テレビ紹介情報

「にじいろジーン」で紹介された情報

「にじいろジーン」で紹介されたレストラン・飲食店 ( 275 / 275 ページ )

「にじいろジーン」で紹介されたレストラン・飲食店

湯葉丼の直吉を収録した時空いておりテレビの取材で調整してくれていた。VTRを見るとたくさんの人が並んでいる店だとはと話した。射的やスマートボールの話でも盛り上がっていた。

 (豆腐料理・湯葉料理、丼もの(その他)、甘味処)

「にじいろジーン」で紹介されたレストラン・飲食店

箱根湯本駅前商店街から一本路地に入った先にある湯葉料理専門店「直吉」の名物は良質な大豆と箱根大平台の名水「姫の水」を使った汲み上げ湯葉。リピーターも多い箱根湯本駅近くの人気店。この近辺は旅館が多く豆腐屋が多くこの店も昔旅館をやっており月替りの献立の変わりご飯で工夫をしている中の1つだった。特製のかつおだしのスープに自慢の汲み上げ湯葉を浮かべ卵で閉じて仕上げた特製料理をご飯にかけ丼にして食べる。だしがよくさっぱりした中にいいだしの味と食感がよくしつこくない味となっている。口がわりの佃煮はきくらげとこんにゃくの佃煮になっている。

 (豆腐料理・湯葉料理、丼もの(その他)、甘味処)

「にじいろジーン」で紹介されたレストラン・飲食店

カフェ100

リリウオカラニ公園には日系移民のために作られた日本庭園がある。ハワイ名物「ロコモコ」にも日本の影響がある。「カフェ100」の創業者は「リチャード・ミヤシロ」という日系人で、日系部隊「第100歩兵大隊」の調理兵だった。


「にじいろジーン」で紹介されたレストラン・飲食店

東京・恵比寿にある「鮨 竹半 若槻」は江戸前寿司の人気店である。鈴木裕子さんは昨年の春、12年勤めた会社を退職し、実家のお店を継ぐために寿司職人の道へと進んだ。専門学校に通って基礎を習得し、昨年9月から修行している。一人前の寿司職人になるには4〜5年かかるとのことであるという。仕事はネタになる魚の仕込みから始まり、小さな魚をおろして小骨を取り除いた。しずちゃんも魚の仕込みを体験したが、上手く仕込みはできなかった。鈴木さんは仕事が楽しいとし、自分で仕込んだ魚をお客さんが食べている姿を見ることができるのは感動するという。仕込みを親方がチェックし、まだまだであるとされた。

 (寿司、魚介料理・海鮮料理、和食(その他))

「にじいろジーン」で紹介されたレストラン・飲食店

渋谷のへ。夜パフェ専門店 Parfaiteria beLへ。札幌に根付いているシメパフェの文化を伝えるお店。旬のフルーツを使用した濃厚ジェラートが楽しめる。藤原紀香が注文したのは「栗とハスカップと山椒 〜モンブラン仕立て〜」。ぐっさんは「ピスタチオとプラリネ」。藤原は、美味しい食事をしたあとにそこでデザートを食べずに、ここでシメパフェもいい、などとコメント。

井浦新はスマホで操作する紙飛行機が気になった、などとコメント。藤原紀香のおもてなしがすごかった、などとホラン千秋はコメント。

 (バー、ソフトクリーム、アイスクリーム)

「にじいろジーン」で紹介されたレストラン・飲食店

ヴェーテ・カッテン

スウェーデンはコーヒーの消費量が多いことで知られている。コーヒーブレイクを取る文化を「フィーカ」と呼び、ほぼ100パーセントの市民が1日に数回楽しむ重要なコミュニケーション文化となっている。ユニークなコーヒータイムが体験できるカフェがあるとのことで、ホラン千秋さんは「使えなくなったバスを再利用したカフェ」と答えた。正解は「電車カフェ」で、注文したメニューを楽しみながら流れる景色を見れる。このカフェトラムのほとんどの乗客の目的はコーヒであるため、途中下車はしないで往復約30分かけて始発駅に戻るという。


「にじいろジーン」で紹介されたレストラン・飲食店

リサ・エルムクヴィスト

ユリアさんに案内してもらい、エステルマルム市場へ。甘いベリーソースを付けて食べるミートボールや、じゃがいもとアンチョビのグラタン「ヤンソン・フレステルセ」などのグルメを紹介。市場内を散策すると行列しているレストラン「リサ・エルムクヴィスト」を発見。このレストランは王室御用達、魚屋直営のレストランだという。店の一番人気「スウェーデン風ブイヤベース」を注文。


「にじいろジーン」で紹介されたレストラン・飲食店

ビストロ・ノーベル

去年12月のノーベル賞授賞式後の晩餐会でふるまわれた「ノーベルディナー」を紹介した。デザートは博物館内のカフェ「ビストロ・ノーベル」のパティシエが作っている。カフェの椅子の裏には受賞者たちのサインが書かれていた。カフェでは「ノーベル・アイスクリーム」を注文。


「にじいろジーン」で紹介されたレストラン・飲食店

この日、智映さんは事情があって親と別々で暮らす名古屋の子どもたちに美味しい物を食べてもらうチャリティーイベントに参加し、カニクリームコロッケを振る舞った。目標は魚の美味しさを感じることで日本の豊かさに気付いてもらうことだという。

 (割烹・小料理)

「にじいろジーン」で紹介されたレストラン・飲食店

東京・銀座の人気店「割烹智映」を運営する割烹料理歴11年の北山智映さん。魚が好きという理由で料理人の世界へ入った。智映さんの作る料理は蟹とクリームチーズを合わせた「変わり香箱蟹」や「鰯のサンドイッチ」など独創的。独自に編み出した魚が美味しくなる捌き方を紹介。無理に頭を落とそうとすると魚が傷んでしまうので包丁を入れたらねじって外す。三枚おろしのポイントは骨の音を聞くこととノコギリのように切らないこと。美味しいところも骨についているので骨にあてておろしていく。店の営業がある日は毎朝築地場外市場へ出向き一匹ずつ自分の目で確かめる。海で生息する魚に真水の氷が接すると浸透圧の違いからふやけてしまう。鮮魚店が扱っている魚に対して「魚愛」を持っているかどうかが一番重要だという。

サバが劇的においしくなるテクニックを伝授。パサつき防止には日本酒もしくは料理酒少々と塩をかけ15分置くことでサバが持つくさみは抜け水分は程よく残る。水に入れ軽く沸騰させて熱を通し最後に炙る。出来上がったサバを食べた新山さんは「サバじゃないみたい!」とコメントした。智映さんは包丁による切り傷が絶えず、瞬間接着剤を使って止血することもある。女性として辛いと思うことはあまりなく自分が作った料理を通して新しい出会いがあることにワクワクする、印象的に残っているのが亡くなる前日に智映さんの料理が食べたいとわざわざお店に来てくれたことだと話した。魚を食べる人が減っている現状を変えるために魚の捌き方などを教える料理教室を開催している。

 (割烹・小料理)

2018年12月 2019年01月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 「にじいろジーン」で紹介されたすべての情報
  • 「にじいろジーン」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「にじいろジーン」で紹介された音楽・CD
  • 「にじいろジーン」で紹介された映画・DVD
  • 「にじいろジーン」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「にじいろジーン」で紹介されたグルメ情報
  • 「にじいろジーン」で紹介された料理レシピ
  • 「にじいろジーン」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「にじいろジーン」で紹介された観光・地域情報
  • 「にじいろジーン」で紹介されたイベント情報
  • 「にじいろジーン」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する