ホーム > テレビ紹介情報 > TBS > 平昌オリンピック2018
テレビ紹介情報

「平昌オリンピック2018」で紹介された情報

「平昌オリンピック2018」で紹介されたすべての情報 ( 26 / 26 ページ )

「平昌オリンピック2018」で紹介されたイベント情報

ピョンチャンオリンピック

ピョンチャンオリンピック前半戦の名場面を紹介した。


「平昌オリンピック2018」で紹介されたイベント情報

平昌オリンピック

スピードスケート女子500m第8組のレースを中継。エカテリーナ・アイドワ38秒96、チョウ・コウ38秒39。

スピードスケート女子500m第9組のレースを中継。キム・ミンソン38秒53、ヘザー・ベルフスマ38秒14。

スピードスケート女子500m第9組のレースを中継。ユディト・ダンハウワー38秒54、キム・ヒョニョン38秒25。

スピードスケート女子500m第11組のレースを中継。神谷衣理那38秒25、ブリタニー・ボウ37秒53。

スピードスケート女子500m第12組のレースを中継。ヘゲ・ボッコ38秒53、ヘザー・マクリーン38秒29。

スピードスケート女子500m第13組のレースを中継。ウ・セイ37秒81、マーシャ・フーディ37秒88。

スピードスケート女子500m第14組のレースを中継。小平奈緒36秒95、カロリナ・エルバノバ37秒34。

スピードスケート女子500m第15組のレースを中継。郷亜里砂37秒67、イ・サンファ37秒33。

スピードスケート女子500m第16組のレースを中継。バネッサ・ヘルツォーク37秒52、アンゲリナ・ゴリコワ37秒62。


「平昌オリンピック2018」で紹介されたイベント情報

平昌オリンピック

スピードスケート女子500m第6組のレースを中継。コウ・イクテイ38秒98、フランチェスカ・べトロン39秒53。

スピードスケート女子500m第7組のレースを中継。イボンヌ・ダルドッシ39秒28、エリナ・リスク39秒36。


「平昌オリンピック2018」で紹介されたイベント情報

平昌オリンピック

スピードスケート女子500m第3組のレースを中継。ロッテ・ファン・ビーク39秒18、アレクサンドラ・イアンクレスク40秒70。

スピードスケート女子500m第4組のレースを中継。ヨリン・テルモルス37秒54、カヤ・ジオメク39秒26。

スピードスケート女子500m第5組のレースを中継。クセニヤ・サドフスカヤ39秒65、デン・ゼイネイ38秒85。


「平昌オリンピック2018」で紹介されたイベント情報

平昌オリンピック

スピードスケート女子500m第1組のレースを中継。アニス・ダス38秒75。

スピードスケート女子500m第2組のレースを中継。イダ・ニョートゥン38秒33、エリン・ジャクソン39秒22。


信州大学

スピードスケート女子1000mで銀メダルを獲得した小平奈緒の強さの秘密は理論派コーチの存在があった。高校時代無敵だった小平選手は2005年信州大学に進学し、結城匡啓コーチに指導を仰いだ。金メダリスト清水宏保を育てた名コーチ。結城コーチは小平選手の最初の印象について、なんでこんなにスケートが下手なのかと思ったという。指導法はスケーティングの基礎から始めたが常識外れのものばかりだった。忍び足という体重移動のバランス感覚を養うトレーニングやバケツを使ったコーナリング強化のためのトレーニングを行った。体の軸を安定させ体幹を強化するために一本歯下駄でのトレーニング、自転車のギアを重くして下半身を強化させた。最後にフォームの改造に取り組んだ。下半身は腰の位置を低くして空気抵抗を減らし、上半身は肩を少し上げ股関節の位置を下げるというフォームを目指した。フォームの改造について、小平選手はストロークがのび太スケーティングにつながっていると話した。


「平昌オリンピック2018」で紹介されたイベント情報

平昌オリンピック

男子団体パシュート第2組のレースを中継。韓国3分39秒29、イタリア3分41秒64。

男子団体パシュート第3組のレースを中継。日本3分41秒62、カナダ3分41秒73。日本は暫定4位。

男子団体パシュート第3組のレースを中継。アメリア3分42秒98、オランダ3分40秒03。日本は暫定5位となった。


「平昌オリンピック2018」で紹介されたイベント情報

平昌オリンピック

男子団体パシュート第1組のレースを中継。ノルウェー3分40秒09、ニュージーランド3分41秒16。


「平昌オリンピック2018」で紹介されたイベント情報

ソチ五輪

男子団体パシュート日本代表は昨シーズンW杯で総合3位、今シーズンでは日本記録を更新している。ウィリアムソン師円はメダルとる実力が付いてきたと話している。日本は過去、2大会連続で再会となり全大会は出場すらできなかった。強くなった武器は先頭交代。日本は交代の際に選手同士が離れるため、滑走距離は長くなるが速度を変えずに交代ができる。ソチ五輪後、日本はナショナルチームを作り、年間300日以上活動してチームワークに磨きをかけてきた。


「平昌オリンピック2018」で紹介された映画・DVD

紅楳英信

男子団体パシュート日本代表は昨シーズンW杯で総合3位、今シーズンでは日本記録を更新している。ウィリアムソン師円はメダルとる実力が付いてきたと話している。日本は過去、2大会連続で再会となり全大会は出場すらできなかった。強くなった武器は先頭交代。日本は交代の際に選手同士が離れるため、滑走距離は長くなるが速度を変えずに交代ができる。ソチ五輪後、日本はナショナルチームを作り、年間300日以上活動してチームワークに磨きをかけてきた。


2018年01月 2018年02月 
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
  • 「平昌オリンピック2018」で紹介されたすべての情報
  • 「平昌オリンピック2018」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「平昌オリンピック2018」で紹介された音楽・CD
  • 「平昌オリンピック2018」で紹介された映画・DVD
  • 「平昌オリンピック2018」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「平昌オリンピック2018」で紹介されたグルメ情報
  • 「平昌オリンピック2018」で紹介された料理レシピ
  • 「平昌オリンピック2018」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「平昌オリンピック2018」で紹介された観光・地域情報
  • 「平昌オリンピック2018」で紹介されたイベント情報
  • 「平昌オリンピック2018」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する