テレビ紹介情報

「新報道2001」で紹介された情報

「新報道2001」で紹介されたすべての情報 ( 285 / 679 ページ )

アパグループ

TKC 日商エステム 日本管財 アパグループ 旭ファイバーグラス 小野薬品の提供


日本管財

TKC 日商エステム 日本管財 アパグループ 旭ファイバーグラス 小野薬品の提供


日商エステム

TKC 日商エステム 日本管財 アパグループ 旭ファイバーグラス 小野薬品の提供


TKC

TKC 日商エステム 日本管財 アパグループ 旭ファイバーグラス 小野薬品の提供


「新報道2001」で紹介されたイベント情報

ソチ五輪

ソチオリンピック開催を成功させ、国内情勢を安定させたいロシア。プーチン大統領は史上最高額の約5兆円をつぎ込んだが、相次ぐテロにアメリカ、フランス、ドイツの大統領は開会式参加を見送った。その中でソチオリンピック開催日の2月7日は北方領土の日であり、安倍首相が開会式に参加することは北方領土問題解決の糸口をつかむ狙いがある。


戸山ハイツ

片山善博は「コミュニティが重要。東京都は下町は違うかもしれないが高層マンションがあるようなところはコミュニティがないに等しい。市区町村の問題でもあるが都知事になった時にどうするか?」と質問した田母神俊雄は「1階にお年寄りが住んでいるようなところには、家賃を安くして2階に若い夫婦に住んでもらう」など提案した。舛添要一は「集合住宅の1階2階をショッピングモールにするとともに、特養や保育園をつくる」と語った。細川護煕は「公的な扶助以上に、かつての隣組のようなコミュニティを支援して なにかできないものか」と語った。宇都宮健児は「住民の方からコミュニティを作る動きが出てきている。まずそれを支援する。都営住宅で一番古い戸山ハイツで街宣をしたが、40年ぐらい経つので高齢者ばかりになる。原因は、お父さんお母さんが亡くなったら子どもたちが継承できないルールがあるから。石原都政・猪瀬都政は新規の都営住宅を1個も作っていない。作ることと継承出来る制度に変えたい」と語った。


都営住宅

片山善博は「コミュニティが重要。東京都は下町は違うかもしれないが高層マンションがあるようなところはコミュニティがないに等しい。市区町村の問題でもあるが都知事になった時にどうするか?」と質問した田母神俊雄は「1階にお年寄りが住んでいるようなところには、家賃を安くして2階に若い夫婦に住んでもらう」など提案した。舛添要一は「集合住宅の1階2階をショッピングモールにするとともに、特養や保育園をつくる」と語った。細川護煕は「公的な扶助以上に、かつての隣組のようなコミュニティを支援して なにかできないものか」と語った。宇都宮健児は「住民の方からコミュニティを作る動きが出てきている。まずそれを支援する。都営住宅で一番古い戸山ハイツで街宣をしたが、40年ぐらい経つので高齢者ばかりになる。原因は、お父さんお母さんが亡くなったら子どもたちが継承できないルールがあるから。石原都政・猪瀬都政は新規の都営住宅を1個も作っていない。作ることと継承出来る制度に変えたい」と語った。


多摩ニュータウン

片山善博は「コミュニティが重要。東京都は下町は違うかもしれないが高層マンションがあるようなところはコミュニティがないに等しい。市区町村の問題でもあるが都知事になった時にどうするか?」と質問した田母神俊雄は「1階にお年寄りが住んでいるようなところには、家賃を安くして2階に若い夫婦に住んでもらう」など提案した。舛添要一は「集合住宅の1階2階をショッピングモールにするとともに、特養や保育園をつくる」と語った。細川護煕は「公的な扶助以上に、かつての隣組のようなコミュニティを支援して なにかできないものか」と語った。宇都宮健児は「住民の方からコミュニティを作る動きが出てきている。まずそれを支援する。都営住宅で一番古い戸山ハイツで街宣をしたが、40年ぐらい経つので高齢者ばかりになる。原因は、お父さんお母さんが亡くなったら子どもたちが継承できないルールがあるから。石原都政・猪瀬都政は新規の都営住宅を1個も作っていない。作ることと継承出来る制度に変えたい」と語った。


首都大学東京

渡邊洋子さんは、友達と離れることも不安要素だという。村山団地の高齢者みまもり相談室の平野香奈美相談員は「助け合いもなかなか難しくなってしまったり(するのではないか)」と不安を語った。既に新しい棟に引っ越した菊地初枝さんは「一人暮らしでも、もう一間ほしい。息子が来ても泊まるところが…」と語った。首都大学東京の上野淳名誉教授は「だんだん動きの少ない在宅生活になって萎縮していってしまう可能性がある」と語った。


村山団地

東京都の高齢者人口の増加数は日本一。村山団地では建て替え工事中。2015年に新しく出来る棟に移る予定の86歳の渡邊洋子さんは一人で6畳ニ部屋・4畳半一部屋のファミリータイプに住んでいる。所得が低い為家賃は免除され月5000円。現在は3DKに住んでいるが、2015年には1DKに引っ越すため荷物が入るか頭を悩ませている。

渡邊洋子さんは、友達と離れることも不安要素だという。村山団地の高齢者みまもり相談室の平野香奈美相談員は「助け合いもなかなか難しくなってしまったり(するのではないか)」と不安を語った。既に新しい棟に引っ越した菊地初枝さんは「一人暮らしでも、もう一間ほしい。息子が来ても泊まるところが…」と語った。首都大学東京の上野淳名誉教授は「だんだん動きの少ない在宅生活になって萎縮していってしまう可能性がある」と語った。


2018年12月 2019年01月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 「新報道2001」で紹介されたすべての情報
  • 「新報道2001」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「新報道2001」で紹介された音楽・CD
  • 「新報道2001」で紹介された映画・DVD
  • 「新報道2001」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「新報道2001」で紹介されたグルメ情報
  • 「新報道2001」で紹介された料理レシピ
  • 「新報道2001」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「新報道2001」で紹介された観光・地域情報
  • 「新報道2001」で紹介されたイベント情報
  • 「新報道2001」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する