テレビ紹介情報

「NONFIX」で紹介された情報

「NONFIX」で紹介されたイベント情報 ( 15 / 15 ページ )

「NONFIX」で紹介されたイベント情報

ABAI(国際行動分析学会)

奥田の手法「好子」は行動分析学に基づいた心理学分野の手法であり、この日に奥田は帝京大学にて行動分析学の講義を行っていた。行動分析学によると人は行動した直後に嬉しいことが起こるとその行動を繰り返しやすくなるとあり、奥田はその法則を応用してカウンセリングに取り入れた。また京都で開催となった「ABAI(国際行動分析学会)」に講演者として出席した奥田は世界中の小児精神科医や心理学者に向けて摂食障害の症例を用いた講義を行った。世界中の医師や学者は奥田の機転のきいたアイデア力などにも注目し評価している。


「NONFIX」で紹介されたイベント情報

シニアビューティー「奇跡の1枚」キャンペーン

有楽町のメイクアップ&フォトスタジオ「オプシス」では、男女問わずお客さんの要望にあわせてメイクを施し、撮影技術を駆使して「奇跡の一枚」を撮影する「変身フォト」などのサービスを実施している。去年は2000人が訪れ、その3割がリピーターになった。敬老の日に、お客さんを美しく若返らせる「シニアビューティー『奇跡の1枚』キャンペーン」を開催したところ、「還暦記念」「変身を楽しみたい」と多くの女性が来店した。


「NONFIX」で紹介されたイベント情報

高校生模擬裁判選手権

高校生模擬裁判選手権大会3日前。練習試合に惨敗した早稲田大学本庄高等学院の検察チームは修正に取り掛かった。その議論の中心にいたのは永野くんだった。永野くんには仲間との議論を重ねるうちに自信が芽生え、紅白戦でも堂々と発言することができた。早稲田本庄が得意とするのはイラスト作ってのプレゼンテーションの準備ために最終のバスが出るギリギリの時間まで作業を続けた。

大会当日。地区予選を勝ち抜いた関東の名門校8校が集まった。早稲田大学本庄高等学院は第1試合で大本命の湘南白百合学園とあたることになった。試合会場は東京地方裁判所の実際の法定で行われる。まずは早稲田本庄がイラストを使って事件の概要を説明。その後、被害者に弁護側のカナさんが質問をした。次に、早稲田本庄の被告人への質問では永野くんが堂々と質問を行った。質問で得られた回答に手応えを感じた早稲田本庄は、最後に東さんによる論告で、軽音楽部で鍛えた表現力を武器に詐欺罪を訴えた。湘南白百合学園の最終弁論は三つの証拠を提示し、無罪を訴えた。

大会が終わり、優勝は湘南白百合学園と発表された。永野くんは「今まで人任せにすることとか多かったんですけど、今回の模擬裁判を通じて、自分が率先してやっていかないといけないっていう場面が必然的に出てきていかに周りを仕切っていくかを意識しました。今回悔しい結果だったからこそ、模擬裁判じゃなくて裁判ができるようになりたいって思いが強くなりました」と語った。


「NONFIX」で紹介されたイベント情報

高校生模擬裁判選手権

高校生模擬裁判選手権の準備を進める早稲田大学本庄高等学院。主力メンバーの二人が部活で欠席し、永野くんが論告を書くことになった。しかしどうにも進まず、誰に支持することも相談することもできず一人で抱え込んでしまった。永野くんは新幹線で片道2時間かけて学校に通っており、ストレス発散は一人カラオケ。一人カラオケに同行したスタッフが「永野くんがリーダーシップをとった方がいいんじゃない」と語りかけると「たぶん毎回来てるのは自分だけなんでやっていかないといけないとは思うんですけどね」と答えた。

大会4日前、早稲田大学高等学院を訪ね、練習試合を行った。永野くんは被告人役に質問をしたが、しどろもどろになって不本意な結果で終わってしまった。それにつられ、井原さんも動揺してしまった。本番に向けて自信をつけるつもりが自分たちの至らなさに気づく結果になってしまった。南白百合学園は既に裁判で戦う内容を固め、尋問の練習を始めていた。


「NONFIX」で紹介されたイベント情報

高校生模擬裁判選手権

湘南白百合学園は模擬裁判選手権で8連覇の偉業を成し遂げてきた強豪校。強さの秘訣は顧問の熊本先生によるユニークな指導法とチーム編成。参加するのは先生が普段の授業から選んだ1年生達。弁護チームのリーダーのカナさんは論理的な思考に長けている。生徒たち人生経験が浅く、人を疑うことに慣れていない。演劇部顧問の熊本先生は生徒たちの恋愛経験の少なさを補うために演劇を利用した心理分析が行った。

早稲田大学本庄高等学院は青木ちなつ探偵事務所の代表青木宏樹さんを助っ人として呼んだ。生徒たちは様々な質問をした。そこで聞いた話を元に、検察側の永野くんはルークとレイアと呼び合う二人の関係を中心に攻めていくことを提案した。


「NONFIX」で紹介されたイベント情報

高校生模擬裁判選手権

埼玉県本庄市の早稲田大学本庄高等学院。夏休みが迫った放課後、普段は社会科で使う教室に生徒が集まった。学年やクラスもバラバラな生徒たちは弁護側と検察側のチームに分かれた。これは高校生模擬裁判選手権に出場するため。

高校生模擬裁判選手権を目指す早稲田大学本庄高等学院を取材。リーダーに選ばれたのは井原理紗子。去年模擬裁判に参加し、優勝を逃した悔しさから今回リベンジを誓っての参戦。東真子はとにかく議論好き。永野悠太は大学で法学部に進学するか悩んでいる。今回彼らが挑むのは結婚詐欺事件。

被告人はネットショップ経営の波止鈴亜、被害者は孔琴空歩。結婚相談サイトで知り合った二人はすぐに意気投合した。これまで女性と付き合う経験の無かった男は、すぐに女性を運命の人だと思い、金沢市への転勤が決まったこともあり、出会って1ヶ月でプロポーズ。OKをもらえたが、その後話しは進まず、もう一度入籍を懇願すると、100万円の借金があり、それが完済できたら結婚すると告げられた。男はすぐに100万円を振り込むがその後連絡が付きづらくなった。男は興信所に女の調査を依頼すると元交際相手と頻繁に会っており、京都旅行にも行っていたことがわかった。男は結婚詐欺として提訴。女は別れは男の執拗なメールなどによるものと主張。

生徒達は「罪かどうかは別として嫌な女だなと思った」「被害者がちょっとメールが来なかったくらいですぐ疑うっていうのはちょっとナイかな」と感想を述べた。「孔琴さんが波止さんのことを思いやっていればこんなことにはならないのかな。でも検察としては最初から結婚する意思がなかったと示したいんで難しいです」と語る永野くんは自らの弱さを克服するためにこの大会への参加を決めた。あえて苦手な検察側を選んだ永野くんはみんなより早くに教室に入り、事件の要点を黒板にまとめた。メンバーが集まると最初は意気込んで参加していた永野くんだったが、途中からは議論に入れずただ見守るだけになってしまった。

女子たちはイメージを掴むために婚活サイトを閲覧していた。話は自分たちの結婚観に発展し、女子会が始まった。顧問の羽田先生は「こういう生き方 考え方 見方があるんだなってことは体験させていきたい」と語った。


「NONFIX」で紹介されたイベント情報

ピラミッド祭

5月の皆神山山頂にてピラミッド祭が行われた。ピラミッド説について地元の人々は一切信じていなかった。ピラミッド説を信じている新井信介さんは地元の信じていない人々に対してもピラミッド説を力説していた。長野県松代町にある藤野屋酒店では1984年7月〜10月に毎日新聞出版の「サンデー毎日」で特集された皆神山ピラミッド説の連載記事が保存されていた。


「NONFIX」で紹介されたイベント情報

六本木アートナイト

今回の「六本木アートナイト」では、作品をより深く味わうための企画も用意。清水富美加はガイドツアーの一行と共に、あちこちに展示されている作品を見て回った。ガイドと共に対話しながら作品をあらゆる角度で観賞するのも楽しみ方の一つとなっていた。そして様々なアートに触れて朝を迎えた清水富美加は今回の感想について、「アート業界滾っている」と満足気に語った。


「NONFIX」で紹介されたイベント情報

六本木アートナイト

「六本木アートナイト」に絶対欠かせないものは作品を展示するアーティストたち。彼らはどのように選定されているのかを取材。本番3か月前の1月22日、東京ミッドタウンの一室が公開プレゼンテーションの会場となった。全国から集まった応募総数は86組で、この日は一次審査を通過した10組のアーティストによる熱のこもったプレゼンが行われ、その中から4組が選ばれた。

次に「六本木アートナイト」で清水富美加が向かった先は、今回選ばれた「スイッチ総研」によるパフォーマンスが行われたフィッシュ&チップス専門店「MALINS」。この店先にあるメニューを使用して店員が演じる即席の作品を体感。さらにリュネット・ジュラ ミヤコヤ六本木店では店先のメガネをかけると周りが褒めるなどのスイッチ作品を体感した。

本番3週間前の4月3日。とある会議室に役者が集められ、入念にリハーサルが行われた。こうして万全の準備を行って望んだ当日だったが、役者の発声による音量がうるさいとクレームが。そんなトラブルもあったものの「スイッチ総研」の2人は無事にパフォーマンスを乗り越えた。

公募で当選した、おかだゆかによる作品も紹介。彼女の作品であるKAWAT Towerはカラーコーンを使った作品となっている。80個のカラーコーンを使った作品となったが、準備期間中の自宅は大量のカラーコーンで大変な事に。彼女の父親もアート作品の制作を手伝っていた。


「NONFIX」で紹介されたイベント情報

六本木アートナイト

「六本木アートナイト」で清水富美加が向かった先はペルシャじゅうたん専門店「六本木パース」に展示されたアート作品。この作品を手がけたのは山岡潤一さんで、今作品はCGのような動きを現実でできないかに挑戦した作品などと語った。

「六本木アートナイト」本番2カ月前には運営に携わる主要スタッフが打ち合わせを行っていた。アーティスティック・ディレクターの日比野克彦さんは会議のみでなくJ-WAVEの番組にゲスト出演してイベントを宣伝していた。同じく会議に参加していた齋藤精一さんは今回は体験型のテクノロジーを活かしたアートを多く企画したなどと述べた。そして全体の進行を担当している佐藤麻紀子さんは当日をどう安全安心に楽しくすごせるのかを重点的に企画しているなどと語った。

この日、佐藤麻紀子さんは「六本木アートナイト」の実行委員の1人であるロアビル 六本木商店街振興組合の理事である後藤浩さんと打ち合わせを行った。後藤浩さんは参加者の人数が増えることで近隣への迷惑問題を気にかけ、イベント当日にはスタッフ総出でパトロールを行っていた。そして7回目の「六本木アートナイト」当日までに佐藤麻紀子さんは写真家の平間至らと打ち合わせを行うなど多忙に過ごした。


2017年11月 2017年12月 
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
  • 「NONFIX」で紹介されたすべての情報
  • 「NONFIX」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「NONFIX」で紹介された音楽・CD
  • 「NONFIX」で紹介された映画・DVD
  • 「NONFIX」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「NONFIX」で紹介されたグルメ情報
  • 「NONFIX」で紹介された料理レシピ
  • 「NONFIX」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「NONFIX」で紹介された観光・地域情報
  • 「NONFIX」で紹介されたイベント情報
  • 「NONFIX」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する