テレビ紹介情報

「スーパーニュース」で紹介された情報

「スーパーニュース」で紹介された雑学・豆知識 ( 2 / 2 ページ )

「スーパーニュース」で紹介された雑学・豆知識

ジャンボ茶碗蒸し

スーパー節約主婦の嘉藤和美が、12人家族に教えていた節約メニュー。
うどんの残り汁をリメイクして作るのだという。

<作り方>
(1)うどんの残り汁が入った、火のかかってない鍋に溶き卵を入れてかきまぜる。
(2)20分から30分弱火にかける。


「スーパーニュース」で紹介された雑学・豆知識

モヤシ春巻き

スーパー節約主婦の嘉藤和美が、12人家族に教えていた節約メニュー。
節約料理に定番のもやしを使った味と量を満足させる料理とのこと。

<作り方>
(1)えのきともやしを塩・こしょうをかけ炒め、中華スープ・酒・しょうゆで味を調える。
(2)かたくり粉でとろみをつける。その際、とろみは強めにするのがポイントとのこと。
(3)出来たあんを30分程度冷やして、春巻きの皮で包む。
(4)170度の油できつね色になるまで揚げる。


「スーパーニュース」で紹介された雑学・豆知識

傘からエコバッグ!

世田谷区の教室で教えている傘からエコバックの作り方。
リポーターが挑戦していた。
三角の布にしたのを並べて端と端をつけると袋になるという。また、雨にも強いのがウリとのこと。

【傘からエコバックの作り方】
(1)傘布を骨から外す。
(2)ぬい目に沿って三角形に切っていく。
(3)筒型にぬい合わせ、底を閉じて持ち手をつけてできあがり。


「スーパーニュース」で紹介された雑学・豆知識

手作りマスクの作り方

新型ウイルスの影響でマスク不足を受け、医師が考案した「手作りマスク」の作り方。
作ったマスクを装着した男性アナウンサーは
「鼻の周りとあごの下部分がピッタリとフィットしている感じがします」
と使用感を話していた。
医師は
「くしゃみやせきなどの大きな飛まつに関しては防げるんじゃないかと」と話していた。

<材料>
・ペーパータオル
・輪ゴム…2個
<作り方>
1.ペーパータオルを2つ折にし開いて中心に向かって折る。
2.裏返して、真ん中に合わせさらに折り畳む。
3.両端に輪ゴムを乗せホチキスでとめて出来上がり。


「スーパーニュース」で紹介された雑学・豆知識

スイーツデコ(マカロンの作り方)

スイーツデコ作家・鈴山キナコが教えてくれたスイーツデコ「マカロン」の作り方。

<作り方>
(1)軽量粘土にアクリルの絵の具(ピンクなど)を少し混ぜ、こねていく。
(2)色が付いたら軽量スプーンに粘土を押し付け、ふちを束ねたつまようじで模様づけすれば完成。


「スーパーニュース」で紹介された雑学・豆知識

スイーツデコ(チョコミントアイスの作り方)

スイーツデコ作家・鈴山キナコが教えてくれたスイーツデコ「チョコミントアイス」の作り方。

<作り方>
(1)軽量粘土にアクリルの絵の具(水色)を少し混ぜ、こねていく。
(2)色が付いたらガチャポン(ガチャガチャ)の半ケースに粘土をゆっくり軽くひび割れるように詰める。
(3)ケースから粘土を外し、少し黒い粘土をちぎってつければ完成。


「スーパーニュース」で紹介された雑学・豆知識

1ヵ月の食費1万5000円の節約テクニック

スーパー節約主婦・嘉藤和美が教えていた節約テクニック。

・予算は細かく区切って考える。
※月に1万5000円ではなく、週あたり3000円で考えるとのこと。
・お金を全部持って買い物に行かない。
※一週間3000円の内訳は、まとめ買い用が2000円、買い足し用が1000円とのこと。
・底値より高いものは買わない。
※スーパーマーケット7店舗の底値を調べて底値表を作成し、買い物をするとのこと。
・食べ回しの術。
※例えば、夜に「鶏チリ」を作った次の日の昼には「中華風オムライス」を作るなど、食べ回しするとのこと。


「スーパーニュース」で紹介された雑学・豆知識

クマの回避方法

北海道を訪れた取材班が林道で知床ヒグマの捜索を開始する際に紹介されていたクマの回避法。

(1)やぶに入る前に音や声を出す。
(2)ホイッスルを吹く。
※もしクマが潜んでいても、事前に人間の存在を知らせれば、クマの方から人間を避けるという。
※クマが嫌がるのは鈴の音ではなく、周波数の高い音だという。


「スーパーニュース」で紹介された雑学・豆知識

ガウダー流ウォーキング

モスクワオリンピック競歩の金メダリストが推奨している健康ウォーキング。この健康ウォーキングは、鎌倉で行われた世界糖尿病デーのイベント内で講演を開いたという。

・つま先は常に前向き
・かかとから着地 足裏前部を使う
・最後につま先に体重をのせる
・腕の角度は焼く90度
・おへその前を目指して振る


「スーパーニュース」で紹介された雑学・豆知識

アナフィラキシー・ショック

体内にできたアレルギーの抗体が再び入ってきた抗原に対し、過剰に反応しショック症状を引き起こすこと。最も多いのがスズメバチなどをはじめとするハチで去年は刺された19人にこの症状がでて、死亡したという。
先日、人気俳優がこの症状で緊急入院したことから、ニュースで取り上げられていた。
医師は「肉とかカキとかもそうですけど、そういうものに抗体を持てば最初は大丈夫であっても、あるとき大量に食べて抗原が抗体と反応すると抗原抗体反応がおこります。カキで体調が悪くなるという自覚があれば、自分はアレルギーだと思って食べるのを控えるといいですね」と語っていた。

<アナフィラキシー・ショックの対処法>
・早めの対応で、血圧を上げて空気を通し薬を使えば比較的すみかやに、治る(1日かからない)。
・食べて変な症状がでたときは血液検査なり、皮内反応検査をやったほうがいいとのこと。


2017年08月 2017年09月 
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • 「スーパーニュース」で紹介されたすべての情報
  • 「スーパーニュース」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「スーパーニュース」で紹介された音楽・CD
  • 「スーパーニュース」で紹介された映画・DVD
  • 「スーパーニュース」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「スーパーニュース」で紹介されたグルメ情報
  • 「スーパーニュース」で紹介された料理レシピ
  • 「スーパーニュース」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「スーパーニュース」で紹介された観光・地域情報
  • 「スーパーニュース」で紹介されたイベント情報
  • 「スーパーニュース」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する