ホーム > テレビ紹介情報 > フジテレビ > ノンストップ!
テレビ紹介情報

「ノンストップ!」で紹介された情報

「ノンストップ!」で紹介されたすべての情報 ( 7872 / 7872 ページ )

エッセオリジナル 携帯に便利な折りたたみ式 保冷温ショッピングバッグ

年間定期購読キャンペーン中。新規でお申し込みいただいた方全員に「エッセオリジナル 携帯に便利な折りたたみ式 保冷温ショッピングバッグ」をプレゼント。申込みはフリーコール0120-887560。


「ノンストップ!」で紹介されたイベント情報

年間定期購読キャンペーン

年間定期購読キャンペーン中。新規でお申し込みいただいた方全員に「エッセオリジナル 携帯に便利な折りたたみ式 保冷温ショッピングバッグ」をプレゼント。申込みはフリーコール0120-887560。


ESSE

今発売中の雑誌ESSEから気になる特集を紹介する。今日は「名医がすすめるスクワット健康法」。身体に負担がかからない正しいスクワットを続けるだけで肩こりや腰痛、冷え性などが解決し、ダイエット効果も期待できる特集。毎日続けたい基本のスクワットはもちろん腸への刺激をプラスした腸活スクワットなども紹介。難しいことは一切ない名医が実践する方法を試してください、と紹介した。


コードレス電動モップ

コードレス電動モップの通販情報。掃除機だけでは落としきれない汚れもピカピカ。充電式のコードレスだから「ただ持って歩くだけ」でめんどくさい床掃除が効率的にできる。モップヘッドに取り付けたモップパッドが1分間におよそ1000回もの強力な振動で、床にこびりついた汚れを しっかりこすり落とす。付属のモップパッド2枚に加えさらに交換用の2枚もセットにして税抜13800円。お申込みは0120-118-118。スマホやPCはいいものプレミアムで検索。


コードレス電動モップ

コードレス電動モップの通販情報。掃除機だけでは落としきれない汚れもピカピカ。充電式のコードレスだから「ただ持って歩くだけ」でめんどくさい床掃除が効率的にできる。モップヘッドに取り付けたモップパッドが1分間におよそ1000回もの強力な振動で、床にこびりついた汚れを しっかりこすり落とす。付属のモップパッド2枚に加えさらに交換用の2枚もセットにして税抜13800円。お申込みは0120-118-118。


番組ホームページ

今週のテーマ「謝りたい&誤ってほしいエピソード」としせきららボイスを募集。神奈川県の方からのエピソードは、彼氏との初デートで居酒屋へ、舞い上がり気がつくと彼氏ほったらかしで別のお客さんと飲んでいたという内容だった。設楽さんらは「わかってるんだったら…」「相手はどう思ったんだろう」などとのべた。


鹿

さきがけ!大人塾のコーナー。今日のテーマは「NYでも急増!オシャレに楽しむ陶芸講座」。スタジオに陶芸家の岸野和矢さんをお迎えした。岸野さんは「現在若い方で陶芸をする方が増えていますが、女性が8割くらいです。」などと話した。陶芸は今ニューヨークでも大人気。陶芸のトレンドについてニューヨークの陶芸スタジオ「ブルックリン・クレイ」に尋ねた。ニューヨークでは花柄や彫など縁を飾った皿が人気となっているとのこと。インテリアショップの「Francfranc」でも花柄のお皿が人気で、日本ではもちろん、海外から来た方がお土産に買っていくのだとか。今回のさきがけ!大人塾ではそんな花柄のお皿、縁を飾った皿を学んでいく。陶芸の工程は土練り、形作り・装飾、乾燥、素焼き、絵付け、本焼きと。今回スタジオ出演者らは形作りと装飾を体験。形作りは扱いやすいように下準備した土の上に水を付け、手のひら全体を使って真ん中を平らにしいていく。ある程度したら、木のコテを使い、より滑らかにしていく。そして次に行うのが縁づくり。デコボコにならないよう手で慣らし、両手で縁を引き上げていく。縁を上げたら、外側にゆっくり倒していくとのこと。今回は予め準備していただいた粘土をスタジオに用意。まずは電動ろくろの使い方から教えていただく。岸野さんは「まずレバーがありますが、好きな速さが選べるようになっています。ただいっぱいまで回してしまうと水が飛び散ってしまい、作品が壊れてしまいます。」、「上半身がぶれると、器もぶれてしまいますから、膝はろくろにくっつけて脇はしめて作っていきます。」などと話した。そして形作りについて岸野さんは「水で濡らし、手の平全体でお皿の底を整えていきます。」と話した。さきがけ!ポイント「表面は常に濡れた状態に」。岸野さんは「その後に木のコテを使ってお皿のデコボコを慣らしていきます。コテはとがっている方を右側に持ちます。中心から横に滑るように移動すると中がキレイに整っていきます。この状態でも水が足りなくなったら、また水をつけてください。」と話した。そして次の工程へ。岸野さんは「次に、縁を滑らかにして、下から上にあげて伸ばしていく作業です。お皿を作るのであれば、5cmくらいの高さまであげれば良いでしょう。厚さは約1cmをイメージしてください。厚さはできるだけ均一になるように心がけてください。」と話した。さきがけ!ポイント「厚さを均一にする」。出演者らもこの工程に挑戦するが、縁の高さが不揃いになってしまうなど苦戦。岸野さんがフォローした。そして更に次の工程へ。岸野さんは「上に伸した縁をお皿の形に倒していきます。セーム皮を縁に当てて縁をすべすべにします。その後でスポンジを使って中に溜まっている溶けた粘土を滑らかに整えます。これで完成ですので、速やかに回転を止めます。」さきがけ!ポイント「セーム皮を使い縁を滑らかに!」、「スポンジで底の泥を払う」。出演者らは岸野さんにフォローしていただき形作りを行った。形作りの後は装飾の作業へ。


Francfranc 青山店

さきがけ!大人塾のコーナー。今日のテーマは「NYでも急増!オシャレに楽しむ陶芸講座」。スタジオに陶芸家の岸野和矢さんをお迎えした。岸野さんは「現在若い方で陶芸をする方が増えていますが、女性が8割くらいです。」などと話した。陶芸は今ニューヨークでも大人気。陶芸のトレンドについてニューヨークの陶芸スタジオ「ブルックリン・クレイ」に尋ねた。ニューヨークでは花柄や彫など縁を飾った皿が人気となっているとのこと。インテリアショップの「Francfranc」でも花柄のお皿が人気で、日本ではもちろん、海外から来た方がお土産に買っていくのだとか。今回のさきがけ!大人塾ではそんな花柄のお皿、縁を飾った皿を学んでいく。陶芸の工程は土練り、形作り・装飾、乾燥、素焼き、絵付け、本焼きと。今回スタジオ出演者らは形作りと装飾を体験。形作りは扱いやすいように下準備した土の上に水を付け、手のひら全体を使って真ん中を平らにしいていく。ある程度したら、木のコテを使い、より滑らかにしていく。そして次に行うのが縁づくり。デコボコにならないよう手で慣らし、両手で縁を引き上げていく。縁を上げたら、外側にゆっくり倒していくとのこと。今回は予め準備していただいた粘土をスタジオに用意。まずは電動ろくろの使い方から教えていただく。岸野さんは「まずレバーがありますが、好きな速さが選べるようになっています。ただいっぱいまで回してしまうと水が飛び散ってしまい、作品が壊れてしまいます。」、「上半身がぶれると、器もぶれてしまいますから、膝はろくろにくっつけて脇はしめて作っていきます。」などと話した。そして形作りについて岸野さんは「水で濡らし、手の平全体でお皿の底を整えていきます。」と話した。さきがけ!ポイント「表面は常に濡れた状態に」。岸野さんは「その後に木のコテを使ってお皿のデコボコを慣らしていきます。コテはとがっている方を右側に持ちます。中心から横に滑るように移動すると中がキレイに整っていきます。この状態でも水が足りなくなったら、また水をつけてください。」と話した。そして次の工程へ。岸野さんは「次に、縁を滑らかにして、下から上にあげて伸ばしていく作業です。お皿を作るのであれば、5cmくらいの高さまであげれば良いでしょう。厚さは約1cmをイメージしてください。厚さはできるだけ均一になるように心がけてください。」と話した。さきがけ!ポイント「厚さを均一にする」。出演者らもこの工程に挑戦するが、縁の高さが不揃いになってしまうなど苦戦。岸野さんがフォローした。そして更に次の工程へ。岸野さんは「上に伸した縁をお皿の形に倒していきます。セーム皮を縁に当てて縁をすべすべにします。その後でスポンジを使って中に溜まっている溶けた粘土を滑らかに整えます。これで完成ですので、速やかに回転を止めます。」さきがけ!ポイント「セーム皮を使い縁を滑らかに!」、「スポンジで底の泥を払う」。出演者らは岸野さんにフォローしていただき形作りを行った。形作りの後は装飾の作業へ。


Francfranc

さきがけ!大人塾のコーナー。今日のテーマは「NYでも急増!オシャレに楽しむ陶芸講座」。スタジオに陶芸家の岸野和矢さんをお迎えした。岸野さんは「現在若い方で陶芸をする方が増えていますが、女性が8割くらいです。」などと話した。陶芸は今ニューヨークでも大人気。陶芸のトレンドについてニューヨークの陶芸スタジオ「ブルックリン・クレイ」に尋ねた。ニューヨークでは花柄や彫など縁を飾った皿が人気となっているとのこと。インテリアショップの「Francfranc」でも花柄のお皿が人気で、日本ではもちろん、海外から来た方がお土産に買っていくのだとか。今回のさきがけ!大人塾ではそんな花柄のお皿、縁を飾った皿を学んでいく。陶芸の工程は土練り、形作り・装飾、乾燥、素焼き、絵付け、本焼きと。今回スタジオ出演者らは形作りと装飾を体験。形作りは扱いやすいように下準備した土の上に水を付け、手のひら全体を使って真ん中を平らにしいていく。ある程度したら、木のコテを使い、より滑らかにしていく。そして次に行うのが縁づくり。デコボコにならないよう手で慣らし、両手で縁を引き上げていく。縁を上げたら、外側にゆっくり倒していくとのこと。今回は予め準備していただいた粘土をスタジオに用意。まずは電動ろくろの使い方から教えていただく。岸野さんは「まずレバーがありますが、好きな速さが選べるようになっています。ただいっぱいまで回してしまうと水が飛び散ってしまい、作品が壊れてしまいます。」、「上半身がぶれると、器もぶれてしまいますから、膝はろくろにくっつけて脇はしめて作っていきます。」などと話した。そして形作りについて岸野さんは「水で濡らし、手の平全体でお皿の底を整えていきます。」と話した。さきがけ!ポイント「表面は常に濡れた状態に」。岸野さんは「その後に木のコテを使ってお皿のデコボコを慣らしていきます。コテはとがっている方を右側に持ちます。中心から横に滑るように移動すると中がキレイに整っていきます。この状態でも水が足りなくなったら、また水をつけてください。」と話した。そして次の工程へ。岸野さんは「次に、縁を滑らかにして、下から上にあげて伸ばしていく作業です。お皿を作るのであれば、5cmくらいの高さまであげれば良いでしょう。厚さは約1cmをイメージしてください。厚さはできるだけ均一になるように心がけてください。」と話した。さきがけ!ポイント「厚さを均一にする」。出演者らもこの工程に挑戦するが、縁の高さが不揃いになってしまうなど苦戦。岸野さんがフォローした。そして更に次の工程へ。岸野さんは「上に伸した縁をお皿の形に倒していきます。セーム皮を縁に当てて縁をすべすべにします。その後でスポンジを使って中に溜まっている溶けた粘土を滑らかに整えます。これで完成ですので、速やかに回転を止めます。」さきがけ!ポイント「セーム皮を使い縁を滑らかに!」、「スポンジで底の泥を払う」。出演者らは岸野さんにフォローしていただき形作りを行った。形作りの後は装飾の作業へ。


フランフラン

さきがけ!大人塾のコーナー。今日のテーマは「NYでも急増!オシャレに楽しむ陶芸講座」。スタジオに陶芸家の岸野和矢さんをお迎えした。岸野さんは「現在若い方で陶芸をする方が増えていますが、女性が8割くらいです。」などと話した。陶芸は今ニューヨークでも大人気。陶芸のトレンドについてニューヨークの陶芸スタジオ「ブルックリン・クレイ」に尋ねた。ニューヨークでは花柄や彫など縁を飾った皿が人気となっているとのこと。インテリアショップの「Francfranc」でも花柄のお皿が人気で、日本ではもちろん、海外から来た方がお土産に買っていくのだとか。今回のさきがけ!大人塾ではそんな花柄のお皿、縁を飾った皿を学んでいく。陶芸の工程は土練り、形作り・装飾、乾燥、素焼き、絵付け、本焼きと。今回スタジオ出演者らは形作りと装飾を体験。形作りは扱いやすいように下準備した土の上に水を付け、手のひら全体を使って真ん中を平らにしいていく。ある程度したら、木のコテを使い、より滑らかにしていく。そして次に行うのが縁づくり。デコボコにならないよう手で慣らし、両手で縁を引き上げていく。縁を上げたら、外側にゆっくり倒していくとのこと。今回は予め準備していただいた粘土をスタジオに用意。まずは電動ろくろの使い方から教えていただく。岸野さんは「まずレバーがありますが、好きな速さが選べるようになっています。ただいっぱいまで回してしまうと水が飛び散ってしまい、作品が壊れてしまいます。」、「上半身がぶれると、器もぶれてしまいますから、膝はろくろにくっつけて脇はしめて作っていきます。」などと話した。そして形作りについて岸野さんは「水で濡らし、手の平全体でお皿の底を整えていきます。」と話した。さきがけ!ポイント「表面は常に濡れた状態に」。岸野さんは「その後に木のコテを使ってお皿のデコボコを慣らしていきます。コテはとがっている方を右側に持ちます。中心から横に滑るように移動すると中がキレイに整っていきます。この状態でも水が足りなくなったら、また水をつけてください。」と話した。そして次の工程へ。岸野さんは「次に、縁を滑らかにして、下から上にあげて伸ばしていく作業です。お皿を作るのであれば、5cmくらいの高さまであげれば良いでしょう。厚さは約1cmをイメージしてください。厚さはできるだけ均一になるように心がけてください。」と話した。さきがけ!ポイント「厚さを均一にする」。出演者らもこの工程に挑戦するが、縁の高さが不揃いになってしまうなど苦戦。岸野さんがフォローした。そして更に次の工程へ。岸野さんは「上に伸した縁をお皿の形に倒していきます。セーム皮を縁に当てて縁をすべすべにします。その後でスポンジを使って中に溜まっている溶けた粘土を滑らかに整えます。これで完成ですので、速やかに回転を止めます。」さきがけ!ポイント「セーム皮を使い縁を滑らかに!」、「スポンジで底の泥を払う」。出演者らは岸野さんにフォローしていただき形作りを行った。形作りの後は装飾の作業へ。


2018年03月 2018年04月 
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
  • 「ノンストップ!」で紹介されたすべての情報
  • 「ノンストップ!」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ノンストップ!」で紹介された音楽・CD
  • 「ノンストップ!」で紹介された映画・DVD
  • 「ノンストップ!」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ノンストップ!」で紹介されたグルメ情報
  • 「ノンストップ!」で紹介された料理レシピ
  • 「ノンストップ!」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ノンストップ!」で紹介された観光・地域情報
  • 「ノンストップ!」で紹介されたイベント情報
  • 「ノンストップ!」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する