テレビ紹介情報

「ノンストップ!」で紹介された情報

「ノンストップ!」で紹介されたレストラン・飲食店 ( 287 / 287 ページ )

「ノンストップ!」で紹介されたレストラン・飲食店

小倉屋青果店

坂本くんは新宿区早稲田で見つけたスイーツもんじゃのお店へ。こちらは65種類のもんじゃ焼きを食べ放題で味わえるお店。学生に人気のスイーツもんじゃとは?。「スイーツもんじゃ ベリーベリー」を早速店長に作ってもらった。実はスイーツもんじゃはキャベツの代わりにコーンフレーク。小麦粉の代わりに水で溶いたホットケーキミックスを使っている。水分が飛んだら生クリームをのせて完成。食べた坂本くんは拍手し、「すごいこれ!結構生クリームがくどいかとおもったらそんなことはない。見事なスイーツ」等と話した。しかし実は店長は甘いものはあまり好きじゃないという。続いて町を歩いていると「バンザ〜イ」という声が聞こえてきたので何をしているのか聞くと早稲田大学のサークルの「バンザイ同盟」のメンバーで40年以上前に日本を盛り上げ、自分たちを盛り上げるために立ち上げられたサークルでこれまでに考案されたバンザイの数は700以上。そんな彼らのバンザイは全国各地で様々なイベントに呼ばれるほどの大人気だという。そこで代表作のバンザイを見せてもらった。坂本が「楽しそう」と言うと参加させてもらえることになり、勝利のバンザイを体験。坂本は「ちょっと気持ちいいんだね」と言った。続いてスリランカカレーのお店へやってきた。果たしてスリランカカレーとは?。日本では珍しいスリランカ料理専門店のAPSARA Restaurant&Bar。スリランカカレーはモルディブフィッシュと言われるカツオ節を使うのが特徴。カツオ節と40種類のスパイスを遣い、1皿に8種類以上のカレーを盛り、バナナの葉で包む。これを豪快に混ぜていただく。坂本は「クセになる辛さ。うまい。近所にあったら最高だわ。大学入ろうかな」等と話した。続いて昔ながらの感じの八百屋を発見。店主の栗林さんは昭和44年から営業しているという。夕方になると自炊している学生の子は買いに来てくれる、等と話した。ご主人お薦めの食材を聞くと「新ゴボウ」ということで「熊本県産 新ゴボウ」を購入。この新ゴボウを使って美味しい料理を紹介する。


「ノンストップ!」で紹介されたレストラン・飲食店

坂本くんは新宿区早稲田で見つけたスイーツもんじゃのお店へ。こちらは65種類のもんじゃ焼きを食べ放題で味わえるお店。学生に人気のスイーツもんじゃとは?。「スイーツもんじゃ ベリーベリー」を早速店長に作ってもらった。実はスイーツもんじゃはキャベツの代わりにコーンフレーク。小麦粉の代わりに水で溶いたホットケーキミックスを使っている。水分が飛んだら生クリームをのせて完成。食べた坂本くんは拍手し、「すごいこれ!結構生クリームがくどいかとおもったらそんなことはない。見事なスイーツ」等と話した。しかし実は店長は甘いものはあまり好きじゃないという。続いて町を歩いていると「バンザ〜イ」という声が聞こえてきたので何をしているのか聞くと早稲田大学のサークルの「バンザイ同盟」のメンバーで40年以上前に日本を盛り上げ、自分たちを盛り上げるために立ち上げられたサークルでこれまでに考案されたバンザイの数は700以上。そんな彼らのバンザイは全国各地で様々なイベントに呼ばれるほどの大人気だという。そこで代表作のバンザイを見せてもらった。坂本が「楽しそう」と言うと参加させてもらえることになり、勝利のバンザイを体験。坂本は「ちょっと気持ちいいんだね」と言った。続いてスリランカカレーのお店へやってきた。果たしてスリランカカレーとは?。日本では珍しいスリランカ料理専門店のAPSARA Restaurant&Bar。スリランカカレーはモルディブフィッシュと言われるカツオ節を使うのが特徴。カツオ節と40種類のスパイスを遣い、1皿に8種類以上のカレーを盛り、バナナの葉で包む。これを豪快に混ぜていただく。坂本は「クセになる辛さ。うまい。近所にあったら最高だわ。大学入ろうかな」等と話した。続いて昔ながらの感じの八百屋を発見。店主の栗林さんは昭和44年から営業しているという。夕方になると自炊している学生の子は買いに来てくれる、等と話した。ご主人お薦めの食材を聞くと「新ゴボウ」ということで「熊本県産 新ゴボウ」を購入。この新ゴボウを使って美味しい料理を紹介する。

 (スリランカ料理、カレー(その他)、ダイニングバー)

「ノンストップ!」で紹介されたレストラン・飲食店

坂本くんは新宿区早稲田で見つけたスイーツもんじゃのお店へ。こちらは65種類のもんじゃ焼きを食べ放題で味わえるお店。学生に人気のスイーツもんじゃとは?。「スイーツもんじゃ ベリーベリー」を早速店長に作ってもらった。実はスイーツもんじゃはキャベツの代わりにコーンフレーク。小麦粉の代わりに水で溶いたホットケーキミックスを使っている。水分が飛んだら生クリームをのせて完成。食べた坂本くんは拍手し、「すごいこれ!結構生クリームがくどいかとおもったらそんなことはない。見事なスイーツ」等と話した。しかし実は店長は甘いものはあまり好きじゃないという。続いて町を歩いていると「バンザ〜イ」という声が聞こえてきたので何をしているのか聞くと早稲田大学のサークルの「バンザイ同盟」のメンバーで40年以上前に日本を盛り上げ、自分たちを盛り上げるために立ち上げられたサークルでこれまでに考案されたバンザイの数は700以上。そんな彼らのバンザイは全国各地で様々なイベントに呼ばれるほどの大人気だという。そこで代表作のバンザイを見せてもらった。坂本が「楽しそう」と言うと参加させてもらえることになり、勝利のバンザイを体験。坂本は「ちょっと気持ちいいんだね」と言った。続いてスリランカカレーのお店へやってきた。果たしてスリランカカレーとは?。日本では珍しいスリランカ料理専門店のAPSARA Restaurant&Bar。スリランカカレーはモルディブフィッシュと言われるカツオ節を使うのが特徴。カツオ節と40種類のスパイスを遣い、1皿に8種類以上のカレーを盛り、バナナの葉で包む。これを豪快に混ぜていただく。坂本は「クセになる辛さ。うまい。近所にあったら最高だわ。大学入ろうかな」等と話した。続いて昔ながらの感じの八百屋を発見。店主の栗林さんは昭和44年から営業しているという。夕方になると自炊している学生の子は買いに来てくれる、等と話した。ご主人お薦めの食材を聞くと「新ゴボウ」ということで「熊本県産 新ゴボウ」を購入。この新ゴボウを使って美味しい料理を紹介する。

 (もんじゃ焼き、お好み焼き)

「ノンストップ!」で紹介されたレストラン・飲食店

東向島珈琲店

下町のカフェで一休みすることにした虻ちゃん。オープン以来東向島珈琲店で愛されてきたこだわりの水出しアイスコーヒー。厳選したコーヒー豆から2秒に1滴ずつじっくり13時間かけて抽出されるため、澄んだ香りに仕上がるという。珈琲が出来上がるまでの間時を忘れて優雅な一時を過ごす。こんな静かな場所でゆっくり珈琲をいただける贅沢。レアチーズケーキを食べ、「クリーミーなのに爽やか」と話し、マスターに「ヨーグルトを加えているから酸味が爽やかになっている」と教えてもらった。水出しアイスコーヒーを飲み、「コーヒーの豆の香りがすごい」等と話した。マスターは元ホテルマンだということで人当たりの良さの理由がわかった。元ホテルマンならではの接客をしていただき、贅沢なカフェタイムになった。ご主人に感謝。今回は墨田区の3つのスポットを満喫した虻ちゃん。来週は地元で人気の洋食屋さんで?。さらに江戸時代に造られた庭園で癒やしの一時。来週もお楽しみに。

スタジオに虻川さんからのお土産、東向島珈琲店のレアチーズケーキ(ラズベリー)を用意。スタジオで試食され、「美味しい」「手間をかけすぎじゃないかというほど手間をかけている」「値段も良心的」等とトークされた。テイクアウトで事前予約制となっている。VTRを振り返って「水出しコーヒーが良かった」「お箸屋さんのお箸が欲しい」「触ったらピタッと自分に合うものがあった」等とトークが展開された。


「ノンストップ!」で紹介されたレストラン・飲食店

東向島珈琲店

今日は墨田区を走るすみまるくんに乗る。押上、向島あたりを巡る。虻川がバス乗り場に着くと、北西北東南部に分かれていた。今日は北西部ルート、鐘ヶ淵駅方面行きに乗る。まずは300円の一日乗車券を買い、乗り込む。すみまるくんは全車サンルーフ付きで明るい車内。曳舟駅南で降りて早速散策を開始した。高木神社に到着し、おむすび神社と呼ばれていることを知った。神社のいたるところに隠れおむすびが置かれていて、テーマパークのようだが550年の歴史があり、応仁の乱などがあった地。6月1日から3日まで、高木神社例大祭が行われる。顔ハメ看板で写真を撮ってもらったり、輪投げをしたりして、紫の御朱印帳を買った。御朱印とともにおむすび石もつけてもらい、虻川はとても満足した様子だった。高木神社を出て、女性に曳舟駅まで案内してもらうことに。途中で大黒屋江戸木箸という店を見つけて入ってみることに。そこは箸を作る職人の店だった。3〜8角形の木箸があり、人によって使いやすい箸を選ぶ。作る時は折らないよう息を止めて集中して作るそう。他にも納豆箸や豆腐箸、卵かけご飯箸、お鮨し箸、置いても着かない箸など、色々な箸があった。虻川は「オシャレで実用的」とコメントした。大通りに出ると、東向島珈琲店を発見。公園に面した特等席に座り、おすすめのレアチーズケーキをいただくことに。


「ノンストップ!」で紹介されたレストラン・飲食店

バーガーキング

東海林のり子がミュージカルに初挑戦した事について、スタジオの出演者らは「ミスは仕方ないけど、これから見る人はドキドキするね」、「話の根幹を変えちゃったけど、アドリブで何とかしていた」、などとコメントした。83歳になる東海林のり子の元気位の秘密は、好物はハンバーガー、お気に入りの店はバーガーキング、もう一つはロックを聞くことで、かつて”XJAPAN”の取材を行ってファンになったとの事で、他には”LUNA SEA”・”SHAZNA”との事。東海林のり子は今後について「誰かと漫才をしたい」と語っているとの事。


「ノンストップ!」で紹介されたレストラン・飲食店

今日のゲストは渡辺正行とラサール石井。二人はコント赤信号に所属し、渡辺は通称リーダーとして活躍し、ラサール石井は声優、舞台の作・演出など様々なフィールドで活躍している。ラサールは「ダラダラしている時にゆーとぴあのホープさんや石倉三郎さんが来て、もう一度やり直してみろと言われた。そしてリーダーが徹夜でコントを書いてきた」と話した。設楽は渡辺の付き人をやっていたため「ずっとリーダーの背中を追いかけてきた。若手育成でリーダーがコントの舞台をやってくれ、僕はそこで日村とずっとやっていた」と話し、ラサールは「自分の事務所に入れたのはバナナマンと古坂大魔王とスピードワゴンだけ。みんな辞めてから売れた」と話した。設楽は「レギュラー10本とか、一番売れている時に運転手させてもらった」と話し、渡辺は「山田邦子から買ったリムジンを運転していた。はい大丈夫ですって言って3日目にぶつけた」と言ったが、設楽は「初日にぶつけた。リーダーの家に」と笑いを誘った。出会いのきっかけを聞かれ、「父の知り合いに業界の人がいて、リーダーの劇団を見に連れていってもらった時に運転手に誘われた。日村も住み込みで付き人をやっていたので、我々はリーダーに頭が上がらない」と話した。ラサール石井の行きつけは西新宿の「千草」。ラサールは「近くに花伝舎というスタジオがあって、そこに行く前に寄る」と話した。

ラサール石井の行きつけは西新宿にある「千草」。昭和の雰囲気が漂う店内では、惣菜2品を自分で選ぶことができる。ラサールのお気に入りを店主に聞くと、「奥さんじゃないから一番好きな食べ物はわからないが、うちに来た時は青魚と煮物とサラダを食べている」と話した。また「静かに食べているので邪魔しないようにしている。〜〜に集中しているので」と話していた。〜〜に入る言葉とは?

ラサール石井さんは「あそこは時間がなかったらお弁当にしてくれる。それが良い」と話した。いつもラサール石井さんは漫画を読みながらご飯を食べているという。ラサール石井さんは「グルメ漫画がいいですね。それがあってると良い。寿司屋行ったら隠して読んでる」と述べた。続いて渡辺正行さんの行きつけは「誠道塾」。ここは剣道の塾だそう。渡辺さんは「俺より上の方もいっぱいいらして、剣道の仲間ができてくる」とコメント。

 (和食(その他))

「ノンストップ!」で紹介されたレストラン・飲食店

設楽は「カッコいいですね、いくつになっても男という感じがする」等と話した。ザ・テンプターズ時代人気絶頂だった萩原健一さんだがいわゆるアイドルのような扱いやバンドの音楽性に嫌気がさしてある行動・あるアイデアを思いついた。それが「バンドを解散させてしまおう!」。実際にこれを行動に移すためにある行動に出た。それがメンバーや事務所の人に内緒で新聞記者と連絡をとった。そこで「テンプターズ解散するから」と自分で決めた情報を勝手にリークした。そしてその後になって事務所の方に解散を報告した。引き止められたが「もう新聞に出ますから」と言って半ば強引に解散を決定した。萩原さんは22年ぶりの新曲を引っさげてコンサートをこれから大阪・横浜で開催される。

 (ダイニングバー、フレンチ)

「ノンストップ!」で紹介されたレストラン・飲食店

「ロティ」と言う名のクレープを販売しているお店が気になり中に入った。タイの路上などで販売しているものだそう。店主は「ロティ好きなんです。待ってたんだけどお店が出来ないので作りました。」とのこと。ロティとはクレープのように薄い無発酵のパンのこと。タイに長期滞在した店主が現地の味を再現したという本格的な一品。原料は小麦粉をベースに4種類の粉をブレンド。その生地を伸ばして焼き上げる。味付けはスイーツ系から惣菜系まで9種類ある。

 (東南アジア料理(その他))

「ノンストップ!」で紹介されたレストラン・飲食店

坂本さんは神楽坂の抹茶フォンデュがあるカフェ「神楽坂 茶寮」に入った。全国から厳選した煎茶や抹茶、オリジナルの和スイーツが人気のカフェ。看板商品の抹茶フォンデュには風味の強い京都の高級宇治抹茶をしようしている。それと合わせるのは抹茶との相性を考慮し、厳選した甘すぎないホワイトチョコレート。坂本さんは「抹茶感強いですね。食材によって味が変わるんですね。」などと感想を言った。

 (カフェ、甘味処、和食(その他))

2018年04月 2018年05月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 「ノンストップ!」で紹介されたすべての情報
  • 「ノンストップ!」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ノンストップ!」で紹介された音楽・CD
  • 「ノンストップ!」で紹介された映画・DVD
  • 「ノンストップ!」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ノンストップ!」で紹介されたグルメ情報
  • 「ノンストップ!」で紹介された料理レシピ
  • 「ノンストップ!」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ノンストップ!」で紹介された観光・地域情報
  • 「ノンストップ!」で紹介されたイベント情報
  • 「ノンストップ!」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する