テレビ紹介情報

「ノンストップ!」で紹介された情報

「ノンストップ!」で紹介された映画・DVD ( 173 / 173 ページ )

「ノンストップ!」で紹介された映画・DVD

万引き家族

是枝裕和監督は城桧吏について「城くんは普段会っていると、本当に天真爛漫な幼いくらいの男の子、レンズを通すと非常に色気がある」と絶賛した。「万引き家族」で迫真の演技を見せた城桧吏を直撃取材した様子を伝えた、城桧吏は、最初に聞いた時にどう思ったかについては「いっぱいニュースとかでやってた、監督とか生放送とかだったからヤバイ、すごいヤバいと思った」、一昨年にはスタメンKIDSとしてCDデビューも果たしている。ここは見て欲しいというシーンについて、「ルアーの説明のところはスタッフさんと話し合ってほぼアドリブでやった、撮る前にまとめて1回言って本番だった」とコメントした、柳楽優弥と同じ事務所でもあるとの事。台本を渡さない監督の方針で「祥太になりきるにが一番大事だと思います」と語った。得意は体育で苦手は国語と話す城桧吏は「6年生になって急に難しい漢字が出てきた」、「ずっとリレーの選手だったのに、1年・6年の時はなれなかったので、お母さんに今年の運動会は来なくて良いと言いました、見せ場が無いので」とコメントした。また、弟については「世界に1人しかいない、大事にしたい。弟はCMとか流れると万引き家族だ〜と言ったりしてます」とコメントした。リリー・フランキーを憧れの俳優とする城桧吏は「休憩時間に笑わせてくれたり、優しくて、演技の時は切り替えてすごく演技が上手」」とコメントした。

カンヌ最高賞を受賞した「万引き家族」に出演している11歳・城桧吏さんに世界が熱視線を送っている。設楽統さんは「話していても、子供らしい部分と弟思いの大人っぽいところとかがありますね。将来が楽しみですね。」等と話した。城桧吏さんは2006年9月生まれ。身長は147cm、特技は短距離走とダンス。あこがれの人はリリー・フランキーさん。リリー・フランキーさんはそんな城桧吏さんについて「本当に素直でかわいい子。同じ歳の子たちの中でも幼い方では?祥太好きだぞー。がんばれー。」としている。城桧吏さんに「もし願いがかなうなら?」と尋ねると「空を飛びたい」とのこと。城桧吏さんはアクションで空を飛んでみたいとのこと。映画「「万引き家族」は来月8日から公開。


「ノンストップ!」で紹介された映画・DVD

万引き家族

カンヌ最高賞となった「万引き家族」に出演した城桧吏が、”注目スべき新人カイリ・ジョウ”、「信じられないカイリ・ジョウ」、と注目されている事を伝えた。ノンストップが城桧吏に直撃取材を行い、素顔とかわいさに迫ったとの事。


「ノンストップ!」で紹介された映画・DVD

うなぎ

日本時間の昨日、フランスで行われた第71回カンヌ国際映画祭授賞式。是枝裕和監督の「万引き家族」が最高賞となるパルムドールを受賞する快挙を成し遂げた。万引き家族は東京の下町で生計を立てるために万引きを繰り返していた一家の物語。犯罪でしか繋がれなかった人々を通して家族の繋がりとはなにかを問いかけた作品。日本人監督がパルムドールを受賞するのは1997年の今村昌平監督の「うなぎ」以来21年ぶりとなる。是枝裕和監督は「足が震えています。この場にいられることが幸せです。今回皆さんにもらった勇気と希望をまずはスタッフとキャストで分かち合いたいです。」などと話した。


「ノンストップ!」で紹介された映画・DVD

万引き家族

日本時間の昨日、フランスで行われた第71回カンヌ国際映画祭授賞式。是枝裕和監督の「万引き家族」が最高賞となるパルムドールを受賞する快挙を成し遂げた。万引き家族は東京の下町で生計を立てるために万引きを繰り返していた一家の物語。犯罪でしか繋がれなかった人々を通して家族の繋がりとはなにかを問いかけた作品。日本人監督がパルムドールを受賞するのは1997年の今村昌平監督の「うなぎ」以来21年ぶりとなる。是枝裕和監督は「足が震えています。この場にいられることが幸せです。今回皆さんにもらった勇気と希望をまずはスタッフとキャストで分かち合いたいです。」などと話した。


「ノンストップ!」で紹介された映画・DVD

おとめ桜

斉藤由貴、細川ふみえなどを排出した7年ぶり「ミスマガジン」が復活して候補者のお披露目会が行われた。選ばれた16人の中に小野妹子の末裔を名乗るえのきさりなさんを直撃。小野は母方の末裔とのことで、えのきさんが小野妹子の凄さについて「海を渡って評価を得る」などとプレゼン。実はえのきさんもモナコ国際映画祭で最優秀女優賞を受賞しており海外で実績を残していたのだった。さらにえのきさんによるともう1人歴史上の人物とつながりがあるという。その人物とは一体誰!?


「ノンストップ!」で紹介された映画・DVD

ママレード・ボーイ

斉藤由貴、細川ふみえなどを排出した7年ぶり「ミスマガジン」が復活して候補者のお披露目会が行われた。選ばれた16人の中に小野妹子の末裔を名乗るえのきさりなさんを直撃。小野は母方の末裔とのことで、えのきさんが小野妹子の凄さについて「海を渡って評価を得る」などとプレゼン。実はえのきさんもモナコ国際映画祭で最優秀女優賞を受賞しており海外で実績を残していたのだった。さらにえのきさんによるともう1人歴史上の人物とつながりがあるという。その人物とは一体誰!?


「ノンストップ!」で紹介された映画・DVD

おもひでぽろぽろ

高畑勲さんお別れ会についてトーク。設楽さんらは高畑監督の作品について、人間って何か?というメッセージ性やリアリティの追及があり、それらは受け継がれていくと思うなどとのべた。火垂るの墓ではドロップにこだわったという話しもあったが、助手をつとめた須藤典彦さんによると、他にも電車の型や常備薬、郵便ポスト、懐中電灯など小道具へのこだわりも多くあったという。そのため当時の小道具を調べるだけで1年かかることもあった。リアルを追及するあまり、作品の完成が遅れてしまうこともあったことから、スタジオジブリの鈴木プロデューサーは夏公開となるところ春公開とする偽ポスターを作ったこともあったという。


「ノンストップ!」で紹介された映画・DVD

火垂るの墓

スタジオジブリ宮崎駿監督が涙ながらに別れを惜しんだのは先月肺がんのため82歳で亡くなったアニメーション映画監督の高畑勲さん。多くの人に愛され、影響を与えてきた高畑監督。ノンストップでは高畑監督と交流があった2人のアニメ監督を取材。高畑監督がアニメ制作に込めた知られざる情熱が見えてきた。

そして監督とプロデューサーという立場で約40年、ともに作品作りをしてきたスタジオジブリ鈴木敏夫プロデューサーは「監督とプロデューサーって敵対するんだよ。いい思い出もあるけどそうじゃない思い出の方が多い」などと話した。宮崎さんは高畑さんの遺志を継いで映画をと仰っていたかとの問いに鈴木さんは「そんな美しい関係じゃない。ライバル。高畑さんがいたから宮崎もがんばれた。宮さんがいたから高畑さんも頑張れた。そういう関係だと思うんですよね」と話した。戦争の悲惨さを描き、現代社会に問いかけた「火垂るの墓」。助手を務めた須藤典彦さんはこの作品に対する高畑監督のこだわりを誰より近く感じていた。須藤さんは「戦争中の話ですので高畑さんもそうですが、皆さんリアルに記憶されてるので嘘はつけないっていうのがありまして、調べるってことからはじめましたね。火垂るの墓は昭和20年の夏を丸ごとリアルに再現しようという企画でしたので劇中の重要なアイテムとしてサクマドロップスの缶が出てくるんですけど、これは実際に戦争中に世に出回っていた缶だってデザインを見せて頂いてそれを使ってます。僕の調べ方が中途半端だったりして、調べ直しを命じられたことは何度もありますね」などと述べた。

高畑勲さんお別れ会についてトーク。設楽さんらは高畑監督の作品について、人間って何か?というメッセージ性やリアリティの追及があり、それらは受け継がれていくと思うなどとのべた。火垂るの墓ではドロップにこだわったという話しもあったが、助手をつとめた須藤典彦さんによると、他にも電車の型や常備薬、郵便ポスト、懐中電灯など小道具へのこだわりも多くあったという。そのため当時の小道具を調べるだけで1年かかることもあった。リアルを追及するあまり、作品の完成が遅れてしまうこともあったことから、スタジオジブリの鈴木プロデューサーは夏公開となるところ春公開とする偽ポスターを作ったこともあったという。


「ノンストップ!」で紹介された映画・DVD

昨日、東京・三鷹の森ジブリ美術館で営まれた高畑勲監督のお別れの会。この場所は生前高畑監督が愛した場所だった。階段の下に作られた小さな空間。高畑監督は無意識に体が動いてそこに入ってしまうそう。この日のお別れの会には山田洋次監督や岩井俊二監督など日本を代表する映画監督、柳葉敏郎さんや宮本信子さんなど高畑作品で声優を務めた人など約1200人の関係者が参列。開会の辞を読み上げたのはともにスタジオジブリを立ち上げた宮崎駿監督。宮崎監督は高畑監督がパンをパクパク食べていたことから“パクさん”という愛称で呼んでいた。宮崎監督は「パクさんは95歳まで生きると思い込んでいた。そのパクさんが亡くなってしまった。9年前、私達の主治医から電話が入った友だちなら高畑監督のたばこをやめさせなさい。真剣な怖い声だった。主治医の迫力に恐れをなして僕と鈴木さんはパクさんとテーブルを挟んで向かい合った。弁解や反論が怒涛のように噴き出てくると思っていたのにありがとうございます、やめますとパクさんはキッパリ言って頭を下げた。そして本当にパクさんはたばこをやめてしまった…1963年パクさんが27歳、僕が22歳の時僕らは初めて出会いました。黄昏時のバス停で僕は練馬行きのバスを待っていた。雨上がりの水たまりが残る通りを一人の青年が近づいてきた。それが高畑勲ことパクさんに出会った瞬間だった。55年前のことなのに何ではっきり覚えているのだろう。あの時のパクさんの顔を今もありありと思い出す。55年前にあの雨上がりのバス停で声をかけてくれたパクさんのことを忘れない」などと述べた。

「宮崎駿とジブリ美術館[VWDZ-8072][DVD]」

価格.com


「ノンストップ!」で紹介された映画・DVD

平成狸合戦ぽんぽこ

スタジオジブリ宮崎駿監督が涙ながらに別れを惜しんだのは先月肺がんのため82歳で亡くなったアニメーション映画監督の高畑勲さん。多くの人に愛され、影響を与えてきた高畑監督。ノンストップでは高畑監督と交流があった2人のアニメ監督を取材。高畑監督がアニメ制作に込めた知られざる情熱が見えてきた。


2018年04月 2018年05月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 「ノンストップ!」で紹介されたすべての情報
  • 「ノンストップ!」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ノンストップ!」で紹介された音楽・CD
  • 「ノンストップ!」で紹介された映画・DVD
  • 「ノンストップ!」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ノンストップ!」で紹介されたグルメ情報
  • 「ノンストップ!」で紹介された料理レシピ
  • 「ノンストップ!」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ノンストップ!」で紹介された観光・地域情報
  • 「ノンストップ!」で紹介されたイベント情報
  • 「ノンストップ!」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する