ホーム > テレビ紹介情報 > フジテレビ > 奇跡体験!アンビリバボー
テレビ紹介情報

「奇跡体験!アンビリバボー」で紹介された情報

「奇跡体験!アンビリバボー」で紹介されたすべての情報 ( 412 / 412 ページ )

秋田県立大学

2人の死者を出したクマ牧場の事故。管理体制のずさんさも去ることながら、悲劇を生んだ最大の要因は命の責任を果たさなかったことだった。事故の事後処理に携わった秋田県立大学の星崎和彦准教授は、「犬や猫は野に放とうとか捨てようとかなかなか考えない。感情移入しにくいペットに関しては、飼えなくなった時に捨ててしまうと自然界に及ぼす影響は甚大なものになる。外来の生物を飼う段階で最後まで面倒を見切ることを徹底してほしい」などと話した。さらに星崎准教授は人間の責任について、「自然に対し強い影響力を持っているからこそ、自然界の動植物や微生物がそれらしく生きていけるように担保する一番重い責任を負っている」などと述べた。


クマ

人災から起きたクマによる事故について、坂下千里子は「殺処分がかわいそうだから引き取っても育てられなかったらダメな優しさ」とコメント。野生動物との付き合い方について、日村勇紀は「山登りの世界はクマと出会うこともありえるもので、こっちがどうやって対応するかが大切」などと話した。

人は動物とどのように向き合っていくべきなのか。10人もの負傷者を出した乗鞍岳を管轄する高山市では、クマを駆除するべきとの意見もあった。しかし観光客を対象にアンケートを取ったところ、賛成する人は全体の3%しかいなかった。猟銃や麻酔銃の設置も否定的な意見が多かったという。そこで高山市は、クマとの遭遇を避けるための方法や、クマと出会った時の対処法をまとめたパンフレットを配布。環境パトロールも強化し、クマの監視も実施している。今は人間とクマが共に歩む道が模索されている。

2人の死者を出したクマ牧場の事故。管理体制のずさんさも去ることながら、悲劇を生んだ最大の要因は命の責任を果たさなかったことだった。事故の事後処理に携わった秋田県立大学の星崎和彦准教授は、「犬や猫は野に放とうとか捨てようとかなかなか考えない。感情移入しにくいペットに関しては、飼えなくなった時に捨ててしまうと自然界に及ぼす影響は甚大なものになる。外来の生物を飼う段階で最後まで面倒を見切ることを徹底してほしい」などと話した。さらに星崎准教授は人間の責任について、「自然に対し強い影響力を持っているからこそ、自然界の動植物や微生物がそれらしく生きていけるように担保する一番重い責任を負っている」などと述べた。


くまくま園

事故から今年で6年、「くまくま園」には愛知・豊田市で捕獲されクマ牧場に引き取られた子グマと、クマ牧場で暮らしていたヒグマが引き取られている。事故後、クマ牧場の運営を許可する立場にあった県が監督責任を認め、残されたクマたちの面倒を見ることになった。県は自治体が運営している「くまくま園」に予算を投じ、施設を拡大して整備。クマ牧場のクマたちを受け入れた。クマ牧場の経営者は当時の新聞報道で、事故について「亡くなった2人や遺族への申し訳ない気持ちは少しも変わらない。いつまでも忘れない」と話している。


ヒグマ

事故後、経営者の男性についてはクマの死骸の不法投棄の疑いがあり、県の職員が現地調査を行った。すると牧場敷地内の裏山には、死んだクマの墓が建てられていた。殺処分されるクマを救うためクマ牧場を引き継いだものの、結果として十分なエサを与えることもできず、脱走したクマは空腹から従業員を襲った可能性があった。業務上過失致死で逮捕された経営者と男性従業員は、罰金50万円の略式起訴となった。正式裁判とならず罰金刑で済んだのは、遺族の処罰感情が強くなかったためだという。一方で死んだクマの不法投棄の件で、経営者が罰せられることはなかった。クマを弔うように埋葬していたことから、不法投棄には当たらないと判断された。

事故から今年で6年、「くまくま園」には愛知・豊田市で捕獲されクマ牧場に引き取られた子グマと、クマ牧場で暮らしていたヒグマが引き取られている。事故後、クマ牧場の運営を許可する立場にあった県が監督責任を認め、残されたクマたちの面倒を見ることになった。県は自治体が運営している「くまくま園」に予算を投じ、施設を拡大して整備。クマ牧場のクマたちを受け入れた。クマ牧場の経営者は当時の新聞報道で、事故について「亡くなった2人や遺族への申し訳ない気持ちは少しも変わらない。いつまでも忘れない」と話している。


クマ牧場

事故後、経営者の男性についてはクマの死骸の不法投棄の疑いがあり、県の職員が現地調査を行った。すると牧場敷地内の裏山には、死んだクマの墓が建てられていた。殺処分されるクマを救うためクマ牧場を引き継いだものの、結果として十分なエサを与えることもできず、脱走したクマは空腹から従業員を襲った可能性があった。業務上過失致死で逮捕された経営者と男性従業員は、罰金50万円の略式起訴となった。正式裁判とならず罰金刑で済んだのは、遺族の処罰感情が強くなかったためだという。一方で死んだクマの不法投棄の件で、経営者が罰せられることはなかった。クマを弔うように埋葬していたことから、不法投棄には当たらないと判断された。

事故から今年で6年、「くまくま園」には愛知・豊田市で捕獲されクマ牧場に引き取られた子グマと、クマ牧場で暮らしていたヒグマが引き取られている。事故後、クマ牧場の運営を許可する立場にあった県が監督責任を認め、残されたクマたちの面倒を見ることになった。県は自治体が運営している「くまくま園」に予算を投じ、施設を拡大して整備。クマ牧場のクマたちを受け入れた。クマ牧場の経営者は当時の新聞報道で、事故について「亡くなった2人や遺族への申し訳ない気持ちは少しも変わらない。いつまでも忘れない」と話している。

2人の死者を出したクマ牧場の事故。管理体制のずさんさも去ることながら、悲劇を生んだ最大の要因は命の責任を果たさなかったことだった。事故の事後処理に携わった秋田県立大学の星崎和彦准教授は、「犬や猫は野に放とうとか捨てようとかなかなか考えない。感情移入しにくいペットに関しては、飼えなくなった時に捨ててしまうと自然界に及ぼす影響は甚大なものになる。外来の生物を飼う段階で最後まで面倒を見切ることを徹底してほしい」などと話した。さらに星崎准教授は人間の責任について、「自然に対し強い影響力を持っているからこそ、自然界の動植物や微生物がそれらしく生きていけるように担保する一番重い責任を負っている」などと述べた。


ヒグマ

クマ牧場について、動物愛護団体は劣悪な環境だと指摘。また老朽化した施設の修繕も行われていなかった。さらにクマ牧場の経営者はクマの死骸を敷地の裏山に捨てていて、経営者のやったことは不法投棄にあたる可能性があった。事故が起こる4年前、クマ牧場を引き継ぎ立て直しを図った経営者だったが、客足は思うように伸びず、施設を修繕する予定もなかったという。給料の支払いが滞ることもあったが、前の経営者の時代からクマ牧場で働いていた者もいたことから、クマを見捨てることはできなかった。しかし高齢だったこともあり、現場の負担は並大抵のものではなく、現場の注意不足を招いてしまった。経営者と雪山を作る原因となった運動場に雪を落とした従業員は、業務上過失致死の容疑で逮捕された。


クマ牧場

クマ牧場について、動物愛護団体は劣悪な環境だと指摘。また老朽化した施設の修繕も行われていなかった。さらにクマ牧場の経営者はクマの死骸を敷地の裏山に捨てていて、経営者のやったことは不法投棄にあたる可能性があった。事故が起こる4年前、クマ牧場を引き継ぎ立て直しを図った経営者だったが、客足は思うように伸びず、施設を修繕する予定もなかったという。給料の支払いが滞ることもあったが、前の経営者の時代からクマ牧場で働いていた者もいたことから、クマを見捨てることはできなかった。しかし高齢だったこともあり、現場の負担は並大抵のものではなく、現場の注意不足を招いてしまった。経営者と雪山を作る原因となった運動場に雪を落とした従業員は、業務上過失致死の容疑で逮捕された。


ヒグマ

なぜヒグマは脱走できたのか。ヒグマが逃げ出した一番北側の運動場の中には、高さ3.3mの雪山があった。そのてっぺんから壁の上までは1mほど。雪山が出来た原因として、吹きだまりが指摘された。運動場は四方が壁になっていたことから中で気流の渦ができ、吹きだまりができるような状況が発生した可能性もある。雪山は本当に吹きだまりなのか、警察が慎重に捜査を進めると、思いがけない事実が発覚した。

雪山の下には、クマが水遊びをするための6m四方ほどのプールがあった。男性従業員は事故があった数日前、除雪作業を建設機械で行っていた。しかし例年より雪が多く、除雪が間に合わなかったため雪を運動場のプールに廃棄したという。しかし雪の量が多かったのか、溶けなかった雪が雪山になってしまった。


クマ牧場

なぜヒグマは脱走できたのか。ヒグマが逃げ出した一番北側の運動場の中には、高さ3.3mの雪山があった。そのてっぺんから壁の上までは1mほど。雪山が出来た原因として、吹きだまりが指摘された。運動場は四方が壁になっていたことから中で気流の渦ができ、吹きだまりができるような状況が発生した可能性もある。雪山は本当に吹きだまりなのか、警察が慎重に捜査を進めると、思いがけない事実が発覚した。

雪山の下には、クマが水遊びをするための6m四方ほどのプールがあった。男性従業員は事故があった数日前、除雪作業を建設機械で行っていた。しかし例年より雪が多く、除雪が間に合わなかったため雪を運動場のプールに廃棄したという。しかし雪の量が多かったのか、溶けなかった雪が雪山になってしまった。


ヒグマ

逃げ出したクマを駆除するべく、グループになって牧場内に散らばった猟友会のメンバー。何よりも優先されたのは、倒れた女性従業員の近くにいるヒグマを駆除することだった。地元の猟友会はツキノワグマを駆除した経験はあったが、ヒグマを撃った経験はなかった。狙いを定めたのは、猟友会の中でも名人と言われたメンバー。女性従業員の近くには2頭のヒグマがいたが、猟友会は2頭とも射殺。女性従業員は救急車で病院に搬送されたが、すでに絶命していた。4頭目のヒグマは運動場の裏側をうろついていたところを駆除された。

クマ牧場からヒグマが逃げ出した事件。なぜヒグマは脱走したのか、設楽統は「木か何かが倒れたから」などと予想。日村勇紀は「逃げ出せる場所を一つ見つけると頭が良いからすぐに逃げ出せそう」などと話した。

撃たれながらも運動場の裏側に逃げ込んだ5頭目のヒグマ。5頭目の死亡を確認してすぐ、6頭目のヒグマも射殺。その後、運動場や飼育されていた檻の中にいたクマの数を調べた結果、逃げ出したのは射殺した6頭で全てであると判明した。

緊急通報からおよそ6時間後、事件は終息した。警察の現場検証の結果、ヒグマが逃げ出したのは運動場の一番北側からとみて間違いなかった。警察の現場検証の結果、他の檻などには鍵がかけられていた。


2018年06月 2018年07月 
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
  • 「奇跡体験!アンビリバボー」で紹介されたすべての情報
  • 「奇跡体験!アンビリバボー」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「奇跡体験!アンビリバボー」で紹介された音楽・CD
  • 「奇跡体験!アンビリバボー」で紹介された映画・DVD
  • 「奇跡体験!アンビリバボー」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「奇跡体験!アンビリバボー」で紹介されたグルメ情報
  • 「奇跡体験!アンビリバボー」で紹介された料理レシピ
  • 「奇跡体験!アンビリバボー」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「奇跡体験!アンビリバボー」で紹介された観光・地域情報
  • 「奇跡体験!アンビリバボー」で紹介されたイベント情報
  • 「奇跡体験!アンビリバボー」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する