ホーム > テレビ紹介情報 > TBS > ぴったんこカン・カン
テレビ紹介情報

「ぴったんこカン・カン」で紹介された情報

「ぴったんこカン・カン」で紹介されたすべての情報 ( 1233 / 1233 ページ )

TVer

民放公式TVポータルサイト”TVer”の案内をした。「ティーバー」で検索。


本日のクイズの結果発表、男性チームが勝利したと伝えた。賞品はリアルな猪の模型。


「ぴったんこカン・カン」で紹介されたイベント情報

全豪オープン

実家にテニスコートがあり、お正月に来客が絶えなかったという沢松家のお年玉についての話題に。元日の午後から祖父の仲間がテニスをしに家を訪れ、もらったお年玉は中を見ずに親に渡していた。そして後に通帳を見たところ、三が日ぐらいまでで3ケタに行っていたという。そのためプロになってからも必ず正月は実家に帰っていて、全豪オープンどころじゃないと話した。


「ぴったんこカン・カン」で紹介されたグルメ情報

真田家の行きつけとして訪れたのは、江戸時代からある地元の名産の長芋を使ったとろろ飯や鯉こく、うなぎが有名な老舗「割烹 梅田屋」。歴代当主が眠る真田家の菩提寺の長國寺に近く、江戸時代初期に旅籠として創業した。昭和に入って割烹を始め、現在の店主で11代目。とろろは長野県産コシヒカリにかけて頂く。特徴はサラサラとして昆布とカツオのすまし汁で味付けしているというところ。うなぎは蒸して焼く関東風で、70年以上継ぎ足されてきた甘辛のタレをつけては焼く工程を3回繰り返し、タレを染み込ませている。さらに縁起が良い鯉と信州味噌を使い、地元で正月料理として食されている鯉こく。鯉は海の無い信州の貴重なタンパク源として、7代藩主真田幸専の時代以降から繁殖が推奨されてきた。


「ぴったんこカン・カン」で紹介されたグルメ情報

うなぎ

真田家の行きつけとして訪れたのは、江戸時代からある地元の名産の長芋を使ったとろろ飯や鯉こく、うなぎが有名な老舗「割烹 梅田屋」。歴代当主が眠る真田家の菩提寺の長國寺に近く、江戸時代初期に旅籠として創業した。昭和に入って割烹を始め、現在の店主で11代目。とろろは長野県産コシヒカリにかけて頂く。特徴はサラサラとして昆布とカツオのすまし汁で味付けしているというところ。うなぎは蒸して焼く関東風で、70年以上継ぎ足されてきた甘辛のタレをつけては焼く工程を3回繰り返し、タレを染み込ませている。さらに縁起が良い鯉と信州味噌を使い、地元で正月料理として食されている鯉こく。鯉は海の無い信州の貴重なタンパク源として、7代藩主真田幸専の時代以降から繁殖が推奨されてきた。


「ぴったんこカン・カン」で紹介されたグルメ情報

長芋

真田家の行きつけとして訪れたのは、江戸時代からある地元の名産の長芋を使ったとろろ飯や鯉こく、うなぎが有名な老舗「割烹 梅田屋」。歴代当主が眠る真田家の菩提寺の長國寺に近く、江戸時代初期に旅籠として創業した。昭和に入って割烹を始め、現在の店主で11代目。とろろは長野県産コシヒカリにかけて頂く。特徴はサラサラとして昆布とカツオのすまし汁で味付けしているというところ。うなぎは蒸して焼く関東風で、70年以上継ぎ足されてきた甘辛のタレをつけては焼く工程を3回繰り返し、タレを染み込ませている。さらに縁起が良い鯉と信州味噌を使い、地元で正月料理として食されている鯉こく。鯉は海の無い信州の貴重なタンパク源として、7代藩主真田幸専の時代以降から繁殖が推奨されてきた。


長國寺

真田家の行きつけとして訪れたのは、江戸時代からある地元の名産の長芋を使ったとろろ飯や鯉こく、うなぎが有名な老舗「割烹 梅田屋」。歴代当主が眠る真田家の菩提寺の長國寺に近く、江戸時代初期に旅籠として創業した。昭和に入って割烹を始め、現在の店主で11代目。とろろは長野県産コシヒカリにかけて頂く。特徴はサラサラとして昆布とカツオのすまし汁で味付けしているというところ。うなぎは蒸して焼く関東風で、70年以上継ぎ足されてきた甘辛のタレをつけては焼く工程を3回繰り返し、タレを染み込ませている。さらに縁起が良い鯉と信州味噌を使い、地元で正月料理として食されている鯉こく。鯉は海の無い信州の貴重なタンパク源として、7代藩主真田幸専の時代以降から繁殖が推奨されてきた。


「ぴったんこカン・カン」で紹介されたレストラン・飲食店

真田家の行きつけとして訪れたのは、江戸時代からある地元の名産の長芋を使ったとろろ飯や鯉こく、うなぎが有名な老舗「割烹 梅田屋」。歴代当主が眠る真田家の菩提寺の長國寺に近く、江戸時代初期に旅籠として創業した。昭和に入って割烹を始め、現在の店主で11代目。とろろは長野県産コシヒカリにかけて頂く。特徴はサラサラとして昆布とカツオのすまし汁で味付けしているというところ。うなぎは蒸して焼く関東風で、70年以上継ぎ足されてきた甘辛のタレをつけては焼く工程を3回繰り返し、タレを染み込ませている。さらに縁起が良い鯉と信州味噌を使い、地元で正月料理として食されている鯉こく。鯉は海の無い信州の貴重なタンパク源として、7代藩主真田幸専の時代以降から繁殖が推奨されてきた。

 (かつ丼・かつ重、うなぎ、割烹・小料理)

八十二銀行

次のお宝は大きな掛け軸。佐久間象山を経済面でバックアップしていた6代当主が、佐久間象山に描いてもらったものだという。佐久間象山による水墨画は珍しく、さらに2m78cmもの大きさはびっくりするものだという。八田さんは700万円と予想したが、鑑定額は3000万円となった。これだけの佐久間象山の大作は日本にはもう無いとみられていて、大きな掛け軸は中国が主流で絵も中国の山だという。


東京都美術館

最初のお宝は8代当主が明治時代に購入したという墨絵。8代当主は絵を見て購入したらしいが、八田さんが見た時に最近有名になった伊藤若冲じゃないかと思ったという。伊藤若冲は江戸時代中期に活躍した、現在大ブームの超人気天才絵師。生誕300年を記念し、2016年には東京都美術館で「若冲展」が開かれ、待ち時間が最長320分を記録した。写実と想像が入り混じる極彩色の細密画が特徴。八田さんは200万円だと予想したが、鑑定額は4000万円だった。伊藤若冲の作品はモノトーンのものも多く、人物画は少ないが存在する。そして2枚セットになっているゆえの値段になっている。


2018年12月 2019年01月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 「ぴったんこカン・カン」で紹介されたすべての情報
  • 「ぴったんこカン・カン」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ぴったんこカン・カン」で紹介された音楽・CD
  • 「ぴったんこカン・カン」で紹介された映画・DVD
  • 「ぴったんこカン・カン」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ぴったんこカン・カン」で紹介されたグルメ情報
  • 「ぴったんこカン・カン」で紹介された料理レシピ
  • 「ぴったんこカン・カン」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ぴったんこカン・カン」で紹介された観光・地域情報
  • 「ぴったんこカン・カン」で紹介されたイベント情報
  • 「ぴったんこカン・カン」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する