ホーム > テレビ紹介情報 > フジテレビ > 奇跡体験!アンビリバボー
テレビ紹介情報

「奇跡体験!アンビリバボー」で紹介された情報

「奇跡体験!アンビリバボー」で紹介されたすべての情報 ( 325 / 325 ページ )

「奇跡体験!アンビリバボー」で紹介された映画・DVD

出演者らが人生に影響を与えた恩師についてトーク。大沢あかねは「中学生のときの先生で、周りの先生は芸能活動に反対していたがその先生だけ応援してくれた」などと話した。

「酔いどれ天使〈普及版〉[TDV-17345D][DVD]」

価格.com


「奇跡体験!アンビリバボー」で紹介された映画・DVD

姿三四郎

黒澤明は1910年に生まれ中学卒業五に画家を志し18歳で二科展に入選、26歳で映画製作の道に進み7年後に姿三四郎で監督デビューを果たした。その頃植草圭之助と再会し素晴らしき日曜日が生まれた。立川先生は2人の教え子が作品を観た後手紙を黒澤に送った。黒澤明は立川先生のことを「私の成長を助けた力は、黒田小学校の担任の先生の力である。」「先生そのものの任がんから教わることの方が多いんですよね」などと後に語っている。そして黒澤と植草が立川先生を食事に誘ったときに立川先生は「御馳走は2人の顔を見るだけで充分だ」と話した。


「奇跡体験!アンビリバボー」で紹介されたイベント情報

二科展

黒澤明は1910年に生まれ中学卒業五に画家を志し18歳で二科展に入選、26歳で映画製作の道に進み7年後に姿三四郎で監督デビューを果たした。その頃植草圭之助と再会し素晴らしき日曜日が生まれた。立川先生は2人の教え子が作品を観た後手紙を黒澤に送った。黒澤明は立川先生のことを「私の成長を助けた力は、黒田小学校の担任の先生の力である。」「先生そのものの任がんから教わることの方が多いんですよね」などと後に語っている。そして黒澤と植草が立川先生を食事に誘ったときに立川先生は「御馳走は2人の顔を見るだけで充分だ」と話した。


「奇跡体験!アンビリバボー」で紹介された映画・DVD

素晴らしき日曜日

立川精治は60代のある日、映画館を訪れていた。立川精治は映画が始まるすぐ涙を流し、映画が終わっても一人で泣き続けた。そこで上映されていた作品は「素晴らしき日曜日」、その脚本を務めたのが植草圭之助で、演出を務めたのが立川精治が教えていたもう一人の生徒、黒澤明だった。

黒澤明は1910年に生まれ中学卒業五に画家を志し18歳で二科展に入選、26歳で映画製作の道に進み7年後に姿三四郎で監督デビューを果たした。その頃植草圭之助と再会し素晴らしき日曜日が生まれた。立川先生は2人の教え子が作品を観た後手紙を黒澤に送った。黒澤明は立川先生のことを「私の成長を助けた力は、黒田小学校の担任の先生の力である。」「先生そのものの任がんから教わることの方が多いんですよね」などと後に語っている。そして黒澤と植草が立川先生を食事に誘ったときに立川先生は「御馳走は2人の顔を見るだけで充分だ」と話した。

出演者らが人生に影響を与えた恩師についてトーク。大沢あかねは「中学生のときの先生で、周りの先生は芸能活動に反対していたがその先生だけ応援してくれた」などと話した。


文京区立黒田小学校

立川精治先生に絵を誉められ自信を持つことができた少年は勉強の成績も伸び始め、級長に選出されるまでになった。そんなとき立川先生は少年にクラスでも気の弱かった植草圭之助を副級長に推薦、2人はそれぞれ絵と作文で力を発揮していった。しかし立川先生は型破りな授業から周囲の教師と軋轢を生み小学校を去ってしまった。学校を去ってからも消炎と植草圭之助は先生の自宅を訪ねていた。小学校を辞めたあと立川先生は仲間たちと美術教育を出版、苦しい生活を強いられていたが絵を描くことだけはやめなかった。


文京区立黒田小学校

偉人の恩師である立川精治先生が出会ったのは文京区立黒田小学校、当時は完全な管理教育だったが立川精治先生は型破りで独創的な授業をしていた。立川先生のクラスには私立の学校から転校してきたいじめられっ子がおり、その子が美術の授業で描いた絵は生徒たちには笑われたが立川先生は個性を認め誉めた、この出来事が少年を世界的偉人へと成長させた。


ロックフェラー医学研究所

また北里伝染病研究所の研究員だった野口英世は同僚がが東大出身のエリートばかりで、活躍するためアメリカへの留学を志したが遊郭通いがたたって金がなかった。そんなとき資産家の娘である斉藤ます子と出会い、2年後に帰国したら結婚するという約束で両親から約600万円の融資をしてもらった。しかし野口英世は留学先も帰国の目処も決まらっていない中で約束をしたため2年経っても戻っていなかった。婚約者からは帰国を催促する手紙が届くがアメリカで成果を残していないので帰りたくない、だが自ら婚約解消を申し出れば留学資金を返さなければならない。そこで野口英世はアンビリバボーな方法を思いついた。


北里伝染病研究所

また北里伝染病研究所の研究員だった野口英世は同僚がが東大出身のエリートばかりで、活躍するためアメリカへの留学を志したが遊郭通いがたたって金がなかった。そんなとき資産家の娘である斉藤ます子と出会い、2年後に帰国したら結婚するという約束で両親から約600万円の融資をしてもらった。しかし野口英世は留学先も帰国の目処も決まらっていない中で約束をしたため2年経っても戻っていなかった。婚約者からは帰国を催促する手紙が届くがアメリカで成果を残していないので帰りたくない、だが自ら婚約解消を申し出れば留学資金を返さなければならない。そこで野口英世はアンビリバボーな方法を思いついた。


黄熱病

遊郭で酒に溺れている男は、何かと理由をつけて恩師や友人におあ金を借りそのお金で酒を飲んでいた。借金をしてまで遊郭やお酒に費やすこの偉人は野口英世。野口英世が借りたお金の総額は現在の価値で2000万円以上に上った。野口英世は1876年に生まれ左手の大火傷の手術をきっかけに医学の道を志し、20歳で医師免許を取得し自ら開発したワクチンで感染症を収束させた一方で黄熱病の研究に従事した偉人。そんな野口英世のもう一つの素顔はお金にだらしない遊び人だった。


ジャニーズ事務所

山本慈昭についてスタジオトーク。指原莉乃は「諦めずに活動し続けたから娘さんに会えた。本当に努力が実を結んだものだと思う」などと話した。山本の意志を継ぎ、今も多くの団体や人々が中国残留孤児の問題に取り組んでいる。父親との思い出について聞かれた指原莉乃は、アイドルのオーディションに受かり上京する際に、父親もジャニーズ事務所のオーディションを受けていたことを知ったエピソードを話した。


2017年05月 2017年06月 
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
  • 「奇跡体験!アンビリバボー」で紹介されたすべての情報
  • 「奇跡体験!アンビリバボー」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「奇跡体験!アンビリバボー」で紹介された音楽・CD
  • 「奇跡体験!アンビリバボー」で紹介された映画・DVD
  • 「奇跡体験!アンビリバボー」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「奇跡体験!アンビリバボー」で紹介されたグルメ情報
  • 「奇跡体験!アンビリバボー」で紹介された料理レシピ
  • 「奇跡体験!アンビリバボー」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「奇跡体験!アンビリバボー」で紹介された観光・地域情報
  • 「奇跡体験!アンビリバボー」で紹介されたイベント情報
  • 「奇跡体験!アンビリバボー」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する