テレビ紹介情報

「ノンストップ!」で紹介された情報

「ノンストップ!」で紹介された本・コミック・雑誌 ( 229 / 229 ページ )

「ノンストップ!」で紹介された本・コミック・雑誌

ディノスカタログ夏号

ディノスカタログ夏号の案内。お求めは全国の書店・コンビニにて。


「ノンストップ!」で紹介された本・コミック・雑誌

ディノスカタログ夏号

ディノスカタログ夏号の案内。全国の書店・コンビニで発売中。


「ノンストップ!」で紹介された本・コミック・雑誌

礼賛

最高裁判所が男性3人を殺害した罪などに問われていた被告の上告を棄却した。死刑が確定する。関係者の話から死刑判決をうけるまでの5年3ヶ月に渡る裁判と驚くべき拘置所生活が明らかとなった。

わかっているだけで10人以上の男性から1億円以上の援助をうけていた首都圏連続不審死事件の被告だが、その容姿は太った女性に過ぎなかった。しかし、法廷で被告の魔性の女っぷりが明らかになっていった。セックスなどで男をコントロールしていたという。7年半にわたる拘置所生活においても、被告は、男を手玉に取っていた。支援者のひとりと結婚して離婚して、別の支援者の男性と再婚までした。しかし、被告に逃れられない現実がつきつけられた。一貫して無罪を主張してきた被告の上告を、最高裁判所が棄却したのだ。現在、被告のものとされるブログの更新がとまっている。


「ノンストップ!」で紹介された本・コミック・雑誌

ガーデンエクステリア大辞典

「ガーデンエクステリア大辞典」の紹介。


「ノンストップ!」で紹介された本・コミック・雑誌

きのう発売された主婦のレシピ本「全部レンチン!やせるおかず作りおき2」。「やせるおかず作りおき」シリーズの最新刊で、あわせて累計発行部数・230万部超え。きのうの発売だけで初版10万部を突破した。この秘密を探るべく、料理研究家・柳澤英子さんの調理に密着した。

柳澤英子を紹介し、痩せる!時短!手間なしの「やせるおかず作りおき」のことについて説明。今回は、究極ダイエットメニュー・10品を1時間で作るワザ。料理を実践して26キロほど痩せたという。ポイントとしては、男性でも作れることや作りおきが可能なものなど。

「やせるおかず 作りおき: 著者50代、1年で26キロ減、リバウンドなし! (小学館実用シリーズ LADY BIRD)」

Amazon.co.jp


「ノンストップ!」で紹介された本・コミック・雑誌

伊集院静は小説「皐月」で小説デビュー、1992年に「受け月」で直木賞を受賞して以来数々の本を出し紫綬褒章も受賞している。また近藤真彦の「ギンギラギンにさりげなく」など作詞家としても活躍した。プライベートでは3度の結婚をし現在の妻は篠ひろ子さん。豪快な人物としても知られるが、サイン会ではファン一人一人に声をかけていた。現代において批判を恐れず言うべきことを言う姿勢に人々は惹きつけられている。

「受け月 (講談社文庫)」

Amazon.co.jp


「ノンストップ!」で紹介された本・コミック・雑誌

皐月

伊集院静は小説「皐月」で小説デビュー、1992年に「受け月」で直木賞を受賞して以来数々の本を出し紫綬褒章も受賞している。また近藤真彦の「ギンギラギンにさりげなく」など作詞家としても活躍した。プライベートでは3度の結婚をし現在の妻は篠ひろ子さん。豪快な人物としても知られるが、サイン会ではファン一人一人に声をかけていた。現代において批判を恐れず言うべきことを言う姿勢に人々は惹きつけられている。


「ノンストップ!」で紹介された本・コミック・雑誌

伊集院静が出すエッセイ「大人の流儀」シリーズがヒットしている。「ある年齢に達したときから責任を持って行動できる」ことが大人の流儀だと伊集院。みんながなかなか口に出せないことを文章に残しているなどと評価されている。シリーズ最新の「さよならの力」では妻や弟の死について綴っている。先月、「さよならの力」のサイン会が行われた。

伊集院静へインタビュー。エッセイがヒットしていることについては嬉しい、当たり前の事を書いているだけなのでなんで売れるのかはわからない。騒がしい子どもがいたらよその子でもぶつなど、普通のことですなどと話した。また若者には「すぐ役に立つものはすぐ役に立たなくなる」「向かい風の方を歩きなさい」と伝えたいと話す。伊集院は仕事を増やし現在も毎月600枚の原稿を書いている。

伊集院静がエッセイシリーズで一貫して書いているのが「死・別れ」であるが、最新作では海難事故で亡くした弟のことについても綴っていた。弟の死から喧嘩をせず命を大事にすることを学んだと伊集院。またそれから15年後、前妻の夏目雅子さんの死についても綴った。結婚から1年で急性骨髄性白血病を患い、27歳でこの世を去った夏目さん。エッセイでは夏目さんと最後に見たのが花火であったことなど今まで書かなかったことを載せている。書かなかった理由はたとえ文章でも書けば揺さぶられてしまうからだと伊集院は話す。東日本大震災で周りの人達が家族を亡くす惨状を見て、自分が今笑えるようになったことを伝えようと、家族の死を綴ろうと決意したと言う。

東日本大震災で作家としての自らの経験を役立てなければと伊集院は考えた。亡くなった弟や妻の喜んでいた表情だけを思い出し、彼らも不運ではないと自らに言い聞かせていたと言う。サイン会では家族や友人を亡くした話を多くの人がしていた。妻を亡くした男性は伊集院静に力を貰ったと話した。

設楽統は伊集院静について、今の時代は人にどう思われるかを気にするが、自分がどう思うかを発信する人だからこそ人は惹きつけられている感じですねとコメント。小籔千豊は僕なんかそばに居たら24時間怒られそうですね、亡くなった相手に対する思いについても教えられたと話す。東日本大震災を大震災をきっかけに妻・夏目雅子のことを書いたと話していたが、現在の妻・篠ひろ子が背中を押してくれたこともきっかけになったという。伊集院は「ノンストップ!」は深刻ぶっていないのがいい、女子アナウンサーの笑顔が良いと話している。

「さよならの力 大人の流儀7」

Amazon.co.jp


「ノンストップ!」で紹介された本・コミック・雑誌

別れる力 大人の流儀3

伊集院静が出すエッセイ「大人の流儀」シリーズがヒットしている。「ある年齢に達したときから責任を持って行動できる」ことが大人の流儀だと伊集院。みんながなかなか口に出せないことを文章に残しているなどと評価されている。シリーズ最新の「さよならの力」では妻や弟の死について綴っている。先月、「さよならの力」のサイン会が行われた。


「ノンストップ!」で紹介された本・コミック・雑誌

伊集院静が出すエッセイ「大人の流儀」シリーズがヒットしている。「ある年齢に達したときから責任を持って行動できる」ことが大人の流儀だと伊集院。みんながなかなか口に出せないことを文章に残しているなどと評価されている。シリーズ最新の「さよならの力」では妻や弟の死について綴っている。先月、「さよならの力」のサイン会が行われた。

「大人の流儀」

Amazon.co.jp


2017年03月 2017年04月 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
  • 「ノンストップ!」で紹介されたすべての情報
  • 「ノンストップ!」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ノンストップ!」で紹介された音楽・CD
  • 「ノンストップ!」で紹介された映画・DVD
  • 「ノンストップ!」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ノンストップ!」で紹介されたグルメ情報
  • 「ノンストップ!」で紹介された料理レシピ
  • 「ノンストップ!」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ノンストップ!」で紹介された観光・地域情報
  • 「ノンストップ!」で紹介されたイベント情報
  • 「ノンストップ!」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する