テレビ紹介情報

「ノンストップ!」で紹介された情報

「ノンストップ!」で紹介された本・コミック・雑誌 ( 264 / 264 ページ )

「ノンストップ!」で紹介された本・コミック・雑誌

シンガーソングライターの植村花菜さんは2010年に発売した「トイレの神様」が大ヒットした。その後、トイレの神様は書籍や絵本としても出版され、紅白歌合戦に出場するなど時の人となった。ブレイクから8年たち、植村さんはニューヨークで活動しているという。7年前のに仕事でアメリカに行き、日本にはない文化や言葉の深さなどに衝撃を受け、翌年にギターを持って2カ月ぐらいアメリカを旅したという。当時、アメリカで活動していたジャズドラマーの清水勇博さんと出会い、2013年に結婚し、2015年に長男を出産した。その後、家族とニューヨークに移住したが、収入はストリートライブのチップのみで貯金は減るばかりだった。現在は日本とニューヨークで音楽活動を続けている。明日からはライブツアー「Ka-Naライブ」がはじまる。ニューヨークに拠点を置き、ゼロからのスタートを切った植村さんは、今年8月にKa-Naに芸名を変更した。

「トイレの神様」

Amazon.co.jp


「ノンストップ!」で紹介された本・コミック・雑誌

日本時間昨日行われたGPファイナル女子フリーに紀平梨花は出場。冒頭のトリプルアクセルを失敗したが、序盤のミスをカバーし、150.61点をマーク。233.12点で優勝した。シニアデビューシーズンでGPファイナルを制覇したのは浅田真央さん以来13年ぶりとのこと。秘策はお昼寝だという。女子SPは午後9時〜、女子FSは午後1時55分〜と不規則な時間帯に対応するためだ。紀平梨花は「どの試合でも安定した成績を出す。北京オリンピック優勝の夢があるためモチベーションはいい状態だ」と話す。

「観戦力が高まる! フィギュアスケート「美」のツボ: 振り付け・衣装から身体のつくり方まで」

Amazon.co.jp


「ノンストップ!」で紹介された本・コミック・雑誌

30代妻からのメッセージを紹介。夫が妻に黙って高級時計を買っていた。絶対に謝ろうとしないので妻は一切口をきかないようにした。夫も黙ってしまい、そのまま1週間が経過。このようにいつもケンカが長引いてしまうという。千秋さんは「黙っているのはつらいから言っちゃう。言ってすぐ終わりたい」など述べていた。小林さんによると夫の心得は「言葉は不要!行動で歩み寄る!」。妻が好きな食べ物を買って冷蔵庫に入れておくなどすると、妻は自分の事を気にかけていると感じてホッとするからだという。

「妻と正しくケンカする方法」

Amazon.co.jp


「ノンストップ!」で紹介された本・コミック・雑誌

夫婦ゲンカについて徹底解説された小林美智子さんの「妻と正しくケンカする方法」が先月出版された。小林さんによると女性は自分だけが大変な状況になると損をしているように感じてしまい、男性はそこをあまり分かっていない人が多いという。買い物の荷物が重かったという事から口論になってしまった例についてこの場合夫はくつろいでいたらシャキンとした方が良い重そうだったねなどとねぎらうと良いなどと語られた。

「妻と正しくケンカする方法」

Amazon.co.jp


「ノンストップ!」で紹介された本・コミック・雑誌

洗い物をやるやらないなど日常生活から喧嘩してしまうことがあるが、ここには夫と妻の心理のズレが影響していると「妻と正しくケンカする方法」は紹介している。

「妻と正しくケンカする方法」

Amazon.co.jp


「ノンストップ!」で紹介された本・コミック・雑誌

「ズッコケ三人組」40周年 タブーが魅力?意外な題材のワケに関するトークを展開。現在でも子どもたちの読書感想文の発表で名前が挙がるほど人気があるなどと坂下千里子さんは語った。今も現役で活動している那須さんは長年書き続ける秘訣があるという。一日原稿用紙10枚書くことを目標とし、10枚が書けたら午前中であろうとも仕事は終わりにするのだと言う。無理せず毎日規則正しく仕事を続けることが秘訣なのだという。作家生活40年以上になる那須さんはスランプが一度も無く作品数は222冊に上るという。明後日発売される最新作は70代の独居老人3人組を主人公にした大人向けの作品「ばけばけ」、3人組の個性も小柄な男性・おっとりした男性・元学者の男性といったズッコケ3人組と非常に似た設定となっているが那須さんは全く意識していないとのことだ。

「ばけばけ」

Amazon.co.jp


「ノンストップ!」で紹介された本・コミック・雑誌

ズッコケ三人組

作家の那須正幹氏のズッコケ三人組について。作品は小学6年生三人組が身近に起こる様々な事件や問題を力を合わせて解決していく物語。1978年に第1巻が刊行し、中年篇、熟年篇を含め累計の発行部数は2500万部という、児童文学界で金字塔を打ち立てた作品である。幅広い世代の心に残るこの作品は出版から40周年を迎えた。なぜ愛され続けるのか、那須氏の作品に込めた思いに迫る。

広島市己斐は那須正幹氏の故郷であり、「ズッコケ三人組」の舞台となっている。JR西広島駅前には物語の三人の主人公の石像が立てられている。おっちょこちょいなハチベエとのんびり屋で臆病なモーちゃん、メガネをかけた痩せた少年である通称ハカセの三人だ。那須正幹氏はこのハカセについて「少年時代の作者那須正幹をモデルにして作った」と明かした。那須氏にとって三人組はどのような存在か訊かれると、独身時代から書いたから、我が子より長い付き合いで自分の分身みたいなところがあるなどと語った。己斐には作品に登場する場所がいくつかある。 わたなべストアーはハチベエの家のモデルとなっている。青果店にした理由について、「ハカセの父親はサラリーマン、モーちゃんは母子家庭で母親が会社で働いている。だから1人ぐらい商売している人がいたほうがいいと思った」と語った。那須氏の原風景が作品に登場する。ズッコケの中で出てくる主人公たちが通う花山第二小学校は広島市立己斐小学校がモデルとなっている。那須氏が通った小学校だ。

作品の原動力について。那須正幹氏がズッコケシリーズを書き始めたのは34歳のとき。その後年に2冊の発刊ペースで40年間書き続けられたのが子どもたちの声が原動力となっているからだという。「読者からのファンレターとか今度はこの話を書いてくれとか、そういうリクエストには応えて子どもたちとのキャッチボールをして書き続けたというのも1つの長続きした理由ではないか」と語った。そしてズッコケシリーズが人気となったのは児童文学にない題材を採用したこと。「うわさのズッコケ株式会社」では株式会社の作り方、株券の発行、配当金の仕組みまでを書いた。「ズッコケ結婚相談所」ではシングルマザー、再婚問題なども踏み込んでいる。「ズッコケ結婚相談所」について那須氏は「当時子どもの権利条約などなかった。親は互いに選ぶから構わんが子どもはどうなのだと思い、この作品を書いた」と明かした。子どもの読書について那須氏は「漢字を覚える、友達に思いやりを持つといったことは望まない」とし、「表紙を見て、ためにならなくても面白いと思って読んでもらう本でありたい」と語った。

「ズッコケ三人組」40周年 タブーが魅力?意外な題材のワケに関するトークを展開。現在でも子どもたちの読書感想文の発表で名前が挙がるほど人気があるなどと坂下千里子さんは語った。今も現役で活動している那須さんは長年書き続ける秘訣があるという。一日原稿用紙10枚書くことを目標とし、10枚が書けたら午前中であろうとも仕事は終わりにするのだと言う。無理せず毎日規則正しく仕事を続けることが秘訣なのだという。作家生活40年以上になる那須さんはスランプが一度も無く作品数は222冊に上るという。明後日発売される最新作は70代の独居老人3人組を主人公にした大人向けの作品「ばけばけ」、3人組の個性も小柄な男性・おっとりした男性・元学者の男性といったズッコケ3人組と非常に似た設定となっているが那須さんは全く意識していないとのことだ。


「ノンストップ!」で紹介された本・コミック・雑誌

作品の原動力について。那須正幹氏がズッコケシリーズを書き始めたのは34歳のとき。その後年に2冊の発刊ペースで40年間書き続けられたのが子どもたちの声が原動力となっているからだという。「読者からのファンレターとか今度はこの話を書いてくれとか、そういうリクエストには応えて子どもたちとのキャッチボールをして書き続けたというのも1つの長続きした理由ではないか」と語った。そしてズッコケシリーズが人気となったのは児童文学にない題材を採用したこと。「うわさのズッコケ株式会社」では株式会社の作り方、株券の発行、配当金の仕組みまでを書いた。「ズッコケ結婚相談所」ではシングルマザー、再婚問題なども踏み込んでいる。「ズッコケ結婚相談所」について那須氏は「当時子どもの権利条約などなかった。親は互いに選ぶから構わんが子どもはどうなのだと思い、この作品を書いた」と明かした。子どもの読書について那須氏は「漢字を覚える、友達に思いやりを持つといったことは望まない」とし、「表紙を見て、ためにならなくても面白いと思って読んでもらう本でありたい」と語った。

「ズッコケ結婚相談所 (こども文学館)」

Amazon.co.jp


「ノンストップ!」で紹介された本・コミック・雑誌

作品の原動力について。那須正幹氏がズッコケシリーズを書き始めたのは34歳のとき。その後年に2冊の発刊ペースで40年間書き続けられたのが子どもたちの声が原動力となっているからだという。「読者からのファンレターとか今度はこの話を書いてくれとか、そういうリクエストには応えて子どもたちとのキャッチボールをして書き続けたというのも1つの長続きした理由ではないか」と語った。そしてズッコケシリーズが人気となったのは児童文学にない題材を採用したこと。「うわさのズッコケ株式会社」では株式会社の作り方、株券の発行、配当金の仕組みまでを書いた。「ズッコケ結婚相談所」ではシングルマザー、再婚問題なども踏み込んでいる。「ズッコケ結婚相談所」について那須氏は「当時子どもの権利条約などなかった。親は互いに選ぶから構わんが子どもはどうなのだと思い、この作品を書いた」と明かした。子どもの読書について那須氏は「漢字を覚える、友達に思いやりを持つといったことは望まない」とし、「表紙を見て、ためにならなくても面白いと思って読んでもらう本でありたい」と語った。

「うわさのズッコケ株式会社 (ポプラ社文庫)」

Amazon.co.jp


「ノンストップ!」で紹介された本・コミック・雑誌

赤木春恵さんが食べることにこだわった理由について、著書「あせらず、たゆまず、ゆっくりと。」で、一緒に食事をすることは、皆の健康を願い、結束力アップをはかり、公演を成功させるために欠かせないとしていた。88歳で映画「ペコロスの母に会いに行く」で初主演をし、世界最高齢での映画初主演女優となった。その後は女優業から離れ、家族と共に自宅で過ごす日々をおくっていた。3年前、赤木さんを自宅で取材したときには長女に支えらながら歩き、少しでも役に立つおばあさんでいたいと話していた。2015年7月の取材では毎週水曜日に訪問リハビリテーションを利用し自宅で体操をし、今は女優を続けたいとは思っていない、今の生活が十分だと話していた。2015年9月に左足大腿部を骨折したが、年末には一時帰宅した。支えとなったのは家族の存在だった。そして、先月29日、94歳で亡くなった。病院で眠るように亡くなったという。かつてのインタビューで夢について、何もない、ただ平和でありたいと話していた。

「あせらず、たゆまず、ゆっくりと。93歳の女優が見つけた人生の幸せ」

Amazon.co.jp


2018年11月 2018年12月 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
  • 「ノンストップ!」で紹介されたすべての情報
  • 「ノンストップ!」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ノンストップ!」で紹介された音楽・CD
  • 「ノンストップ!」で紹介された映画・DVD
  • 「ノンストップ!」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ノンストップ!」で紹介されたグルメ情報
  • 「ノンストップ!」で紹介された料理レシピ
  • 「ノンストップ!」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ノンストップ!」で紹介された観光・地域情報
  • 「ノンストップ!」で紹介されたイベント情報
  • 「ノンストップ!」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する