テレビ紹介情報

「ノンストップ!」で紹介された情報

「ノンストップ!」で紹介されたイベント情報 ( 508 / 508 ページ )

「ノンストップ!」で紹介されたイベント情報

ミッション:インポッシブル/フォールアウト ジャパンプレミア

映画「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」のジャパンプレミアが行われ、トム・クルーズが23度めの来日となった。映画はトムが演じるイーサン・ハントがチームと共に3つの都市での同時核爆発を阻止する物語で、7620mを飛ぶ飛行機から時速320kmで降下するスカイダイビングや、骨折しながらもトム本人がビルの間を飛ぶスタントが話題となっている。そして、沖縄の宮古島出身の琉球トム・クルーズさんに、東京ミッドタウン日比谷で行われるジャパンプレミアの取材を行ってもらうと、ファンも多くが集まってきていたが、琉球トムさんはノンストップ!のポーズをさせると話していた。


「ノンストップ!」で紹介されたイベント情報

長野冬季五輪

浅利慶太さんは大学在学中に劇団四季を作ると、演出家として活動を続けたが、地方公演では劇場が小規模となっているが、それでも東京と同じものを各地で繰り広げていたという意見があった。また、石坂浩二さんなどだけでなく、最近でも横山だいすけさんもここの出身となっていた。また、中曽根元首相は浅利さんの演出の下で日米首脳会談を成功へと導いたが、夏には軽井沢に訪ねてきて政治や文化を話していたことが思い出になっていると話していて、小澤征爾さんも一緒に仕事をしていたときはエネルギーに感服していて、蝶々夫人や長野冬季五輪を一緒に作り上げたのは思い出と話していた。お別れ式は劇団四季と浅利演出事務所が合同で9月に行う。


「ノンストップ!」で紹介されたイベント情報

蝶々夫人

浅利慶太さんは大学在学中に劇団四季を作ると、演出家として活動を続けたが、地方公演では劇場が小規模となっているが、それでも東京と同じものを各地で繰り広げていたという意見があった。また、石坂浩二さんなどだけでなく、最近でも横山だいすけさんもここの出身となっていた。また、中曽根元首相は浅利さんの演出の下で日米首脳会談を成功へと導いたが、夏には軽井沢に訪ねてきて政治や文化を話していたことが思い出になっていると話していて、小澤征爾さんも一緒に仕事をしていたときはエネルギーに感服していて、蝶々夫人や長野冬季五輪を一緒に作り上げたのは思い出と話していた。お別れ式は劇団四季と浅利演出事務所が合同で9月に行う。


「ノンストップ!」で紹介されたイベント情報

南十字星

浅利さんは演劇以外でも長野冬季オリンピックや、中曽根康弘元首相の日米首脳会談での演出を担当していて、浅利さんは劇団四季代表を2014年に退任したが、浅利演出事務所でその後は活動していて、昭和の歴史三部作として「李香蘭」などを手がけた。千秋楽では笑顔で1人1人に握手を行っていて、病気でありながらカーテンコールにも登場していた。そして李香蘭の公演前には「語り継ぐ日本の歴史」という文章が渡されていて、あの悲劇を語り継ぐ責任が我々にはあると綴られていて、戦争を語り継いでほしいという思いを託していて、古庄さんは「殺せ」などの歌詞にも思いを込めて話さないといけないので、甘さがあると練習が進まないと話していた。浅利さんは台本に描かれた台詞を伝えられない俳優は去るべきだともしていたが、古庄さんは厳しい面もあったが愛があったと振り返っていて、残した作品と思いは構成にも受け継がれていく。


「ノンストップ!」で紹介されたイベント情報

異国の丘

浅利さんは演劇以外でも長野冬季オリンピックや、中曽根康弘元首相の日米首脳会談での演出を担当していて、浅利さんは劇団四季代表を2014年に退任したが、浅利演出事務所でその後は活動していて、昭和の歴史三部作として「李香蘭」などを手がけた。千秋楽では笑顔で1人1人に握手を行っていて、病気でありながらカーテンコールにも登場していた。そして李香蘭の公演前には「語り継ぐ日本の歴史」という文章が渡されていて、あの悲劇を語り継ぐ責任が我々にはあると綴られていて、戦争を語り継いでほしいという思いを託していて、古庄さんは「殺せ」などの歌詞にも思いを込めて話さないといけないので、甘さがあると練習が進まないと話していた。浅利さんは台本に描かれた台詞を伝えられない俳優は去るべきだともしていたが、古庄さんは厳しい面もあったが愛があったと振り返っていて、残した作品と思いは構成にも受け継がれていく。


「ノンストップ!」で紹介されたイベント情報

李香蘭

浅利さんは演劇以外でも長野冬季オリンピックや、中曽根康弘元首相の日米首脳会談での演出を担当していて、浅利さんは劇団四季代表を2014年に退任したが、浅利演出事務所でその後は活動していて、昭和の歴史三部作として「李香蘭」などを手がけた。千秋楽では笑顔で1人1人に握手を行っていて、病気でありながらカーテンコールにも登場していた。そして李香蘭の公演前には「語り継ぐ日本の歴史」という文章が渡されていて、あの悲劇を語り継ぐ責任が我々にはあると綴られていて、戦争を語り継いでほしいという思いを託していて、古庄さんは「殺せ」などの歌詞にも思いを込めて話さないといけないので、甘さがあると練習が進まないと話していた。浅利さんは台本に描かれた台詞を伝えられない俳優は去るべきだともしていたが、古庄さんは厳しい面もあったが愛があったと振り返っていて、残した作品と思いは構成にも受け継がれていく。


「ノンストップ!」で紹介されたイベント情報

マクベス

先週金曜日、悪性リンパ腫で浅利慶太さんが亡くなったが、今年4月22日に撮影された写真では劇団四季の団員とともに千秋楽の集合写真をとっていた。浅利さん最後の演出となった作品は今年4月に上映された「李香蘭」で、戦争体験者として構成に歴史を語り継ぎたいと1991年から上映した作品となっている。劇団四季は庶民に馴染みがなかったミュージカルを一般にも浸透させていて、浅利さんは国内のありとあらゆるところで上演して舞台の面白さを伝えたいと話していて、慶應大学在学中に劇団四季を創立すると、「キャッツ」は日本で初めてロングラン公演となり、「ライオンキング」なども演出されていた。鹿賀丈史さんは1972年に劇団四季に入団すると、金沢の出身なので名前が同じ読みの「鹿賀」になり、鹿のように俊敏ですんだ目をしてほしいと名付けられた事を振り返っていた。1980年に劇団四季を退団すると、浅利さんは背中を押してくれたと振り返っていた。市村正親さんは芝居の演技はハスの上の水と同じでキラキラしていても同じ形は二度とないと言われたことが印象に残っていて、この言葉のおかげで成長できたと話していた。


「ノンストップ!」で紹介されたイベント情報

オペラ座の怪人

先週金曜日、悪性リンパ腫で浅利慶太さんが亡くなったが、今年4月22日に撮影された写真では劇団四季の団員とともに千秋楽の集合写真をとっていた。浅利さん最後の演出となった作品は今年4月に上映された「李香蘭」で、戦争体験者として構成に歴史を語り継ぎたいと1991年から上映した作品となっている。劇団四季は庶民に馴染みがなかったミュージカルを一般にも浸透させていて、浅利さんは国内のありとあらゆるところで上演して舞台の面白さを伝えたいと話していて、慶應大学在学中に劇団四季を創立すると、「キャッツ」は日本で初めてロングラン公演となり、「ライオンキング」なども演出されていた。鹿賀丈史さんは1972年に劇団四季に入団すると、金沢の出身なので名前が同じ読みの「鹿賀」になり、鹿のように俊敏ですんだ目をしてほしいと名付けられた事を振り返っていた。1980年に劇団四季を退団すると、浅利さんは背中を押してくれたと振り返っていた。市村正親さんは芝居の演技はハスの上の水と同じでキラキラしていても同じ形は二度とないと言われたことが印象に残っていて、この言葉のおかげで成長できたと話していた。


「ノンストップ!」で紹介されたイベント情報

ライオンキング

先週金曜日、悪性リンパ腫で浅利慶太さんが亡くなったが、今年4月22日に撮影された写真では劇団四季の団員とともに千秋楽の集合写真をとっていた。浅利さん最後の演出となった作品は今年4月に上映された「李香蘭」で、戦争体験者として構成に歴史を語り継ぎたいと1991年から上映した作品となっている。劇団四季は庶民に馴染みがなかったミュージカルを一般にも浸透させていて、浅利さんは国内のありとあらゆるところで上演して舞台の面白さを伝えたいと話していて、慶應大学在学中に劇団四季を創立すると、「キャッツ」は日本で初めてロングラン公演となり、「ライオンキング」なども演出されていた。鹿賀丈史さんは1972年に劇団四季に入団すると、金沢の出身なので名前が同じ読みの「鹿賀」になり、鹿のように俊敏ですんだ目をしてほしいと名付けられた事を振り返っていた。1980年に劇団四季を退団すると、浅利さんは背中を押してくれたと振り返っていた。市村正親さんは芝居の演技はハスの上の水と同じでキラキラしていても同じ形は二度とないと言われたことが印象に残っていて、この言葉のおかげで成長できたと話していた。


「ノンストップ!」で紹介されたイベント情報

キャッツ

先週金曜日、悪性リンパ腫で浅利慶太さんが亡くなったが、今年4月22日に撮影された写真では劇団四季の団員とともに千秋楽の集合写真をとっていた。浅利さん最後の演出となった作品は今年4月に上映された「李香蘭」で、戦争体験者として構成に歴史を語り継ぎたいと1991年から上映した作品となっている。劇団四季は庶民に馴染みがなかったミュージカルを一般にも浸透させていて、浅利さんは国内のありとあらゆるところで上演して舞台の面白さを伝えたいと話していて、慶應大学在学中に劇団四季を創立すると、「キャッツ」は日本で初めてロングラン公演となり、「ライオンキング」なども演出されていた。鹿賀丈史さんは1972年に劇団四季に入団すると、金沢の出身なので名前が同じ読みの「鹿賀」になり、鹿のように俊敏ですんだ目をしてほしいと名付けられた事を振り返っていた。1980年に劇団四季を退団すると、浅利さんは背中を押してくれたと振り返っていた。市村正親さんは芝居の演技はハスの上の水と同じでキラキラしていても同じ形は二度とないと言われたことが印象に残っていて、この言葉のおかげで成長できたと話していた。

浅利慶太さんは大学在学中に劇団四季を作ると、演出家として活動を続けたが、地方公演では劇場が小規模となっているが、それでも東京と同じものを各地で繰り広げていたという意見があった。また、石坂浩二さんなどだけでなく、最近でも横山だいすけさんもここの出身となっていた。また、中曽根元首相は浅利さんの演出の下で日米首脳会談を成功へと導いたが、夏には軽井沢に訪ねてきて政治や文化を話していたことが思い出になっていると話していて、小澤征爾さんも一緒に仕事をしていたときはエネルギーに感服していて、蝶々夫人や長野冬季五輪を一緒に作り上げたのは思い出と話していた。お別れ式は劇団四季と浅利演出事務所が合同で9月に行う。


2018年06月 2018年07月 
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
  • 「ノンストップ!」で紹介されたすべての情報
  • 「ノンストップ!」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ノンストップ!」で紹介された音楽・CD
  • 「ノンストップ!」で紹介された映画・DVD
  • 「ノンストップ!」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ノンストップ!」で紹介されたグルメ情報
  • 「ノンストップ!」で紹介された料理レシピ
  • 「ノンストップ!」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ノンストップ!」で紹介された観光・地域情報
  • 「ノンストップ!」で紹介されたイベント情報
  • 「ノンストップ!」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する