ホーム > テレビ紹介情報 > フジテレビ > スーパーニュース
テレビ紹介情報

「スーパーニュース」で紹介された情報

「スーパーニュース」で紹介されたすべての情報 ( 3596 / 5309 ページ )

「スーパーニュース」で紹介されたイベント情報

バンクーバーオリンピック

ソルトレークシティーで行われたスピードスケートW杯第2戦の男子500mで、バンクーバー五輪のメダリストである他のスポーツ選手が、自己ベストで今季初優勝した。


「スーパーニュース」で紹介されたグルメ情報

トウモロコシ

北海道遠軽町では、トウモロコシ畑がヒグマに食い荒らされる被害を受けていた。遠軽町では、トウモロコシ畑に電気柵を作るなどの対策を行っている。暗視カメラに撮影された、ヒグマの行動を紹介。


日立市かみね動物園

北海道遠軽町では、トウモロコシ畑がヒグマに食い荒らされる被害を受けていた。日立市かみね動物園で、トウモロコシをどのようにヒグマが食べるのか実験した。


「スーパーニュース」で紹介されたグルメ情報

トウモロコシ

北海道遠軽町では、トウモロコシ畑がヒグマに食い荒らされる被害を受けていた。日立市かみね動物園で、トウモロコシをどのようにヒグマが食べるのか実験した。


「スーパーニュース」で紹介されたグルメ情報

イクラ

北海道知床で、人を恐れない”新世代ベアーズ”が出現している。クマたちがよく出没する川にはクマ目当てのカメラマンたちが数多く待機していた。そこに現れたクマがサケを捕食、冬眠に備え栄養価の高いイクラを求めるという。

川の中にいたクマが突然、カメラマンたちのもとへ近寄り道路を歩き始めた。カメラマンたちは人を恐れないその様子に驚いたが、こうした新世代のクマたちが知床で増加中。世界遺産であるため駆除ではなく威嚇して追い払うことしかできないが、効果は一時的であるため人から近づかないようにするしかないという。

ヒグマと共存するルシャ地区の漁師・大瀬初三郎さんを取材。春から秋のマス・サケ漁の際に番屋で宿泊するが、周囲には住宅もなくガスも水道もない。50年の漁師生活でクマに襲われたことのない大瀬さんは「クマと出会ったら人間が怒ってプレッシャーを与えること」「(トラブルになりやすい)生ごみを出さないこと」が重要と語った。


「スーパーニュース」で紹介されたグルメ情報

サケ

北海道知床で、人を恐れない”新世代ベアーズ”が出現している。クマたちがよく出没する川にはクマ目当てのカメラマンたちが数多く待機していた。そこに現れたクマがサケを捕食、冬眠に備え栄養価の高いイクラを求めるという。

川の中にいたクマが突然、カメラマンたちのもとへ近寄り道路を歩き始めた。カメラマンたちは人を恐れないその様子に驚いたが、こうした新世代のクマたちが知床で増加中。世界遺産であるため駆除ではなく威嚇して追い払うことしかできないが、効果は一時的であるため人から近づかないようにするしかないという。

ヒグマと共存するルシャ地区の漁師・大瀬初三郎さんを取材。春から秋のマス・サケ漁の際に番屋で宿泊するが、周囲には住宅もなくガスも水道もない。50年の漁師生活でクマに襲われたことのない大瀬さんは「クマと出会ったら人間が怒ってプレッシャーを与えること」「(トラブルになりやすい)生ごみを出さないこと」が重要と語った。


「スーパーニュース」で紹介されたグルメ情報

香り箱

フランス・パリで人々を虜にしているのが日本生まれの「カニカマ」。フランスだけでなくヨーロッパ各地で人気の定番商品となっており、呼び名は「スリミ」と呼ばれている。

もともとカニカマは石川・七尾市にある水産加工メーカー「スギヨ」が開発した商品。現代のカニカマは微妙な色ムラから繊維まで、本物のカニとそっくりに再現されている。このカニカマは「香り箱」として販売、味も再現されている。

カニカマはスケトウダラのスリミから作っており、調味料などを混ぜあわせている。原料は極薄に伸ばされており、これによりリアルな繊維質を表現している。繊維状にカットされた原料は1本の棒状にされ、フィルムを使い着色を行っている。その後、冷凍することによりジューシーさを出して完成する。

スーパー「サミット 横浜岡野店」ではカニカマの「香り箱」を鮮魚コーナーで販売。完成度の高さで人気をあつめ、全国並びに海外で販売されている。スギヨの杉野社長は「本物らしい風合いとおいしさ、安全性を兼ね揃えた一品」だと豪語している。


サミットストア 横浜岡野店

フランス・パリで人々を虜にしているのが日本生まれの「カニカマ」。フランスだけでなくヨーロッパ各地で人気の定番商品となっており、呼び名は「スリミ」と呼ばれている。

もともとカニカマは石川・七尾市にある水産加工メーカー「スギヨ」が開発した商品。現代のカニカマは微妙な色ムラから繊維まで、本物のカニとそっくりに再現されている。このカニカマは「香り箱」として販売、味も再現されている。

カニカマはスケトウダラのスリミから作っており、調味料などを混ぜあわせている。原料は極薄に伸ばされており、これによりリアルな繊維質を表現している。繊維状にカットされた原料は1本の棒状にされ、フィルムを使い着色を行っている。その後、冷凍することによりジューシーさを出して完成する。

スーパー「サミット 横浜岡野店」ではカニカマの「香り箱」を鮮魚コーナーで販売。完成度の高さで人気をあつめ、全国並びに海外で販売されている。スギヨの杉野社長は「本物らしい風合いとおいしさ、安全性を兼ね揃えた一品」だと豪語している。


スギヨ

フランス・パリで人々を虜にしているのが日本生まれの「カニカマ」。フランスだけでなくヨーロッパ各地で人気の定番商品となっており、呼び名は「スリミ」と呼ばれている。

もともとカニカマは石川・七尾市にある水産加工メーカー「スギヨ」が開発した商品。現代のカニカマは微妙な色ムラから繊維まで、本物のカニとそっくりに再現されている。このカニカマは「香り箱」として販売、味も再現されている。

カニカマはスケトウダラのスリミから作っており、調味料などを混ぜあわせている。原料は極薄に伸ばされており、これによりリアルな繊維質を表現している。繊維状にカットされた原料は1本の棒状にされ、フィルムを使い着色を行っている。その後、冷凍することによりジューシーさを出して完成する。

スーパー「サミット 横浜岡野店」ではカニカマの「香り箱」を鮮魚コーナーで販売。完成度の高さで人気をあつめ、全国並びに海外で販売されている。スギヨの杉野社長は「本物らしい風合いとおいしさ、安全性を兼ね揃えた一品」だと豪語している。


「スーパーニュース」で紹介されたグルメ情報

カニカマ

フランス・パリで人々を虜にしているのが日本生まれの「カニカマ」。フランスだけでなくヨーロッパ各地で人気の定番商品となっており、呼び名は「スリミ」と呼ばれている。

もともとカニカマは石川・七尾市にある水産加工メーカー「スギヨ」が開発した商品。現代のカニカマは微妙な色ムラから繊維まで、本物のカニとそっくりに再現されている。このカニカマは「香り箱」として販売、味も再現されている。

カニカマはスケトウダラのスリミから作っており、調味料などを混ぜあわせている。原料は極薄に伸ばされており、これによりリアルな繊維質を表現している。繊維状にカットされた原料は1本の棒状にされ、フィルムを使い着色を行っている。その後、冷凍することによりジューシーさを出して完成する。

スーパー「サミット 横浜岡野店」ではカニカマの「香り箱」を鮮魚コーナーで販売。完成度の高さで人気をあつめ、全国並びに海外で販売されている。スギヨの杉野社長は「本物らしい風合いとおいしさ、安全性を兼ね揃えた一品」だと豪語している。


2017年03月 2017年04月 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
  • 「スーパーニュース」で紹介されたすべての情報
  • 「スーパーニュース」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「スーパーニュース」で紹介された音楽・CD
  • 「スーパーニュース」で紹介された映画・DVD
  • 「スーパーニュース」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「スーパーニュース」で紹介されたグルメ情報
  • 「スーパーニュース」で紹介された料理レシピ
  • 「スーパーニュース」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「スーパーニュース」で紹介された観光・地域情報
  • 「スーパーニュース」で紹介されたイベント情報
  • 「スーパーニュース」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する