テレビ紹介情報

「バイキング」で紹介された情報

「バイキング」で紹介されたすべての情報 ( 3051 / 3051 ページ )

世論調査

来月の自民党総裁選、2012年の自民党総裁選の結果を見ると地方票では石破茂の票が安倍総理よりも圧倒的に多かった。しかし過半数に至らなかったために決選投票で安倍総理が総裁に選出された。安倍総理は地方組織の幹部を東京に呼んで話をするなど地方票を取りに行っているとみられる。次期総裁にふさわしい人物についてFNNが行った世論調査によると、1位は小泉進次郎、2位が石破茂、3位は安倍総理という結果になった。小泉進次郎は前回の総裁選で1回目・決選投票ともに石破氏に投票、その総裁選の際に選挙前に誰を支持するかを公表せず選挙後に公表している。そして今回の総裁選については先月30日には、最後までしっかり考えますと発言し誰を支持するかを明らかにしなかった。


タコマ国際空港

アメリカ・ワシントン州で旅客機が墜落して炎上した。操縦していたのはパイロットの資格がない男。テロを警戒し戦闘機2機も緊急出動した。男は管制官の交信記録で「テレビゲームでやったことなら少しあるということやこんなことをしてしまいみんな失望していると思う」と話した。また、男は体の不調を訴え管制官は男に旅客機の着陸を要請した。しかし、空港から約40km離れた島に墜落し死亡した。捜査当局は男は自殺目的でテロ行為ではないとしている。


創志学園

夏の甲子園下関国際vs創志学園の対戦で、創志学園の投手が相手打者から三振を奪った際に派手なガッツポーズを披露し審判から何度も注意を受けた。ガッツポーズについて田中卓志は「派手なガッツポーズをすると気持ちよく観れないという感情はある」と話した。日本高校野球連盟竹中雅彦事務局長は「ルールでは禁止されていないがマナーの問題で、高校野球の精神として相手をリスペクトすることが大事」と話した。金村義明は「初回にいきなり派手なガッツポーズはよくない。監督が選手をしっかり指導するべきだと思う」と話した。青島健太は「本当に喜ぶべき瞬間は試合が終わってからだと思う」と話した。否定的な意見が多い中、作家の吉川潮は「過度なガッツポーズがダメだというのなら規則として明記するべき」と話した。


下関国際

夏の甲子園下関国際vs創志学園の対戦で、創志学園の投手が相手打者から三振を奪った際に派手なガッツポーズを披露し審判から何度も注意を受けた。ガッツポーズについて田中卓志は「派手なガッツポーズをすると気持ちよく観れないという感情はある」と話した。日本高校野球連盟竹中雅彦事務局長は「ルールでは禁止されていないがマナーの問題で、高校野球の精神として相手をリスペクトすることが大事」と話した。金村義明は「初回にいきなり派手なガッツポーズはよくない。監督が選手をしっかり指導するべきだと思う」と話した。青島健太は「本当に喜ぶべき瞬間は試合が終わってからだと思う」と話した。否定的な意見が多い中、作家の吉川潮は「過度なガッツポーズがダメだというのなら規則として明記するべき」と話した。


国立競技場

高校野球の球数制限に関する小林氏の意見を紹介。「トーナメントでやっている以上仕方がない。投球数を制限すべきではない」というもの。小林氏は真夏の屋外でトーナメントをやっている事事態が前近代的野蛮行為だと指摘。東国原氏も本人の意思を尊重すべきとコメント。桑田真澄氏は「有望な投手の将来を守るためには球数制限を導入すべき」とコメントしている。アメリカでは医師たちがデータに基づいたピッチスマートというガイドラインを作成しえており、仕組みを作っているのだという。球数制限は選手を守るだけでなく、指導者も守るとコメントしている。タイブレーク事態も導入するのには大変だったが、これも球数制限の一種だという。高野連でも議論をしているという。体調管理の面でタイブレークを導入したが、今後は投球数の制限という話になる。意識も変わっていかなければいけない、複数投手を育ててやるべきなどともコメントしている。小林氏は改善案として甲子園意外の球場で試合を行いリーグ戦にするとの案を提案。リーグ戦にするとこの試合に負けたらという悲壮感がなくなるという。


後楽園

高校野球の球数制限に関する小林氏の意見を紹介。「トーナメントでやっている以上仕方がない。投球数を制限すべきではない」というもの。小林氏は真夏の屋外でトーナメントをやっている事事態が前近代的野蛮行為だと指摘。東国原氏も本人の意思を尊重すべきとコメント。桑田真澄氏は「有望な投手の将来を守るためには球数制限を導入すべき」とコメントしている。アメリカでは医師たちがデータに基づいたピッチスマートというガイドラインを作成しえており、仕組みを作っているのだという。球数制限は選手を守るだけでなく、指導者も守るとコメントしている。タイブレーク事態も導入するのには大変だったが、これも球数制限の一種だという。高野連でも議論をしているという。体調管理の面でタイブレークを導入したが、今後は投球数の制限という話になる。意識も変わっていかなければいけない、複数投手を育ててやるべきなどともコメントしている。小林氏は改善案として甲子園意外の球場で試合を行いリーグ戦にするとの案を提案。リーグ戦にするとこの試合に負けたらという悲壮感がなくなるという。


東京ドーム

高校野球の球数制限に関する小林氏の意見を紹介。「トーナメントでやっている以上仕方がない。投球数を制限すべきではない」というもの。小林氏は真夏の屋外でトーナメントをやっている事事態が前近代的野蛮行為だと指摘。東国原氏も本人の意思を尊重すべきとコメント。桑田真澄氏は「有望な投手の将来を守るためには球数制限を導入すべき」とコメントしている。アメリカでは医師たちがデータに基づいたピッチスマートというガイドラインを作成しえており、仕組みを作っているのだという。球数制限は選手を守るだけでなく、指導者も守るとコメントしている。タイブレーク事態も導入するのには大変だったが、これも球数制限の一種だという。高野連でも議論をしているという。体調管理の面でタイブレークを導入したが、今後は投球数の制限という話になる。意識も変わっていかなければいけない、複数投手を育ててやるべきなどともコメントしている。小林氏は改善案として甲子園意外の球場で試合を行いリーグ戦にするとの案を提案。リーグ戦にするとこの試合に負けたらという悲壮感がなくなるという。


橋本徹ツイッター

夏の甲子園で熱戦の一方、様々な問題が物議をかもしている。1つ目は異常な球数について。8日目済美対星稜の対戦。延長13回、タイブレークにもつれ込んだ試合で、甲子園史上初の逆転サヨナラホームランという劇的な幕切れで済美が勝利した。タイブレークは、高校野球の場合12回までに決着がつかない場合に導入され、1人の投手が登板できるイニング数は15回を限度とすると決まっている。この試合で物議を醸したのは済美の投手は延長13回まで1人で投げぬいていたということ。その投球数は184球。世間からは投げすぎ、投球数を制限すべきなどのコメントが上がっている。土田氏は世間のコメント通りだと指摘。橋下徹氏もツイッターで「投球数制限は直ちに導入すべjき」などとコメントを残している。青島氏も球数制限を設けて大人がキチンと止める時代になってきているとコメント。


星稜

夏の甲子園で熱戦の一方、様々な問題が物議をかもしている。1つ目は異常な球数について。8日目済美対星稜の対戦。延長13回、タイブレークにもつれ込んだ試合で、甲子園史上初の逆転サヨナラホームランという劇的な幕切れで済美が勝利した。タイブレークは、高校野球の場合12回までに決着がつかない場合に導入され、1人の投手が登板できるイニング数は15回を限度とすると決まっている。この試合で物議を醸したのは済美の投手は延長13回まで1人で投げぬいていたということ。その投球数は184球。世間からは投げすぎ、投球数を制限すべきなどのコメントが上がっている。土田氏は世間のコメント通りだと指摘。橋下徹氏もツイッターで「投球数制限は直ちに導入すべjき」などとコメントを残している。青島氏も球数制限を設けて大人がキチンと止める時代になってきているとコメント。

高校野球の球数制限に関する小林氏の意見を紹介。「トーナメントでやっている以上仕方がない。投球数を制限すべきではない」というもの。小林氏は真夏の屋外でトーナメントをやっている事事態が前近代的野蛮行為だと指摘。東国原氏も本人の意思を尊重すべきとコメント。桑田真澄氏は「有望な投手の将来を守るためには球数制限を導入すべき」とコメントしている。アメリカでは医師たちがデータに基づいたピッチスマートというガイドラインを作成しえており、仕組みを作っているのだという。球数制限は選手を守るだけでなく、指導者も守るとコメントしている。タイブレーク事態も導入するのには大変だったが、これも球数制限の一種だという。高野連でも議論をしているという。体調管理の面でタイブレークを導入したが、今後は投球数の制限という話になる。意識も変わっていかなければいけない、複数投手を育ててやるべきなどともコメントしている。小林氏は改善案として甲子園意外の球場で試合を行いリーグ戦にするとの案を提案。リーグ戦にするとこの試合に負けたらという悲壮感がなくなるという。


済美

夏の甲子園で熱戦の一方、様々な問題が物議をかもしている。1つ目は異常な球数について。8日目済美対星稜の対戦。延長13回、タイブレークにもつれ込んだ試合で、甲子園史上初の逆転サヨナラホームランという劇的な幕切れで済美が勝利した。タイブレークは、高校野球の場合12回までに決着がつかない場合に導入され、1人の投手が登板できるイニング数は15回を限度とすると決まっている。この試合で物議を醸したのは済美の投手は延長13回まで1人で投げぬいていたということ。その投球数は184球。世間からは投げすぎ、投球数を制限すべきなどのコメントが上がっている。土田氏は世間のコメント通りだと指摘。橋下徹氏もツイッターで「投球数制限は直ちに導入すべjき」などとコメントを残している。青島氏も球数制限を設けて大人がキチンと止める時代になってきているとコメント。

高校野球の球数制限に関する小林氏の意見を紹介。「トーナメントでやっている以上仕方がない。投球数を制限すべきではない」というもの。小林氏は真夏の屋外でトーナメントをやっている事事態が前近代的野蛮行為だと指摘。東国原氏も本人の意思を尊重すべきとコメント。桑田真澄氏は「有望な投手の将来を守るためには球数制限を導入すべき」とコメントしている。アメリカでは医師たちがデータに基づいたピッチスマートというガイドラインを作成しえており、仕組みを作っているのだという。球数制限は選手を守るだけでなく、指導者も守るとコメントしている。タイブレーク事態も導入するのには大変だったが、これも球数制限の一種だという。高野連でも議論をしているという。体調管理の面でタイブレークを導入したが、今後は投球数の制限という話になる。意識も変わっていかなければいけない、複数投手を育ててやるべきなどともコメントしている。小林氏は改善案として甲子園意外の球場で試合を行いリーグ戦にするとの案を提案。リーグ戦にするとこの試合に負けたらという悲壮感がなくなるという。


2018年07月 2018年08月 
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
  • 「バイキング」で紹介されたすべての情報
  • 「バイキング」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「バイキング」で紹介された音楽・CD
  • 「バイキング」で紹介された映画・DVD
  • 「バイキング」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「バイキング」で紹介されたグルメ情報
  • 「バイキング」で紹介された料理レシピ
  • 「バイキング」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「バイキング」で紹介された観光・地域情報
  • 「バイキング」で紹介されたイベント情報
  • 「バイキング」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する