テレビ紹介情報

「スーパーニュース」で紹介された情報

「スーパーニュース」で紹介された料理レシピ ( 12 / 12 ページ )

「スーパーニュース」で紹介された料理レシピ

一粒お寿司

ネットで話題の全部ミニチュアのクッキング動画。30種類以上の料理がある。料理道具や食材も全部本物。海外からの称賛のコメントが寄せられている。Miniature Spaceさんが投稿している。新作のコロッケに挑戦。通常コロッケの10分の1サイズ。今後は、日本の食べものを世界に紹介していきたいという。海外のハムスターのつがいをミニチュアレストランでもてなす、という動画も人気。


「スーパーニュース」で紹介された料理レシピ

カキのクリームシチュー

地元漁師の思いが詰まったカキえもんをはるばる厚岸から取り寄せている店が銀座にオープンした。厳選した牡蠣を各地から仕入れている牡蠣専門店だ。グランオイスターマイスターの資格を持つ泉さんに、だれでも簡単につくれる絶品料理「カキのクリームシチュー」の作り方を教えてもらった。カキをシチューや鍋に入れると縮む。泉さんは「身の部分が白いものを選ぶと縮まずにそのままの大きさになると思います」と話した。


「スーパーニュース」で紹介された料理レシピ

豚バラの骨付き肉

別の日の午後のアメ横地下食品街の映像。パラグアイ人の女性3人組が登場。パラグアイ人女性佐藤エリカさんとその母親、エリカさんの娘3世代で買い物をしに来た。購入したのは、ハチノスや牛のテールなど肉ばかり。千葉県松戸市にある自宅でパラグアイ料理を見せてもらう。買ってきた肉製品を冷凍庫へ入れる。パラグアイ人宅には肉専用の冷凍庫があるとのこと。豚肉のロース、牛の内臓のシマチョウ、牛モモ肉の巨大な塊を披露する。夕方にご主人が帰宅。日系2世のエリカさん一家が日本にやってきたのは23年前。その後、日本にやってきた同じく日系2世のご主人佐藤純弘さんと出会い結婚。現在は子ども2人と4人で暮らしている。一家は毎日パラグアイ料理を食べるという。料理作りを開始。まずは、牛のテールを塩で味付けして炒める。そこに、ジャガイモ、いんげん、かぼちゃなどを入れる。水を入れ、圧力鍋で煮込み、「牛のテールスープ」が完成。他のメニュー、牛の内臓のハチノスをとんかつのように揚げた「ミラネサ」「豚バラの骨付き肉」を紹介。一家は基本的にパラグアイ料理しか食べないという。遠く離れたふるさとの味が恋しいとのこと。


「スーパーニュース」で紹介された料理レシピ

牛のテールスープ

別の日の午後のアメ横地下食品街の映像。パラグアイ人の女性3人組が登場。パラグアイ人女性佐藤エリカさんとその母親、エリカさんの娘3世代で買い物をしに来た。購入したのは、ハチノスや牛のテールなど肉ばかり。千葉県松戸市にある自宅でパラグアイ料理を見せてもらう。買ってきた肉製品を冷凍庫へ入れる。パラグアイ人宅には肉専用の冷凍庫があるとのこと。豚肉のロース、牛の内臓のシマチョウ、牛モモ肉の巨大な塊を披露する。夕方にご主人が帰宅。日系2世のエリカさん一家が日本にやってきたのは23年前。その後、日本にやってきた同じく日系2世のご主人佐藤純弘さんと出会い結婚。現在は子ども2人と4人で暮らしている。一家は毎日パラグアイ料理を食べるという。料理作りを開始。まずは、牛のテールを塩で味付けして炒める。そこに、ジャガイモ、いんげん、かぼちゃなどを入れる。水を入れ、圧力鍋で煮込み、「牛のテールスープ」が完成。他のメニュー、牛の内臓のハチノスをとんかつのように揚げた「ミラネサ」「豚バラの骨付き肉」を紹介。一家は基本的にパラグアイ料理しか食べないという。遠く離れたふるさとの味が恋しいとのこと。


「スーパーニュース」で紹介された料理レシピ

ライトスープ

翌日、ガーナ人のモモさんにガーナ料理を作るところを見せてもらう。モモさんは、ご主人の伊藤真一さんと、長男のジョン君との3人暮らし。12年前にご主人が仕事でガーナに訪れた際に出会い、2006年に結婚をしたという。真一さんは奥さんの明るいところに惹かれたという。アメ横の食材で昼ごはんを作る。ガーナの人がよく食べるという青いバナナ「フーフー」を紹介。プランテンと呼ばれる青いバナナを粉末にしたもので、ガーナではこれが主食になっているとのこと。粉にお湯を入れて、10分ほどこねると餅のような粘りのある生地ができる。アメ横で購入したなまずの薫製、なまずスモークを手で砕き、牛肉や野菜が入ったスープの中に入れ、タイ産の唐辛子を加える。30分ほど煮込み、ライトスープが完成。フーフーにライトスープをかけて、手で食べるのがガーナ流とのこと。毎日ガーナ料理を食べるモモさん家族にとって、アメ横の食品街は貴重だという。


「スーパーニュース」で紹介された料理レシピ

フーフー

翌日、ガーナ人のモモさんにガーナ料理を作るところを見せてもらう。モモさんは、ご主人の伊藤真一さんと、長男のジョン君との3人暮らし。12年前にご主人が仕事でガーナに訪れた際に出会い、2006年に結婚をしたという。真一さんは奥さんの明るいところに惹かれたという。アメ横の食材で昼ごはんを作る。ガーナの人がよく食べるという青いバナナ「フーフー」を紹介。プランテンと呼ばれる青いバナナを粉末にしたもので、ガーナではこれが主食になっているとのこと。粉にお湯を入れて、10分ほどこねると餅のような粘りのある生地ができる。アメ横で購入したなまずの薫製、なまずスモークを手で砕き、牛肉や野菜が入ったスープの中に入れ、タイ産の唐辛子を加える。30分ほど煮込み、ライトスープが完成。フーフーにライトスープをかけて、手で食べるのがガーナ流とのこと。毎日ガーナ料理を食べるモモさん家族にとって、アメ横の食品街は貴重だという。


「スーパーニュース」で紹介された料理レシピ

ずくずく

木村拓哉主演のHEROに登場するバー「St.George’s Tavern」のなんでも扱うマスター役の、田中要次さん。このバーは北欧系のスポーツバーなどの世界のバーを参考に作られた。登場する料理には数々のストーリーがある。第一話では長野からずくずくを手土産に訪れていたが、これは番組オリジナルのレシピ。実際にこのレシピを考案した住川啓子さんに再現してもらった。HERO第8話は今夜9時。


「スーパーニュース」で紹介された料理レシピ

天ざる更科

東京・浅草橋は駅を中心に9件もの蕎麦屋さんが立ち並ぶ激戦区。そのうちの1件で総武線の高架下に店を構える日本そば更科は5坪ほどの小さな店。値段は高めだが、2階のそば打ち工房で北海道産そばの実の中心部分だけを使い、独特のリズムで打っていて、香りが上品で、滑らかな舌触り。更科そばは1日20食限定。


「スーパーニュース」で紹介された料理レシピ

アイスパン

余ってしまったパンの有効的な調理方を、加納綾子さんが紹介。パンをパスタの替りにしたラザニアを作った。パスコはメーカーならではのパンを使ったレシピ本「Pascoのとっておきパンレシピ」(日東書院本社)を出版している。

食パンの消費期限は3日間。より長く美味しく保存するためには、ラップで1枚1枚食パンを包み、保存袋に入れて冷蔵庫に入れておくと約2週間美味しく食べられるという。また、「アイスパン」のレシピを紹介した。


「スーパーニュース」で紹介された料理レシピ

ベジブロス 具だくさんミネストローネ

タカコ・ナカムラホールフードスクールのタカコ・ナカムラが野菜くずを活用する万能スープを紹介。ベジブロスは野菜の皮やヘタからとったダシで、栄養素も豊富に含まれている。

タカコ・ナカムラがベジブロスの作り方を紹介。野菜の種類は多ければ多いほどバランスの良いうまみのあるスープができるそうで、フタをせずに煮込めばアクなども飛ぶという。

続いて「ベジブロス 具だくさんミネストローネ」を調理。石本沙織はとても深みとコクがあると話した。


2017年06月 2017年07月 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
  • 「スーパーニュース」で紹介されたすべての情報
  • 「スーパーニュース」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「スーパーニュース」で紹介された音楽・CD
  • 「スーパーニュース」で紹介された映画・DVD
  • 「スーパーニュース」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「スーパーニュース」で紹介されたグルメ情報
  • 「スーパーニュース」で紹介された料理レシピ
  • 「スーパーニュース」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「スーパーニュース」で紹介された観光・地域情報
  • 「スーパーニュース」で紹介されたイベント情報
  • 「スーパーニュース」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する