを更生させるため女性ならではの更生プログラムがある。母親教育指導と呼ばれるもので、母親とはどうあるべきかを学び自分が如何に真逆だったかを実感させる。1日の作業後、午後7時〜9時は自由時間。会話や読書が許される。9時になると消灯、女たちの贖罪の日々は続く。


麓刑務所

塀の中の暮らしは毎朝6時30分に始まる。電気がつくと一斉に飛び起き、私語を交わすこと無くもくもくと布団をたたむ。すぐに刑務官がやってきて点呼、居室の清掃をする。所内には観音菩薩像があり、子どもへの思いを更生への力へと変える。そして受刑者らは縫製工場で刑務官の制服の縫製作業を行った。刑務所が抱える問題の1つが再犯者が多いこと。

60代のC受刑者は覚せい剤の所持・使用で3年4ヵ月の実刑をうけた。麓刑務所では覚せい剤取締法違反者が最も多く105人に及ぶ。遡ること40年前、交際中に優しかった男は結婚して一変、酒に酔うと容赦なく暴力をふるった。夫は覚せい剤を使用しており、無理やり従わされる形でC受刑者も打ってしまった。嫌なことから逃げるため依存、女性犯罪者の傾向として身近な男性の影響を受けて罪を犯してしまう事が多い。

C受刑者はその後に離婚、警察には捕まらなかったが覚せい剤から距離をおくため離れた街に引っ越した。再婚してから子宝にも恵まれ、10年ほど覚せい剤とは無縁の生活を送った。だが40代のころ、夫婦のぶつかり合いが多くなり職場でのストレスも溜まっていった。


麓刑務所

獄中出産したB受刑者。獄中出産といっても刑務所ではなく、最寄りの病院で出産する。病室や分娩室では刑務官が交代で24時間体制で監視、親族の立ち会いは禁じられておらず刑務官が一緒なら夫の立ち会いもできる。ただ母乳を自由にあげる事はできず、母体が健康だと診断されたらその日のうちに刑務所に戻らなければならない。B受刑者は獄中出産を経験し、罪の重さを改めて実感したという。


2018年11月 2018年12月 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
  • 「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で紹介されたすべての情報
  • 「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で紹介された音楽・CD
  • 「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で紹介された映画・DVD
  • 「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で紹介されたグルメ情報
  • 「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で紹介された料理レシピ
  • 「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で紹介された観光・地域情報
  • 「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で紹介されたイベント情報
  • 「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する