ホーム > テレビ紹介情報 > フジテレビ > ノンストップ!
テレビ紹介情報

「ノンストップ!」で紹介された情報

「ノンストップ!」で紹介されたすべての情報 ( 7998 / 8643 ページ )

「ノンストップ!」で紹介されたレストラン・飲食店

坂本が「寒天工房 讃岐屋」を取材する様子を伝えた、テングサの香りがしっかりして、雑味は残さないこだわりがあるとの事。「ところ天」が紹介された、完食した坂本は「これは本当に美味しいです、紹介したくないお店です」とコメントした。

 (和菓子、甘味処)

「ノンストップ!」で紹介されたグルメ情報

横浜家系ラーメンおにぎり

「にいがた あかね屋」を取材する様子を伝えた、一般的なおにぎりの1.5倍の大きさで1日に300個以上を売り上げるとの事。特に人気の商品は「横浜家系ラーメンおにぎり」、いちからの手作りでとんこつしょうゆスープでご飯を炊いている、試食した坂本は「がっつりラーメンの味」とコメントした。また、かつてはココアで炊いてアンコを乗せたスイーツバージョンもあったが全く売れなかったとの事。


「ノンストップ!」で紹介されたレストラン・飲食店

「にいがた あかね屋」を取材する様子を伝えた、一般的なおにぎりの1.5倍の大きさで1日に300個以上を売り上げるとの事。特に人気の商品は「横浜家系ラーメンおにぎり」、いちからの手作りでとんこつしょうゆスープでご飯を炊いている、試食した坂本は「がっつりラーメンの味」とコメントした。また、かつてはココアで炊いてアンコを乗せたスイーツバージョンもあったが全く売れなかったとの事。

 (おにぎり、弁当)

羽田空港

妻たちの朝は忙しい。そんな出勤前の夫に関するある投稿が話題となっている。それは掲示板に寄せられた「出勤する旦那さんを毎日見送りますか?」というもの。これに対しネットでは、「洗濯物をしていても洗い物をしていても手を止めて玄関まで行って見送る」「結婚して16年。毎朝何故か握手して「行ってらっしゃい」だな」など必ず見送る妻がいる一方で、「お弁当・おにぎり・水筒を準備したら二度寝する」「夢の中からいってらっしゃいだな」など見送らない妻もおり、意見は真っ二つとなっている。さらに出勤前の夫婦の行動について調べると様々な揉め事のエピソードが挙がった。そこで今回のノンストップサミットは「出勤前の夫婦の攻防」を徹底討論する。熊田さんは「子どもを主人が保育園に連れて行ってくれるので、子どもとセットだから見送る。主人だけだったら見送らないかも。」と言い、大神さんは「コーヒー淹れたり準備はするけど、わざわざお見送りはしない」などと言った。視聴者からのエピソード。「妻が子育てで疲れているのは分かっているので、毎朝自分で朝ごはんも用意しています。でも僕が家を出る時間になっても妻が起きてこない。準備は自分でしてるんだからせめて「いってらっしゃい」くらい言って欲しい。その方が仕事も頑張れる」とのこと。セキララ投票は、出勤する夫を「見送る」「見送らない」。投票結果は「見送る」が66%、「見送らない」が34%だった。千秋さんは「だって見送るって簡単だもん。用意するほうが大変じゃん。」などと言った。


婦人公論

妻たちの朝は忙しい。そんな出勤前の夫に関するある投稿が話題となっている。それは掲示板に寄せられた「出勤する旦那さんを毎日見送りますか?」というもの。これに対しネットでは、「洗濯物をしていても洗い物をしていても手を止めて玄関まで行って見送る」「結婚して16年。毎朝何故か握手して「行ってらっしゃい」だな」など必ず見送る妻がいる一方で、「お弁当・おにぎり・水筒を準備したら二度寝する」「夢の中からいってらっしゃいだな」など見送らない妻もおり、意見は真っ二つとなっている。さらに出勤前の夫婦の行動について調べると様々な揉め事のエピソードが挙がった。そこで今回のノンストップサミットは「出勤前の夫婦の攻防」を徹底討論する。熊田さんは「子どもを主人が保育園に連れて行ってくれるので、子どもとセットだから見送る。主人だけだったら見送らないかも。」と言い、大神さんは「コーヒー淹れたり準備はするけど、わざわざお見送りはしない」などと言った。視聴者からのエピソード。「妻が子育てで疲れているのは分かっているので、毎朝自分で朝ごはんも用意しています。でも僕が家を出る時間になっても妻が起きてこない。準備は自分でしてるんだからせめて「いってらっしゃい」くらい言って欲しい。その方が仕事も頑張れる」とのこと。セキララ投票は、出勤する夫を「見送る」「見送らない」。投票結果は「見送る」が66%、「見送らない」が34%だった。千秋さんは「だって見送るって簡単だもん。用意するほうが大変じゃん。」などと言った。


中央公論新社

妻たちの朝は忙しい。そんな出勤前の夫に関するある投稿が話題となっている。それは掲示板に寄せられた「出勤する旦那さんを毎日見送りますか?」というもの。これに対しネットでは、「洗濯物をしていても洗い物をしていても手を止めて玄関まで行って見送る」「結婚して16年。毎朝何故か握手して「行ってらっしゃい」だな」など必ず見送る妻がいる一方で、「お弁当・おにぎり・水筒を準備したら二度寝する」「夢の中からいってらっしゃいだな」など見送らない妻もおり、意見は真っ二つとなっている。さらに出勤前の夫婦の行動について調べると様々な揉め事のエピソードが挙がった。そこで今回のノンストップサミットは「出勤前の夫婦の攻防」を徹底討論する。熊田さんは「子どもを主人が保育園に連れて行ってくれるので、子どもとセットだから見送る。主人だけだったら見送らないかも。」と言い、大神さんは「コーヒー淹れたり準備はするけど、わざわざお見送りはしない」などと言った。視聴者からのエピソード。「妻が子育てで疲れているのは分かっているので、毎朝自分で朝ごはんも用意しています。でも僕が家を出る時間になっても妻が起きてこない。準備は自分でしてるんだからせめて「いってらっしゃい」くらい言って欲しい。その方が仕事も頑張れる」とのこと。セキララ投票は、出勤する夫を「見送る」「見送らない」。投票結果は「見送る」が66%、「見送らない」が34%だった。千秋さんは「だって見送るって簡単だもん。用意するほうが大変じゃん。」などと言った。


ママスタセレクト

妻たちの朝は忙しい。そんな出勤前の夫に関するある投稿が話題となっている。それは掲示板に寄せられた「出勤する旦那さんを毎日見送りますか?」というもの。これに対しネットでは、「洗濯物をしていても洗い物をしていても手を止めて玄関まで行って見送る」「結婚して16年。毎朝何故か握手して「行ってらっしゃい」だな」など必ず見送る妻がいる一方で、「お弁当・おにぎり・水筒を準備したら二度寝する」「夢の中からいってらっしゃいだな」など見送らない妻もおり、意見は真っ二つとなっている。さらに出勤前の夫婦の行動について調べると様々な揉め事のエピソードが挙がった。そこで今回のノンストップサミットは「出勤前の夫婦の攻防」を徹底討論する。熊田さんは「子どもを主人が保育園に連れて行ってくれるので、子どもとセットだから見送る。主人だけだったら見送らないかも。」と言い、大神さんは「コーヒー淹れたり準備はするけど、わざわざお見送りはしない」などと言った。視聴者からのエピソード。「妻が子育てで疲れているのは分かっているので、毎朝自分で朝ごはんも用意しています。でも僕が家を出る時間になっても妻が起きてこない。準備は自分でしてるんだからせめて「いってらっしゃい」くらい言って欲しい。その方が仕事も頑張れる」とのこと。セキララ投票は、出勤する夫を「見送る」「見送らない」。投票結果は「見送る」が66%、「見送らない」が34%だった。千秋さんは「だって見送るって簡単だもん。用意するほうが大変じゃん。」などと言った。


「ノンストップ!」で紹介された本・コミック・雑誌

小学生の友達付き合いについて相談されたときに親がどう対応するのかについて討論。大神さんはあまりわからないため毎日聞くようにはしていると話した。三木さんは12才の思春期までに人間関係をつくることは重要だとのべた。親御さんからのエピソードを紹介。消しゴム集めが趣味の小2の娘に元気がなかったため理由をきくと、消しゴムを貸さなかったため友達が怒って気まずくなったというもので、アドバイスに困ったというものだった。千秋さんらは「どう思ったかはきくがほっておく」、「共感して、対処法を一緒に考えたい」「嫌なことを嫌だと言えたことを褒める」などと意見をのべた。このケースについて高濱さんに伺うと「見守っていていい、ただし母親は受け止めてあげること」とし、受け止めるために親ができることは、受容(子供の言葉を繰り返す)、理解(言いかえる)、共感(気持ちに寄り添う)ことだとした。さらに子供に「乗り越え経験」をさせることも大事だと伝えた。

「花まる学習会式  12才までに身につけたい人間関係のコツ」

Amazon.co.jp


花まる学習会

話題の本「12才までに身につけたい 人間関係のコツ」。友達関係の悩みなどに対し、子どもと一緒に考えていく本で、著者は「メシが食える大人」を育てることを目標としている学習塾“花まる学習会”の代表・高濱正伸さん。なぜこのような本を出版したのかについて高濱さんは、子どもは稽古事などに縛られていて強い人間力を育てる環境が崩壊していると思うなどとコメント。しかし12才までに学ばなければ困るというのは、他者性の弱さを鍛える基本形をつくることが大事だという。12才までの友達付き合いに親はなにをできるのか、街で聞くと友達とケンカしていないか心配する声が多く聞かれた。12才の友達関係、親の悩みについて徹底討論する。

小学生の友達付き合いについて相談されたときに親がどう対応するのかについて討論。大神さんはあまりわからないため毎日聞くようにはしていると話した。三木さんは12才の思春期までに人間関係をつくることは重要だとのべた。親御さんからのエピソードを紹介。消しゴム集めが趣味の小2の娘に元気がなかったため理由をきくと、消しゴムを貸さなかったため友達が怒って気まずくなったというもので、アドバイスに困ったというものだった。千秋さんらは「どう思ったかはきくがほっておく」、「共感して、対処法を一緒に考えたい」「嫌なことを嫌だと言えたことを褒める」などと意見をのべた。このケースについて高濱さんに伺うと「見守っていていい、ただし母親は受け止めてあげること」とし、受け止めるために親ができることは、受容(子供の言葉を繰り返す)、理解(言いかえる)、共感(気持ちに寄り添う)ことだとした。さらに子供に「乗り越え経験」をさせることも大事だと伝えた。


2018年10月 2018年11月 
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
  • 「ノンストップ!」で紹介されたすべての情報
  • 「ノンストップ!」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ノンストップ!」で紹介された音楽・CD
  • 「ノンストップ!」で紹介された映画・DVD
  • 「ノンストップ!」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ノンストップ!」で紹介されたグルメ情報
  • 「ノンストップ!」で紹介された料理レシピ
  • 「ノンストップ!」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ノンストップ!」で紹介された観光・地域情報
  • 「ノンストップ!」で紹介されたイベント情報
  • 「ノンストップ!」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する