ホーム > テレビ紹介情報 > フジテレビ > スーパーニュース
テレビ紹介情報

「スーパーニュース」で紹介された情報

「スーパーニュース」で紹介されたすべての情報 ( 3599 / 5309 ページ )

「スーパーニュース」で紹介されたグルメ情報

TPP交渉で、参加国すべてが日本に対し重要5項目を含む関税の100%撤廃を求めていることがわかった。東京・千代田区の経団連会館では「全農ブランド」発表会が行われていた。国産食材をブランド化するため、商品には全農マークが付けられていた。JA全農の神出元一専務は、日本の農業を守り生産者を元気にする取り組みをやりたいと話した。アメリカ・ソルトレークシティーで19日開幕されたTPP首席交渉官会合だが、政治家は年内取りまとめは相当困難な状況になると思うと話した。

政治家は、今朝コメ、麦、牛肉・豚肉、乳製品、甘味資源作物の重要5項目を日本の聖域とし関税維持を死守する姿勢を強調した。こうした中、交渉参加国すべてが日本に対し、重要5項目を含む関税の100%撤回を求めていることが分かった。一方、日本は重要5項目について関税撤廃には応じない姿勢のため、交渉協議での孤立化が懸念されている。政治家は今日コメについて、特別枠を作る案を排除しない考えを示した。東京・千代田区で今日行われたJAシンポジウム参加者からは、不安の声があがっていた。

千葉柏市の柏みらい農場・染谷茂社長はみつひかり吉野家やすき家を運営するゼンショーとの契約栽培で、タレをよく吸うと話した。さらにじゃがいもはカルビー、トマトはカゴメと広大な敷地を生かし数々の大手企業との契約栽培を行っている。TPP交渉年内妥結へむけ、12月の閣僚会合まであと半月余りである。


「スーパーニュース」で紹介されたグルメ情報

TPP交渉で、参加国すべてが日本に対し重要5項目を含む関税の100%撤廃を求めていることがわかった。東京・千代田区の経団連会館では「全農ブランド」発表会が行われていた。国産食材をブランド化するため、商品には全農マークが付けられていた。JA全農の神出元一専務は、日本の農業を守り生産者を元気にする取り組みをやりたいと話した。アメリカ・ソルトレークシティーで19日開幕されたTPP首席交渉官会合だが、政治家は年内取りまとめは相当困難な状況になると思うと話した。

政治家は、今朝コメ、麦、牛肉・豚肉、乳製品、甘味資源作物の重要5項目を日本の聖域とし関税維持を死守する姿勢を強調した。こうした中、交渉参加国すべてが日本に対し、重要5項目を含む関税の100%撤回を求めていることが分かった。一方、日本は重要5項目について関税撤廃には応じない姿勢のため、交渉協議での孤立化が懸念されている。政治家は今日コメについて、特別枠を作る案を排除しない考えを示した。東京・千代田区で今日行われたJAシンポジウム参加者からは、不安の声があがっていた。

千葉柏市の柏みらい農場・染谷茂社長はみつひかり吉野家やすき家を運営するゼンショーとの契約栽培で、タレをよく吸うと話した。さらにじゃがいもはカルビー、トマトはカゴメと広大な敷地を生かし数々の大手企業との契約栽培を行っている。TPP交渉年内妥結へむけ、12月の閣僚会合まであと半月余りである。


全国農業協同組合連合会

TPP交渉で、参加国すべてが日本に対し重要5項目を含む関税の100%撤廃を求めていることがわかった。東京・千代田区の経団連会館では「全農ブランド」発表会が行われていた。国産食材をブランド化するため、商品には全農マークが付けられていた。JA全農の神出元一専務は、日本の農業を守り生産者を元気にする取り組みをやりたいと話した。アメリカ・ソルトレークシティーで19日開幕されたTPP首席交渉官会合だが、政治家は年内取りまとめは相当困難な状況になると思うと話した。

政治家は、今朝コメ、麦、牛肉・豚肉、乳製品、甘味資源作物の重要5項目を日本の聖域とし関税維持を死守する姿勢を強調した。こうした中、交渉参加国すべてが日本に対し、重要5項目を含む関税の100%撤回を求めていることが分かった。一方、日本は重要5項目について関税撤廃には応じない姿勢のため、交渉協議での孤立化が懸念されている。政治家は今日コメについて、特別枠を作る案を排除しない考えを示した。東京・千代田区で今日行われたJAシンポジウム参加者からは、不安の声があがっていた。

千葉柏市の柏みらい農場・染谷茂社長はみつひかり吉野家やすき家を運営するゼンショーとの契約栽培で、タレをよく吸うと話した。さらにじゃがいもはカルビー、トマトはカゴメと広大な敷地を生かし数々の大手企業との契約栽培を行っている。TPP交渉年内妥結へむけ、12月の閣僚会合まであと半月余りである。


皇居

アメリカの政治家が、その他に信任状を手渡す「信任状捧呈式」に臨んだ。政治家が記者会見で、その他に初対面した感想を語った。政治家は、儀式用の馬車に乗って皇居に向かった。沿道には大勢の観覧者が集まり、馬車は100人態勢で警備された。


北海道フーディスト八重洲店

北海道釧路市の釧路港に水揚げされたのは旬を迎えたシシャモ。しかし、今年はシシャモの資源量が、過去20年で最も最低で水揚げが大幅に減少していた。そのためシシャモの価格が去年の倍近くまで上がっている。東京・中央区にある北海道フーディストでは、北海道産「本ししゃも」が10匹1680円で販売されていたが、あるスーパーでは12匹198円で販売されていた。北海道フーディストの大原美穂子副店長は、本ししゃもとカラフトシシャモは違う種類であると話した。

本ししゃもは脂がのっていてやわらかく、カラフトシシャモはさっぱりとしていて弾力がある。漁獲量減少の理由としては、台風などの影響もあるが本ししゃもの個体数が減ってきていることにもある。北海道フーディスト・大原美穂子副店長はこのまま値段が上がると厳しいので販売を取りやめることにもなると思うと話した。


「スーパーニュース」で紹介されたグルメ情報

カラフトシシャモ

北海道釧路市の釧路港に水揚げされたのは旬を迎えたシシャモ。しかし、今年はシシャモの資源量が、過去20年で最も最低で水揚げが大幅に減少していた。そのためシシャモの価格が去年の倍近くまで上がっている。東京・中央区にある北海道フーディストでは、北海道産「本ししゃも」が10匹1680円で販売されていたが、あるスーパーでは12匹198円で販売されていた。北海道フーディストの大原美穂子副店長は、本ししゃもとカラフトシシャモは違う種類であると話した。

本ししゃもは脂がのっていてやわらかく、カラフトシシャモはさっぱりとしていて弾力がある。漁獲量減少の理由としては、台風などの影響もあるが本ししゃもの個体数が減ってきていることにもある。北海道フーディスト・大原美穂子副店長はこのまま値段が上がると厳しいので販売を取りやめることにもなると思うと話した。


「スーパーニュース」で紹介されたグルメ情報

本シシャモ

北海道釧路市の釧路港に水揚げされたのは旬を迎えたシシャモ。しかし、今年はシシャモの資源量が、過去20年で最も最低で水揚げが大幅に減少していた。そのためシシャモの価格が去年の倍近くまで上がっている。東京・中央区にある北海道フーディストでは、北海道産「本ししゃも」が10匹1680円で販売されていたが、あるスーパーでは12匹198円で販売されていた。北海道フーディストの大原美穂子副店長は、本ししゃもとカラフトシシャモは違う種類であると話した。

本ししゃもは脂がのっていてやわらかく、カラフトシシャモはさっぱりとしていて弾力がある。漁獲量減少の理由としては、台風などの影響もあるが本ししゃもの個体数が減ってきていることにもある。北海道フーディスト・大原美穂子副店長はこのまま値段が上がると厳しいので販売を取りやめることにもなると思うと話した。


「スーパーニュース」で紹介されたグルメ情報

本シシャモ

北海道釧路市の釧路港に水揚げされたのは旬を迎えたシシャモ。しかし、今年はシシャモの資源量が、過去20年で最も最低で水揚げが大幅に減少していた。そのためシシャモの価格が去年の倍近くまで上がっている。東京・中央区にある北海道フーディストでは、北海道産「本ししゃも」が10匹1680円で販売されていたが、あるスーパーでは12匹198円で販売されていた。北海道フーディストの大原美穂子副店長は、本ししゃもとカラフトシシャモは違う種類であると話した。

本ししゃもは脂がのっていてやわらかく、カラフトシシャモはさっぱりとしていて弾力がある。漁獲量減少の理由としては、台風などの影響もあるが本ししゃもの個体数が減ってきていることにもある。北海道フーディスト・大原美穂子副店長はこのまま値段が上がると厳しいので販売を取りやめることにもなると思うと話した。


「スーパーニュース」で紹介されたグルメ情報

カラフトシシャモ

北海道釧路市の釧路港に水揚げされたのは旬を迎えたシシャモ。しかし、今年はシシャモの資源量が、過去20年で最も最低で水揚げが大幅に減少していた。そのためシシャモの価格が去年の倍近くまで上がっている。東京・中央区にある北海道フーディストでは、北海道産「本ししゃも」が10匹1680円で販売されていたが、あるスーパーでは12匹198円で販売されていた。北海道フーディストの大原美穂子副店長は、本ししゃもとカラフトシシャモは違う種類であると話した。

本ししゃもは脂がのっていてやわらかく、カラフトシシャモはさっぱりとしていて弾力がある。漁獲量減少の理由としては、台風などの影響もあるが本ししゃもの個体数が減ってきていることにもある。北海道フーディスト・大原美穂子副店長はこのまま値段が上がると厳しいので販売を取りやめることにもなると思うと話した。


北海道フーディスト八重洲店

北海道釧路市の釧路港に水揚げされたのは旬を迎えたシシャモ。しかし、今年はシシャモの資源量が、過去20年で最も最低で水揚げが大幅に減少していた。そのためシシャモの価格が去年の倍近くまで上がっている。東京・中央区にある北海道フーディストでは、北海道産「本ししゃも」が10匹1680円で販売されていたが、あるスーパーでは12匹198円で販売されていた。北海道フーディストの大原美穂子副店長は、本ししゃもとカラフトシシャモは違う種類であると話した。

本ししゃもは脂がのっていてやわらかく、カラフトシシャモはさっぱりとしていて弾力がある。漁獲量減少の理由としては、台風などの影響もあるが本ししゃもの個体数が減ってきていることにもある。北海道フーディスト・大原美穂子副店長はこのまま値段が上がると厳しいので販売を取りやめることにもなると思うと話した。


2017年03月 2017年04月 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
  • 「スーパーニュース」で紹介されたすべての情報
  • 「スーパーニュース」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「スーパーニュース」で紹介された音楽・CD
  • 「スーパーニュース」で紹介された映画・DVD
  • 「スーパーニュース」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「スーパーニュース」で紹介されたグルメ情報
  • 「スーパーニュース」で紹介された料理レシピ
  • 「スーパーニュース」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「スーパーニュース」で紹介された観光・地域情報
  • 「スーパーニュース」で紹介されたイベント情報
  • 「スーパーニュース」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する