ホーム > テレビ紹介情報 > TBS > 消えた天才
テレビ紹介情報

「消えた天才」で紹介された情報

「消えた天才」で紹介されたすべての情報 ( 7 / 58 ページ )

八幡製鐵所

“甲子園史上最高投手”だった森尾和貴さんの現在を取材。北九州市にいて、世界遺産も所有する新日鐵住金八幡製鐵所に勤務していた。森尾さんは、もともとプロ野球選手になるのは夢だった、福岡ダイエーや読売巨人軍(当時長嶋茂雄監督)から誘いを頂いた、しかし自分の実力を継続する自信がなかったので社会人野球に進んだ、しかし23歳でひじを故障、松井秀喜がヤンキースに移籍したころには現役を引退した、プロの世界を経験したかったというのはあるが悔いはないと明かした。


「消えた天才」で紹介されたイベント情報

夏の甲子園

“甲子園史上最高投手”だった森尾和貴さんの現在を取材。北九州市にいて、世界遺産も所有する新日鐵住金八幡製鐵所に勤務していた。森尾さんは、もともとプロ野球選手になるのは夢だった、福岡ダイエーや読売巨人軍(当時長嶋茂雄監督)から誘いを頂いた、しかし自分の実力を継続する自信がなかったので社会人野球に進んだ、しかし23歳でひじを故障、松井秀喜がヤンキースに移籍したころには現役を引退した、プロの世界を経験したかったというのはあるが悔いはないと明かした。


新日鐵住金 八幡製鐵所

“甲子園史上最高投手”だった森尾和貴さんの現在を取材。北九州市にいて、世界遺産も所有する新日鐵住金八幡製鐵所に勤務していた。森尾さんは、もともとプロ野球選手になるのは夢だった、福岡ダイエーや読売巨人軍(当時長嶋茂雄監督)から誘いを頂いた、しかし自分の実力を継続する自信がなかったので社会人野球に進んだ、しかし23歳でひじを故障、松井秀喜がヤンキースに移籍したころには現役を引退した、プロの世界を経験したかったというのはあるが悔いはないと明かした。


西日本短大附属高校

松井秀喜の5打席連続敬遠が印象に残る、1992年夏の甲子園を制した投手。5試合を投げきって僅か1失点という甲子園史上最高の優勝投手。西日本短大附属高校のエース。同じ高校の先輩・新庄剛志も「衝撃のピッチャー」などと話す。練習試合でも相手の強豪校が、すごい変化球があるわけでもないのになぜか打てない。


「消えた天才」で紹介されたイベント情報

夏の甲子園

松井秀喜の5打席連続敬遠が印象に残る、1992年夏の甲子園を制した投手。5試合を投げきって僅か1失点という甲子園史上最高の優勝投手。西日本短大附属高校のエース。同じ高校の先輩・新庄剛志も「衝撃のピッチャー」などと話す。練習試合でも相手の強豪校が、すごい変化球があるわけでもないのになぜか打てない。


SASUKE

SASUKE2018放送決定。出場者募集。詳しくは番組ホームページをチェック。


サンケイスポーツ

突然現れ突然消えたプロ野球史上最強の天才助っ人としてボブ・ホーナー選手が紹介された。ボブ・ホーナー選手は当時史上最高年俸の3億円年俸でヤクルトに入団し、デビュー戦でいきなりホームランを放っている。


PL学園

その天才とは、田口権一。当時桑田は野手として背番号をもらう中、田口はピッチャーとして一番抑えていたというが、1983年夏の甲子園大阪府大会決勝、強烈なピッチャーライナーを利き腕が直撃し降板を余儀なくされた。桑田が急きょ登板し相手打線を抑え、PLのエースとなったが、一方田口はそれから輝きを失ってしまい、卒業後表舞台から姿を消した。あれから32年、田口の今を追跡したが…。

“桑田が絶対に勝てなかった同級生”田口権一さんに取材交渉を重ねたが、一般企業の席になる立場で仕事をしているということで出演はNG。その後の情報をスタジオで紹介した。高校卒業後はプロを目指し社会人野球を続けたが、けがが重なり30歳で野球を引退したという。故障があっても続けられたのは桑田さんの姿があったからで、桑田さんには感謝しているという。


「消えた天才」で紹介されたイベント情報

夏の甲子園

その天才とは、田口権一。当時桑田は野手として背番号をもらう中、田口はピッチャーとして一番抑えていたというが、1983年夏の甲子園大阪府大会決勝、強烈なピッチャーライナーを利き腕が直撃し降板を余儀なくされた。桑田が急きょ登板し相手打線を抑え、PLのエースとなったが、一方田口はそれから輝きを失ってしまい、卒業後表舞台から姿を消した。あれから32年、田口の今を追跡したが…。


PL学園

巨人の大エース、メジャーリーガー、高校時代は清原和博と“KKコンビ”として活躍した桑田真澄だが、同じPL学園の同級生にどうしても勝てない天才ピッチャーがいたという。身長192cmで今の大谷翔平をしのぐ実力で、“TK”と呼ばれていたかもしれないという。高1の入団から豪速球を披露し、同期の松山さんも「15歳で急速145キロ」と話し、当時の中村監督によると「陸上でも中長距離で五輪に出られる逸材」だったという。


2018年12月 2019年01月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 「消えた天才」で紹介されたすべての情報
  • 「消えた天才」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「消えた天才」で紹介された音楽・CD
  • 「消えた天才」で紹介された映画・DVD
  • 「消えた天才」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「消えた天才」で紹介されたグルメ情報
  • 「消えた天才」で紹介された料理レシピ
  • 「消えた天才」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「消えた天才」で紹介された観光・地域情報
  • 「消えた天才」で紹介されたイベント情報
  • 「消えた天才」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する