テレビ紹介情報

「ザ・ノンフィクション」で紹介された情報

「ザ・ノンフィクション 〜アイドルの家〜涙の数だけ抱きしめて〜」 2012年5月20日(日)放送内容「ザ・ノンフィクション 〜君を待っている〜不妊治療の今〜〜」 2012年6月3日(日)放送内容

「ザ・ノンフィクション」 2012年5月27日(日)放送内容

『青春YELL! 花の中学生応援団 3000日』
2012年5月27日(日) 13:00〜14:35 フジテレビ
【声の出演】 村川絵梨
【その他】 加藤杏樹 , 吉田耕太郎 , 和田瞳 , 岡田遼 , 岸上翔平 , 押田光央 , 押田華穂 , 東儀沙弥 , 渡邉海翔 , 澁谷絵里香 , 鎌田実穂 , 飯塚浩芳 , 高松佳子 , 高松信一郎 , 高松守信 , 高松遙之介 , 高畠周太郎

(オープニング)

明治大学付属明治高等学校・中学校

今日密着するのは明治大学付属明治高等学校 応援団。番組では9年にも渡ってこの応援団を取材してきており、2004年の時には中1だった応援団員もたくましく成長していた。しかし、そんな応援団に訪れた重大な危機とは…。


青春YELL! 花の中学生応援団 3000日

明治大学付属明治高等学校・中学校

2004年、中高一貫校である東京・神田駿河台の明治大学付属 明治中学校・高等学校では応援団が練習をしていたが、体育会系の中でも一際厳しい応援団は敬遠されており、部員は減る一方だった。

2004年5月。応援団員達は新入生の教室をまわって勧誘を行なっていた。すると、応援団に興味があった高畠周太郎君、岡田遼君が入部を決定した。

しかし、2人は初日から遅刻してしまう。先が思いやられる中、2人は応援団の基本である大きな拍手、大きな声、二呼一泊の練習をマンツーマンで受けた。だらけてしまいがちな練習に喝を入れるのは上級生だけではなく、ボランティアでコーチをしている応援団OBが一番のお目付け役。

上級生は、練習についていけない新入生をサポートしなければならない。ある日、高畠君、岡田君への指導が足りなかったという理由で2年生以上が処罰を受けた。

2004年7月。高校野球のシーズンを迎え、いよいよ2人の応援デビューの日がやってきた。ところが2人が学校につくと、一年生は団旗を運ぶために私物は持っていってはいけない為、持っていった私物を全て出されてしまった。

応援団が試合会場に行き、いよいよ高畠君、岡田君が応援デビュー。2人は一番目立たない場所に立たされていたが、それでも真剣に応援した。試合は明治が圧倒的なリードで、気をよくした先輩は2人を前に立たせてくれたが、2人は周りの雰囲気に呑まれてしまった。

夏になり、応援団は新潟県・越後湯沢で5日間の合宿に入った。大学生のOBも大勢集まっての徹底指導が行われた。食事の時、OBや先輩の給仕を行うのは中1の役目で、岡田君はお風呂でOBの背中を流した。

夜になり、午後7時から3時間に渡っての校歌応援歌指導が行われた。呼ばれた起立して応援歌を唱和しなければならないが、正座で座らせられる為、高校生でもすぐに立つ事は出来ない。

合宿を終え、バッジの授与式が行われた。高畠君、岡田君もこれで晴れて応援団の一員となり、高畠君は掠れ切った声で「一人前の応援団員になった気がします」と喜んでいた。

それから五年、高3になった2人は思わぬ事態に直面していた。一体何が…。


明治大学付属明治高等学校・中学校

2004年、中高一貫校である東京・神田駿河台の明治大学付属 明治中学校・高等学校では応援団が練習をしていたが、体育会系の中でも一際厳しい応援団は敬遠されており、部員は減る一方だった。

2004年5月。応援団員達は新入生の教室をまわって勧誘を行なっていた。すると、応援団に興味があった高畠周太郎君、岡田遼君が入部を決定した。

しかし、2人は初日から遅刻してしまう。先が思いやられる中、2人は応援団の基本である大きな拍手、大きな声、二呼一泊の練習をマンツーマンで受けた。だらけてしまいがちな練習に喝を入れるのは上級生だけではなく、ボランティアでコーチをしている応援団OBが一番のお目付け役。

上級生は、練習についていけない新入生をサポートしなければならない。ある日、高畠君、岡田君への指導が足りなかったという理由で2年生以上が処罰を受けた。

2004年7月。高校野球のシーズンを迎え、いよいよ2人の応援デビューの日がやってきた。ところが2人が学校につくと、一年生は団旗を運ぶために私物は持っていってはいけない為、持っていった私物を全て出されてしまった。

応援団が試合会場に行き、いよいよ高畠君、岡田君が応援デビュー。2人は一番目立たない場所に立たされていたが、それでも真剣に応援した。試合は明治が圧倒的なリードで、気をよくした先輩は2人を前に立たせてくれたが、2人は周りの雰囲気に呑まれてしまった。

夏になり、応援団は新潟県・越後湯沢で5日間の合宿に入った。大学生のOBも大勢集まっての徹底指導が行われた。食事の時、OBや先輩の給仕を行うのは中1の役目で、岡田君はお風呂でOBの背中を流した。

夜になり、午後7時から3時間に渡っての校歌応援歌指導が行われた。呼ばれた起立して応援歌を唱和しなければならないが、正座で座らせられる為、高校生でもすぐに立つ事は出来ない。

合宿を終え、バッジの授与式が行われた。高畠君、岡田君もこれで晴れて応援団の一員となり、高畠君は掠れ切った声で「一人前の応援団員になった気がします」と喜んでいた。

それから五年、高3になった2人は思わぬ事態に直面していた。一体何が…。


明治大学付属明治高等学校・中学校

2004年、中高一貫校である東京・神田駿河台の明治大学付属 明治中学校・高等学校では応援団が練習をしていたが、体育会系の中でも一際厳しい応援団は敬遠されており、部員は減る一方だった。

2004年5月。応援団員達は新入生の教室をまわって勧誘を行なっていた。すると、応援団に興味があった高畠周太郎君、岡田遼君が入部を決定した。

しかし、2人は初日から遅刻してしまう。先が思いやられる中、2人は応援団の基本である大きな拍手、大きな声、二呼一泊の練習をマンツーマンで受けた。だらけてしまいがちな練習に喝を入れるのは上級生だけではなく、ボランティアでコーチをしている応援団OBが一番のお目付け役。

上級生は、練習についていけない新入生をサポートしなければならない。ある日、高畠君、岡田君への指導が足りなかったという理由で2年生以上が処罰を受けた。

2004年7月。高校野球のシーズンを迎え、いよいよ2人の応援デビューの日がやってきた。ところが2人が学校につくと、一年生は団旗を運ぶために私物は持っていってはいけない為、持っていった私物を全て出されてしまった。

応援団が試合会場に行き、いよいよ高畠君、岡田君が応援デビュー。2人は一番目立たない場所に立たされていたが、それでも真剣に応援した。試合は明治が圧倒的なリードで、気をよくした先輩は2人を前に立たせてくれたが、2人は周りの雰囲気に呑まれてしまった。

夏になり、応援団は新潟県・越後湯沢で5日間の合宿に入った。大学生のOBも大勢集まっての徹底指導が行われた。食事の時、OBや先輩の給仕を行うのは中1の役目で、岡田君はお風呂でOBの背中を流した。

夜になり、午後7時から3時間に渡っての校歌応援歌指導が行われた。呼ばれた起立して応援歌を唱和しなければならないが、正座で座らせられる為、高校生でもすぐに立つ事は出来ない。

合宿を終え、バッジの授与式が行われた。高畠君、岡田君もこれで晴れて応援団の一員となり、高畠君は掠れ切った声で「一人前の応援団員になった気がします」と喜んでいた。

それから五年、高3になった2人は思わぬ事態に直面していた。一体何が…。


明治大学付属明治高等学校・中学校

2004年、中高一貫校である東京・神田駿河台の明治大学付属 明治中学校・高等学校では応援団が練習をしていたが、体育会系の中でも一際厳しい応援団は敬遠されており、部員は減る一方だった。

2004年5月。応援団員達は新入生の教室をまわって勧誘を行なっていた。すると、応援団に興味があった高畠周太郎君、岡田遼君が入部を決定した。

しかし、2人は初日から遅刻してしまう。先が思いやられる中、2人は応援団の基本である大きな拍手、大きな声、二呼一泊の練習をマンツーマンで受けた。だらけてしまいがちな練習に喝を入れるのは上級生だけではなく、ボランティアでコーチをしている応援団OBが一番のお目付け役。

上級生は、練習についていけない新入生をサポートしなければならない。ある日、高畠君、岡田君への指導が足りなかったという理由で2年生以上が処罰を受けた。

2004年7月。高校野球のシーズンを迎え、いよいよ2人の応援デビューの日がやってきた。ところが2人が学校につくと、一年生は団旗を運ぶために私物は持っていってはいけない為、持っていった私物を全て出されてしまった。

応援団が試合会場に行き、いよいよ高畠君、岡田君が応援デビュー。2人は一番目立たない場所に立たされていたが、それでも真剣に応援した。試合は明治が圧倒的なリードで、気をよくした先輩は2人を前に立たせてくれたが、2人は周りの雰囲気に呑まれてしまった。

夏になり、応援団は新潟県・越後湯沢で5日間の合宿に入った。大学生のOBも大勢集まっての徹底指導が行われた。食事の時、OBや先輩の給仕を行うのは中1の役目で、岡田君はお風呂でOBの背中を流した。

夜になり、午後7時から3時間に渡っての校歌応援歌指導が行われた。呼ばれた起立して応援歌を唱和しなければならないが、正座で座らせられる為、高校生でもすぐに立つ事は出来ない。

合宿を終え、バッジの授与式が行われた。高畠君、岡田君もこれで晴れて応援団の一員となり、高畠君は掠れ切った声で「一人前の応援団員になった気がします」と喜んでいた。

それから五年、高3になった2人は思わぬ事態に直面していた。一体何が…。


明治大学付属明治高等学校・中学校

2004年、中高一貫校である東京・神田駿河台の明治大学付属 明治中学校・高等学校では応援団が練習をしていたが、体育会系の中でも一際厳しい応援団は敬遠されており、部員は減る一方だった。

2004年5月。応援団員達は新入生の教室をまわって勧誘を行なっていた。すると、応援団に興味があった高畠周太郎君、岡田遼君が入部を決定した。

しかし、2人は初日から遅刻してしまう。先が思いやられる中、2人は応援団の基本である大きな拍手、大きな声、二呼一泊の練習をマンツーマンで受けた。だらけてしまいがちな練習に喝を入れるのは上級生だけではなく、ボランティアでコーチをしている応援団OBが一番のお目付け役。

上級生は、練習についていけない新入生をサポートしなければならない。ある日、高畠君、岡田君への指導が足りなかったという理由で2年生以上が処罰を受けた。

2004年7月。高校野球のシーズンを迎え、いよいよ2人の応援デビューの日がやってきた。ところが2人が学校につくと、一年生は団旗を運ぶために私物は持っていってはいけない為、持っていった私物を全て出されてしまった。

応援団が試合会場に行き、いよいよ高畠君、岡田君が応援デビュー。2人は一番目立たない場所に立たされていたが、それでも真剣に応援した。試合は明治が圧倒的なリードで、気をよくした先輩は2人を前に立たせてくれたが、2人は周りの雰囲気に呑まれてしまった。

夏になり、応援団は新潟県・越後湯沢で5日間の合宿に入った。大学生のOBも大勢集まっての徹底指導が行われた。食事の時、OBや先輩の給仕を行うのは中1の役目で、岡田君はお風呂でOBの背中を流した。

夜になり、午後7時から3時間に渡っての校歌応援歌指導が行われた。呼ばれた起立して応援歌を唱和しなければならないが、正座で座らせられる為、高校生でもすぐに立つ事は出来ない。

合宿を終え、バッジの授与式が行われた。高畠君、岡田君もこれで晴れて応援団の一員となり、高畠君は掠れ切った声で「一人前の応援団員になった気がします」と喜んでいた。

それから五年、高3になった2人は思わぬ事態に直面していた。一体何が…。


明治大学付属明治高等学校・中学校

2004年、中高一貫校である東京・神田駿河台の明治大学付属 明治中学校・高等学校では応援団が練習をしていたが、体育会系の中でも一際厳しい応援団は敬遠されており、部員は減る一方だった。

2004年5月。応援団員達は新入生の教室をまわって勧誘を行なっていた。すると、応援団に興味があった高畠周太郎君、岡田遼君が入部を決定した。

しかし、2人は初日から遅刻してしまう。先が思いやられる中、2人は応援団の基本である大きな拍手、大きな声、二呼一泊の練習をマンツーマンで受けた。だらけてしまいがちな練習に喝を入れるのは上級生だけではなく、ボランティアでコーチをしている応援団OBが一番のお目付け役。

上級生は、練習についていけない新入生をサポートしなければならない。ある日、高畠君、岡田君への指導が足りなかったという理由で2年生以上が処罰を受けた。

2004年7月。高校野球のシーズンを迎え、いよいよ2人の応援デビューの日がやってきた。ところが2人が学校につくと、一年生は団旗を運ぶために私物は持っていってはいけない為、持っていった私物を全て出されてしまった。

応援団が試合会場に行き、いよいよ高畠君、岡田君が応援デビュー。2人は一番目立たない場所に立たされていたが、それでも真剣に応援した。試合は明治が圧倒的なリードで、気をよくした先輩は2人を前に立たせてくれたが、2人は周りの雰囲気に呑まれてしまった。

夏になり、応援団は新潟県・越後湯沢で5日間の合宿に入った。大学生のOBも大勢集まっての徹底指導が行われた。食事の時、OBや先輩の給仕を行うのは中1の役目で、岡田君はお風呂でOBの背中を流した。

夜になり、午後7時から3時間に渡っての校歌応援歌指導が行われた。呼ばれた起立して応援歌を唱和しなければならないが、正座で座らせられる為、高校生でもすぐに立つ事は出来ない。

合宿を終え、バッジの授与式が行われた。高畠君、岡田君もこれで晴れて応援団の一員となり、高畠君は掠れ切った声で「一人前の応援団員になった気がします」と喜んでいた。

それから五年、高3になった2人は思わぬ事態に直面していた。一体何が…。


明治大学付属明治高等学校・中学校

2004年、中高一貫校である東京・神田駿河台の明治大学付属 明治中学校・高等学校では応援団が練習をしていたが、体育会系の中でも一際厳しい応援団は敬遠されており、部員は減る一方だった。

2004年5月。応援団員達は新入生の教室をまわって勧誘を行なっていた。すると、応援団に興味があった高畠周太郎君、岡田遼君が入部を決定した。

しかし、2人は初日から遅刻してしまう。先が思いやられる中、2人は応援団の基本である大きな拍手、大きな声、二呼一泊の練習をマンツーマンで受けた。だらけてしまいがちな練習に喝を入れるのは上級生だけではなく、ボランティアでコーチをしている応援団OBが一番のお目付け役。

上級生は、練習についていけない新入生をサポートしなければならない。ある日、高畠君、岡田君への指導が足りなかったという理由で2年生以上が処罰を受けた。

2004年7月。高校野球のシーズンを迎え、いよいよ2人の応援デビューの日がやってきた。ところが2人が学校につくと、一年生は団旗を運ぶために私物は持っていってはいけない為、持っていった私物を全て出されてしまった。

応援団が試合会場に行き、いよいよ高畠君、岡田君が応援デビュー。2人は一番目立たない場所に立たされていたが、それでも真剣に応援した。試合は明治が圧倒的なリードで、気をよくした先輩は2人を前に立たせてくれたが、2人は周りの雰囲気に呑まれてしまった。

夏になり、応援団は新潟県・越後湯沢で5日間の合宿に入った。大学生のOBも大勢集まっての徹底指導が行われた。食事の時、OBや先輩の給仕を行うのは中1の役目で、岡田君はお風呂でOBの背中を流した。

夜になり、午後7時から3時間に渡っての校歌応援歌指導が行われた。呼ばれた起立して応援歌を唱和しなければならないが、正座で座らせられる為、高校生でもすぐに立つ事は出来ない。

合宿を終え、バッジの授与式が行われた。高畠君、岡田君もこれで晴れて応援団の一員となり、高畠君は掠れ切った声で「一人前の応援団員になった気がします」と喜んでいた。

それから五年、高3になった2人は思わぬ事態に直面していた。一体何が…。


明治大学付属明治高等学校・中学校

2004年、中高一貫校である東京・神田駿河台の明治大学付属 明治中学校・高等学校では応援団が練習をしていたが、体育会系の中でも一際厳しい応援団は敬遠されており、部員は減る一方だった。

2004年5月。応援団員達は新入生の教室をまわって勧誘を行なっていた。すると、応援団に興味があった高畠周太郎君、岡田遼君が入部を決定した。

しかし、2人は初日から遅刻してしまう。先が思いやられる中、2人は応援団の基本である大きな拍手、大きな声、二呼一泊の練習をマンツーマンで受けた。だらけてしまいがちな練習に喝を入れるのは上級生だけではなく、ボランティアでコーチをしている応援団OBが一番のお目付け役。

上級生は、練習についていけない新入生をサポートしなければならない。ある日、高畠君、岡田君への指導が足りなかったという理由で2年生以上が処罰を受けた。

2004年7月。高校野球のシーズンを迎え、いよいよ2人の応援デビューの日がやってきた。ところが2人が学校につくと、一年生は団旗を運ぶために私物は持っていってはいけない為、持っていった私物を全て出されてしまった。

応援団が試合会場に行き、いよいよ高畠君、岡田君が応援デビュー。2人は一番目立たない場所に立たされていたが、それでも真剣に応援した。試合は明治が圧倒的なリードで、気をよくした先輩は2人を前に立たせてくれたが、2人は周りの雰囲気に呑まれてしまった。

夏になり、応援団は新潟県・越後湯沢で5日間の合宿に入った。大学生のOBも大勢集まっての徹底指導が行われた。食事の時、OBや先輩の給仕を行うのは中1の役目で、岡田君はお風呂でOBの背中を流した。

夜になり、午後7時から3時間に渡っての校歌応援歌指導が行われた。呼ばれた起立して応援歌を唱和しなければならないが、正座で座らせられる為、高校生でもすぐに立つ事は出来ない。

合宿を終え、バッジの授与式が行われた。高畠君、岡田君もこれで晴れて応援団の一員となり、高畠君は掠れ切った声で「一人前の応援団員になった気がします」と喜んでいた。

それから五年、高3になった2人は思わぬ事態に直面していた。一体何が…。


明治大学付属明治高等学校・中学校

2004年、中高一貫校である東京・神田駿河台の明治大学付属 明治中学校・高等学校では応援団が練習をしていたが、体育会系の中でも一際厳しい応援団は敬遠されており、部員は減る一方だった。

2004年5月。応援団員達は新入生の教室をまわって勧誘を行なっていた。すると、応援団に興味があった高畠周太郎君、岡田遼君が入部を決定した。

しかし、2人は初日から遅刻してしまう。先が思いやられる中、2人は応援団の基本である大きな拍手、大きな声、二呼一泊の練習をマンツーマンで受けた。だらけてしまいがちな練習に喝を入れるのは上級生だけではなく、ボランティアでコーチをしている応援団OBが一番のお目付け役。

上級生は、練習についていけない新入生をサポートしなければならない。ある日、高畠君、岡田君への指導が足りなかったという理由で2年生以上が処罰を受けた。

2004年7月。高校野球のシーズンを迎え、いよいよ2人の応援デビューの日がやってきた。ところが2人が学校につくと、一年生は団旗を運ぶために私物は持っていってはいけない為、持っていった私物を全て出されてしまった。

応援団が試合会場に行き、いよいよ高畠君、岡田君が応援デビュー。2人は一番目立たない場所に立たされていたが、それでも真剣に応援した。試合は明治が圧倒的なリードで、気をよくした先輩は2人を前に立たせてくれたが、2人は周りの雰囲気に呑まれてしまった。

夏になり、応援団は新潟県・越後湯沢で5日間の合宿に入った。大学生のOBも大勢集まっての徹底指導が行われた。食事の時、OBや先輩の給仕を行うのは中1の役目で、岡田君はお風呂でOBの背中を流した。

夜になり、午後7時から3時間に渡っての校歌応援歌指導が行われた。呼ばれた起立して応援歌を唱和しなければならないが、正座で座らせられる為、高校生でもすぐに立つ事は出来ない。

合宿を終え、バッジの授与式が行われた。高畠君、岡田君もこれで晴れて応援団の一員となり、高畠君は掠れ切った声で「一人前の応援団員になった気がします」と喜んでいた。

それから五年、高3になった2人は思わぬ事態に直面していた。一体何が…。


明治大学付属明治高等学校・中学校

2004年、中高一貫校である東京・神田駿河台の明治大学付属 明治中学校・高等学校では応援団が練習をしていたが、体育会系の中でも一際厳しい応援団は敬遠されており、部員は減る一方だった。

2004年5月。応援団員達は新入生の教室をまわって勧誘を行なっていた。すると、応援団に興味があった高畠周太郎君、岡田遼君が入部を決定した。

しかし、2人は初日から遅刻してしまう。先が思いやられる中、2人は応援団の基本である大きな拍手、大きな声、二呼一泊の練習をマンツーマンで受けた。だらけてしまいがちな練習に喝を入れるのは上級生だけではなく、ボランティアでコーチをしている応援団OBが一番のお目付け役。

上級生は、練習についていけない新入生をサポートしなければならない。ある日、高畠君、岡田君への指導が足りなかったという理由で2年生以上が処罰を受けた。

2004年7月。高校野球のシーズンを迎え、いよいよ2人の応援デビューの日がやってきた。ところが2人が学校につくと、一年生は団旗を運ぶために私物は持っていってはいけない為、持っていった私物を全て出されてしまった。

応援団が試合会場に行き、いよいよ高畠君、岡田君が応援デビュー。2人は一番目立たない場所に立たされていたが、それでも真剣に応援した。試合は明治が圧倒的なリードで、気をよくした先輩は2人を前に立たせてくれたが、2人は周りの雰囲気に呑まれてしまった。

夏になり、応援団は新潟県・越後湯沢で5日間の合宿に入った。大学生のOBも大勢集まっての徹底指導が行われた。食事の時、OBや先輩の給仕を行うのは中1の役目で、岡田君はお風呂でOBの背中を流した。

夜になり、午後7時から3時間に渡っての校歌応援歌指導が行われた。呼ばれた起立して応援歌を唱和しなければならないが、正座で座らせられる為、高校生でもすぐに立つ事は出来ない。

合宿を終え、バッジの授与式が行われた。高畠君、岡田君もこれで晴れて応援団の一員となり、高畠君は掠れ切った声で「一人前の応援団員になった気がします」と喜んでいた。

それから五年、高3になった2人は思わぬ事態に直面していた。一体何が…。


青春YELL! 花の中学生応援団 3000日

明治大学付属明治高等学校・中学校

2009年。明治大学付属明治高等学校の応援団では、中1で入部した高畠君、岡田君も最高学年の高3になっていた。しかし学校が移転し、男女共学となってからは応援団には、男子のリーダー部とならぶ女子チアリーダー部が出来るという異変があった。活動は男女一緒に行われるが、お互い反目しあっていた。

2009年7月。男女共同での夏合宿が始まり、厳しい指導を受ける男子達を間近で初めて見た女子達は少し圧倒されていた。夜には男子に対しては校歌応援歌指導が行われた。合宿を通して、女子チアリーダー部から男子を見る目が少しずつ変わっていった。

しかし2年後の2011年4月。女子チアリーダー部は部員が増えて25人になっていたが、男子リーダー部はたったの5人にまで数が減っており、新入生の男子達から応援団への反応も芳しくはなかった。一方で、女子チアリーダー部には今年も新入生が順調に集まっていた。

それでも男子リーダー部が勧誘を続けると、中1の中でも一際小柄な高松遙之介君が入部を決定。高松君は趣味がパソコン等だという少年で、その日の夜に高松君が家族に応援団に入った事を報告すると、両親は喜んでいたが、祖父は暴力的な問題があるのではないかと心配していた。


明治大学付属明治高等学校・中学校

2009年。明治大学付属明治高等学校の応援団では、中1で入部した高畠君、岡田君も最高学年の高3になっていた。しかし学校が移転し、男女共学となってからは応援団には、男子のリーダー部とならぶ女子チアリーダー部が出来るという異変があった。活動は男女一緒に行われるが、お互い反目しあっていた。

2009年7月。男女共同での夏合宿が始まり、厳しい指導を受ける男子達を間近で初めて見た女子達は少し圧倒されていた。夜には男子に対しては校歌応援歌指導が行われた。合宿を通して、女子チアリーダー部から男子を見る目が少しずつ変わっていった。

しかし2年後の2011年4月。女子チアリーダー部は部員が増えて25人になっていたが、男子リーダー部はたったの5人にまで数が減っており、新入生の男子達から応援団への反応も芳しくはなかった。一方で、女子チアリーダー部には今年も新入生が順調に集まっていた。

それでも男子リーダー部が勧誘を続けると、中1の中でも一際小柄な高松遙之介君が入部を決定。高松君は趣味がパソコン等だという少年で、その日の夜に高松君が家族に応援団に入った事を報告すると、両親は喜んでいたが、祖父は暴力的な問題があるのではないかと心配していた。


明治大学付属明治高等学校・中学校

2009年。明治大学付属明治高等学校の応援団では、中1で入部した高畠君、岡田君も最高学年の高3になっていた。しかし学校が移転し、男女共学となってからは応援団には、男子のリーダー部とならぶ女子チアリーダー部が出来るという異変があった。活動は男女一緒に行われるが、お互い反目しあっていた。

2009年7月。男女共同での夏合宿が始まり、厳しい指導を受ける男子達を間近で初めて見た女子達は少し圧倒されていた。夜には男子に対しては校歌応援歌指導が行われた。合宿を通して、女子チアリーダー部から男子を見る目が少しずつ変わっていった。

しかし2年後の2011年4月。女子チアリーダー部は部員が増えて25人になっていたが、男子リーダー部はたったの5人にまで数が減っており、新入生の男子達から応援団への反応も芳しくはなかった。一方で、女子チアリーダー部には今年も新入生が順調に集まっていた。

それでも男子リーダー部が勧誘を続けると、中1の中でも一際小柄な高松遙之介君が入部を決定。高松君は趣味がパソコン等だという少年で、その日の夜に高松君が家族に応援団に入った事を報告すると、両親は喜んでいたが、祖父は暴力的な問題があるのではないかと心配していた。


明治大学付属明治高等学校・中学校

2009年。明治大学付属明治高等学校の応援団では、中1で入部した高畠君、岡田君も最高学年の高3になっていた。しかし学校が移転し、男女共学となってからは応援団には、男子のリーダー部とならぶ女子チアリーダー部が出来るという異変があった。活動は男女一緒に行われるが、お互い反目しあっていた。

2009年7月。男女共同での夏合宿が始まり、厳しい指導を受ける男子達を間近で初めて見た女子達は少し圧倒されていた。夜には男子に対しては校歌応援歌指導が行われた。合宿を通して、女子チアリーダー部から男子を見る目が少しずつ変わっていった。

しかし2年後の2011年4月。女子チアリーダー部は部員が増えて25人になっていたが、男子リーダー部はたったの5人にまで数が減っており、新入生の男子達から応援団への反応も芳しくはなかった。一方で、女子チアリーダー部には今年も新入生が順調に集まっていた。

それでも男子リーダー部が勧誘を続けると、中1の中でも一際小柄な高松遙之介君が入部を決定。高松君は趣味がパソコン等だという少年で、その日の夜に高松君が家族に応援団に入った事を報告すると、両親は喜んでいたが、祖父は暴力的な問題があるのではないかと心配していた。


青春YELL! 花の中学生応援団 3000日

青春YELL! 花の中学生応援団 3000日

明治大学付属明治高等学校・中学校

明治大学付属明治高等学校・中学校でチアリーダー部が発足されてから4年、ついに女子が応援の指揮を取る時代が来ようとしていた。しかし団長候補として浮上した高2の女子3人は、チアに憧れて入ったものの、団長になるという話を聞かされて困惑していたが、押田華穂さんだけは明治高校OBの父の後押しもあって、前向きに考えていた。

2011年7月。高校野球の初戦で、チアリーダー部の3人は、次期応援団長としての適性を試される事になった。男子部員が着々と応援準備を進める中、3人は人の誘導等を、円滑に進めて行く事ができなかった。その日は夏日だった為、高松君は終盤になると木陰で休んでしまっていた。

数日後、女子チアリーダー部の3人は団長に呼び出された。そこで突きつけられた言葉は…。


明治大学付属明治高等学校・中学校

明治大学付属明治高等学校・中学校でチアリーダー部が発足されてから4年、ついに女子が応援の指揮を取る時代が来ようとしていた。しかし団長候補として浮上した高2の女子3人は、チアに憧れて入ったものの、団長になるという話を聞かされて困惑していたが、押田華穂さんだけは明治高校OBの父の後押しもあって、前向きに考えていた。

2011年7月。高校野球の初戦で、チアリーダー部の3人は、次期応援団長としての適性を試される事になった。男子部員が着々と応援準備を進める中、3人は人の誘導等を、円滑に進めて行く事ができなかった。その日は夏日だった為、高松君は終盤になると木陰で休んでしまっていた。

数日後、女子チアリーダー部の3人は団長に呼び出された。そこで突きつけられた言葉は…。


明治大学付属明治高等学校・中学校

明治大学付属明治高等学校・中学校でチアリーダー部が発足されてから4年、ついに女子が応援の指揮を取る時代が来ようとしていた。しかし団長候補として浮上した高2の女子3人は、チアに憧れて入ったものの、団長になるという話を聞かされて困惑していたが、押田華穂さんだけは明治高校OBの父の後押しもあって、前向きに考えていた。

2011年7月。高校野球の初戦で、チアリーダー部の3人は、次期応援団長としての適性を試される事になった。男子部員が着々と応援準備を進める中、3人は人の誘導等を、円滑に進めて行く事ができなかった。その日は夏日だった為、高松君は終盤になると木陰で休んでしまっていた。

数日後、女子チアリーダー部の3人は団長に呼び出された。そこで突きつけられた言葉は…。


青春YELL! 花の中学生応援団 3000日

明治大学付属明治高等学校・中学校

夏合宿を間近に控え、女子チアリーダー部の3人は団長の岸上君に呼び出された。岸上君は3人に対して「考えが甘い」という強い言葉を突きつけた。話が終わった後、3人の目には涙が浮かんでいた。

2011年8月。応援団は恒例の夏合宿に入った。5日間の最後には幹部交代が予定されており、今度こそ三人のやる気が問われる。出発前にコーチが「骨の一本や二本折れるくらいの気持ちでぶつかっていくようにしてください」と発破をかけたが、高松君には緊張感が無かった。

応援団一行は、新潟・越後湯沢の合宿所に到着。高松君にとっては初めての合宿となったが、OBの高畠君が指導する中、重い石を持たされての体力づくり等が行われた。高松君は何とか乗り切ったが、夜の校歌応援歌指導では…。


明治大学付属明治高等学校・中学校

夏合宿を間近に控え、女子チアリーダー部の3人は団長の岸上君に呼び出された。岸上君は3人に対して「考えが甘い」という強い言葉を突きつけた。話が終わった後、3人の目には涙が浮かんでいた。

2011年8月。応援団は恒例の夏合宿に入った。5日間の最後には幹部交代が予定されており、今度こそ三人のやる気が問われる。出発前にコーチが「骨の一本や二本折れるくらいの気持ちでぶつかっていくようにしてください」と発破をかけたが、高松君には緊張感が無かった。

応援団一行は、新潟・越後湯沢の合宿所に到着。高松君にとっては初めての合宿となったが、OBの高畠君が指導する中、重い石を持たされての体力づくり等が行われた。高松君は何とか乗り切ったが、夜の校歌応援歌指導では…。


明治大学付属明治高等学校・中学校

夏合宿を間近に控え、女子チアリーダー部の3人は団長の岸上君に呼び出された。岸上君は3人に対して「考えが甘い」という強い言葉を突きつけた。話が終わった後、3人の目には涙が浮かんでいた。

2011年8月。応援団は恒例の夏合宿に入った。5日間の最後には幹部交代が予定されており、今度こそ三人のやる気が問われる。出発前にコーチが「骨の一本や二本折れるくらいの気持ちでぶつかっていくようにしてください」と発破をかけたが、高松君には緊張感が無かった。

応援団一行は、新潟・越後湯沢の合宿所に到着。高松君にとっては初めての合宿となったが、OBの高畠君が指導する中、重い石を持たされての体力づくり等が行われた。高松君は何とか乗り切ったが、夜の校歌応援歌指導では…。


青春YELL! 花の中学生応援団 3000日

明治大学付属明治高等学校・中学校

明治大学付属明治高等学校・中学校の応援団が行なっている合宿の初日。練習を終え、高松君はお風呂に入った高畠君の背中を流そうとしたが、上手く行かなかった。夕食の時間には年長の順番に先輩のご飯を配膳しなければならないが、高松君は緊張からコチコチの状態で、食欲どころではなさそうだった。

夜、恒例の校歌応援歌指導が行われた。長時間の正座に団長といえども険しい形相になる中指導が行われ、団員が応援の手振りをミスしてしまい、OB達は見る価値無しとして席を立ってしまった。 指導が終わった後、悔し涙を流す団員たちに対し、団長の渡邉君は「今日の失敗は全部俺の責任」と話した。

合宿2日目。高松君は朝から先輩の世話等をしていたが既にヘトヘトの状態だった。この日はチアリーダー部でも校歌応援歌指導が行われ、歌詞を覚えさせるのは2年生の仕事だが、新入部員の一人が歌詞を覚えていなかった。

夜、団長候補の女子3人は副団長に呼び出され、「最上級下級生として全く動けていなかった。でも今この瞬間から心をいれかえて明日の朝から変わったと思えば、団長になれる可能性もあるかもしれない」と叱責を受けた。

合宿は日に日に厳しさが増していき、高松君はボロボロだったが先輩たちがそれを支えていた。高2の女子には良い変化が出てきており、押田さんが率先して指揮を取り始めた。

そして、いよいよ迎えた合宿での最後の練習。これまでの成果を体全体で表して練習を続ける中、突然高2の女子3人がOBに呼び出され、初めて男子リーダー部の指揮を教えられた。そして、OBの「先輩が代々守ってきた日本一の応援団をこれからも守っていけ」という挨拶の後に、全員で歌を唱和した。

夜、高校3年生が顧問の教師を交え、翌日の幹部交代に向けて会合を開いた。高2の女子達の幹部交代について「頑張っているのは分かるがまだ流れを掴みきれていない」等の厳しい意見が出された。

合宿最終日。毎年新入生達はバッジ授与式をもって正式な団員として認められるが、高松君もここでバッジを授与されてついに正式な団員になった。しかし、幹部の交代は先送りになってしまった為に日程表には幹部交代の項目は無く、団長候補の3人は宙ぶらりんの状態になってしまった。

バッジ授与式が終わった後、高松君も何故か浮かない表情。「やっていけると思った?」という質問に対して高松君は「練習がキツいので正直微妙」と話し、家でまたよく考えてみて、辞めるという気持ちが強くなったら相談したいと話した。高松君は此処まで来てやめてしまうのだろうか?


明治大学付属明治高等学校・中学校

明治大学付属明治高等学校・中学校の応援団が行なっている合宿の初日。練習を終え、高松君はお風呂に入った高畠君の背中を流そうとしたが、上手く行かなかった。夕食の時間には年長の順番に先輩のご飯を配膳しなければならないが、高松君は緊張からコチコチの状態で、食欲どころではなさそうだった。

夜、恒例の校歌応援歌指導が行われた。長時間の正座に団長といえども険しい形相になる中指導が行われ、団員が応援の手振りをミスしてしまい、OB達は見る価値無しとして席を立ってしまった。 指導が終わった後、悔し涙を流す団員たちに対し、団長の渡邉君は「今日の失敗は全部俺の責任」と話した。

合宿2日目。高松君は朝から先輩の世話等をしていたが既にヘトヘトの状態だった。この日はチアリーダー部でも校歌応援歌指導が行われ、歌詞を覚えさせるのは2年生の仕事だが、新入部員の一人が歌詞を覚えていなかった。

夜、団長候補の女子3人は副団長に呼び出され、「最上級下級生として全く動けていなかった。でも今この瞬間から心をいれかえて明日の朝から変わったと思えば、団長になれる可能性もあるかもしれない」と叱責を受けた。

合宿は日に日に厳しさが増していき、高松君はボロボロだったが先輩たちがそれを支えていた。高2の女子には良い変化が出てきており、押田さんが率先して指揮を取り始めた。

そして、いよいよ迎えた合宿での最後の練習。これまでの成果を体全体で表して練習を続ける中、突然高2の女子3人がOBに呼び出され、初めて男子リーダー部の指揮を教えられた。そして、OBの「先輩が代々守ってきた日本一の応援団をこれからも守っていけ」という挨拶の後に、全員で歌を唱和した。

夜、高校3年生が顧問の教師を交え、翌日の幹部交代に向けて会合を開いた。高2の女子達の幹部交代について「頑張っているのは分かるがまだ流れを掴みきれていない」等の厳しい意見が出された。

合宿最終日。毎年新入生達はバッジ授与式をもって正式な団員として認められるが、高松君もここでバッジを授与されてついに正式な団員になった。しかし、幹部の交代は先送りになってしまった為に日程表には幹部交代の項目は無く、団長候補の3人は宙ぶらりんの状態になってしまった。

バッジ授与式が終わった後、高松君も何故か浮かない表情。「やっていけると思った?」という質問に対して高松君は「練習がキツいので正直微妙」と話し、家でまたよく考えてみて、辞めるという気持ちが強くなったら相談したいと話した。高松君は此処まで来てやめてしまうのだろうか?


明治大学付属明治高等学校・中学校

明治大学付属明治高等学校・中学校の応援団が行なっている合宿の初日。練習を終え、高松君はお風呂に入った高畠君の背中を流そうとしたが、上手く行かなかった。夕食の時間には年長の順番に先輩のご飯を配膳しなければならないが、高松君は緊張からコチコチの状態で、食欲どころではなさそうだった。

夜、恒例の校歌応援歌指導が行われた。長時間の正座に団長といえども険しい形相になる中指導が行われ、団員が応援の手振りをミスしてしまい、OB達は見る価値無しとして席を立ってしまった。 指導が終わった後、悔し涙を流す団員たちに対し、団長の渡邉君は「今日の失敗は全部俺の責任」と話した。

合宿2日目。高松君は朝から先輩の世話等をしていたが既にヘトヘトの状態だった。この日はチアリーダー部でも校歌応援歌指導が行われ、歌詞を覚えさせるのは2年生の仕事だが、新入部員の一人が歌詞を覚えていなかった。

夜、団長候補の女子3人は副団長に呼び出され、「最上級下級生として全く動けていなかった。でも今この瞬間から心をいれかえて明日の朝から変わったと思えば、団長になれる可能性もあるかもしれない」と叱責を受けた。

合宿は日に日に厳しさが増していき、高松君はボロボロだったが先輩たちがそれを支えていた。高2の女子には良い変化が出てきており、押田さんが率先して指揮を取り始めた。

そして、いよいよ迎えた合宿での最後の練習。これまでの成果を体全体で表して練習を続ける中、突然高2の女子3人がOBに呼び出され、初めて男子リーダー部の指揮を教えられた。そして、OBの「先輩が代々守ってきた日本一の応援団をこれからも守っていけ」という挨拶の後に、全員で歌を唱和した。

夜、高校3年生が顧問の教師を交え、翌日の幹部交代に向けて会合を開いた。高2の女子達の幹部交代について「頑張っているのは分かるがまだ流れを掴みきれていない」等の厳しい意見が出された。

合宿最終日。毎年新入生達はバッジ授与式をもって正式な団員として認められるが、高松君もここでバッジを授与されてついに正式な団員になった。しかし、幹部の交代は先送りになってしまった為に日程表には幹部交代の項目は無く、団長候補の3人は宙ぶらりんの状態になってしまった。

バッジ授与式が終わった後、高松君も何故か浮かない表情。「やっていけると思った?」という質問に対して高松君は「練習がキツいので正直微妙」と話し、家でまたよく考えてみて、辞めるという気持ちが強くなったら相談したいと話した。高松君は此処まで来てやめてしまうのだろうか?


明治大学付属明治高等学校・中学校

明治大学付属明治高等学校・中学校の応援団が行なっている合宿の初日。練習を終え、高松君はお風呂に入った高畠君の背中を流そうとしたが、上手く行かなかった。夕食の時間には年長の順番に先輩のご飯を配膳しなければならないが、高松君は緊張からコチコチの状態で、食欲どころではなさそうだった。

夜、恒例の校歌応援歌指導が行われた。長時間の正座に団長といえども険しい形相になる中指導が行われ、団員が応援の手振りをミスしてしまい、OB達は見る価値無しとして席を立ってしまった。 指導が終わった後、悔し涙を流す団員たちに対し、団長の渡邉君は「今日の失敗は全部俺の責任」と話した。

合宿2日目。高松君は朝から先輩の世話等をしていたが既にヘトヘトの状態だった。この日はチアリーダー部でも校歌応援歌指導が行われ、歌詞を覚えさせるのは2年生の仕事だが、新入部員の一人が歌詞を覚えていなかった。

夜、団長候補の女子3人は副団長に呼び出され、「最上級下級生として全く動けていなかった。でも今この瞬間から心をいれかえて明日の朝から変わったと思えば、団長になれる可能性もあるかもしれない」と叱責を受けた。

合宿は日に日に厳しさが増していき、高松君はボロボロだったが先輩たちがそれを支えていた。高2の女子には良い変化が出てきており、押田さんが率先して指揮を取り始めた。

そして、いよいよ迎えた合宿での最後の練習。これまでの成果を体全体で表して練習を続ける中、突然高2の女子3人がOBに呼び出され、初めて男子リーダー部の指揮を教えられた。そして、OBの「先輩が代々守ってきた日本一の応援団をこれからも守っていけ」という挨拶の後に、全員で歌を唱和した。

夜、高校3年生が顧問の教師を交え、翌日の幹部交代に向けて会合を開いた。高2の女子達の幹部交代について「頑張っているのは分かるがまだ流れを掴みきれていない」等の厳しい意見が出された。

合宿最終日。毎年新入生達はバッジ授与式をもって正式な団員として認められるが、高松君もここでバッジを授与されてついに正式な団員になった。しかし、幹部の交代は先送りになってしまった為に日程表には幹部交代の項目は無く、団長候補の3人は宙ぶらりんの状態になってしまった。

バッジ授与式が終わった後、高松君も何故か浮かない表情。「やっていけると思った?」という質問に対して高松君は「練習がキツいので正直微妙」と話し、家でまたよく考えてみて、辞めるという気持ちが強くなったら相談したいと話した。高松君は此処まで来てやめてしまうのだろうか?


明治大学付属明治高等学校・中学校

明治大学付属明治高等学校・中学校の応援団が行なっている合宿の初日。練習を終え、高松君はお風呂に入った高畠君の背中を流そうとしたが、上手く行かなかった。夕食の時間には年長の順番に先輩のご飯を配膳しなければならないが、高松君は緊張からコチコチの状態で、食欲どころではなさそうだった。

夜、恒例の校歌応援歌指導が行われた。長時間の正座に団長といえども険しい形相になる中指導が行われ、団員が応援の手振りをミスしてしまい、OB達は見る価値無しとして席を立ってしまった。 指導が終わった後、悔し涙を流す団員たちに対し、団長の渡邉君は「今日の失敗は全部俺の責任」と話した。

合宿2日目。高松君は朝から先輩の世話等をしていたが既にヘトヘトの状態だった。この日はチアリーダー部でも校歌応援歌指導が行われ、歌詞を覚えさせるのは2年生の仕事だが、新入部員の一人が歌詞を覚えていなかった。

夜、団長候補の女子3人は副団長に呼び出され、「最上級下級生として全く動けていなかった。でも今この瞬間から心をいれかえて明日の朝から変わったと思えば、団長になれる可能性もあるかもしれない」と叱責を受けた。

合宿は日に日に厳しさが増していき、高松君はボロボロだったが先輩たちがそれを支えていた。高2の女子には良い変化が出てきており、押田さんが率先して指揮を取り始めた。

そして、いよいよ迎えた合宿での最後の練習。これまでの成果を体全体で表して練習を続ける中、突然高2の女子3人がOBに呼び出され、初めて男子リーダー部の指揮を教えられた。そして、OBの「先輩が代々守ってきた日本一の応援団をこれからも守っていけ」という挨拶の後に、全員で歌を唱和した。

夜、高校3年生が顧問の教師を交え、翌日の幹部交代に向けて会合を開いた。高2の女子達の幹部交代について「頑張っているのは分かるがまだ流れを掴みきれていない」等の厳しい意見が出された。

合宿最終日。毎年新入生達はバッジ授与式をもって正式な団員として認められるが、高松君もここでバッジを授与されてついに正式な団員になった。しかし、幹部の交代は先送りになってしまった為に日程表には幹部交代の項目は無く、団長候補の3人は宙ぶらりんの状態になってしまった。

バッジ授与式が終わった後、高松君も何故か浮かない表情。「やっていけると思った?」という質問に対して高松君は「練習がキツいので正直微妙」と話し、家でまたよく考えてみて、辞めるという気持ちが強くなったら相談したいと話した。高松君は此処まで来てやめてしまうのだろうか?


明治大学付属明治高等学校・中学校

明治大学付属明治高等学校・中学校の応援団が行なっている合宿の初日。練習を終え、高松君はお風呂に入った高畠君の背中を流そうとしたが、上手く行かなかった。夕食の時間には年長の順番に先輩のご飯を配膳しなければならないが、高松君は緊張からコチコチの状態で、食欲どころではなさそうだった。

夜、恒例の校歌応援歌指導が行われた。長時間の正座に団長といえども険しい形相になる中指導が行われ、団員が応援の手振りをミスしてしまい、OB達は見る価値無しとして席を立ってしまった。 指導が終わった後、悔し涙を流す団員たちに対し、団長の渡邉君は「今日の失敗は全部俺の責任」と話した。

合宿2日目。高松君は朝から先輩の世話等をしていたが既にヘトヘトの状態だった。この日はチアリーダー部でも校歌応援歌指導が行われ、歌詞を覚えさせるのは2年生の仕事だが、新入部員の一人が歌詞を覚えていなかった。

夜、団長候補の女子3人は副団長に呼び出され、「最上級下級生として全く動けていなかった。でも今この瞬間から心をいれかえて明日の朝から変わったと思えば、団長になれる可能性もあるかもしれない」と叱責を受けた。

合宿は日に日に厳しさが増していき、高松君はボロボロだったが先輩たちがそれを支えていた。高2の女子には良い変化が出てきており、押田さんが率先して指揮を取り始めた。

そして、いよいよ迎えた合宿での最後の練習。これまでの成果を体全体で表して練習を続ける中、突然高2の女子3人がOBに呼び出され、初めて男子リーダー部の指揮を教えられた。そして、OBの「先輩が代々守ってきた日本一の応援団をこれからも守っていけ」という挨拶の後に、全員で歌を唱和した。

夜、高校3年生が顧問の教師を交え、翌日の幹部交代に向けて会合を開いた。高2の女子達の幹部交代について「頑張っているのは分かるがまだ流れを掴みきれていない」等の厳しい意見が出された。

合宿最終日。毎年新入生達はバッジ授与式をもって正式な団員として認められるが、高松君もここでバッジを授与されてついに正式な団員になった。しかし、幹部の交代は先送りになってしまった為に日程表には幹部交代の項目は無く、団長候補の3人は宙ぶらりんの状態になってしまった。

バッジ授与式が終わった後、高松君も何故か浮かない表情。「やっていけると思った?」という質問に対して高松君は「練習がキツいので正直微妙」と話し、家でまたよく考えてみて、辞めるという気持ちが強くなったら相談したいと話した。高松君は此処まで来てやめてしまうのだろうか?


明治大学付属明治高等学校・中学校

明治大学付属明治高等学校・中学校の応援団が行なっている合宿の初日。練習を終え、高松君はお風呂に入った高畠君の背中を流そうとしたが、上手く行かなかった。夕食の時間には年長の順番に先輩のご飯を配膳しなければならないが、高松君は緊張からコチコチの状態で、食欲どころではなさそうだった。

夜、恒例の校歌応援歌指導が行われた。長時間の正座に団長といえども険しい形相になる中指導が行われ、団員が応援の手振りをミスしてしまい、OB達は見る価値無しとして席を立ってしまった。 指導が終わった後、悔し涙を流す団員たちに対し、団長の渡邉君は「今日の失敗は全部俺の責任」と話した。

合宿2日目。高松君は朝から先輩の世話等をしていたが既にヘトヘトの状態だった。この日はチアリーダー部でも校歌応援歌指導が行われ、歌詞を覚えさせるのは2年生の仕事だが、新入部員の一人が歌詞を覚えていなかった。

夜、団長候補の女子3人は副団長に呼び出され、「最上級下級生として全く動けていなかった。でも今この瞬間から心をいれかえて明日の朝から変わったと思えば、団長になれる可能性もあるかもしれない」と叱責を受けた。

合宿は日に日に厳しさが増していき、高松君はボロボロだったが先輩たちがそれを支えていた。高2の女子には良い変化が出てきており、押田さんが率先して指揮を取り始めた。

そして、いよいよ迎えた合宿での最後の練習。これまでの成果を体全体で表して練習を続ける中、突然高2の女子3人がOBに呼び出され、初めて男子リーダー部の指揮を教えられた。そして、OBの「先輩が代々守ってきた日本一の応援団をこれからも守っていけ」という挨拶の後に、全員で歌を唱和した。

夜、高校3年生が顧問の教師を交え、翌日の幹部交代に向けて会合を開いた。高2の女子達の幹部交代について「頑張っているのは分かるがまだ流れを掴みきれていない」等の厳しい意見が出された。

合宿最終日。毎年新入生達はバッジ授与式をもって正式な団員として認められるが、高松君もここでバッジを授与されてついに正式な団員になった。しかし、幹部の交代は先送りになってしまった為に日程表には幹部交代の項目は無く、団長候補の3人は宙ぶらりんの状態になってしまった。

バッジ授与式が終わった後、高松君も何故か浮かない表情。「やっていけると思った?」という質問に対して高松君は「練習がキツいので正直微妙」と話し、家でまたよく考えてみて、辞めるという気持ちが強くなったら相談したいと話した。高松君は此処まで来てやめてしまうのだろうか?


明治大学付属明治高等学校・中学校

明治大学付属明治高等学校・中学校の応援団が行なっている合宿の初日。練習を終え、高松君はお風呂に入った高畠君の背中を流そうとしたが、上手く行かなかった。夕食の時間には年長の順番に先輩のご飯を配膳しなければならないが、高松君は緊張からコチコチの状態で、食欲どころではなさそうだった。

夜、恒例の校歌応援歌指導が行われた。長時間の正座に団長といえども険しい形相になる中指導が行われ、団員が応援の手振りをミスしてしまい、OB達は見る価値無しとして席を立ってしまった。 指導が終わった後、悔し涙を流す団員たちに対し、団長の渡邉君は「今日の失敗は全部俺の責任」と話した。

合宿2日目。高松君は朝から先輩の世話等をしていたが既にヘトヘトの状態だった。この日はチアリーダー部でも校歌応援歌指導が行われ、歌詞を覚えさせるのは2年生の仕事だが、新入部員の一人が歌詞を覚えていなかった。

夜、団長候補の女子3人は副団長に呼び出され、「最上級下級生として全く動けていなかった。でも今この瞬間から心をいれかえて明日の朝から変わったと思えば、団長になれる可能性もあるかもしれない」と叱責を受けた。

合宿は日に日に厳しさが増していき、高松君はボロボロだったが先輩たちがそれを支えていた。高2の女子には良い変化が出てきており、押田さんが率先して指揮を取り始めた。

そして、いよいよ迎えた合宿での最後の練習。これまでの成果を体全体で表して練習を続ける中、突然高2の女子3人がOBに呼び出され、初めて男子リーダー部の指揮を教えられた。そして、OBの「先輩が代々守ってきた日本一の応援団をこれからも守っていけ」という挨拶の後に、全員で歌を唱和した。

夜、高校3年生が顧問の教師を交え、翌日の幹部交代に向けて会合を開いた。高2の女子達の幹部交代について「頑張っているのは分かるがまだ流れを掴みきれていない」等の厳しい意見が出された。

合宿最終日。毎年新入生達はバッジ授与式をもって正式な団員として認められるが、高松君もここでバッジを授与されてついに正式な団員になった。しかし、幹部の交代は先送りになってしまった為に日程表には幹部交代の項目は無く、団長候補の3人は宙ぶらりんの状態になってしまった。

バッジ授与式が終わった後、高松君も何故か浮かない表情。「やっていけると思った?」という質問に対して高松君は「練習がキツいので正直微妙」と話し、家でまたよく考えてみて、辞めるという気持ちが強くなったら相談したいと話した。高松君は此処まで来てやめてしまうのだろうか?


明治大学付属明治高等学校・中学校

明治大学付属明治高等学校・中学校の応援団が行なっている合宿の初日。練習を終え、高松君はお風呂に入った高畠君の背中を流そうとしたが、上手く行かなかった。夕食の時間には年長の順番に先輩のご飯を配膳しなければならないが、高松君は緊張からコチコチの状態で、食欲どころではなさそうだった。

夜、恒例の校歌応援歌指導が行われた。長時間の正座に団長といえども険しい形相になる中指導が行われ、団員が応援の手振りをミスしてしまい、OB達は見る価値無しとして席を立ってしまった。 指導が終わった後、悔し涙を流す団員たちに対し、団長の渡邉君は「今日の失敗は全部俺の責任」と話した。

合宿2日目。高松君は朝から先輩の世話等をしていたが既にヘトヘトの状態だった。この日はチアリーダー部でも校歌応援歌指導が行われ、歌詞を覚えさせるのは2年生の仕事だが、新入部員の一人が歌詞を覚えていなかった。

夜、団長候補の女子3人は副団長に呼び出され、「最上級下級生として全く動けていなかった。でも今この瞬間から心をいれかえて明日の朝から変わったと思えば、団長になれる可能性もあるかもしれない」と叱責を受けた。

合宿は日に日に厳しさが増していき、高松君はボロボロだったが先輩たちがそれを支えていた。高2の女子には良い変化が出てきており、押田さんが率先して指揮を取り始めた。

そして、いよいよ迎えた合宿での最後の練習。これまでの成果を体全体で表して練習を続ける中、突然高2の女子3人がOBに呼び出され、初めて男子リーダー部の指揮を教えられた。そして、OBの「先輩が代々守ってきた日本一の応援団をこれからも守っていけ」という挨拶の後に、全員で歌を唱和した。

夜、高校3年生が顧問の教師を交え、翌日の幹部交代に向けて会合を開いた。高2の女子達の幹部交代について「頑張っているのは分かるがまだ流れを掴みきれていない」等の厳しい意見が出された。

合宿最終日。毎年新入生達はバッジ授与式をもって正式な団員として認められるが、高松君もここでバッジを授与されてついに正式な団員になった。しかし、幹部の交代は先送りになってしまった為に日程表には幹部交代の項目は無く、団長候補の3人は宙ぶらりんの状態になってしまった。

バッジ授与式が終わった後、高松君も何故か浮かない表情。「やっていけると思った?」という質問に対して高松君は「練習がキツいので正直微妙」と話し、家でまたよく考えてみて、辞めるという気持ちが強くなったら相談したいと話した。高松君は此処まで来てやめてしまうのだろうか?


青春YELL! 花の中学生応援団 3000日

明治大学付属明治高等学校・中学校

2011年9月。明治大学付属明治高等学校・中学校の応援団は高校野球の新人戦に向かう。そこには団旗を運ぶ高松君の姿があり、団長候補の女子3人も顔つきが変わってきており、男子リーダー部も含めてしっかりと団員の応援を仕切っていた。そんな女子達を見て、団長の岸上君やOBも満足気だった。

2011年11月。文化祭のシーズンとなり、応援団のパフォーマンスが行われ、OB・OGもこぞってかけつけた。壇上の中央に立ったのは何と高松君で、客席で家族たちが見守る中で見事に応援をしてみせ、応援団入りに反対をしていた祖父も感動していた。高校3年生にとっては、この舞台が応援団の最後の活動になる。

ところで、肝心の幹部交代に結論が出た。一体どうなったのかはCMの後で。


明治大学付属明治高等学校・中学校

2011年9月。明治大学付属明治高等学校・中学校の応援団は高校野球の新人戦に向かう。そこには団旗を運ぶ高松君の姿があり、団長候補の女子3人も顔つきが変わってきており、男子リーダー部も含めてしっかりと団員の応援を仕切っていた。そんな女子達を見て、団長の岸上君やOBも満足気だった。

2011年11月。文化祭のシーズンとなり、応援団のパフォーマンスが行われ、OB・OGもこぞってかけつけた。壇上の中央に立ったのは何と高松君で、客席で家族たちが見守る中で見事に応援をしてみせ、応援団入りに反対をしていた祖父も感動していた。高校3年生にとっては、この舞台が応援団の最後の活動になる。

ところで、肝心の幹部交代に結論が出た。一体どうなったのかはCMの後で。


明治大学付属明治高等学校・中学校

2011年9月。明治大学付属明治高等学校・中学校の応援団は高校野球の新人戦に向かう。そこには団旗を運ぶ高松君の姿があり、団長候補の女子3人も顔つきが変わってきており、男子リーダー部も含めてしっかりと団員の応援を仕切っていた。そんな女子達を見て、団長の岸上君やOBも満足気だった。

2011年11月。文化祭のシーズンとなり、応援団のパフォーマンスが行われ、OB・OGもこぞってかけつけた。壇上の中央に立ったのは何と高松君で、客席で家族たちが見守る中で見事に応援をしてみせ、応援団入りに反対をしていた祖父も感動していた。高校3年生にとっては、この舞台が応援団の最後の活動になる。

ところで、肝心の幹部交代に結論が出た。一体どうなったのかはCMの後で。


青春YELL! 花の中学生応援団 3000日

明治大学付属明治高等学校・中学校

例年より大幅に遅れたものの、明治大学付属明治高等学校・中学校の応援団に幹部交代の日がやってきた。チアリーダー部の高校2年生の3人にそれぞれの役職が割り振られ、第66代の団長を押田さんが引き継ぎ、初の女性団長になるにあたっての決意表明をした。

2012年4月。恒例の新入生歓迎会が行われ、新団長の押田さんが先頭で指揮を取ってのパフォーマンスをした。中学生から高校生までが一丸となって切磋琢磨して己を磨く応援団は時の流れと共に少しずつスタイルを変え、それでも守るべき物を継承している。団結・礼節といった今の時代に大切なものこそが此処にはある…。


明治大学付属明治高等学校・中学校

例年より大幅に遅れたものの、明治大学付属明治高等学校・中学校の応援団に幹部交代の日がやってきた。チアリーダー部の高校2年生の3人にそれぞれの役職が割り振られ、第66代の団長を押田さんが引き継ぎ、初の女性団長になるにあたっての決意表明をした。

2012年4月。恒例の新入生歓迎会が行われ、新団長の押田さんが先頭で指揮を取ってのパフォーマンスをした。中学生から高校生までが一丸となって切磋琢磨して己を磨く応援団は時の流れと共に少しずつスタイルを変え、それでも守るべき物を継承している。団結・礼節といった今の時代に大切なものこそが此処にはある…。


「ザ・ノンフィクション 〜アイドルの家〜涙の数だけ抱きしめて〜」 2012年5月20日(日)放送内容「ザ・ノンフィクション 〜君を待っている〜不妊治療の今〜〜」 2012年6月3日(日)放送内容

2012年04月 2012年05月 2012年06月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介されたすべての情報
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介された音楽・CD
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介された映画・DVD
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介されたグルメ情報
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介された料理レシピ
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介された観光・地域情報
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介されたイベント情報
  • 「ザ・ノンフィクション」で紹介された雑学・豆知識