ホーム > テレビ紹介情報 > TBS > アカデミーナイトG
テレビ紹介情報

「アカデミーナイトG」で紹介された情報

「アカデミーナイトG」で紹介されたすべての情報 ( 255 / 255 ページ )

「アカデミーナイトG」で紹介されたイベント情報

ヤン・リーピンの覇王別姫 〜十面埋伏〜

「ヤン・リーピンの覇王別姫 〜十面埋伏〜」の告知。


TOHOシネマズ日比谷

1月10日、映画「ニセコイ」の大ヒットを記念してニセコイに出演する男性4人の生コメンタリーを聞きながら映画を鑑賞できるイベントを開催。「ニセコイ」は現在大ヒット公開中。


「アカデミーナイトG」で紹介された映画・DVD

ニセコイ

1月10日、映画「ニセコイ」の大ヒットを記念してニセコイに出演する男性4人の生コメンタリーを聞きながら映画を鑑賞できるイベントを開催。「ニセコイ」は現在大ヒット公開中。


Bunkamuraオーチャードホール

阿部さや子が「アルルの女」のストーリーを説明。アルルの女は存在せず、幻の存在として進行し一度も舞台上の登場しないと説明すると、有村は映画でいうと「桐島、部活やめるってよ」に近いとした。主人公を演じるのは宮尾俊太郎。阿部は影のある役が似合う。孤独とか死が似合うダンサー。舞台上では宮尾さんの叫び声を聞いたようなエネルギーが見られるのではとした。「ベートーヴェン 第九」と「アルルの女」は今月31日からの上演。


「アカデミーナイトG」で紹介された映画・DVD

桐島、部活やめるってよ

阿部さや子が「アルルの女」のストーリーを説明。アルルの女は存在せず、幻の存在として進行し一度も舞台上の登場しないと説明すると、有村は映画でいうと「桐島、部活やめるってよ」に近いとした。主人公を演じるのは宮尾俊太郎。阿部は影のある役が似合う。孤独とか死が似合うダンサー。舞台上では宮尾さんの叫び声を聞いたようなエネルギーが見られるのではとした。「ベートーヴェン 第九」と「アルルの女」は今月31日からの上演。


「アカデミーナイトG」で紹介されたイベント情報

クレオパトラ

最初のテーマは「目で見る音楽」。4つの楽章で作られている第九では熊川哲也がそれぞれの楽章にテーマをつけ、目で見て感じることができる。第4楽章では中村祥子が主演を務める。中村は2017年に演じたクレオパトラでは常人の動きを超えた表現を見せた。「アルルの女」は振り付け界の20世紀の巨匠ローラン・プティが振り付けた作品で、プティが認めたバレエ団やダンサーしか踊ってはいけない作品だが、熊川はプティから認められたダンサーのため演目を自由に使用できる。

阿部さや子が「アルルの女」のストーリーを説明。アルルの女は存在せず、幻の存在として進行し一度も舞台上の登場しないと説明すると、有村は映画でいうと「桐島、部活やめるってよ」に近いとした。主人公を演じるのは宮尾俊太郎。阿部は影のある役が似合う。孤独とか死が似合うダンサー。舞台上では宮尾さんの叫び声を聞いたようなエネルギーが見られるのではとした。「ベートーヴェン 第九」と「アルルの女」は今月31日からの上演。


「アカデミーナイトG」で紹介された音楽・CD

第九

熊川哲也が芸術監督を務める2つのバレエが同時上演。1作品目は熊川哲也が2008年に創った「ベートーヴェン 第九」。作品全体を貫く圧倒的なテーマとスケール感とオペラによる生歌。熊川の元、総勢150人で繰り広げる一大スペクタクルは必見。もう一つの作品が「アルルの女」。報われぬ愛の苦悩と死。その前編を豪華キャストで初演。今回は初心者でも分かる見どころを元バレエ専門誌の編集長でバレエナビゲーターの阿部さや子が教える。


「アカデミーナイトG」で紹介されたイベント情報

アルルの女

熊川哲也が芸術監督を務める2つのバレエが同時上演。1作品目は熊川哲也が2008年に創った「ベートーヴェン 第九」。作品全体を貫く圧倒的なテーマとスケール感とオペラによる生歌。熊川の元、総勢150人で繰り広げる一大スペクタクルは必見。もう一つの作品が「アルルの女」。報われぬ愛の苦悩と死。その前編を豪華キャストで初演。今回は初心者でも分かる見どころを元バレエ専門誌の編集長でバレエナビゲーターの阿部さや子が教える。

最初のテーマは「目で見る音楽」。4つの楽章で作られている第九では熊川哲也がそれぞれの楽章にテーマをつけ、目で見て感じることができる。第4楽章では中村祥子が主演を務める。中村は2017年に演じたクレオパトラでは常人の動きを超えた表現を見せた。「アルルの女」は振り付け界の20世紀の巨匠ローラン・プティが振り付けた作品で、プティが認めたバレエ団やダンサーしか踊ってはいけない作品だが、熊川はプティから認められたダンサーのため演目を自由に使用できる。

阿部さや子が「アルルの女」のストーリーを説明。アルルの女は存在せず、幻の存在として進行し一度も舞台上の登場しないと説明すると、有村は映画でいうと「桐島、部活やめるってよ」に近いとした。主人公を演じるのは宮尾俊太郎。阿部は影のある役が似合う。孤独とか死が似合うダンサー。舞台上では宮尾さんの叫び声を聞いたようなエネルギーが見られるのではとした。「ベートーヴェン 第九」と「アルルの女」は今月31日からの上演。


「アカデミーナイトG」で紹介されたイベント情報

ベートーヴェン 第九

熊川哲也が芸術監督を務める2つのバレエが同時上演。1作品目は熊川哲也が2008年に創った「ベートーヴェン 第九」。作品全体を貫く圧倒的なテーマとスケール感とオペラによる生歌。熊川の元、総勢150人で繰り広げる一大スペクタクルは必見。もう一つの作品が「アルルの女」。報われぬ愛の苦悩と死。その前編を豪華キャストで初演。今回は初心者でも分かる見どころを元バレエ専門誌の編集長でバレエナビゲーターの阿部さや子が教える。

最初のテーマは「目で見る音楽」。4つの楽章で作られている第九では熊川哲也がそれぞれの楽章にテーマをつけ、目で見て感じることができる。第4楽章では中村祥子が主演を務める。中村は2017年に演じたクレオパトラでは常人の動きを超えた表現を見せた。「アルルの女」は振り付け界の20世紀の巨匠ローラン・プティが振り付けた作品で、プティが認めたバレエ団やダンサーしか踊ってはいけない作品だが、熊川はプティから認められたダンサーのため演目を自由に使用できる。

阿部さや子が「アルルの女」のストーリーを説明。アルルの女は存在せず、幻の存在として進行し一度も舞台上の登場しないと説明すると、有村は映画でいうと「桐島、部活やめるってよ」に近いとした。主人公を演じるのは宮尾俊太郎。阿部は影のある役が似合う。孤独とか死が似合うダンサー。舞台上では宮尾さんの叫び声を聞いたようなエネルギーが見られるのではとした。「ベートーヴェン 第九」と「アルルの女」は今月31日からの上演。


イリエコネクション

2月1日公開の映画「七つの会議」を渡辺謙司がプレゼン。元芸人の渡辺は現在はイリエコネクションの社員であることを明かした。さらに芸能界とサラリーマンの違いについて「芸能界は入った順番で先輩後輩が決まり、サラリーマンは役職で上司部下が決まる」と説明した。


2018年12月 2019年01月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 「アカデミーナイトG」で紹介されたすべての情報
  • 「アカデミーナイトG」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「アカデミーナイトG」で紹介された音楽・CD
  • 「アカデミーナイトG」で紹介された映画・DVD
  • 「アカデミーナイトG」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「アカデミーナイトG」で紹介されたグルメ情報
  • 「アカデミーナイトG」で紹介された料理レシピ
  • 「アカデミーナイトG」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「アカデミーナイトG」で紹介された観光・地域情報
  • 「アカデミーナイトG」で紹介されたイベント情報
  • 「アカデミーナイトG」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する